2014年8月30日土曜日

六次の隔たり【ろくじのへだたり】「Six Degrees of Separations」6次の隔たり

6人の人間をたどっていけば、世界中の誰とでも知り合いになれるという考えのこと。1人あたりの平均的な知り合いの人数(40人~50人とされることが多い)から算出された結果である。この考えを実証したとされるアメリカ合衆国の心理学者スタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram)の実験名、「スモールワールド実験(Small World Experiment)」にちなんで、「スモールワールド現象(Small World Phenomenon)」「スモールワールド仮説(Small World Hypothesis)」などと呼ばれることもある。