2014年1月15日水曜日

沈痛な面持ち【ちんつうなおももち】

ひどく辛い出来事や悲しい事、胸の痛む事を胸中に抱いていることが見て取れるような表情、顔つきを意味する語。例えば事故や事件が発生した際の当事者・関係者の様子などを沈痛な面持ちと形容することが多い。

世界最小のスイレン【せかいさいしょうのスイレン】世界最小の睡蓮

「Nymphaea thermarum」の学名を持つスイレン科の植物のこと。和名やカナ表記し得る普通名が特になく、「世界最小のスイレン」という記述で言及されることが多い。

世界最小のスイレンNymphaea thermarumは、西アフリカで発見された。固有種と見られている。発見地の野生種はすでに絶滅したが、イギリスで人工環境下での育成に成功しており、種そのものの絶滅は免れている。

百貫デブ【ひゃっかんでぶ】百貫でぶ

太っている人を揶揄する、あるいは罵る表現。「デブデブ百貫デブ」という節回しがある。

「貫」は尺貫法における目方の単位の一つで、一貫は、現在の約3.75キログラムであり、「百貫」は375キログラムとなる。とはいえ「百」という字は「八百屋」のように「かなりの数量」を表す語としてしばしば用いられる。