スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

身バレ

身元、身分が明らかになってしまうという意味のスラング。主にネット上のブログやSNSなど、本名を晒さないツールを使用しながらも書いてある情報などから身元が特定されることに対して良く使われる。

コネ入社【コネにゅうしゃ】

能力や適性など通常入社の条件として設定されている基準とは関係なく、個人的なコネクションを通じて企業に入社することを意味する語。具体的には人事権を握っている企業側の人間と懇意にしていたり、親族であったりして他の一般入社の社員とは別ルートで採用が決定するパターンがある。

違法ストライキ【いほうストライキ】違法スト,違法なストライキ

基本的には合法であるはずが、実行の仕方や実行者によって違法とみなされてしまったストライキを意味する語。例えば労働三権の一つ「団体行動権」で認められているストライキをおこす権利は、労働組合を通して行使されることが前提とされているため、組合の意思に反して起こしたストライキ(山猫スト、山猫ストライキなど)は違法とされる。また一般市民の日常生活に欠かせない「公益事業」を担う一部の職種の人々は、そもそもストライキを行うこと自体が違法である。

赤い悪魔【あかいあくま】「Red Devils」

主にスポーツ大会において赤いユニフォームを纏った強豪チームを指すことの多い語。例としてはイングランドのサッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッド「Manchester United」やサッカーのベルギー代表チームなどがある。

眠れる獅子【ねむれるしし】

(1)日清戦争に敗れるまでは実力が謎に包まれていた中国のことを西欧諸国が呼び表す際に用いた語。未だに本領を発揮していない実力者や国を広く意味することもある。
(2)(1)より転じて、スポーツなどの中華人民共和国代表の愛称。

死のグループ【しのグループ】死の組

主にスポーツ大会のグループリーグ戦でよく使われる、複数の強豪が含まれたグループを意味する語。例えばグループAが「死のグループ」である場合、「死のグループA」というような使い方もされることがある。

カナリア軍団【カナリアぐんだん】「Os Canarinhos」

サッカーのブラジル代表に対する愛称。ブラジル代表選手のユニフォームが鮮やかな黄色であり、カナリアを連想させるところからつけられた。1950年に行われたFIFAワールドカップブラジル大会で、ウルグアイ代表に敗北したことがきっかけでユニフォームが黄色になった。

13日の金曜日【じゅうさんにちのきんようび】「Friday the 13th」

(1)英語圏を中心として不吉であるとされる日取りのこと。なぜ13日の金曜日が不吉なのかは諸説あり定かではないが、13が忌み数とされるのはキリストの「最後の晩餐」からきているとされる説が有名である。
(2)1980年にアメリカで公開されたスプラッター映画のこと。ジェイソンと呼ばれるチェーンソーをもった殺人鬼を描いた作品である。

ダークヒーロー「dark hero」「antihero」「anti hero」「dirty hero」「bad hero」アンチヒーロー,ダーティーヒーロー,バッドヒーロー

物語における典型的なヒーローの特徴として挙げられる社会的に正しい倫理観や問題解決の手段をもたないものの、ある側面から見ればヒーローと呼ぶに値する行動をおこす登場人物を意味する語。ダークヒーローとして挙げられやすい人物は義賊や復讐者など社会的には受け入れられがたい何らかの信念をもつ場合が多い。

メガホンをとる,メガホンを取る

ある映画の監督を引き受けた、または監督することを決めたということを意味する語。映画監督が役者などに指示を出す際にメガホンを使用するイメージから使われるようになった表現である。

世界三大美女【せかいさんだいびじょ】

世界で歴史上最も美しかったとされる三人の女性の総称。国ごとにさまざまな説が存在するものの、日本では主に古代エジプトの女王「クレオパトラ」、中国・唐の皇后「楊貴妃」、日本の平安時代の歌人「小野小町」とされることが多い。他国に多い異説としては「小野小町」の代わりにギリシャ神話のスパルタ王妃「ヘレネ」などを含めることがある。

洪水伝説【こうずいでんせつ】「Genesis flood narrative」「flood myths」ノアの大洪水

人間への怒りから、一度生まれた文明を破壊することを目的として神がおこす地球規模の洪水の伝説のこと。有名な聖書の「創世記」に登場する洪水伝説(ノアの大洪水)のほかにも、さまざまな神話でテーマとして扱われている。

チャージ料【チャージりょう】チャージ料金

いわゆる「テーブルチャージ」「席料」と同じく、飲食店などで料理を注文しなくても請求される料金を意味する語。店側はチャージ料を請求することで、客があまり飲み食いせず長居した場合などに入店を断ってしまった客が払うはずだった料金などの代わりとすることができる。

kawaii

主に非日本語話者が、日本独特のセンスにより生まれた可愛らしいものを形容する際に使う語。カラオケ「karaoke」や漫画「manga」と同じように非日本語圏でも認知されつつある日本語の一つである。

プラトニック「platonic」

理想的、観念的、精神的、 といった意味で用いられる英語の形容詞。あるいは、「純愛」や「崇高な愛」などの意味で、色事や肉体的な欲求を伴う愛などと対比する表現として多く用いられる表現。

「プラトニック」の語は元々は古代ギリシアの哲学者・プラトン(Plato)の名を形容詞化した語である。「プラトンの」「プラトン的な」あるいは「プラトン哲学の」というような意味を基とする。プラトン哲学は「イデア」(idea)の概念を中心とする。大雑把にいえば、人は肉体的・物質的な存在を通じて理念的・理想的な観念を想起しているのだとされる。

現代では、もっぱら、性的欲求やロマンスの要素が排除された、純粋に精神的な関係、というような意味で用いられる。これは英語圏においてもほぼ同様といえる。

関連サイト:
platonic - Merriam-Webster's Learner's Dictionary

なんちゃって

冗談まじりの発言であることを示す、あるいは、本物ではない模擬的な存在であることを意味する言い回し。典型的には、駄洒落をかました際などに用いれる。「なんちて」ともいう。最近では「なんちゃって制服」「なんちゃって親子丼」のように、それらしく見えるが実際にはそれそのものではない、といった物事を形容する表現として用いられることが多い。

幹部候補生【かんぶこうほせい】

組織の中で、将来重要な地位に就くことを期待されている訓練生を意味する語。幹部候補生は他の一般の構成員と比べて収入などの面で特別な扱いを受けることが多い。幹部候補生が後に担う重要な地位とは、企業であれば役員など、軍隊であれば将校などが挙げられる。企業における幹部候補生は実際に指導的な役割を与えられることも多く、単に「幹部候補」と呼ばれることもある。

出雲国造【いずものくにのみやつこ】

上古に出雲国の統治を担当していた役職を意味する語。出雲国とは、現在の島根県東半部にあたる地域の旧国名。

出雲国はヤマタノオロチ伝説など日本に古くから伝わる多くの神話の舞台となっている。出雲国造にあたっていた出雲氏は、7世紀の半ばに国造の制度が廃止された後も「出雲国造家」として出雲国を治めた。

ADNI「Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative」アド二

アメリカの国立衛生研究所「National Institutes of Health、NIH」による、アルツハイマー病臨床研究を主導するプロジェクトのこと。患者を長期的に観察することでアルツハイマー病のメカニズムや予防を模索するものである。日本ではJ-ADNI「Japanese (Japan) Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative」として、国と製薬会社の協力のもとADNIにならった国家プロジェクト が存在する。

スペルト小麦【スペルトこむぎ】

現代において世界的に食されている普通小麦よりも品種改良の少ない、原種に近い小麦のこと。虫などがつきにくく農薬などを使わずに栽培しやすいほか、小麦アレルギーの発症が普通小麦よりも起こりにくいとされる。また、栄養価の面などからも注目が集まっている。

アノニマス「anonymous」

(1)匿名の、または美術作品などの作者が不詳であることを意味する英単語。
(2)世界にまたがって存在する、あるハッカー(時にクラッカー)集団の名称。クラッカーとは悪意をもってハッキングを行う人々を意味し、アノニマスはアラブの春に際してエジプト政府の公式サイトなどに攻撃をしかけたことで世間に広く名が知られた。

資本提携【しほんていけい】

今まで資本関係になかった複数の企業が、相互に株式を持ち合うなどして新しく資本関係を築くこと、または築いた状況を意味する語。基本的には業務提携や合併などを行う前段階として、互いに協力関係にあることを明らかにしつつ保証するためになされることが多い。

部分一致検索【ぶぶんいっちけんさく】

検索サイトなどで見たいページを検索する際、検索ワードに近い文字列や一部を含むページも検索結果に表示させるやり方のこと。一般的な検索サイトは部分一致検索が自動で行われるようになっている。例えば検索ワードが「検索ランキング」である場合、「検索ワードランキング」など一部の文字列が一致するページも検索結果に上がるといったものである。

完全一致検索【かんぜんいっちけんさく】

検索サイトなどで見たいページを検索する際、検索ワードと完全に一致する文字列を含むページのみを検索結果に表示させるやり方のこと。一般的な検索サイトなどでは検索ワードをある程度分割して、近い文字列や一部を含むページも検索結果に上がる仕組みとなっているため、しばしば完全一致検索が必要となる。

JAPANESE ONLY

英語で「(日本における)外国人お断り」を意味する語。日本では飲食店などをはじめとして、外国人客とのコミュニケーションに対する不安などからこの文字を店頭に掲げる例が少なくない。しかし、主に先進国など外国の常識に照らすと人種差別的にとられる可能性があり、一部で問題視されている。

取引銀行【とりひきぎんこう】

企業が取引関係をもつ銀行のこと。一度取引を行うだけのコンサルティングなどよりも、毎期の資金調達などある程度長い取引関係を持っている際に使われることが多い言葉である。

レゾンデートル「raison d'etre」

自身が信じる生きる理由、存在価値を意味するフランス語の「raison d'etre」をカタカナ表記した語。他者の価値と比較して認められる存在価値ではなく、あくまで自己完結した価値を意味する。

社会インフラ【しゃかいインフラ】「social infrastructure」社会的インフラ,社会インフラストラクチャー

人間の活動の基盤となる基盤(インフラ)「infrastructure」の中でも、特に生活や福祉に関するものを意味する語。社会インフラには水道設備や医療・福祉制度などが含まれるとされるのが一般的である。社会インフラではないものには「経済インフラ」などがあり、こちらは銀行制度など産業に欠かせない基盤を意味する。

胸椎黄色靭帯骨化症【きょうついおうしょくじんたいこっかしょう】胸椎黄色靱帯骨化症

胸部の脊髄を内蔵する脊柱管を成す、12個の胸椎をつなぐ靭帯の中の一つである黄色靭帯が厚く硬くなることで、脊髄が圧迫されるという病のこと。下半身のしびれに始まり、進行すると歩行が困難になるなどの症状が表れることがある。

寝起きドッキリ【ねおきドッキリ】

ターゲットとなる人物を仕掛け人が驚かせ、反応を撮影するなどして楽しむといういたずらの中でも、ターゲットが寝ているところに仕掛け人がアポなしで訪問するもののこと。

プラユット・チャンオチャ「Prayuth Chan-ocha」プラユット陸軍司令官,プラユット司令官,プラユット

タイ王国の陸軍司令官であり、更に国家平和秩序評議会議長に就任し首相権限を得た人物のこと。議長就任は2014年5月に当時の政府に対してクーデターを起こしたのち、プミポン国王に認められてのことであった。元首相のタクシン・チナワット「Thaksin Shinawatra」の政治に反対する軍部などを中心とした「反タクシン派」の中心的人物である。

プミポン国王【プミポンこくおう】「Rama IX」「Bhumibol Adulyadej」ラーマ9世,プミポンアドゥンラヤデート国王,プーミポンアドゥンラヤデート国王,プーミポンアドゥンヤデート国王,プミポンアドゥンヤデート国王

タイ王国チャクリー朝の9代目国王のこと。1927年にアメリカ合衆国、マサチューセッツ州のケンブリッジで生まれ、1946年に先代である兄の死をうけて即位した。日本では「プミポン国王」と「アドゥンラヤデート(またはアドゥンヤデート)」の部分を省略することが多いが、タイでは省略部分も全て含めて一つの愛称である。

サティー,サティ,寡婦殉死,寡婦焚死「Sati」

ヒンドゥー教が広まる地域における慣習で、夫に先立たれた妻が夫を火葬している炎に飛び込み自殺するというもののこと。20世紀に入ってからはあまり行われなくなっていたとされている。起源についてはインドの叙事詩に登場する女神サティーとする説や、妻が夫の相続権を持っていたため夫の親族に強要されたとする説などさまざまに存在する。

開放骨折【かいほうこっせつ】複雑骨折

折れた骨が対外に露出しているような骨折を意味する語。「複雑骨折」も同じ意味をもつが、本来の「治療が複雑である」という意味に対し、「複雑に折れている」という意味に誤解されやすいため「開放骨折」がよく用いられる。

ヤード「Yard」

(1)長さの単位で、91.44センチメートルに等しい。
(2)英語で庭を意味する語。
(3)英語で仕事場や作業場を意味する語。
(4)ロンドン警視庁またはそこに属する警察を意味する「スコットランドヤード」の略語。

フリーメイソン「Freemasonry」フリーメーソン,フリーメイスン

全世界に「ロッジ」と呼ばれる支部をもち、総じて社会的地位の高い者たちで構成されているとされる秘密結社のこと。日本語でよく知られる結社名のフリーメイソンは、英語で結社の会員を意味する「Freemason」から来ており、本当の結社名はフリーメイソンリー「Freemasonry」である。石工の集まりに起源をもつとされているためか、徒弟制に類似した名称の階級が存在する。

切り裂きジャック「Jack the Ripper」ジャックザリッパー,ジャックザリパー

1888年にイギリス、ロンドンのホワイトチャペル地区で起きた猟奇殺人事件の犯人のあだ名のこと。事件では少なくとも5人の売春婦が内臓を引きずり出されるなど凄惨な死体となって見つかった。切り裂きジャックは特定されることなく、事実上迷宮入りした。

ビッグフット「bigfoot」

アメリカ合衆国のロッキー山脈周辺に生息が疑われる未確認生物である。特徴は非常に大きい二足歩行の猿人のような姿や強烈な体臭などがある。

オーパーツ「Out of Place Artifacts」「OOPARTS」

場違いな人工物を意味する、それらが作られた時代の人間がもっていた技術や知識に照らすと存在し得ない人工物のこと。古代マヤ文明の遺跡から見つかった「クリスタルスカル」やコロンビアで紀元前500年よりも前に栄えた文明の遺跡から見つかった「黄金のスペースシャトル」などが有名である。

エアバースト「air burst」空中爆発

比較的小さな物体が宇宙から飛来し天体に衝突する場合におこる、地表付近の上空における爆発のこと。発生した強い爆風は地表を広範囲にわたってなぎ払うものの、クレーターなど隕石落下の証拠にされやすい痕跡を残さない。

ツングースカ大爆発【ツングースカだいばくはつ】「Tunguska Explosion」「Tunguska Event」ツングースカ事件

1908年6月30日にロシア帝国(現、ロシア連邦)領内のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流付近の上空で起こった大爆発のこと。第一次世界大戦やロシア革命などの動乱が落ち着きを見せた1921年に、鉱物学者のレオニード・クーリックを中心とする調査団が原因究明にあたった。しかし当初有力とされていた隕石落下説を裏付ける証拠は発見されず、さまざまな説を唱える者が現れたことで世界の謎の一つにも数えられるに至る。2013年を迎え綿密な地層の調査が行われた結果、事件の発生から100年以上を経てようやく原因は隕石のエアバースト(空中爆発)であると特定された。

ぶっち,ブッチ

俗に、授業やアルバイトなどを勝手に休んだり、一方的に連絡を絶ったりすることを意味する語。意図的にぶっちする場合もあるが、日時の勘違いなどにより意図せずぶっちする場合もある。

寝ぶっち【ねぶっち】寝ブッチ

俗に、予定していた会合や仕事などへの参加を寝坊により取り止める、あるいはすっぽかす(ぶっちする)ことを意味する語。授業やアルバイトのほか、友人同士の約束などにも用いられる。

雑損【ざっそん】

「雑損失」の別称。雑損失とは、企業会計の中の営業外費用のうち、どの勘定科目にも当てはまらないものや、少額であるため独立した科目として扱わないものを意味する。

財布が軽いと心が重い【さいふがかるいとこころがおもい】「light purse makes a heavy heart」財布が軽ければ心は重い

十分なお金を持っていないと暗い心持ちになるということを喩えた表現。「財布が軽いと心が重い」とは逆に、金銭的余裕があると心が軽やかになるという意味で「財布が重いと心が軽い」と表現される場合もある。

財布が重いと心が軽い【さいふがおもいとこころがかるい】「A heavy purse makes a light heart」財布が重ければ心は軽い

お金をたくさん持っていると安らかな心持ちになるということを喩えた表現。英語の「A heavy purse makes a light heart」を日本語に訳したものとされる。「財布が重いと心が軽い」とは逆に、金銭的余裕が無いと心が軽やかでないという意味で「財布が軽いと心が重い」と表現される場合もある。

待ったなし【まったなし】待った無し

先延ばしにすることができず、時間的に差し迫っているさまを意味する語。俗に、ある事態が避けられないさまや、ある事象が起こる確率が非常に高いさまという意味で用いられることもある。

サク飯【サクめし】

短い時間でさっくり食べられる料理や、簡単に食事を済ませることを意味する語。サク飯は安価で品数が少ないという点で特徴づけられる。代表的なサク飯として牛丼やラーメンなどが挙げられる。同様に、居酒屋などで手軽にお酒を飲むことは「サク飲み」と呼ばれる。

サク飲み【サクのみ】

居酒屋やバーなどで、簡単な料理で安価かつ気軽にお酒を飲むことを意味する語。多くの場合、サク飲みは1人あるいは数人で行われる。同様に、飲食店などで簡素に食事を済ませることは「サク飯」と呼ばれる。

都会の喧騒【とかいのけんそう】

都会独特の騒がしさを意味する語。都会とは人が多く集まる土地のことを指す。都会の喧騒を生むものとして、人の声や車のクラクション、街頭ディスプレイの映像の音などが挙げられる。「都会の喧騒」は地方などの閑静な環境に憧憬を抱かさせるものとして用いられることが多い。

孫フィーバー【まごフィーバー】

俗に、孫を持った人が熱狂的に孫を溺愛するさまを意味する表現。孫フィーバーは初孫が生まれた時に起こることが多い。一般的には、息子夫婦や娘夫婦の意向を無視するほど度を越した溺愛振りを「孫フィーバー」と表現する場合が多い。

修正協議【しゅうせいきょうぎ】

主に政党間で意見が分かれている法案などについて、各党の意見を調整し双方が納得する新しい案を作ることを目的として行われる話し合いを意味する語。法案を国会に提出する前に行われることが多い。

裂傷【れっしょう】

皮膚が裂けてできた傷。裂創ともいう。皮膚が器物に引っ掛かり、引っ張られて、裂けるようにして生じた傷を指す。

裂傷では、傷口は不規則な、びらびらの状態になりやすい。力の加わり方によっても傷の状態は変化する。刃物などの鋭利なものによる切り傷(切創)あるいは刺し傷(刺創)などに比べても皮膚組織の破壊の程度が大きいといえる。傷は回復しにくく、痕も残りやすい。

ミスコン,ミスコンテスト

特定の集団の中や、応募してきた者の中で最も美しい女性を決めるイベントのこと。英語で未婚女性を意味する「Miss」の言葉どおり、本来は未婚の女性のみを対象とすべきであるが、実際には未婚や既婚は関係なく行われる場合もある。

体当たり演技【たいあたりえんぎ】体当たり,体当たりの演技

俳優が全力であたった演技のこと。本来は単に思い切った演技という意味であったが、現在では女優がエロティックなシーンを演じたりすること、または危険なシーンをスタントマンを使わず演じることに対して特に良く使われる。

ドアホン「door phone」

玄関口などに設置してある、来客が自分の来訪を家主に伝えるための電話のこと。別名に「インターホン」がある。

おとといきやがれ,一昨日来やがれ,おととい来やがれ,一昨日きやがれ

相手を追い返す際に、訪ねてきたことへの強い不快感を示す語。一昨日に訪ねることは今となっては不可能であるため、二度と来ないで欲しい意思を伝えるという説や、古くに遠い日を意味した「おとつひ」が「おととい」に変化したとする説などがありはっきりとした語源は定かでない。

エンコする

信号を再生に用いるメディアの種類に合わせて変化させることを意味する、英語の「encode」を略して動詞化した語。本来は英語の「encode」自体が動詞であるため動詞化の必要はない。

野生【やせい】

(1)動植物が、人間の手を加えられることなく自生していることを意味する語。
(2)誰にも教えられることなく体得しているさま、または自然そのままで荒々しいさまを表す語。例としては「野生の勘」「野性味溢れる」などがある。
(3)アマチュアであり、一般人の中にまぎれながらもプロに比肩する何かをもつ人を意味する語。例えば「野生の」の後に有名芸能人の名前がくる場合、一般人でありながらその有名人にそっくりである人、劣らない技術をもつ人などを指す。

日本語でおk

主としてネット上で使われる、掲示板やチャットで書き込まれた相手の文章が意味不明であり、正しい日本語で書き直して欲しい旨を伝える語。相手に対する挑発として受け取られることもある。本来ならば「日本語でOK」と入力しようとしたのを、日本語入力のままOKと打ってしまった結果この表記になった。

キメる

薬の効果が現れる(キマる)ように、薬を服用することを意味する語。転じて大麻など違法な薬物を使用することを意味することがある。

ポエマー

聞いていて恥ずかしくなるような詩的な表現を頻繁に使用する人を意味する語。英語で詩人を意味する単語は「poet」であるため、ポエマー「poemer」は和製英語である。

ヒットメーカー

顧客に人気の出る(=ヒットとなる)商品のアイデアなどを、何度も世に出している人を意味する語。

小アルカナ【しょうアルカナ】

タロットカード78枚のなかでも、ハート・スペード・クラブ・ダイヤの4つの記号と1からK(キング、または13)の英数字を割り当てられた56枚のこと。俗にいうトランプのことである。ちなみに小アルカナに属さない残り22枚のカードは「大アルカナ」であり、一般的には「大アルカナ」のみがタロットカードとされることが多い。

大アルカナ【だいアルカナ】

タロットカード78枚のなかでも、それぞれに意味が込められ象徴的な絵が描かれた22枚を意味する語。0番目が「愚者」のカードで21番目を「世界」のカードとするような、アメリカ生まれの文筆家アーサー・エドワード・ウェイト「Arthur Edward Waite」が定めたウェイト版タロットカードが有名である。ちなみに大アルカナに属さない残り56枚のカードは「小アルカナ」であり、俗にいうトランプのことである。

キネマ

キネマトグラフ「kinematograph」の略で、シネマトグラフ(シネマ「cinema」)と同じく映画を意味する語。フランス語で映写機を意味するシネマトグラフ「cinématographe」が日本語で「死ね」を連想させることからキネマという言葉が生まれた説や、ドイツ語で映画を意味するキネマトグラフ「kinematograph」経由で日本に入ってきたからという説など様々に存在する。

バンビーノ「bambino」

(1)イタリア語で男の赤ん坊を意味する「bambino」をカタカナ表記した語。
(2)アメリカにおける「野球の神様」として有名なジョージ・ルース「George Herman Ruth, Jr.」(通称、ベーブ・ルース「Babe Ruth」)のあだ名。ジョージ・ルースは童顔であったことなどからこのように呼ばれた。ちなみにベーブ「Babe」も赤ん坊を意味するあだ名である。

アイデアマン

新しい提案や独創的な発明を次々と行う人を意味する語。議論など特定の状況におけるアイデアマンは、議論の対象となるべき意見を出すことを期待される役回りのことなどを指すこともある。

チンピラ

悪党の中でも小物を意味する語。「小悪党」などと類似した表現である。

常駐アプリ【じょうちゅうアプリ】

常駐アプリケーションの略で、スマートフォンやパソコンで使用していないが終了してもいないアプリケーションを意味する語。マルチタスク機能があると、常駐アプリも全て実行された状態のままになる。

マナー本【マナーぼん】

特定の状況で上品に、または礼儀にのっとって行動するために必要な知識を書いた本のこと。冠婚葬祭に関わる所作について解説したものなどがポピュラーである。

天狐【てんこ】

狐が長く生きたものとされる神獣のこと。一説には1000年生きた狐が天狐になるとされ、伏見稲荷大社など神使として祭っている場所もある。

ガレット・デ・ロワ「galette des rois」

フランスなどで新年を祝って食べられる、アーモンドクリームの詰まった平たく丸いパイのこと。フランス語で「王の菓子」を意味する。大きなガレット・デ・ロワを複数に切り分け、中に一つだけ入っているフェーヴと呼ばれる人形があたった者は一年間幸福であるとされる。

プレエントリー「pre-entry」

就職活動において、学生が興味のある企業に個人情報を登録すること。正式に入社を希望する「エントリー」よりも前に、企業から配信される説明会などの情報を手にいれるために行われる。「pre」は~の前にといった意味をもつ英語の接頭辞である。

天使の輪【てんしのわ】「halo」「angel's ring」「angel ring」エンジェルリング

(1)天使の頭上に浮かんでいる光の輪のこと。英語では「halo」と表記する。
(2)艶のある髪の毛に光が当たると浮かび上がる、 頭頂部に近い部分の髪の毛を一周するような光の輪のこと。
(3)ビールジョッキの内側を一周するようにつく泡のあとのこと。ビールの種類やジョッキの清潔さ、飲み手の飲み方など様々な条件が重ならなければ浮かび上がらないとされている。

資源立国【しげんりっこく】

天然資源などを外国に輸出することで得られる利益が、自国の発展の大部分を支えている国を意味する語。資源立国でない国には「技術立国」などがある。

反タクシン派【はんタクシンは】

タイ王国において新しい民主主義の確立を志向する実業家、ソンティ・リムトーングン「Sondhi Limthongkul」などを中心とする派閥のこと。民主市民連合「People's Alliance for Democracy、PAD」が2014年現在の中心的な市民団体であり、元首相タクシン・チナワット「Thaksin Shinawatra」の政治に不満をもつ。主な構成員には軍部や比較的豊かな層に属する者が多い。シンボルカラーが黄色であることから、デモ活動などで黄色いシャツを着て参加する者が多く「黄シャツ派」と呼ばれることもある。

黄シャツ派【きシャツは】黄シャツ,黄シャツ隊,黄服軍団

タイ王国において新しい民主主義の確立を志向する実業家、ソンティ・リムトーングン「Sondhi Limthongkul」らを中心とする「反タクシン派」の市民団体の別名。シンボルカラーが黄色であることから、デモ活動などで黄色いシャツを着て参加する者が多くこのように呼ばれる。

タクシン派【タクシンは】

タイ王国において新しい民主主義の確立を目指す元首相、タクシン・チナワット「Thaksin Shinawatra」を支持する派閥のこと。反独裁民主戦線「United Front of Democracy Against Dictatorship、UDD」が2014年現在の中心的な市民団体である。タクシン派はデモ活動などでシンボルカラーの赤いシャツを着て参加する者が多く、「赤シャツ派」と呼ばれることもある。ちなみに対する勢力は「反タクシン派」または「黄シャツ派」である。

赤シャツ派【あかシャツは】赤シャツ,赤シャツ隊,赤服軍団

タイ王国において新しい民主主義の確立を目指す元首相、タクシン・チナワット「Thaksin Shinawatra」を支持する「タクシン派」の市民団体の別名。シンボルカラーが赤であることから、デモ活動などで赤いシャツを着て参加する者が多くこのように呼ばれる。対する勢力は「反タクシン派」または「黄シャツ派」である。

ドミノ式【ドミノしき】

一つの出来事が別の出来事を引き起こし、また別の出来事を引き起こすといった広がりを、ドミノが一つ前が倒れると次が倒れるといった形で進んでいくことに喩えた語。例としては「一つの失敗がドミノ式に別の失敗を引き起こす」という風に使われる。

一線を引く【いっせんをひく】線を引く

一般的には人との関係において、これ以上立ち入られたくないがために距離をとることやけん制すること。相手との間に線を引いて、自分の領域と他人の領域を明確にするイメージからきている。

一線を越える【いっせんをこえる】

その他の行為とは明確に区別された、なんらかの思い切った行為に手を出してしまうことを意味する語。例えば男女の関係であれば性行為に及ぶこと、人の倫理に関して言えば人を殺してしまうことなどが挙げられる。

全摘【ぜんてき】

「全摘出」を略したもので、手術で病巣などを取り除く際に侵された臓器を丸ごと摘出することなどを意味する語。

中生

(1)ちゅうしょうと読み、極楽往生を等級付けした九品の中でも上から5等級目のこと。
(2)ちゅうなまと読み、生ビール中ジョッキを略した語。
(3)ちゅうせいまたはなかてと読み、種まきから収穫までの期間が早生と晩生の間に位置する植物種のこと。

A to Z

アルファベットの最初の文字から最後の文字までを意味する語。転じて複数のものを全て網羅しているさまを表すこともある。

ハンドドライヤー,ハンドドライアー

トイレなどにしばしば設置されている、濡れた手を乾かすことができる機械のこと。一般的には風が機械から噴出し、そこに手を当てて乾かすまたは水滴を吹き飛ばすものである。

苦労話【くろうばなし】

いかに自分が苦労してきたのかを、その経験とはなんの関係もない他人に語ること。「不幸自慢」と類似しているが、「苦労話」は自慢を意図されていないこともある。