2014年10月30日木曜日

G型大学【ジーがただいがく】

2014年10月に文部科学省により開かれた「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議」において、経営コンサルタントの冨山和彦氏が提案した新たな大学の区分を意味する語。「G型大学」のGは英語の「global(国際的)」の頭文字であり、世界に通用する知識を備えた人材を育成する場となるべきだとしている。「G型大学」ではないもう一つの区分が「L型大学」であり、こちらは「local(地方限定的)」に活躍するであろう人材が実用的な知識を身につける場としている。