2014年1月10日金曜日

トリクロロシラン「trichlorosilane」

珪素原子を中心として、3つの塩素と1つの水素が共有結合した化合物。半導体や太陽電池などに利用される高純度のシリコンを製造する際に、原料として用いられることが多い。トリクロロシランは反応性が高く、水と反応すると容易に加水分解するとともに発熱・発火することから、消防法で第3類危険物に規定されている。

双規【シュアングィ】

汚職の疑いなどをかけられた共産党員が、共産党内部の紀律委員会によって取り調べを受けることを意味する俗語。「双規」の名称は、「規定の時間」、「規定の場所」で取り調べを受けることに由来するが、これは長期間どこかに連れて行かれることを暗に意味している。双規は共産党内部の規律に基づいて行われるもので法的根拠はなく、容疑者が双規中に拷問を受けて死亡した例も複数知られている。

アンビルト「unbuild」

構想があるものの実現していない、あるいは実現されなかった建築を意味する語。アンビルトには、技術や予算の不足からプロジェクトが頓挫した建築だけでなく、そもそも実現を想定しておらず、建築の新たな可能性を示すことなどを目的としたものもある。

アンビルトの女王【アンビルトのじょおう】

イラク出身のイギリスの女性建築家、ザハ・ハディッドの異名。ザハ・ハディッドは国際的な建築設計競技で幾度も優勝した経験を持つが、その作品の多くがあまりにも奇抜なデザインであり、アンビルト、すなわち実際には建築に至らなかったことから、「アンビルトの女王」の異名で呼ばれるようになった。しかし、1994年の作品「ヴィトラ社工場・消防ステーション」の完成以後、ハディッド作の大型建築は次々に実現しており、「アンビルトの女王」の異名は過去のものだとする意見もある。