2014年10月16日木曜日

グレース・ケリー「Grace Kelly」

アメリカ合衆国のハリウッド女優であり、のちのモナコ公国レーニエ大公妃。1951年に銀幕デビューし、1954年には「モガンボ」「喝采」などの名作に出演、アカデミー賞の受賞経験もある。映画監督のアルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)が好んで自作品のヒロインに登用したことでも知られており、モナコ大公レーニエ3世との結婚により女優業を引退したのは人気絶頂の最中であった。1982年自身が運転する車による移動中に脳梗塞を発症、崖下に車ごと転落しまもなく死亡した。