2014年9月23日火曜日

右に出る者がいない【みぎにでるものがいない】右に出る者はいない,右に出るものがいない,右に出るものはいない

実力において勝る者がいないさま。古来、偉い立場の者から見て右側に立つ者(本人たちから見れば左側)のほうがより優れた者という決まりがあったためにこの表現が生まれたとされる。実際に、左大臣は天皇から見て右側にいたものの、右大臣より立場が上だったとされている。