2014年7月31日木曜日

シェイク・ウマル・カーン「Sheik Umar Khan」カーン医師

シエラレオネ共和国において、エボラ出血熱の治療に尽力する医療チームリーダーを務めた医師、ウイルス学者。2014年7月、治療中に感染したエボラ出血熱により39歳の若さでこの世を去った。シエラレオネ共和国では国民的英雄と慕われていた。