2014年10月30日木曜日

情治国家【じょうちこっか】

国家権力が厳格に法に基づき行使されているとは言いがたく、むしろ感情論に大きく左右され、世論や国民感情に沿うような形で行政や司法の判断が下されている、といった印象を与える国の在り方を意味する俗な表現。

近代以降の国の在り方は基本的に法律の枠組みを礎とする「法治国家」である。時の政権が法を超越して判断を下す様子を「人治国家」と呼ぶことがある。「情治国家」はこれらの表現をもじった言い方で、情(感情)が指針にあることを意味する。成熟した法治国家でないことを暗に示した揶揄混じりの表現といえる。