2014年10月29日水曜日

百人斬り【ひゃくにんぎり】100人斬り,百人切り,100人切り

敵100人を刀で斬った、という意味の語。100という数字は必ずしも数値を示す語ばかりでなく、単に「非常に多く」を意味している場合がある。

日中戦争において日本軍が捕虜を斬ったという話が報じられたことがあり、百人斬りというとこの件を指している場合が多い。

また、男女の色事に関して「(100人はゆうに超えるほど)数多くの異性と関係を持った」ということを、俗に「百人斬り」と表現する場合などもある。