2014年10月20日月曜日

ありまぁす,ありまあす

「ある」の丁寧表現「あります」を強い語調によって述べ、それによって「ま」の母音がやや伸びた様子を表した記述。

「ありまぁす」の表記は、2014年現在、いわゆる「STAP細胞論文問題」絡みで2014年春に記者会見に臨んだユニットリーダー・小保方晴子が「STAP細胞はあります」と述べた姿をもっぱら念頭において用いられている。