2014年8月7日木曜日

ZMapp

致死率が非常に高く、長く不治の病とされてきたエボラ出血熱に対する有効な対抗策として注目される新薬のこと。アメリカ合衆国サンディエゴの製薬会社マップ・バイオファーマシューティカル(Mapp Biopharmaceutical, Inc.)により開発され、少なくとも2名のアメリカ人の治療に成功したとされている。