2014年12月26日金曜日

この日本ンフンフンッハア

ガジェット通信が発表している「ネット流行語大賞」の2014年版で銀賞(第2位)に選ばれた、「号泣会見」(号泣議員の記者会見)における釈明フレーズ。

正式にノミネートされ受賞した字句は以下の通りである。

ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!

ちなみに、ネット流行語大賞20414の金賞は「STAP細胞はありまぁす」、同じく銅賞は「ダメよ~、ダメダメ!」だった。

黄医生

中国高速鉄道(いわゆる「中国版新幹線」)の整備専用車として開発された車両の通称。日本の新幹線で運用されている「ドクターイエロー」とほぼ同じ位置づけの車両。

2014年12月25日木曜日

胸開きタートルネック【むねあきタートルネック】胸あきタートルネック

胸部が開いた作りになっているタートルネックのセーターの通称。女性が着用すると胸元の谷間が露出して豊満なセクシーさが強調される。

胸開きタートルネックは2014年終盤にツイッターを中心に急激に話題となった。これといった呼び方がないため「例のタートルネック」のように呼ばれている場合も多い。

クソフェス,くそフェス、糞フェス

最低最悪とでも形容できるほど程度や内容のひどい催しを指す語。クソみたいなフェス。

2014年12月24日水曜日

ガキ使棒

日本テレビ系列局のバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあれへんで!」で罰ゲームに使用される尻叩き用の棒。いわゆる「ケツバット」を行うための道具。2014年末には商品化されている。

ナッツ姫【ナッツひめ】

2014年12月に世界的騒動として取り沙汰された通称「ナッツリターン騒動」の当事者である大韓航空副社長の女性を指す呼び名。日本の大衆誌などが「ナッツ姫」の呼称を用いていることがある。

ナッツ姫は大韓航空を中心とする財閥・韓進グループの会長の長女。ナッツリターン騒動を受けて大韓航空副社長の役職は退いている。

広縁【ひろえん】

幅(奥行き)を広めに取った縁側を意味する語。

広縁の幅は厳密に規定されていないが、おおむね畳が敷ける程度の幅(3尺)よりも幅のある縁側を
広縁とする場合が多い。縁側の一種という点で板張りが基本となるが、畳敷きやカーペット敷きにする場合も多い。

旅館の客室などでは空間的演出および机やソファの設置場所といった位置づけで広縁が設置されていることが多い。広縁の呼び名があまり一般的でないため、「旅館の窓際のあのスペース」「旅館にある謎空間」などのように呼ばれることが往々にしてある。

旅館のあのスペース,旅館の窓際のスペース,旅館の窓際にある空間,旅館にある謎空間

旅館の客間に設置されることの多い「広縁」(ひろえん)を指す便宜的な言い方。

広縁は幅を広く取った縁側のことであり、旅館においては屋外と室内を隔てる空間的演出の他、涼んだり、景色を眺めたり、畳敷きの客室においてソファやテーブルなどの洋風家具でくつろいだりする場所などとして利用されている。

2014年12月22日月曜日

ギタ女【ギタじょ】

ギターを演奏する女子の総称。ギターを演奏しながら歌うシンガーソングライター、といった意味で用いられることが多い。

無双ぶり【むそうぶり】無双振り

敵う者・肩を並べる者がおらず、独壇場ともいえるような状況で存分に振る舞っているさま、ひとり勝ちを収めたさまなどを形容する表現。いかに無双状態であるかというそのさま。

エネ夫【エネお】

夫婦仲が険悪で互いに敵対関係にあるような状況において、妻側が夫を指して用いることがある呼称。「エネ 」はエネミー(敵)の略とされる。インターネット上の掲示板をきっかけに用いられるようになった言い方。

エネ

(1)「エネルギー」の略。もっぱら光源・熱源・動力源などとして利用される資源を指して用いられる。「省エネ」(省エネルギー)の他に「再エネ」(再生可能エネルギー)。「エネファーム」(エネルギーファーム)のような用い方をされることもある。
(2)「エネミー」の略。敵対する人物を指す呼び方。ネットスラングの一種と位置づけられる。特に夫婦関係がきわめて険悪な場合に妻が夫を指して「エネ夫」と呼ぶ例がある。

2014年12月16日火曜日

くれるな

(1)相手の言動に反応する意味合いで用いられる言い方。「な」は終助詞で詠嘆の意味合いを表す。「なかなか言ってくれるな」のように用いられる。自分や対象にとって不利・不利益となる言動を半ば挑発的に受け止める意味合いが込められる場合も多い。
(2)動詞に付けて用いられ、行わないようにと頼む(望む)意味合いを示す表現。「どうか恨んでくれるな」「あまり手荒く扱ってくれるな」などのように用いられる。

濃ゆい【こゆい】

「濃い」の同義語。程度が強い、はっきりしている、インパクトがある、強烈である、クセがある、などの意味で用いられる表現。

「濃ゆい」は主に九州および西日本の方面で用いられる言い方であるが、「濃い」(こい)よりも同音異義語の混乱を避けやすいといった利点もあり、最近では全国的に用いられる場面が増えつつある。

黒猫【くろねこ】黒ねこ、黒ネコ、クロネコ

(1)全身の毛が黒いネコのこと。毛色の黒い猫。メラニズムを指す場合もあるが必ずしもメラニズムを指すとは限らない。
(2)エドガー・アラン・ポーが1843年に発表した短編小説の題名。恐怖心理をスリリングに描いた名作として名高い。
(3)ヤマト運輸が提供する宅配サービスのブランド「クロネコヤマト」の略。

置き勉【おきべん】置勉

教科書などを家に持ち帰らず学校に置きっ放しにすること。予習復習を家で行わないことにして登下校の荷物を減らす。小学校や中学校で行われることがある。

2014年12月15日月曜日

よっ友【よっとも】よッ友,ヨッ友

街中などで遭遇したら「よっ」と軽く挨拶を交わすが、それ以上の付き合いはない、という程度の友だち関係を指す俗な言い方。特に大学生の学内生活の話題において言及されやすい。

ヌクモリティ

思いやりの心の強さの度合い、温もりある対応の質の高さ、といった意味合いで用いられることのある表現。「温もり」(ぬくもり)と「クオリティ」を合わせた造語。

三単現のs【さんたんげんのエス】3単現のs,三単現のエス,3単現のエス

英文法において「三人称」「単数形」「現在形」という要件(いわゆる「三単現」)を満たす場合に動詞の末尾に付与される「s」のこと。

英語では、主語が三人称(彼・彼女・それ)の単数形であり、動詞が現在形である場合に、動詞が「s」の付く形に変化するという基本法則がある。たとえば「It looks difficult.」(キツそうだ)の一文でlookに付いたsは三単現のsである。

三単現【さんたんげん】3単現

英文法における「三人称」「単数形」「現在形」の要素を総称した言い方。動詞に「s」(三単現のs)を付けて表現する場合を示す。

英語では、主語が三人称の単数形であり、かつ動詞が現在形である場合、動詞の末尾に「s」を付けるという法則がある。例えば「He says」のようになる。

プロ彼女【プロかのじょ】

恋人として求められる役割を完璧にこなす女性、といった意味で用いられる表現。彼女であるという事にかけて「プロ」といえる程の器量の人物。もっぱら人気タレント・芸能人と交際・結婚に至る一般人女性を指して用いられる。

ヒラマサ,ひらまさ

(1)アジ科ブリ属の海水魚。ブリによく似た外見をしている。ブリに勝るとも劣らない美味として好まれる。
(2)韓国の平昌(ピョンチャン)郡を指す俗な呼称。「平昌」を訓読みにした言い方。インターネットスラングの一種として、多分に揶揄・軽視のニュアンスを込めて用いられている。

2014年12月12日金曜日

心が貧しい【こころがまずしい】こころが貧しい

度量が小さい、しみったれている、満たされていない、といった意味の言い回し。身の回りは裕福そうに見えても心は貧乏人のそれであるというようなニュアンスで用いられることが多い。

クリパ

「クリスマスパーティー」を略した言い方。祝祭もしくは年中行事としてのクリスマスを機とする集いを指す語。

英語でもChristmas partyという言い方が用いられることがある。西欧キリスト教圏の国々においてクリスマスは宗教上重要な行事である。

鍋パ【なべパ】

「鍋パーティー」の略。鍋料理食べて楽しむ集まりを指す語。鍋料理は卓上で調理できる、具材を持ち寄って楽しめる、食べ頃のタイミングがシビアでないといった利点がある。

パーティを略して「パ」と呼ぶ言い方には「ハロパ」「クリパ」などもある。

2014年12月11日木曜日

ペヤング

まるか食品が製造販売するカップ麺のブランド。カップ焼きそば「ペヤング ソースやきそば」をはじめ、「ペヤングワンタン」などの製品がある。

なお、「ペヤング」の名称は、まるか食品株式会社の登録商標である。

晩餐会【ばんさんかい】晩さん会

夕方の食事(晩餐)をとる催しのこと。客を招き、食事を共にしつつ懇親や交歓を行う趣旨で開かれる会を指すことが多い。

天皇皇后両陛下が国賓をもてなすため皇居で催す晩餐会は特に「宮中晩餐会」と呼ばれる。

晩餐会に対して、朝の会食は朝餐会、昼食(昼餐・午餐)を共にする会は昼餐会という。

「餐」が非常用漢字であるため、新聞やテレビなどでは「晩さん会」のように部分的仮名表記を用いることが多い。

痛家電【いたかでん】

アニメやマンガの美少女キャラクターのイラストなどをあしらったり、ツンデレ少女のような「萌え」要素を盛り込んだりした家電製品を指す語。「痛車」をもじった言い方。

シャープが2014年に限定発売した特別仕様の「ココロボ」は、随所にツンデレ妹という萌え属性が盛り込まれており、痛家電と形容されている例が見られる。

ノーベル症

ノーベル賞をもじった言い方で、学術分野における最大の権威ともいえるノーベル賞の獲得を熱望するあまりにノーベル賞の根本である「人類に貢献する研究成果」に着目せず「どうやって受賞するか」にかかずらっているような姿勢を揶揄して用いる語。

2014年12月10日水曜日

例のタートルネック【れいのタートルネック】

2014年12月上旬現在、主にTwitter上で話題となっている、胸元が空いたデザインのタートルネックのセーターを指す言い方。「胸空きタートルネック」のようにも呼ばれるが特に決まった呼び方がなく、「例のアレ」的な呼び方が用いられている。

スピリタス「spirytus」スピリトゥス

ポーランドで製造されている蒸留酒。ウォッカの一種に区分される。蒸留工程が数十回繰り返される点を特徴とし、アルコール度数は95度前後ときわめて高い。

スピリタスカプセル,スピリトゥスカプセル

高純度アルコールとして知られる酒「スピリタス」をカプセルに封入したもの。合コンなどで意中の相手の飲み物に仕込む(いわゆる「薬を盛る」)手段に用いられることがあるとされる。

ヲタ芸【ヲタげい】オタ芸

いわゆるアイドルのコンサートやイベントなどにおいて、アイドルが舞台上で披露する歌に合わせて激しく踊ったり叫んだりする行為を指す語。アイドルオタクの踊り芸という程の意味。イベントの主役
であるアイドルのパフォーマンスを差し置いて自分の踊りに没頭し、周囲を顧みないといった傾向があり、批判の対象となる事態がまま生じている。

2014年12月9日火曜日

下級庁【かきゅうちょう】

行政のうち、同分野でより広く強い権限行使が可能な行政庁を意味する語。「下級行政庁」の略。

上級庁【じょうきゅうちょう】

「上級行政庁」の略。同分野においてより広範・強力な権限を持つ行政庁を指す語。

「行政不服審査法」などでは、処分庁(処分をした行政庁)などの語と共に「上級庁」の語が多く用いられている。

上級庁は相対的な位の上下を示す言い方である。対義語としては「下級庁」である。

どてっ腹【どてっぱら】土手っ腹

腹部を指す、やや卑俗なニュアンスのある表現。

孤立状態【こりつじょうたい】

他とのつながりが断たれた状態、隔絶された状態。自然災害などにより道路や電信といった連絡手段が失われ、安否確認や避難が困難となった家々を形容する際などに、「孤立状態」の語が多く用いられる。

2014年12月8日月曜日

他己【たこ】

他人が見た自分、他者が捉えた自分の在り方、といった意味で用いられる語。「自己」との対比で用いられる言い方で、「他己紹介」「他己分析」のような表現において用いられる。

自己と他己の対比において、「自己」とは自分が自分に向き合うことを指し、「他己」は他者を援用して自分に向き合うことを指すといえる。

他己分析【たこぶんせき】

自分で自分自身を分析する「自己分析」を発展させ、他者に自分について分析してもらう試みを指す語。主に就職活動の取り組みにおいて参照される方法・考え方。

自己分析は、自分の性格や長所、短所などを、冷静に客観的に見つめて明らかにしていく試みであるといえる。就職活動において特に重視されている。自己分析を行った上で、自分をよく知る人に自分について診断・分析してもらう「他己分析」を行うことで、より客観的な分析ができるとされる。

ブラック研究室【ブラックけんきゅうしつ】

所属する研究生に過酷な研究生活を強いる研究室の通称。いわゆる「ブラック企業」をもじった言い方。拘束時間がおそろしく長い、心身の健康を損う研究生が続出する、などの要素がブラック研究室の典型的要素とされる。

ラボ畜【ラボちく】

学術機関の研究室(ラボ)において過酷な研究生活を強いられる研究生を指す語。「社畜」をもじった言い方。ラボ畜を生む過酷な環境の研究室を「ブラック研究室」と呼ぶこともある。

OC【オーシー】

(1)「O」と「C」で始まる2語のイニシャル。たとえば「オーバークロック」(Over Clock)、「経口避妊薬」(Oral Contraceptive pill)などは略してOCと表記されることがある。
(2)俗に「おいしい」の略として用いられる表記。

眠たみ,眠み

眠いこと、眠い様子、眠さの度合い、などの意味で用いられることがある表現。「ねたみ」あるいは「ねむたみ」と読まれることが多い。「眠たさ」「眠さ」の誤用か、あるいは敢えて誤用を楽しむ表現か。

形容詞の名詞化表現には、接尾辞に「さ」を付ける用法と「み」を付ける用法の両例がある場合が少なくない。例えば「渋さ」「渋み」、「暖かさ」「暖かみ」、「面白さ」「面白み」などの言い方はいずれも正しい日本語として通用する。しかしながら「眠たい」の名詞表現は「眠さ」(ねむさ)もしくは「眠たさ」といった「さ」のつく表現がもっぱらであり、「み」の付く「眠たみ」「眠み」は一般的には正しい日本語とは認知されていない。

継続は力なり【けいぞくはちからなり】継続はちからなり、継続は力也,継続ハ力ナリ

続けることの重要性、弛まず挫けずに続けていくことの大切さを端的に述べた表現。格言。いくつかの意味合いに解釈できる。

・ 個々の成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。

・ 今は実力不足であっても、挫けずに修練を積んでいけば、いずれ大成できる。

・ 物事を成し遂げるまで諦めずに取り組み続けるということは、それ自体、優れた能力のひとつである。

「継続は力なり」の出典・由来については、諸説あり定かでない。大正時代の教育者・平松折次が「継続は力なり」を標語として掲げていたこと、および、明治時代の宗教家・住岡夜晃が賛歌の詩として綴ったことなどは文献から確認できる。また、国立国会図書館レファレンス協同データベースによれば、イリノイ州のことわざとして「Continuity is the father of success」(継続は成功の父)という言葉が見られるという。しかしながら、いずれもオリジナルであると確証が得られる状況にはない。

関連サイト:
質問 「継続は力なり」の言葉の出典 - 国立国会図書館レファレンス協同データベース

2014年12月5日金曜日

忘新年会【ぼうしんねんかい】

「忘年会」と「新年会」を併せて指す言い方。忘年会と新年会は、共に年末年始の恒例の宴として催されることが多く、まとめて言及される機会が多い。

2014年12月4日木曜日

厳しい冷え込み【きびしいひえこみ】きびしい冷え込み

寒さの程度がほとんど耐えがたい程度に至るさまを形容する語、主に冬場の朝晩の気温低下について用いられる。

キモさ,きもさ

気持ちの悪い要素があるさま、および、その度合いを意味する語。「気持ち悪い」を短縮した俗な表現である「キモい」を名詞化した形。

キモキャラ

デザインが可愛くないキャラクターを総称した言い方。「キモいキャラクター」の略。そのデザインのまずさが魅力(キモかわいい要素)と捉えられるキャラクターに対して用いられることが多い。

アナモフィック「anamorphic」アナモルフィック

主に芸術作品の技法もしくは作風のうち、錯視効果を利用し、平面を立体に、あるいは立体を平面に見えるようにする技法を指して用いられる語。特定の角度から見た場合に、平面に書かれた絵が立体的に見えたり、空間上に描かれた図形が二次元平面に書かれた図形のように見えたりといった効果が楽しめる。こうした特徴を備えた作品はアナモフィックアートと呼ばれている。

賃金伸び率【ちんぎんのびりつ】

企業の賃金がどの程度上がったか、または下がったか、という割合。賃金の伸び率。名目賃金、実質賃金に分けて扱われることが多い。賃金伸び率の動向は国の経済政策・景気対策に対する効果・成果の指標としてしばしば参照される。

2014年12月3日水曜日

スカトール「skatole」

におい成分として知られる化合物。大便すなわちウンコのにおいの元として知られる。ただし希釈すると芳香になる。ジャスミンの香りなどにもスカトールが含まれていることが知られる。

2014年12月1日月曜日

壊憲【かいけん】

憲法解釈を蔑ろにすること、憲法を反故にすること、といった意味で用いられることのある表現。上野千鶴子が2014年10月に初めて述べた「壊憲記念日」の語言い回しが特に知られる。

2014年の「ユーキャン新語・流行語大賞」では、「壊憲記念日」の語が候補50語ににノミネートされると共に、結局大賞に選出された日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」の受賞コメントにおいても「あげくの果てが『壊憲』と言われる7月の閣議決定。」と、「壊憲」の語が登場している。

ダメよ~ダメダメ,だめよ~だめだめ,駄目よ~駄目駄目,だめよーだめだめ,ダメよーダメダメ,駄目よー駄目駄目

お笑いコンビ「日本エレキテル連合」のコントに登場するキャラクター「未亡人朱美ちゃん」が発するフレーズ。強烈な白塗りメイクの朱美ちゃんが「ダメよ~ダメダメ」と繰り返す姿は同コンビのトレードマークとなり、2014年を通じて急速に認知度を高めた。同年の「ユーキャン新語・流行語大賞2014」の年間大賞にも選ばれている。

2014年の新語・流行語大賞には「ダメよ~ダメダメ」と共に「集団的自衛権」も年間大賞に選ばれている。

おはらい詐欺【おはらいさぎ】おはらいサギ,お祓い詐欺,お祓い詐欺

悪い霊が憑いている、除霊を刷る必要がある、といってお祓いを依頼させ、祈祷料をせしめる、という詐欺手口の通称。霊感商法の一種に区分できる。

一般参賀【いっぱんさんが】

一般人が皇居内にて天皇皇后両陛下および皇族方を賀する(祝意を表す)行事。新年および天皇誕生日に行われている。坂下門をはじめとする、普段は一般人に対して開かれていない門を入ることが許され、宮殿(長和殿)へお出ましになる両陛下や皇族方へ奉祝できる。

関連サイト:
一般参賀 - 宮内庁

ポップオーバー「popover」

パン生地に卵を多く練り込んで高温で焼き上げたパン。食感はデニッシュに近く、外側はサクサクとしており内側はしっとりとしている。多くの場合、生クリームや果物を添えて食べる。

おでん種【おでんだね】オデン種,オデンだね

おでんに入れる具を指す語。「種」は「ネタ」も同じく、料理において具材を意味する語。