2014年3月31日月曜日

災害サイクル【さいがいサイクル】災害のサイクル

災害が起こった後、復興が行われて平時となり、その後再び災害が起こるという一連の過程をサイクルとして捉えた概念を意味する語。一般的には、災害発生直後が「超急性期」と呼ばれ、その後急性期、亜急性期、慢性期、静穏期という経過を辿るが、時期の区分や名称は異なるものが用いられる場合もある。

関連サイト:
災害のサイクル - 国土交通省 東北地方整備局

文書訓告【ぶんしょくんこく】書面による訓告

公務員などが不祥事を起こした場合に、文書によって行われる訓告処分のこと。文書訓告は国家公務員法82条における懲戒処分には含まれず、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(地教行法)43条を根拠として行われている。文書訓告は比較的軽い処分とされるが、昇給や賞与などの取扱いに一時的に影響がある場合もある。

口頭訓告【こうとうくんこく】

公務員などが不祥事を起こした場合に、口頭で行われる訓告処分のこと。口頭訓告は国家公務員法82条における懲戒処分には含まれず、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(地教行法)43条を根拠として行われている。口頭訓告は比較的軽い処分とされるが、昇給や賞与などの取扱いに一時的に影響がある場合もある。

熱帯域【ねったいいき】熱帯地域

「熱帯」とほぼ同じ意味で用いられる語。熱帯は、主に低緯度に広がる、気温が高く、ある程度の降水量のある地域である。ケッペンの気候区分では、最寒月の平均気温が18℃以上、年平均降水量が乾燥限界以上という2つの条件を満たす地域が熱帯域に相当する。

既知種【きちしゅ】

既に生物学的記載が行われており、有効な学名が与えられている生物種、あるいはその国や地域などで分布が確認されている生物種を意味する語。

既知種数【きちしゅすう】

既に生物学的記載が行われており、有効な学名が与えられている生物種の数を意味する語。既知種数は、生物全体あるいは特定の分類群に着目して計数されることもあれば、特定の国や地域に着目して計数されることもある。日本分類学会連合の「日本産生物種数調査」など、調査によっては、絶滅した種を既知種数に含めない場合もある。

新産種【しんさんしゅ】

特定の国や地域などに分布することが新たに判明した、既に別の場所で得られた標本に基づき生物学的記載が行われている種を意味する語。「新産種」の語は、主に植物学、菌類学などで用いられることが多い語である。例えば、日本で発見された新産種は「日本新産種」などと呼ばれる。

新産種報告【しんさんしゅほうこく】

既に生物学的記載が行われている種を、それまでに分布が報告されていなかった国や地域などで初めて発見した時に行われる報告を意味する語。

培養性状【ばいようせいじょう】培養的性状

生物を培養した時の様子を意味する語。具体的には、菌類や細菌などを培地で培養した時のコロニーの色、大きさ、形状などを指すことが多い。培養性状は、生物の分類や同定に用いられる場合がある。

AHCC「Active Hexose Correlated Compound」活性化糖類関連化合物,活性化された多糖類関連化合物

株式会社アミノアップ化学が開発した、シイタケ菌糸体由来の健康食品。免疫増強作用が知られており、がんを抑制する効果があるとされている。特別なタンクの内部で、シイタケの菌糸体を長期間培養することにより製造され、β-グルカンだけでなく、アシル化されたα-グルカンを含んでいることなどが特徴とされる。

エントリー煽り【エントリーあおり】

就活生に対して、危機感や不安感を持たせることによって企業へのエントリーを行わせることを意味する俗語。一部の就活サイトにおいて、登録した学生同士でエントリーの数を競わせたり、平均エントリー数を下回っていることを警告したりするなどのエントリー煽りが行われているという批判がある。

2014年3月29日土曜日

整形メイク【せいけいメイク】

まるで整形をしたかのように、化粧後の顔を美しく見せる化粧の技術のこと。目を大きく見せるためにカラーコンタクトを入れるなど、手間隙をかけるのが特徴と言える。

すっぴんメイク

まるで化粧をしていないかのように見せる化粧の技術のこと。「ナチュラルメイク」などと非常に意味の似通った言葉であり、そもそも化粧に手をかけない「薄化粧」などとは意味の全く違う言葉である。

ばら撒き【ばらまき】バラ撒き,バラマキ

主に政府による、歳入を無視した福祉制度の拡張などを意味する語。国の将来よりも現在の与党の支持率を重視しているとして、批判の対象とされる際にこの言葉が使われることが多い。ばら撒きを良く行う財政政策を続けることを、「ばら撒き財政」ということもある。

場が凍る【ばがこおる】場の空気が凍る,空気が凍る,場が固まる,空気が固まる

一人の不用意な発言などで、その場にいる人々が気まずい空気の中、何も発言できなくなること。発言できない理由は緊張であったり、恐怖であったり驚愕であったりと様々に考えられる。まるで空気や人が凍り付いてしまったかのようだと表現する言葉である。

悪魔の囁き【あくまのささやき】悪魔のささやき

いわゆる「魔が差している」状態のことを、悪魔に耳元で悪事を吹き込まれているのだと喩える語。

12人目の選手【じゅうににんめのせんしゅ】12人目のプレーヤー,12人目のプレイヤー

サッカーにおいて、1チーム11人同士で戦うところ、サポーターを12人目として数えることを意味する語。チームとサポーターの一体感やサポーターの重要性を表現する言葉である。

行きはよいよい帰りは怖い【いきはよいよいかえりはこわい】行きは良い良い帰りは怖い,行きはよいよい帰りはこわい

童謡「通りゃんせ」の一節であり、神社に向かう道の行きは良くとも帰りはそうではないと歌う部分のこと。作詞者が不明であることもあり、歌詞の真意は定かではない。現代では登山の際などに、行き(登り)で力を使い果たしてはならないということを指して使われるなど、用途は幅広い。

亭主元気で留守が良い【ていしゅげんきでるすがいい】

夫婦の間柄において、夫は家にお金を入れるだけで良く、常から家にいない方が妻にとって都合が良いということを意味する語。大日本除虫菊株式会社のCMのコピーから広がった言葉であり、1986年の流行語の一つにも選ばれている。

点取り合戦【てんとりがっせん】

点数を競い合うようにして激しく取り合うさまを、合戦に喩えた語。

点取り屋【てんとりや】

スポーツにおいて、試合中大量の得点を決める選手を意味する語。スコアラーとも呼ばれることがある。

便りが無いのは良い便り【たよりがないのはいいたより・たよりがないのはよいたより】便りがないのは良い便り,便りがないのはいい便り,便りがないのはよい便り,便りが無いのはいい便り,便りが無いのはよい便り

遠くに住んでいる知り合いから長く連絡が無い場合などに、悪い知らせが来るわけでもないのだから、むしろ息災であるに違いないと考えるという意味をもつ語。

古き良き時代【ふるきよきじだい】

現在と比較して、過去のほうが素晴らしかったという前提に立ちながら懐古する語。

金髪碧眼【きんぱつへきがん】

金色の髪と碧い瞳をもつという意味の、欧米人のイメージとして語られやすい身体的特徴のこと。憧れの対象として扱われることも多い。

サイドテール

ポニーテールを側頭部で結んだ髪型を意味する語。

バックドラフト現象【バックドラフトげんしょう】「backdraft」バックドラフト

火災現場でよく起こる、室内など酸素の限られたところで一定時間炎が燃えたあと、ドアを開けるなどして急激に酸素を流入させると大きな爆発が起こる現象を意味する語。不完全燃焼により酸素と結びつかなかった一酸化炭素と酸素の化学反応が一気に進むことが原因である。

そっくりさん

別の人間に顔が良く似ている者を指す語。例えば「AはBのそっくりさんだ」というように使われる。

デザイン性【デザインせい】

見た目のいかに素晴らしくデザインされているかを意味する語。しばしば「機能性」という言葉と並列で使われ、程度は「優れている」「乏しい」などと表現される。

アイキャッチ

(1)アニメなどで、 CM 前後に本編とは別に挟み込まれる短いカット、または映像のこと。タイトルが示される場合が多い。
(2)広告業界において、見ている者の目を引いたり奪ったりすること、またはそういったモチーフやコピーのことを意味する語。

馬に蹴られる【うまにけられる】

他人の恋路を邪魔する者に対して使われる語。故意にしろ過失にしろ、そういった邪魔をした者は「馬に蹴られる」と言われる。

キョロ充【キョロじゅう】

常にキョロキョロと人目を気にしており、その時々の流行や周囲の人間に合わせることで自分を「リア充」だと思い続ける者を意味する俗語。主に大学生に多いとされる。そもそも「リア充」とは「リアル(現実)の生活が充実している」者を指し、必死に「リア充」を演じているという意味なども含まれた言葉である。

前乗り【まえのり】

(1)サーフィンにおいて、他者が乗った波に後から乗ってしまうことを意味する語。ピークと呼ばれる、波が崩れ始めた地点の傍にいるサーファーの前から入る形になるためこのように呼ばれる。サーファーの間では非常にマナーの悪い行為とされており、他の呼び方には「ドロップイン」がある。
(2)当日予定のある場所の周辺に、前日から宿泊することなどを意味する語。「前日入り」とほとんど同じ意味を持つ言葉である。

2014年3月28日金曜日

溜め技【ためわざ】タメ技

格闘ゲームなどにおいて、「溜め」動作を行ってから繰り出す必殺技などの特殊な技を意味する語。溜め技は発動するのに時間がかかるため通常の技よりリスクが高いが、その分相手に与えるダメージは大きいことが多い。

為【ため】タメ

別の人や物事にとっての利益を意味する語。役に立つことや糧になることという意味で、「タメになる」という形で用いられることが多い。

溜め【ため】タメ

格闘ゲームなどをプレイする中で、必殺技などの特別な技を出すコマンドの一環として特定の動作を一定時間以上行うことを意味する語。タメの動作として、レバーを倒し続けたり、ボタンを押し続けたり、ボタンを連打したりすることなどが挙げられる。溜めを経て繰り出される技を「溜め技」と呼ぶ。

演技派【えんぎは】

(1)俳優などが演技に長けているさまを意味する語。外見の良さだけでなく演技力も優れているという意味合いで用いられることが多い。類語として「実力派」などがある。
(2)実際の気持ちや性格とは異なるように自分を見せかけることが上手なことを意味する語。類語として「ぶりっ子」などがある。

この目で見る【このめでみる】此の目で見る

現物や現場などを実際に目で見たことを意味する語。映像や写真ではなく実物を見たことや、他人からの又聞きではなく自分が見たことなどを強調するために用いられる。

借入先【かりいれさき】借入れ先,借り入れ先

お金やリース商品を借りる、あるいは借りた相手の機関を意味する語。

社会的文脈【しゃかいてきぶんみゃく】

社会全体や複数の人が関わる場において、ある事象の意味付けを決定付ける一連の背景を意味する語。

社会的損失【しゃかいてきそんしつ】

(1)ある事象によって社会全体が被る損害を意味する語。社会全体が受ける社会的損失として、経済面や学術研究面などでの不利益が挙げられる。
(2)ある事象によって個人の社会的生活が被る損害を意味する語。個人が受ける社会的損失には、仕事や人間関係などでの不都合が挙げられる。

斜陽産業【しゃようさんぎょう】

一時は盛んだったものの、ピークを過ぎてからは落ち目になり生産や売上が低迷している産業界を意味する語。

実動部隊【じつどうぶたい】実働部隊,実動隊,実働隊

現場で実際に活動するチームを意味する語。実地で作業せず指図を行う側と対比して用いられることが多い。

実を言うと【じつをいうと】実を言えば,実をいうと,実をいえば

それまで言わないでいた事を思い切って話す際に、これから打ち明け話をするという前置きの意味で用いられる表現。

阿波に吹く風は讃岐にも吹く【あわにふくかぜはさぬきにもふく】

ある土地の習わしは他の土地にも移るということ、またどこの土地でも人の心や人情は同じであるということを意味する言い回し。「阿波」とは現在の徳島県、「讃岐」は現在の香川県にあたり、阿波と讃岐は隣り合っていた。

タメ

(1)2個のサイコロを振った時に2個とも同じ目が出ることを意味する賭博用語。タメと同様の意味を持つ語に「ぞろ目」などがある。
(2)俗に、同い年であること、あるいは同い年の人を意味する語。関連して、同い年の人に接する時に使うような、敬語を使わないくだけた言葉や口調を「タメ口」「タメ語」などと言う。

至誠【しせい】

これ以上ないほどに誠実であることを意味する語。「孟子」の有名な言葉に「至誠にして動からざる者は未だこれ有らざるなり(至誠而不動者未之有也)」があり、この言葉は吉田松陰が座右の銘としていたことでも知られている。

草莽崛起【そうもうくっき】

志を持った在野の人々が一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようとすることを意味する語。江戸時代末期に、吉田松陰が民衆主体の改革を望んで唱えた思想として知られる。

飛耳長目【ひじちょうもく】長目飛耳

鋭い観察力や情報収集能力、あるいはそれをもたらす書物を意味する語。中国の古典「管子」に由来する語で、君主の9つの心得(九守)の第一に「長目」、第二に「飛耳」が挙げられている。江戸時代末期に吉田松陰が、飛耳長目の重要性を説いたことが知られている。松陰主宰の松下村塾には、「飛耳長目」と題された、各地の風聞を生徒が書き留めておく帳面が置かれていたという。

一君万民論【いっくんばんみんろん】一君万民主義,一君万民

一人の君主にのみ権威があり、君主を除く人々はみな平等であるという主義主張のこと。江戸時代末期に、幕藩体制に否定的であった吉田松陰が「草莽崛起」とともに唱えたことで特に知られている。明治期以降は、藩閥政治の批判に用いられたほか、デモクラシーの理論的支柱ともなった。

松陰神社【しょういんじんじゃ】

江戸時代末期の思想家、吉田松陰を祀る神社。山口県萩市と東京都世田谷区の2か所にある。萩市の松陰神社は昭和30年に改築されており、旧社殿は久坂玄瑞や高杉晋作など、松陰門下の志士を祀る松門神社となった。世田谷区の松陰神社は、かつての長州藩主の別邸があった場所に建てられている。

芝山巌事件【しざんがんじけん】六氏先生事件

日本統治下の台湾で1896年の元日に起こった、抗日ゲリラによる日本人襲撃事件のこと。芝山巌事件で殉職した芝山巌学堂の職員は「六氏先生」と呼ばれており、吉田松陰の甥にあたる楫取道明も犠牲者の一人であった。芝山巌学堂を設立した台湾総督府民政局学務部長の伊沢修二は、一時帰国していたため難を逃れた。

貞宮多喜子内親王【さだのみやたきこないしんのう】

1897年生まれの日本の皇族。明治天皇の第十皇女であり、3歳で夭折した。御養育主任には、楫取素彦が命じられていた。山口県の防府天満宮の境内に、貞宮多喜子内親王の遺物を納める貞宮遥拝所が建立されており、毎年1月11日の命日に遥拝式が行われている。

点取り問題【てんとりもんだい】

試験問題の中で、基礎的な内容であるなどの理由から正解を導くのが容易である問題を意味する語。点取り問題は、受験者が良い点を取れるようにという出題者の優しさが感じられるという意味で「サービス問題」と呼ばれることもある。

自由記述【じゆうきじゅつ】

書く内容や字数などが厳格には指定されていない質問や記入枠のこと、あるいはそのような質問に対して自分の思うように答えることを意味する語。自由記述を行うよう指示されているスペースを「自由記述欄」と言う。

タイトルコール

テレビや舞台など、それ全体や各コーナーにタイトルを持つ番組の中で、始まりに番組名やコーナー名を言うこと、あるいは番組名やコーナー名を言う音声を意味する語。タイトルコールは、番組の冒頭やコーナーの開始時のほか、間に入ったテレビCMの後の再開時にも行われることもある。

壺にはまる【つぼにはまる】壺に嵌まる,ツボにはまる,ツボに嵌まる

(1)大事なポイントをおさえていることを意味する語。一般的に「壺」の字は漢字で表記される。
(2)狙った通りの結果になることを意味する語。一般的に「壺」の字は漢字で表記される。
(3)俗に、物の見た目やエピソードなどの刺激が人の感情を強く刺激することを意味する語。一般的に「壺」の字は片仮名で表記される。「おかしな顔が笑いのツボにはまる」「あの映画がツボにはまって涙がとまらない」などのように用いられる。

お神酒上がらぬ神はなし【おみきあがらぬかみはなし】御神酒上がらぬ神はなし,お神酒上がらぬ神はない,御神酒上がらぬ神はない

神前には必ず酒が供えられており、神様でさえ酒を飲まれるのだから、人間が酒を飲むのは当たり前であるという意味の言い回し。「お神酒上がらぬ神はなし」は、酒を好んで飲む人が飲酒を正当化する冗談として用いることが多い。

自分で蒔いた種【じぶんでまいたたね】

自らきっかけを作って招いた悪い事態のこと、あるいはそのきっかけを意味する言い回し。「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」という英語由来のことわざから生まれた言い回しである。「自分で蒔いた種は自分で刈り取る(you reap what you sow)」とは、自分の身に起こることは全て自分の過去の行動がもたらしたものであるという意味のことわざである。

自他共に認める【じたともにみとめる】自他ともに認める

人が特定の性質を持っているということについて、本人も他の人もみな同意していることを意味する語。

自浄努力

組織の悪い部分を、外部からのはたらきかけではなく組織内の取り組みによって改善しようとする努力という意味で用いられる語。「自浄努力」は、「自助努力」と「自浄作用」とを混同したものと思われる。「自助努力」は外部の助けに頼らず自分の力で困難を打開しようとする努力を意味する語である。「自浄作用」は、内部の不純物や汚れが自然のはたらきによって取り除かれることを意味する語である。

自主練【じしゅれん】

俗に「自主練習」の略語として用いられる語。自主練習とは、スポーツや楽器などで熟練者の指導を受けている人が、指導者のいないところや規定の練習時間でない時などに自発的に行う練習を意味する語である。

自己表現【じこひょうげん】

自分の内にあるものを別の形にして外部化することを意味する語。自己表現には、自分の考えを言葉で人に伝えることや、自分の感情を反映させた芸術作品を作ることなどが含まれる。

耳障りのいい,耳障りのよい,耳障りの良い

聞いた感じが耳に心地良いという意味の「耳触り(みみざわり)のいい」とほぼ同様の意味で使われる表現。「耳触り(みみざわり)のいい」と「耳障り(みみざわり)」とが混同された表現であると思われる。「耳障り」とは耳にした時に不快に感じられるさまを意味する語である。ちなみに、「耳触りのいい」も広く使われるが、誤った表現であるという意見も多い。

人工染色体【じんこうせんしょくたい】

人工的に合成された染色体を意味する語。人工染色体により細胞内に導入された遺伝子は、比較的安定的に維持・発現されることが知られており、遺伝子工学においては出芽酵母由来のYAC、細菌由来のBAC、ヒト由来のHACなどの人工染色体が、有用なベクターとして用いられてきた。これらの人工染色体は、生物が元々持つ染色体の一部を改変したものであった。2014年3月に米国のジョンズ・ホプキンズ大学などの研究グループは、コンピューターで一から設計し、全合成された人工染色体を生きた出芽酵母に導入し、正常な増殖を起こさせることに成功し、真核生物としては初の成功例となった。

関連サイト:
Total Synthesis of a Functional Designer Eukaryotic Chromosome - Science

空間除菌【くうかんじょきん】

一定範囲の空間から細菌やウィルスなどを除去することを意味する語。「空間除菌グッズ」としては、据え置き型の商品や、マスクなどの形をとった携帯型の商品が見られ、二酸化塩素を利用することで空間除菌が実現するとされた。2014年に3月に消費者庁は、空間除菌に科学的根拠がなく、景品表示法違反にあたるとして、空間除菌効果を謳う商品の販売元17社に対して、表示変更を求める措置命令を下した。

関連サイト:
二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表示法に基づく措置命令について - 消費者庁

核霧染【かくむせん】

放射性元素のウランが混ざった石炭(ウラン混合石炭)を燃焼した時に発生する、浮遊粒子によって起こるとされる大気汚染を意味する語。2014年1月の新華通信社の記事では、石炭にウランが含まれることが珍しくないこと、その量が非常に微量であることを挙げて、「核霧染」による健康被害の憶測がデマであると結論づけている。

関連サイト:
ニュース調査:多国の専門家が「核霧染」を評価・分析 - 新華通信社(2014年3月28日閲覧)

ウラン混合石炭【ウランこんごうせきたん】

放射性元素のウランが混ざった石炭を意味する語。2014年の初頭に、中国の内モンゴル自治区で石炭の鉱脈がウランの鉱脈と重なっているため、そこで採掘される石炭にもウランが含まれているという噂が広がった。中国では、ウラン混合石炭を燃やした時に発生するとされる浮遊粒子による大気汚染が「核霧染」と呼ばれ、それを吸い込むと放射線に被曝するなどとして人々の不安を招いた。しかし、2014年1月の新華通信社の記事では、石炭にウランが含まれることが珍しくないこと、その量が非常に微量であることを挙げて、「核霧染」による健康被害の憶測がデマであると結論づけている。

関連サイト:
ニュース調査:多国の専門家が「核霧染」を評価・分析 - 新華通信社(2014年3月28日閲覧)

2014年3月27日木曜日

そうはいかない,そうは行かない,そうはゆかない

願ったり期待したりしているようにはうまくいかないことを意味する表現。「そうはいかない」は、相手の期待を否定する意味で、皮肉を交えて用いられることもある。

お天道様が西から昇る【おてんとうさまがにしからのぼる・おてんとさまがにしからのぼる】

太陽が西から昇ることはないのと同じように、現実にはあり得ないことを意味する言い回し。「たとえお天道様が西から昇ろうとも」などといった形で、話題となっている事の確実性を強調するために用いられることもある。

うんつく太郎左衛門【うんつくたろうざえもん】運附太郎左衛門,太郎左衛門,うんつく孫左衛門,太郎左衛門孫左衛門

無知で愚鈍な人間を意味する語。初出は定かではないが、江戸時代中期に刊行された「運附太郎左衛門咄」では「うんつく、うんつく」が口癖の太郎左衛門という正直者が悪人に騙されながらも神の力によって幸せになるという話が語られている。

鬱憤を晴らす【うっぷんをはらす】うっぷんを晴らす

心の内に抱えている、不満や怒りなど外部に対するネガティブな感情を、何らかの形で発散し解消させることを意味する語。うっぷんを晴らす際には、ネガティブな感情を抱く対象に直接はたらきかけることも、また対象とは全く関係の無いところで別の行動をとることもある。

自己投影【じことうえい】投影

(1)自らの内にあるが認めたくない性質や感情を、自分ではなく他の人あるいは物にあるかのように無意識に感じてしまうことを意味する語。自己投射は、自分自身や社会から要請される自分と実際の自分との間に食い違いが生まれた時に自分を守るために行われる防衛機制の一つである。類語に「自己投射」「投射」などがある。
(2)目にした状況や呈示された刺激などを理解したり解釈したりする際に、その時の自分の心理状態や人格特性などが反映されること。「自己投影」は俗に、フィクション内のキャラクターなどを自分と同一視し、キャラクターを自分に重ねることを指して用いられることもある。

自己投射【じことうしゃ】投射

自らの内にあるが認めたくない性質や感情を、自分ではなく他の人あるいは物にあるかのように無意識に感じてしまうことを意味する語。自己投射は、自分自身や社会から要請される自分と実際の自分との間に食い違いが生まれた時に自分を守るために行われる防衛機制の一つである。類語に「自己投影」「投影」などがある。

自戒の念を込めて【じかいのねんをこめて】自戒の意を込めて,自戒の意味を込めて,自戒を込めて

経験から得た教訓を述べる際に用いられる、当該の教訓を守るよう自分自身をも戒めていかなければならないと感じているさまを意味する語。他人の言動を非難する際に、「自分自身も同じ行為をやりかねないため、非難していい立場ではないかもしれないが」と断り謙遜するために用いられる場合もある。

耳触りのいい,耳触りのよい

音や言葉について、聞いた時にどこか心地良く感じられ好印象を与えるさまという意味で使われる表現。「耳触りのいい」は一般に広く使われる表現であるが、誤りであるとする意見も多い。

「耳触りのいい」という表現が用いられるようになった理由については諸説あり、「肌触り」「舌触り」などといった語に使われる、身体的に受ける感覚を意味する「○○触り」と、元々存在していた語である「耳障り(みみざわり)」とが混同され、「耳触り」という語が生まれたものとする説などがある。「耳触り」は本来、聞いた感じが不快であるさまを意味する語である。また、「耳触りのいい」と同じ意味の既存の言い回しには「聞こえのいい」などがある。

示しをつける【しめしをつける】

目上の者が目下の者に向けてお手本となるような正しい行いをとってみせること、あるいはそうすることで目下の者に規範を守るよう促したり、自らの権威を確かなものにしたりすることを意味する語。「示しをつける」は、目下の者に物事を教える良いお手本にならないという意味の「示しがつかない」という言い回しから派生した語であると考えられる。

時事英語【じじえいご】

社会で起きた最近の出来事に関連する英単語や英語表現を意味する語。時事英語は、英語で書かれた実際のニュース記事と併せて紹介されたり解説されたりすることが多い。

時期早々

「時期尚早(じきしょうそう)」の誤り。「時期尚早」は、それを行うにはまだ早い、まだそれを行うべき時期ではないという意味の語である。「時期尚早」の誤りとして、他に「時期早尚」などといった表記も見られる。

事務分掌【じむぶんしょう】業務分掌

企業や役所などの機関の中で、それぞれの部署や部門が担当する仕事のこと、あるいはそれぞれの部署や部門の分担をはっきりと定めることを意味する語。

新卒一括採用【しんそついっかつさいよう】新規学卒一括採用,新規学卒者一括採用

日本で一般的に行われている、企業が在学中の学生に対して採用試験を行い、卒業後に入社させるという採用手法のこと。新卒一括採用は、日本の終身雇用制度と適合した、安定性の高い採用手法とされることが多いが、一方で新卒時に就職できなかった人が正社員になることが困難なことや、在学中の就職活動が学業に悪影響をもたらす可能性も指摘されている。

就活ビジネス【しゅうかつビジネス】就職活動ビジネス

就職活動(就活)に関連するビジネスを総称する語。具体的には、エントリーシートの書き方や面接試験の受け方などを学ぶ「就活塾」の経営、就活生向けの参考書などの出版、就職情報サイトの運営などが代表的な就活ビジネスとして挙げられる。採用試験を行う側の企業を対象としたビジネスが、就活ビジネスとして言及されることもある。

おとり物件【おとりぶっけん】オトリ物件,囮物件

不動産屋で紹介されることのある、実際には契約することができない物件を意味する語。おとり物件は、主に来店率を向上させる目的で広告に掲載されるが、この行為は宅地建物取引業法や景品表示法に抵触する場合もある。おとり物件の諸条件は、通常他の物件よりも良く設定されており、必ずしも物件が実在しないこともあるという。

内見【ないけん】

物件の内部を実際に目で見ることを意味する不動産用語。「内部見学」の略語である。「内覧」と呼ばれることもある。

変換ミス【へんかんミス】

ひらがなを漢字やカタカナに変換する際に起こる誤りを意味する語。広い意味での「タイポ(タイピングエラー)」に含まれ、「誤変換」と呼ばれることも多い。変換ミスはしばしば、思わぬ新たな意味を持つことがあり、変換ミスの面白さを競うコンテストが開催されることもある。

赤入れ【あかいれ】

文章の添削を意味する語。添削が赤ペンで行われることが多いことに由来する。

赤を入れる【あかをいれる】

文章を添削することを意味する語。添削が赤ペンで行われることが多いことに由来する。

分生子形成様式【ぶんせいしけいせいようしき】「conidium ontogeny」「conidial ontogeny」

無性生殖で増殖する菌類が、分生子(胞子)を形成する様式を意味する語。例えば、フィアロ型、アネロ型、アレウリオ型、シンポジオ型、出芽型などに分類される。分生子形成様式は、アナモルフ菌(不完全菌)の分類において重要な分類形質となっている。分生子形成様式に着目した分類体系は、提唱した研究者の名前から、Hughes-椿-Barronシステムなどと呼ばれている。

宿主選好性【しゅくしゅせんこうせい】「host selectivity」「host preference」宿主嗜好性

寄生生活を行う生物などが、特定の生物を宿主とする傾向を持つ性質を意味する語。

宿主特異性【しゅくしゅとくいせい】「host specificity」

寄生生活を行う生物などが、特定の生物のみを宿主とする性質を意味する語。

一丁目一番地【いっちょうめいちばんち】

「最優先課題」という意味で用いられることがある政治用語。従来は多義的な語だったが、2009年頃から民主党政権が「最優先課題」という意味で盛んに使用し、その意味が特に広まったといわれている。

2014年3月26日水曜日

ANT【エーエヌティー】

就職活動において、既に内定を獲得した人あるいは状態を意味する俗語。「ANT」は「あり内定」をローマ字化して頭文字をとった語であり、内定がないことを表す「NNT(ない内定)」の対義語として用いられる。

声かけ事案【こえかけじあん】

不審者が子供や若い女性などに声をかける出来事を意味する語。声かけ事案は、各地の警察署などにより、不審者情報として発表されることがある。稀に、単に挨拶したり、道を尋ねたりしただけの出来事が声かけ事案と見なされることもあるが、卑猥な内容の問いかけをしたり、飴などの物をちらつかせて誘おうとするなど、事件性が疑われる事案も少なくない。

ネイキッドヨガ「naked yoga」全裸ヨガ,ヌードヨガ,キルティッシュヨガ

全裸で行うヨガを意味する語。着衣で行うヨガよりも、開放感や爽快感の上で優れているといわれる。通常、ネイキッドヨガの教室は男女別になっているが、男女混合の教室もある。

満を持して【まんをじして】

事の実行に絶好の機会となる、充分な用意をして待っていた機会が訪れる、といった意味で用いられる 「満を持す」の語に、接続助詞て(して)を付け、後に続く動作を補足する表現。その行いが強く望まれていた、最良のタイミングで行われた、というような意味合いで用いられる。「満を持して登場」の言い回しが特に多く用いられるといえる。

ワンオペ,ワンオペレーション

飲食店などで、1つの店舗を1人で担当することを意味する語。早朝や深夜など、客が少ない時間帯に行われることが多い。店によっては、アルバイトがワンオペを任されることもあるという。

卒論代行サービス【そつろんだいこうサービス】卒論代行,卒業論文代行サービス,卒業論文代行,卒論代行業

大学の卒業論文(卒論)の執筆を代行する業者あるいはサービスのこと。文字単位で料金が設定されていることが多い。卒業代行サービスを使用して卒業論文を提出した場合、業者と利用者の両方に「私文書偽造罪」が適用される可能性があるとされている。

校正恐るべし【こうせいおそるべし】校正畏るべし,校正おそるべし

どれだけ念入りに文章を校正しても、必ず誤植は見つかるものだという意味の格言。「論語」を出典とする同音の格言、「後生畏るべし」をもじった語である。

ゲスパー,下衆パー,下種パー,下司パー

卑しい邪推、すなわち「下衆の勘繰り」をする人物を意味するネットスラング。「ゲス」と「エスパー」を組み合わせた造語である。具体的には、他人の好意や善行を素直に肯定的に捉えられず、何か裏があるのではないかと思ってしまう人を指すことが多い。「ゲスパー」は、他称として用いられることも多いが、自称として用いられることもある。

ほえほえくまー,ほえほえくま,吼吼熊

中国語で「サービス貿易協定を撤回せよ」という意味を持つ「退回服貿」の「空耳」に由来する、日本のインターネット上で広まった語。「退回服貿」は、2014年3月に台湾の学生らにより行われた、海峡両岸サービス貿易協定の承認阻止を求めるデモ(太陽花学運)のスローガンであった。なお、「退回服貿」は、本来は「トゥイフイフウマオ」に近い発音である。日本のインターネットコミュニティの一部には、「ほえほえくまー」にちなんで、「吼える(主張する)熊」を描いたイラストなどを投稿し、台湾の学生運動を支援する動きが見られた。

退回服貿【たいかいふくぼう・トゥイフイフウマオ】

台湾で2014年3月に行われた、海峡両岸サービス貿易協定(服貿)の承認に反対する学生デモ(太陽花学運)で用いられたスローガン。日本語に訳すと、「サービス貿易協定を撤回せよ」となる。日本のインターネット上では、「退回服貿」の「空耳」に由来する「ほえほえくまー」の語が広まった。

ポーリネラ・クロマトフォラ「Paulinella chromatophora」パウリネッラ・クロマトフォラ,パウリネラ・クロマトフォラ

淡水域から汽水域にかけて生息する有殻アメーバの一種。単細胞生物でありながら、細胞分裂の際に仮足を器用に動かし、珪酸質の鱗片を一つずつ積み上げて新しい殻を作り上げる性質を持つ。ポーリネラ・クロマトフォラの細胞内には、「シアネレ」と呼ばれるシアノバクテリア由来の色素体が存在するが、他の全ての生物に共通している葉緑体とは由来が異なる可能性が指摘されており、本種を生きた証拠として、生物の進化の過程で「一次共生」が複数回起こったとする説が提唱されている。

関連サイト:
もう一つの一次共生? -Paulinella chromatophoraとそのシアネレ- - 日本原生動物学会

うかうか三十きょろきょろ四十【うかうかさんじゅうきょろきょろしじゅう】

うかうかと三十代を過ごし、四十歳を迎えてから何かせねばといきおい慌てるさま、すなわち、取り立てて大きな事を成すことができないまま人生を過ごしてしまう様子を意味する表現。

いつも月夜に米の飯【いつもつきよにこめのめし】月夜に米の飯

不足の無い生活のこと、あるいは満足な生活を願っても実際はそうはいかないことを意味する表現。「いつも月夜に米の飯」は、昔は電気が無いため夜は真っ暗で、また白米は庶民にとってとても貴重な食べ物だったことから、月の光で明るい夜に白米を食べられるような生活は庶民の理想だったことに由来する。

蟻の這い出る隙もない【ありのはいでるすきもない】アリの這い出る隙もない,蟻の這い出る隙間もない,アリの這い出る隙間もない

小さい蟻が外に出られる隙間も無いくらい、警戒が固く厳重であることを意味する表現。

事実は小説より奇なり【じじつはしょうせつよりきなり】事実は小説よりも奇なり

現実の世界で実際に起こる出来事は、空想によって書かれた小説よりもかえって不思議であるという意味のことわざ。「事実は小説より奇なり」は、イギリスの詩人バイロンの作品「ドン・ジュアン」中の一節から生まれた表現である。関連して、アメリカ人作家マーク・トウェインの「Truth is stranger than fiction」という言葉も有名である。

事後対応【じごたいおう】事後的対応

問題が起こった後に取られた対処を意味する語。類語として「善後策」などがある。事後対応は実際に問題が起こる前に策定される場合もある。

獅子の子落し【ししのこおとし】獅子の子落とし

自分の子供にあえて厳しい苦難を与えて能力を試すこと、あるいは自分の子供を本人のために厳しく育てることを意味する表現。「獅子の子落し」は一般的に、獅子は我が子を谷に蹴落とし、生き残って戻ってきた子だけを育てるという言い伝えから生まれた表現であると考えられている。

理論的枠組み【りろんてきわくぐみ】理論的枠組

物事の大まかな像を、一定の理論に依拠して説明したモデルを意味する語。「理論的枠組み」という語は学術研究の場面で用いられることが多い。

思考的枠組み【しこうてきわくぐみ】思考的枠組,思考のフレームワーク

思索や問題解決などを行うにあたって思考の基礎となる大まかな土台や、思考自体の概要を意味する語。土台としての思考的枠組みには、前提とされている事項や考え方の型などが含まれる。

子育て支援課【こそだてしえんか】

県や市町村の役所などに設置され、子供の教育や保育に関する業務を行う部署を意味する語。子育て支援課は、子育てに関する相談受付、児童手当などの助成金の支給手続きなどのサービスを市民に提供しており、また地域の保育施設の管理なども担当している。

姉妹品【しまいひん】姉妹商品

意図的に既存の物品とコンセプトを合わせて作られ、似たような形や性質を持つ物を意味する語。

始めに言葉ありき【はじめにことばありき】初めに言葉ありき,はじめに言葉ありき,εν αρχη ην ο λογος,In principio erat Verbum

この世は神の言葉によって作られたということを意味する表現。「始めに言葉ありき」は新約聖書中の「ヨハネによる福音書」の冒頭の記述を日本語に訳した表現である。「始めに言葉ありき」の解釈は複数唱えられており、世界のあらゆるものは全て言葉によって成っているという解釈などがある。新約聖書の同じ部分をもとに「太初に言あり」「初めに言があった」などと表記されることもある。ちなみに、旧約聖書では神の最初の言葉は「光あれ」であるとされる。

2014年3月25日火曜日

身も蓋もない【みもふたもない】身も蓋も無い,ミもフタもない

言い方がストレートで婉曲さや含みがまるでない、露骨である、といった意味の表現。

痛ルンバ【いたルンバ】

iRobotの「ルンバ」に代表される「お掃除ロボット」に、萌え要素もしくは妙に気取ったデコレーションを加えたもの。

羞恥プレイ【しゅうちプレイ】

羞恥心を煽ることで倒錯した性的嗜好を満たす行為。罵詈を浴びる・浴びせる、恥ずかしい格好をさせる・させられる、といった手法が典型といえる。可憐な女性に罵り文句を言わせてトキメキを覚えることを羞恥プレイと呼んでいる場合もある。

嫌よ嫌よも好きのうち【いやよいやよもすきのうち】嫌よ嫌よも好きの内,イヤよイヤよも好きのうち,イヤよイヤよも好きの内

主に女性が男性に誘いを掛けられた際などに、口先では嫌がっていても実は好意が無いわけではないと解釈する語。

優秀の美

最後に素晴らしい成果を残すという意味の「有終の美」のよくある誤記。

洋なし型体型【ようなしがたたいけい】洋ナシ型体型,洋ナシ体型,洋なし体型,洋ナシ型,洋なし型,洋梨型体型,洋梨体型,洋梨型

内臓脂肪により腹部が太りやすい「リンゴ型体型」と区別して、下半身に皮下脂肪がついて太りやすい人の体型を意味する語。「洋なし型体型」の人は脂肪で太りやすいとされ、「りんご型体型」の人は糖分で太りやすいとされることが多い。

りんご型体型【りんごがたたいけい】リンゴ体型,りんご体型,リンゴ型体型,リンゴ型,りんご型

下半身に皮下脂肪がついて太りやすい「洋ナシ型体型」と区別して、内臓脂肪により腹部が太りやすい人の体型を意味する語。「りんご型体型」の人は糖分で太りやすく、生活習慣病のリスクがより高いとされることが多い。ちなみに、「洋ナシ型体型」の人は脂肪で太りやすいとされることが多い。

プレイアブル「playable」プレイヤブル,プレアブル

ゲームを行える、場を使用できるといった意味をもつ英単語で、主にゲームのキャラクターなどがプレイヤーから操作できることを意味する語。英語圏でも同様の意味を持つことがあるが、プレイヤーキャラクター「player character」が一般的である。ちなみに、操作できないキャラクターのことを、プレイアブルに否定を意味する接頭辞「un-」をつけてアンプレイアブル「unplayable」といったりNPC「non-player character」と言う事がある。

ミッキースタンプ

東京ディズニーランドの施設内に設置されている郵便箱(メールボックス)に投函した郵便物に押される、オリジナルのスタンプ。消印としての機能・効力を持つわけではなく、あくまで記念スタンプである。

東京ディズニーランドには計10ヵ所にメールボックスが設置されている。ちなみに園内で切手も販売している。

関連サイト:
メールボックス - 東京ディズニーリゾート

むしゃくしゃしてやった,ムシャクシャしてやった

特に怨恨などの理由もなく、ただ他人を傷つけたいがために無差別的な犯罪を犯した犯人がしばしば使う動機のこと。このあとに「相手は誰でもよかった」や「今は反省している」と続くことが多い。衝動的で突発的な事件を起こす者が増えているという社会問題を象徴する言葉として扱われることもある。

なんちゃって制服【なんちゃってせいふく】

学校の制服を模したデザインで、更におしゃれなアレンジが加えられた市販の普段着を意味する語。あくまでどこかの学校が指定する制服のことではない。制服の指定されていない私服登校の学校などで「なんちゃって制服」を着る学生が多い。

前乗りする【まえのりする】前日入りする

前日から、当日に用事のある現場の近くに滞在することを意味する語。

前倣え【まえならえ】前ならえ,前へ倣え

主に小中学校でよく行われる整列の方法の一つで、最前列で腰に両手を当てている人の背中に向かい両手をまっすぐ伸ばして立つもののこと。上げた両手と前の人の背中を同時に見ることでまっすぐの列をつくることを目的としている。

三段腹【さんだんばら】

脂肪を腹部に溜めこんだために、下腹部に上腹部が重なって三段になっているさまを意味する語で、二段ならば「二段腹」と呼ばれる。

二段腹【にだんばら】

脂肪を腹部に溜めこんだために、下腹部に上腹部が重なって二段になっているさまを意味する語。三段ならば「三段腹」と呼ばれる。

ゲロる,げろる

(1)嘔吐すること。
(2)口から吐しゃ物を出すところから転じて、何らかの事実を白状したり告白すること。

つけま

人工的なまつげを目元に貼る、つけまつげを略した語。

人間力【にんげんりょく】

さまざまな面から見て魅力的だと感じられる、一人の人間としての能力を意味する語。確固たる定義は全く無く、個々の人々にとって魅力的と感じられる人間がもつのが人間力である。

裸エプロン【はだかエプロン】

素肌に直接エプロンのみを纏ったさまを意味する語。主に漫画やアニメなどでは、登場人物の女性が裸エプロンでセクシーさを強調することがある。

小遣い稼ぎ【こづかいかせぎ】お小遣い稼ぎ,小銭稼ぎ

自分の自由となるお金を増やすために、主に本業とは異なることや何らかの片手間で稼ぐこと。

シッター男【シッターおとこ】

ベビーシッターの男性を指す語。シッターの男。とりわけ、2014年3月にベビーシッターサイトを通じて預かった子を死なせ死体遺棄の容疑で逮捕された、自称ベビーシッターの20代男性を指す語として、新聞等メディアの見出しで用いられた例がある。

モフる,もふる

豊富な毛に覆われた布や生き物に触り、その(モフモフとした)感触を堪能すること、モフモフすること、を意味する語。猫などのペットを撫でたり顔をうずめたりして愛でることを指す場合が多い。

オトナ女子【オトナじょし】大人女子

大人という単語に、若めの女性を意味する女子という単語を組み合わせた、若々しさと大人の落ち着きを兼ね備えた女性を意味する語。ファッションなどの業界で使われることの多い言葉である。

若さ故の過ち【わかさゆえのあやまち】若さゆえの過ち

まだ年齢が若く、人生経験が足りないがために犯した過ちを意味する語。似た語に「若気の至り」がある。

ヒキニート

自宅に引き篭もるニートを意味する語。

ちょい足し【ちょいたし】

既存の料理や食品に、一般的に一緒には使われないことの多い他の食品や調味料などをちょい(少し)足すこと、またはそのレシピを意味する語。手間がかからず、かつ「ちょい足し」で既存の料理の新しい美味しさを発見できる点から注目されるものである。

(震え声)

主にネット上で一見強気な発言の後につけられ、実はその声は震えており自信がないのだということを伝える語。

クリスマス商戦【クリスマスしょうせん】

一年の中でもクリスマス周辺の時期は特に消費活動が活発になるとされているため、売り手側が如何に多くの需要をとりこめるか競い合うさまを戦いに喩えた語。クリスマス商戦に向けては売り手の特別な戦略が練られることが多く、他にも例えばチョコレートの売り手は「バレンタイン商戦」に向けた計画を行うなど行事や時期によって呼び方はさまざまに存在する。

駆け込み消費【かけこみしょうひ】

税金が上がる、政府からの補助金制度が終わるなどのイベントの前に、急いで消費行動を行うことを意味する語。高額の商品などは特に駆け込み消費で売上が跳ね上がりやすいため、売り手側も駆け込み消費に向けた戦略を練ることが多い。

ボーナス一括払い【ボーナスいっかつばらい】ボーナス一括

主にクレジットカードなどを使った商品購入に対する支払い方の一つで、夏や冬のボーナスがでる月に一括で口座から引き落とされるもののこと。

バリ3【バリさん】バリ三,ばり3

携帯の電波受信状態を示すアンテナのマークが3本全て立っており、バリバリ(とても)繋がり易い状態であることを意味する語。なお、現在はアンテナのマークが3本ではない携帯も増えており、「バリ5」という言葉を使用する人もいる。

彼シャツ【かれシャツ】

主に交際関係にある男女の女性の方が、男性のシャツを着ているさまや着ることを意味する語。大きいサイズのシャツを丈や幅を余らせながら纏う姿が愛らしいとされて用いられることの多い言葉である。他にも着るものがセーターであれば「彼セーター」と呼ぶなど様々な語が存在する。

ケモ耳【ケモみみ】

ネット上で主に使われる、獣の耳を意味する語。実際の獣の耳を指すよりも、アニメや漫画などで人型のキャラクターに獣の耳がついている、または生えている際にその耳を指して使われることが多い。

ナマポ芸人【ナマポげいにん】

一定の収入は得ているだろう名の売れた芸人でありながら、その親族が生活保護を受け取っている者を指すネットスラング。「ナマポ」は生活保護制度、または生活保護受給者の漢字を一部読みかえて省略したものであり、良い意味では用いられないことが多い。生活保護を受けている親族が発覚した芸人が芸能人の中でも多いためこのように呼ばれるが、「ナマポ有名人」「ナマポ芸能人」という呼び方も存在する。

女子トーク【じょしトーク】

女性が集まった際に話題になりやすいとされる、恋愛や美容といったものをテーマに行われる会話を意味する語。明確な定義は存在せず、女性らしさを感じる会話内容であれば女子トークと呼ばれる。

2014年3月24日月曜日

いけしゃあしゃあと,イケしゃあしゃあと,イケシャアシャアと

恥ずかしげもなく事を行う様子を、罵りを込めて言う表現。厚顔さを掲揚する「しゃあしゃあ」に、強意の接頭辞「いけ」を加えた語。「いけ」は罵りの意味を強める言い方で、「いけ好かない」「いけ図々しい」などの言い回しでも馴染み深い。

いけ好かない【いけすかない】イケ好かない,いけ好かぬ,いけ好かん

いやな感じだ、虫が好かない、どうにも気に食わない、といった意味で用いられる表現。「いけ」はもっぱら罵り文句に付いて強意を示す語。

いけ図々しい【いけずうずうしい】いけ図図しい

非常に厚顔な態度であるさまを強調して述べた表現。「いけ」は、罵りの意味を込める表現で、「いけしゃあしゃあと」や「いけ好かない」などのように、接頭辞として用いられる。

閉店ガラガラ【へいてんガラガラ】

漫才コンビ「ますだおかだ」の岡田圭右の持ちネタ。基本的にスベった空気を自分で収拾するような場面で用いられる。

関連サイト:
ますだおかだ・岡田圭右、すべり芸の"誕生秘話"と"メカニズム"を真面目に解説「温かい目にするための『努力』が大事」 - マイナビニュース 2013年10月25日

トンデモ,とんでも

「とんでもない」から派生した表現で、現実や常識から逸脱した趣旨・内容、荒唐無稽な主張などを含むものを指す語。「トンデモ本」「トンデモ説」「トンデモ物件」のように、接頭辞的に名詞に付けて用いられることが多い。

と学会が提唱した「トンデモ本」が「トンデモ」表現の端緒とされる。

2014年3月20日木曜日

仮面の女神【かめんのめがみ】

長野県茅野市の中ッ原遺跡(なかっぱらいせき)から出土した、極端に抽象化された逆三角形の頭部を持つ土偶の通称。

仮面の女神は全長34センチで中空、頭部は顔に板の仮面を装着しているかのような形をしており、脚部は玉のように丸い。右足が外れた状態で出土したが、埋まっていた向きの関係などから意図的に壊して埋からめられたものと見られている。

仮面の女神の制作時期は縄文時代の後期、今からおよそ4000年ほど前まで遡るとされる。

仮面の女神は2000年に発見された。2006年に重要文化財に指定され。2014年には国宝に指定されることが決まった。

関連サイト:
「土偶」縄文のビーナスと仮面の女神 - 茅野市

レベリング

レベルを基準にするキャラクター育成が含まれるゲーム内で、キャラクターのレベルを上げること、あるいはキャラクターのレベルを上げるために取られる行動を意味する語。一般的に、キャラクターのレベルは戦闘などによって得られる「経験値」が一定の数値に達すると上がることが多い。

英語にもlevelling(levelling)という動詞はあるが、これはもっぱら「地ならし」「水平化」を意味し、ゲームにおけるレベル上げという意味では用いられない。「レベリング」は英語では主にincleaseと表現する。

オリョクル,オリョールクルージング,オリョール海クルージング

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、「南西諸島海域」中の「東部オリョール海」というマップに何度も出撃することを意味する俗語。

東部オリョール海は、敵を倒して得られる経験値こそ低いものの、マップ中で資材が得られる機会が他のマップより多く設定されていたり、日ごとや週ごとに課されるクエストを達成するために撃破しなければいけない種類の敵が全て出てきたりするなどの利点があるため、効率良くゲームを進めることができるマップである。オリョクルにあたっては、一部の敵からの攻撃を受けず、また修復が容易な潜水艦のみで艦隊を編成することが多い。

提督就任【ていとくしゅうにん】提督着任

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」を新しく始めることを意味する語。「艦隊これくしょん -艦これ-」においてプレイヤーを「提督」と呼ぶことに由来する。2014年3月現在「艦隊これくしょん -艦これ-」への新規参加は運営側によって管理されており、指定された時間帯で既定の人数のみが提督就任できるようになっている。

提督業【ていとくぎょう】

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、ゲームを進めるためにプレイヤーが行う一連の作業を意味する俗語。提督業には、登場キャラクターである「艦娘」のレベル上げや、日ごとあるいは週ごとに課されるクエストの遂行などが含まれる。

ブラック提督【ブラックていとく】

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、キャラクターの「艦娘」達を酷使して艦娘の育成や資材獲得を行うプレイヤーをブラック企業の社長になぞらえた俗称。「提督」とは「艦隊これくしょん -艦これ-」のプレイヤーを意味する語である。ブラック提督が運営するゲーム内世界を「ブラック鎮守府」と呼ぶ。

ブラック鎮守府【ブラックちんじゅふ】ブラ鎮

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、キャラクターの「艦娘」達を酷使してゲームを効率的に進めるプレイスタイルを取るプレイヤーが管理するゲーム内世界を、実世界のブラック企業になぞらえた語。「ブラック鎮守府」では、資材補給や体力回復なしで続けて出撃させ、資材消費を抑えながら資材獲得や艦娘の育成をはかる。ブラック鎮守府を司るプレイヤーを「ブラック提督」と呼ぶ。

提督【ていとく】

(1)海軍などの中で、艦隊を統べる司令官を意味する語。
(2)DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」のプレイヤーを意味する語。ゲーム内で艦船をモチーフにしたキャラクター「艦娘」を編成し戦闘を行わせるため、提督という語が用いられる。艦娘の多くはプレイヤーに対し「提督」と呼びかけるが、艦種によってはプレイヤーを「司令官」「隊長」と呼ぶ艦娘もいる。

インターネットカラオケマン

動画共有サービスに自身の歌っている動画を投稿する「歌い手」や歌い手文化に対し否定的な意見を持つ人が、歌い手を指して用いる蔑称。

踊り手【おどりて】

踊りを踊る人、あるいは踊ることを仕事としている人を意味する語。

特にインターネットスラングとしての「踊り手」は、動画共有サイトに自身が踊っている様を動画に撮って投稿したり、インターネット上で生中継したりする人を意味する。大手動画共有サイト「ニコニコ動画」で話題になることが多い。踊り手が投稿する動画には「踊ってみた」というタグが付けられ、動画のタイトルにも「踊ってみた」が含まれることが多い。踊り手と同様に、踊りではなく歌を投稿する人は「歌い手」と呼ばれる。

歌い手【うたいて】

音楽作品を歌っている本人、または歌うことを仕事としている人を意味する語。

特にインターネットスラングとしての「歌い手」は、動画共有サイトに自身が歌っている様を動画に撮って投稿したり、インターネット上で生中継したりする人を意味する。大手動画共有サイト「ニコニコ動画」で話題になることが多い。

歌い手は他のアーティストの楽曲をカバーするのが一般的である。歌い手が投稿する動画には「歌ってみた」というタグが付けられ、動画のタイトルにも「歌ってみた」が含まれることが多い。一部の歌い手には多数のファンが存在し、歌い手からアーティストとしてCDデビューする例も少なからず見られる。歌い手と同様に、歌ではなく踊りを投稿する人は「踊り手」と呼ばれる。

バズる,Buzzる

特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

噛めば噛むほど味が出る【かめばかむほどあじがでる】,かめばかむほど味が出る

食べ物や音楽、また人など様々な物について、何度も味わったり長い時間触れたりすることで徐々に良さが分かるようになることを意味する語。特に音楽作品について、噛めば噛むほど味が出るものを「スルメ曲」などと呼ばれることもある。

就活戦士【しゅうかつせんし】

厳しい競争や困難に耐えながら就職活動にいそしむ学生を戦士になぞらえて表現した語。主に就職活動中の学生が、就職活動への熱意を込めて自身に用いたり、似た環境にいる学生への敬意を込めて仲間内で用いたりすることが多い。マンガ『荒川アンダー ザ ブリッジ』内で、登場人物が自分たちをモチーフに描いた同人誌「就活戦士リクルート」が登場している。関連して、会社のために心血を注いで働くサラリーマンを指して「企業戦士」と言う。

おなぺこ

空腹を意味する「お腹ぺこぺこ」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。類語に「おなすい」や「はらへ」などがある。

おなすい

空腹を意味する「お腹空いた」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。宴会やテレビでパフォーマンスを披露する女性グループ「あやまんJAPAN」のメンバーもオフィシャルブログ内で使用している。類語に「おなぺこ」や「はらへ」などがある。

はらへ

空腹を意味する「腹が減った」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。類語に「おなすい」や「おなぺこ」などがある。

最後の最後【さいごのさいご】

本当に次の機会が無いことや、終わりまでの時間がごくわずかしか残っていない状況を意味する語。「この面接が最後の最後だ」「ゲームの最後の最後で得点した」などというように用いられる。

再発の防止【さいはつのぼうし】

一度起こしてしまった失敗や悪事が二度と起こらないようにすることを意味する語。再発の防止は基本的には不祥事を起こした側の内部で行われるが、再発の防止に関して外部からの要請や監視が入ることもある。社会的影響の大きい不祥事が明るみに出た個人や企業などが世間やマスコミから糾弾を受けた際などに、謝罪と反省の言葉と共に用いられることが多い。

散々たる,散散たる

一般的には「惨憺たる(さんたんたる)」の誤り、あるいは「散々な(さんざんな)」の誤り。「惨憺たる」及び「散々な」とは、状況や結果が見るに耐えないほど酷い様子を意味する語。

財布に優しい【さいふにやさしい】お財布に優しい,家計に優しい

物やサービスの価格が安かったり、リサイクルや省エネといった金儲けとは別の目的に基づく行動がいくらかの収益をもたらしたりするなど、人に金銭的な負担を強いないことを意味する語。

残当【ざんとう】

「残念だが当然」を略した語として用いられるインターネットスラング。予測された出来事が起きた際に感想として用いられる。残念であるという意味合いを特に持たず、むしろ「妥当」「穏当」「至当」などの語に近いニュアンスで「残当」が用いられていることもある。

ジワる,じわる

「じわじわ来る」の略語として用いられる俗語。一見してものすごく面白いというわけではないが、長時間眺めているとじわじわと笑いが込み上げてくるようなものを形容する際に用いられる。

シタシキナカ

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「趣味」「旅・食べ物」「仕事」「季節・気候」「仲のいい人」「家族」の頭文字を並べた言葉である。

木戸に立ちかけせし衣食住【きどにたちかけせしいしょくじゅう】木戸に立ち掛けせし衣食住,キドニタチカケセシ衣食住

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「気象」「道楽(趣味)」「ニュース」「旅」「知人」「家庭」「健康」「性・セックス」「仕事」の頭文字を並べ、「衣食住」を付け加えた言葉である。「せ」を抜いた「木戸に立ちかけし衣食住」として記憶されることもある。

木戸に立ちかけし衣食住【きどにたちかけせしいしょくじゅう】木戸に立ち掛けし衣食住,キドニタチカケシ衣食住

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「気象」「道楽(趣味)」「ニュース」「旅」「知人」「家庭」「健康」「仕事」の頭文字を並べ、「衣食住」を付け加えた言葉である。「性・セックス」を表す「せ」を足して「木戸に立ちかけせし衣食住」として記憶されることもある。

大手病【おおてびょう】

就職活動において、大手企業に入社することに過剰に執着すること、あるいはその人を意味する語。大手企業にこだわるあまり内定が得られない、あるいは中小企業から内定を得ても断ってしまった、などの理由で窮地に陥った人を指すことが多い。

内定コレクター【ないていコレクター】

就職活動において、必要以上に多数の企業からの内定を得ている人を意味する俗語。「内定コレクター」の語は通常、「ゲーム感覚で内定を集めている」などとする批判的な文脈で用いられる。内定コレクターの数が多くなると、内定を多数取れる学生と全く取れない学生の二極化が進み、企業側としても無駄に終わる選考が多くなるとして問題視されることがある。

α-トコフェノール「alpha-tocopherol」

ビタミンE(トコフェノール)の4種の異性体の一つ。α、β、γ、δの4種の中で、ヒトの体内で示す抗酸化作用が最も強いことが知られている。α-トコフェノールは植物などの光合成に伴って生合成され、植物性油脂やナッツ類などに多く含まれる。イクラやたらこなどの魚卵も、α-トコフェノールの含有量が多い。

編集印税【へんしゅういんぜい】編集者印税

出版物の製作に関わった編集者が受け取る印税を意味する語。特に、出版社外部のフリーの編集者が受け取る印税を指すことが多い。編集印税は、実在性が定かでない印税として言及される場合もあるが、編集者もクリエイターの一員であるとの観点から、編集印税を支払う制度を設けていることを公表している出版社もある。

タルパー

空想上の人物「タルパ」を創りあげた、あるいは創ることを試みている人物を指す俗語。

タルパ,トゥルパ

現実世界に何らかの形で「実体化」させることを目的として創り上げられる、空想上の人物を意味する語。タルパ(トゥルパ)の名は、チベット密教における同名の概念に由来するとされている。より実在の人間に近いタルパを創る過程で、「会話のオート化」によるタルパとの会話や、「視覚化」によるタルパの視認ができるようになることもあるといわれている。また、幽体離脱に類似した方法で精神世界に入り込む(ダイブする)ことにより、タルパとより密に接触することができる人もいるという。

2014年3月19日水曜日

ボーラス「bolus」レンジコンペンセーター

がんの粒子線療法において「コリメータ」とともに用いられることがある、粒子線を腫瘍の形に成型するためのフィルターのこと。コリメータが真鍮製で、ビームの形を整えるために用いられるのに対して、ボーラスはポリエチレン製で、照射範囲の奥行きを調節するために用いられる。ボーラスはポリエチレン製の板またはブロックを、数値制御(NC)の技術を用いて加工することで作製される。スポットスキャニングの手法がとられる場合、ボーラスはコリメータとともに不要となる。

集学的がん治療【しゅうがくてきがんちりょう】「multimodality cancer treatment」

手術などの外科療法、抗がん剤などの化学療法、X線や陽子線などを用いた放射線療法のうち、複数の療法を組み合わせてがんを治療することを意味する語。

無双する【むそうする】

相手の勢力如何に左右されない圧倒的な力を発揮するさま、誰に阻止されることもなく縦横無尽に、あるいは傍若無人に振る舞うさま、などの意味で用いられる俗な表現。

動詞としての「無双する」という表現は、コーエーテクモゲームスのゲームソフト、「真・三國無双」をはじめとする一連の「無双」シリーズ作品を端緒として捉えることができる。無双シリーズは、プレイヤーキャラクターが敵軍勢のおびただしい数の敵キャラをバッサバサと薙ぎ倒していく爽快感を売りとするアクションゲームである。

あるいは、単に「夢想する」を誤変換によって「無双する」と記述している場合も考えられる。

宣戦布告【せんせんふこく】

外交手段として軍事力を行使することの表明。戦争へ突入すること、その意志があることの宣言。

スクールカースト「school caste」「school's caste」

学校生活の中で形成される生徒間の上下関係を指す表現。

ヒラリーステップ「Hillary Step」

エベレストの頂上直下、標高8760メートルの地点にある、高さ12メートルほどの岩場のこと。難所として知られている。ヒラリーステップの名称は、1953年に初めてエベレストの登頂を達成した、エドモンド・ヒラリーの名に由来する。ヒラリーステップでは、特に登山のシーズンである4月から6月にかけて、順番待ちをする登山者の「渋滞」が起こることが慢性的な問題となっている。2014年3月現在、渋滞の解消と安全性の向上のために、ヒラリーステップにはしごを掛ける計画がある。

ローツェフェイス「Lhotse Face」ローツェフェース

ヒマラヤ山脈の標高8516メートルの山、ローツェの西側面にある、高さ1125メートルの氷壁のこと。難所として知られており、エベレストの登山においても、サウスコルの最終キャンプに向かう道でローツェフェイスを登るルートがとられている。ローツェの登山ルートとしては、他に南壁を登るルートもあるが、そちらは高低差が3300メートルある、ローツェフェイスを超える大岩壁であり、登攀は困難を極める。

ミックス犬【ミックスけん】MIX犬,ハーフ犬,ハイブリッド犬

純血種同士を掛け合わせた、雑種第一代の犬を意味する語。ミックス犬は、広い意味での雑種に含まれるが、純血種を親に持つという価値があることから、系統が不明な「単なる雑種」とは違うものとして区別されることが多い。

おはぎゃあ,おはぎゃー

投資家が朝起きた時に、急落した相場を目の当たりにして発する悲鳴を表すスラング。朝の挨拶「おはよう」を言い終わる間もなく、悲鳴を上げる様子を表現している。「あ」を任意の数だけ重ねて、「おはぎゃあああああ」などと表記されることもある。

空きれい【そらきれい】空キレイ,お空きれい,お空キレイ,空きれい状態,お空きれい状態

精神的打撃を受けて心神喪失の状態になり、呆然として虚空を見上げているさまを意味する俗語。主にネットスラングとして用いられる。

キロギアッパ,기러기아빠

子どもを母親同伴で海外留学させ、自らは国内で一人暮らしをしながら仕送りをする父親を意味する韓国語。「キロギ」は韓国語で「渡り鳥」や「雁」を、「アッパ」は「父」を意味する単語である。韓国では、受験戦争の激化に伴い、キロギアッパの数が増加している傾向があるとされており、その孤独のケアなどが社会問題となっている。

陽キャ【ようキャ】陽キャラ

陽気な性格の人を意味する俗語。「陽気なキャラ」あるいは「陽気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陽気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの上位に位置する、いわゆるクラスの「イケてる」人やグループの総称として用いられることも多い。

陰キャ【いんキャ】陰キャラ,インキャ,インキャラ

陰気な性格の人を意味する俗語。「陰気なキャラ」あるいは「陰気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陰気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの下位に位置する、いわゆるクラスの「イケてない」人やグループの総称として用いられることも多い。

2014年3月18日火曜日

不屈の魂【ふくつのたましい】

挫けることなく、あくまでも挑み続け、取り組み続ける、姿勢や心意気などを意味する表現。「不屈の精神」などともいう。

あさっての芳香,明後日の芳香

「あさっての方向」の誤変換。「あさっての方向」(明後日の方向)は、まるで見当違いの方向、本来向くべき方向とてんで異なる向き、などを意味する語。

直談判【じかだんぱん】

交渉、議論、異議申立てなどについて、仲介者を経ることなく先方へ直接掛け合うことを意味する語。直に行う談判。

渋ちん【しぶちん】渋チン

吝嗇家、ケチ臭い人、といった意味で用いられる俗な表現。出し渋る人、出し惜しむ人。しみったれた人。

2014年3月17日月曜日

機種変【きしゅへん】

「機種変更」の略。もっぱら携帯電話(フィーチャーフォン)やスマートフォンの利用において、契約情報は維持したまま端末のみ買い換えることを意味する語。

電話番号を維持したままフィーチャーフォンからスマートフォンへ移行したり、携帯電話事業者を変えたりすることは特に「乗り換え」と呼ぶこともある。

リューシスティック「leucistic」

動物などで、生成される色素の量が通常の固体よりも少ないために全身が白い固体。

リューシスティックの主な例としてホワイトタイガーなどがよく挙げられる。

全身が真っ白い固体としては「アルビノ」と呼ばれる固体の存在も知られている。アルビノとリューシスティックの違いは白化の要因に求められる。アルビノは遺伝子の欠損により、メラニン色素が生成されないため白い固体を指す。リューシスティックはメラニン色素を正常に生成できるため、瞳孔が赤色を帯びることはなく、黒色の模様なども維持されることが多い。

日本の天然記念物である岩国の白蛇は、アルビノが種に定着したものとされている。

2014年3月14日金曜日

離隔距離【りかくきょり】

主に安全性の観点から設定される、複数の対象の間に置かれるべき一定の距離を意味する語。例えば、消防庁の「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」では、火気のある設備や器具を設置する場合、その他の工作物や可燃物とは一定の離隔距離を設けることが規定されている。また、経済産業省の「電気設備に関する技術基準を定める省令」では、送電線や架線などについて、電圧によって異なる離隔距離が設定されており、建築などが制限されている。

関連サイト:
対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準 - 消防庁
電気設備に関する技術基準を定める省令 - 総務省 e-gov

半熟練労働者【はんじゅくれんろうどうしゃ】「semiskilled worker」

(1)「熟練労働者」と「非熟練労働者」の中間的な位置づけとして定義されることのある、労働者の区分の一つ。国際連合の人口統計では、肉体労働者の下位区分として設けられている。
(2)製品の生産過程における一部の作業に熟練した労働者を意味する語。産業革命期以降の生産規模の拡大により、分業化が進んだことで出現したといわれている。
(3)生産作業の一部を肉体労働ではなく機械に依存する、機械工などの労働者を意味する語。機械工を半熟練労働者と定義した場合、熟練労働者としては機械の設計や製作を担当する技術者を指すのが一般的である。

ベジョータ「bellota」

(1)スペイン語で「どんぐり」を意味する語。アラビア語で「どんぐり」を指す「balluta」が語源とされる。
(2)スペイン政府が認定するイベリコ豚の最高等級、「デ・ベジョータ(De Bellota)」の略語。デ・ベジョータの認定基準としては、肉質や体重などの点で優れていることが挙げられるが、スペインとポルトガルの国境付近のオーク林で放牧され、どんぐりを主な餌として育ったことも条件の一つとされている。

デ・ベジョータ「De Bellota」

スペイン政府が認定するイベリコ豚の最高等級のこと。デ・ベジョータの認定基準としては、肉質や体重などの点で優れていることが挙げられるが、スペインとポルトガルの国境付近のオーク林で放牧され、どんぐりを主な餌として育ったことも主要な条件とされている。どんぐりのみでは十分に体重が増加しなかった場合、通常の飼料が用いられることもあるが、そのような過程を経た豚は「レセボ」と呼ばれてランクが落ちる。

ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ,Jamón Ibérico de bellota

最高等級の 「デ・ベジョータ(De Bellota)」を冠するイベリコ豚の肉を用いた生ハムのこと。イベリコ豚の生ハム「ハモン・イベリコ」の中でも最高級品とされる。

小保方氏【おぼかたし】

姓を小保方という人物に対する呼称。2014年初頭には生物学者・小保方晴子が注目され、研究成果(STAP細胞)を報じる記事などがよく見られた。

ダイオウグソクムシ,大王具足虫

等脚類に分類される海生の虫。大西洋周辺の海底の砂泥に棲息する。全長数十センチメートルに及ぶ大きさといかめしい外見を特徴とし、インターネット上などでしばしば話題になっている。

鳥羽水族館が2007年からダイオウグソクムシを飼育展示していたが、2014年に死んだことが確認された。死ぬ前の5年間はまったく餌を食べなかったという。

タフでグローバルな学生【タフでグローバルながくせい】タフでグローバルな東大生

東京大学の濱田純一総長が2006年の東京大学総長就任以来唱えている、東大生の理想像を意味する語。「グローバル」とは、単に語学に長け世界情勢に通じていることだけではなく、多様な世界に触れ自らの糧にしようとする姿勢をも含む。「タフ」とは、学んだ知識を活かして社会に貢献しようとする時、主体性を持って思考し、大胆に行動していく姿勢を指す。関連するキャッチコピーとして「よりグローバルに、よりタフに」がある。

関連サイト:
[東京大学[総長室から]平成24年度卒業式総長告辞] - 東京大学

国際人【こくさいじん】

世界的な規模で活躍していたり、世界全体や国際社会に貢献する活動をしていたりする人を意味する語。具体的には、世界各国の企業と連携しながら働いている人や、海外の貧しい国でボランティアを行っている人などが挙げられることが多い。

大人の事情【おとなのじじょう】オトナの事情,大人の都合,オトナの都合

俗に、物事の裏にある、分かる人には分かるが大っぴらには言えないような背景を意味する表現。「大人の事情」という言葉は、公にできない利害関係や社会通念に反する内容が関わっているなどの理由から、子供には真相を説明しづらい、あるいは説明するのが適当でないと判断された時などに用いられる。

くだしあ

補助動詞の「ください」あるいは本動詞の「下さい」と同じ意味を持つネットスラング。ローマ字入力で「ください(kudasai)」と入力する際に、誤って二番目の方の「a」より先に最後の「i」を打ってしまい「くだしあ(kudasia)」となってしまうミスから生まれた語であると思われる。現在では「ください」あるいは「下さい」とするべき部分を、ミスタイプではなくあえて「くだしあ」と表記しているらしい書き込みも多く見られる。「教えてくだしあ」「もっと画像くだしあ」などのように用いられる。

講議

一般的には「講義」の誤り。「講義」とは、主に学問的な分野について研究の対象や内容などを説明することや、大学の授業のうち教室で教員が学生に向けて話をする形式のものを意味する語である。

SBS症候群【エスビーエスしょうこうぐん】「Shaken Baby Syndrome」,乳幼児揺さぶられ症候群,揺さぶられっ子症候群

乳幼児が激しく揺さぶられることで起こる脳の障害を意味する語。乳幼児は体に対して頭の重量が大きく、また頭や首の筋肉が弱いため、強く揺さぶられると脳内出血や脳挫傷が起きるおそれもあるとされている。SBS症候群には、脳内出血や失明、学習障害などが含まれる。最悪の場合は死に至るケースもある。SBS症候群を発症して死亡した乳幼児の中には、生前に児童虐待が行われていたケースもあるとされる。

関連サイト:
乳幼児揺さぶられ症候群防止パンフレットについて|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

高い高い【たかいたかい】

小さい子供をあやしたり喜ばせたりなどするために、大人が自分の頭あるいは頭より上の位置まで子供を持ち上げる遊びのこと。高い高いを行う際、大人が「高い高い」と声に出して言うことがある。高い高いの中で子供を過度に揺さぶることで「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS症候群)」と呼ばれる障害が起こる可能性を指摘する声もあるが、そのような見方に対して否定的な意見もある。

控えの間【ひかえのま】次の間

旧家や大名屋敷、ホテルや宴会場、現代の一般民家などにある部屋のうち、来客用の部屋、主の部屋、式場などといった主要な部屋に隣接している小さい部屋を意味する語。控えの間は一般的に、家の使用人が待機場所として使用したり、会の準備のために使用したりする。

SEO診断【エスイーオーしんだん】SEOチェック

任意の語をある検索エンジンで検索したとき、ウェブページが検索結果の何番目に表示されるかを調べることを意味する語。SEOとは検索エンジンでの検索結果の上位にウェブページを表示させる工夫のことであり、SEO診断はSEOの評価のために行われる。多くの場合、専用のツールに調べたいページのURLと、任意の検索キーワードを入力することで調べることができる。SEO診断の結果はYahoo!やGoogleといった検索エンジンごとにそれぞれ求められる。

SEO対策【エスイーオーたいさく】検索エンジン最適化対策,サーチエンジン最適化対策

任意のウェブページがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでの検索結果において上位に表示されるようにするために行われる工夫を意味する語。SEO対策によって、ページの訪問者数の増加が期待される。検索結果の表示順を決める検索エンジン側のアルゴリズムは変更されることがあり、SEO対策も検索エンジンの変更に応じて変えていくことが必要とされる。ただし、不正なやり方でSEO対策を行うと各検索エンジンの結果から削除される可能性がある。

化学流産【かがくりゅうざん】「chemical abortion」化学的流産,生化学的妊娠,化学的妊娠,ケミカルアボーション

妊娠が起こったことを示す生化学的反応、具体的にはヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応などが見られたものの、胎嚢が形成されず、その後の胎児の成長が進まずに終わってしまう現象のこと。化学流産が起こった場合、月経のような出血が起こるが、単なる月経と錯覚されて見過ごされてしまうことも多い。しかし、場合によっては激痛や大量出血を伴うこともあるとされる。日本産科婦人科学会は、化学流産を流産に含めないものとしている。

擬似晴天【ぎじせいてん】擬似好天,疑似晴天,疑似好天

悪天候が続く中で、一時的に天気が良くなる現象を意味する語。擬似晴天が起こると、天気が晴れになったと錯覚してしまいやすいことから、登山などでは遭難の原因になるおそれがあるとされる。

2014年3月13日木曜日

IMAGINE THE FUTURE【イマジンザフューチャー】ITF

(1)未来を想像しろ、という意味の英語。
(2)筑波大学が大学のブランディングの一環として掲げているスローガン。筑波大学関係の印刷物やグッズなどに盛んに使用されている。「IMAGINE THE FUTURE~未来を想え」というメッセージソングが作られており、「IMAGINE THE FUTURE」の名を冠した講義が設けられたこともある。

関連サイト:
IMAGINE THE FUTURE. - 筑波大学

ポストマラッカマックス「post-Malaccamax」オーバーマラッカマックス

マラッカ海峡を通航可能な最大規模の船(マラッカマックス)よりも、さらに船体の規模が大きい船を意味する語。ポストマラッカマックスはマラッカ海峡ルートを使用できないことから、ロンボク海峡などのより水深が深いルートを迂回路として選択する必要がある。

アシッドフラクチャリング法【アシッドフラクチャリングほう】「acid fracturing」アシッドフラクチャリング

石油や天然ガスなどの採取に用いられる「フラクチャリング法」のうち、坑井を満たす流体として、通常の水や油ではなく酸を用いることで、高圧による岩石の破砕だけでなく、酸による岩石の溶解も期待する手法のこと。

酵母様真菌【こうぼようしんきん】「yeast-like fungi」

菌糸ではなく、単細胞の酵母の形態をとる真菌(菌類)を意味する語。主に医真菌学分野で用いられる語である。

職業性ジストニア【しょくぎょうせいジストニア】

職業上行われる特定の動作によって痙攣などの運動障害が起こる疾患のこと。楽器の演奏者やスポーツ選手などが発症することがある。文字を書く時に起こる「書痙」と呼ばれる痙攣も、患者が文筆業を仕事としていれば、職業性ジストニアの範疇に含まれる。

プロパント「proppant」「hydraulic fracturing proppants」

石油や天然ガスなどの採取技術の一種、フラクチャリング(水圧破砕法)において、地層に形成させた亀裂の閉塞を防ぐために、亀裂の内部に埋め込む支持材のこと。プロパントは一般的に、砂やセラミックなどを原料として粒状に加工されており、坑井を満たす流体に混ぜて用いられる。

謎の光【なぞのひかり】

(1)正体不明の光源が発する光を意味する語。空中に発生した謎の光は、未確認飛行物体(UFO)と疑われることもある。
(2)主に深夜アニメなどで、女性キャラクターの裸体や下着、あるいは残酷な描写などを隠蔽する目的で用いられる、不自然に強い光線や逆光などを意味する俗語。アニメ「おまもりひまり」で多用されたことから、そのアニメの主人公の能力の名称にちなんで「光渡し」と呼ばれることもある。

ブルーライトデス「Blue Light of Death」ブルーライトデス現象

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のゲーム機「プレイステーション4(PS4)」において報告された初期不良を指す俗語。PS4の電源を入れると、通常の場合、電源ランプが青く光った後、白に変わって画面が表示される。しかし、ブルーライトデス現象が起こると、青の点滅から白に変わらず、画面がずっと表示されない。

D論【ディーろん】

大学院における博士課程の学位請求論文、すなわち博士論文を意味する俗語。「D」は、博士(doctor)の頭文字「D」に由来する。博士論文の略語としては、他に「博論」や「ドク論」なども用いられる。

ドク論【ドクろん】

大学院における博士課程の学位請求論文、すなわち博士論文を意味する俗語。「ドク」は、博士を指す英語「doctor(ドクター)」に由来する。博士論文の略語としては、他に「博論」や「D論」なども用いられる。

修士3年【しゅうしさんねん】修士三年,M3

一般的な修士課程の在籍期間である2年を超えて、3年目もその過程に在籍する大学院生を意味する語。主に、修士論文を完成させることができなかったなどの理由で、留年を選んだ人を指す。社会人対象の長期履修制度がある大学院などでは、留年をしていない修士3年の大学院生がいることもある。

2014年3月12日水曜日

不可逆的【ふかぎゃくてき】

可逆的でないもの、すなわち、元に戻ることができない性質をもつものを指す表現。「可逆的」の対義語。不可逆的な性質を「不可逆性」と表現することもある。

自家薬籠中の物【じかやくろうちゅうのもの】自家薬籠中のもの

常に自分の手元にあって好きなときに取り出して使える、自分の意のままである、完全に手中に収めた、などの意味で用いられる表現。「薬籠中の物」、「自家薬籠中」のようにも用いられる。

鍵を握る【かぎをにぎる】鍵をにぎる,カギを握る,カギをにぎる

物事の重要な要素である、何かを決定するための重要な要因である、などの意味の表現。

自家薬籠中【じかやくろうちゅう】

自分の所有する薬籠の中にある物を指し、「いつでも好きなように使うことができる」「完全に手中にある」といった意味で用いられる表現。「自家薬籠中の物」などとも言う。

Satoshi

(1)日本人男性に多い名前「さとし」のローマ字表記。、漢字表記は「智」「聡」「哲史」「理」など多種多様な表記があり得る。「shi」はヘボン式の綴りであり、訓令式で「Satosi」と表記することもある。
(2)インターネット上の仮想通貨、ビットコイン(Bitcoin)の最小単位のこと。1ビットコイン(1BTC)の1億分の1に相当する。ビットコインの開発者、中本哲史にちなんで命名された。

勝ち点剥奪【かちてんはくだつ】

スポーツのリーグ戦の運営者によって行われることがある、特定の選手またはチームの勝ち点を減らす(剥奪する)措置を意味する語。選手やサポーターによる不祥事があった際に行われることが多い。勝ち点剥奪の処分には、執行猶予期間が設けられることもある。

カラーテスト「color test」「Test your color IQ」カラーIQテスト

Web上で受験することができる、色彩感覚を測ることができるテストの通称。横4列のカラーパネルを並べ替え、正しいグラデーションをつくることができるかが試される。スコアは順番を間違えるたびに加算されていくため、最終的なスコアが少ないほど、正しく並べることができていることになる。

関連サイト:
Online Color Challenge

センセーションカラーセラピー「Scent-Sation Color Therapy」カナダ式センセーションカラーセラピー

1995年にカナダのステファニー・ファレルによって開発されたとされる、精神分析およびカウンセリングの手法のこと。センセーションカラーセラピーでは、被験者は色と香りの異なる複数のボトルから好きなものを選び、その組み合わせによって心理状態の判定を受ける。

リュッシャーカラーテスト「Lüscher colortest」「Luescher colortest」「Lüscher Color Diagnostic」「Luescher Color Diagnostic」

スイスの精神科医、マックス・リュッシャーによって開発された精神分析法のこと。1947年に発表された。リュッシャーカラーテストでは、被験者は提示された色見本の中から「好きな色」と「嫌いな色」を選び、その色の組み合わせから心理状態の判定を受ける。日本では、NPO法人の「色彩心理診断士協会COMPAS」により、リュッシャーカラーテストに関連する「色彩心理診断士(カラーサイコアナリスト)」という資格が設けられている。

フォニュートリア・ニグリヴェンター,「Phoneutria nigriventer」「Brazilian wandering spider」「banana spider」フォーニュートリア・ドクシボグモ,ハラクロシボグモ,ハラクロドクシボグモ,クロドクシボグモ,ブラジルドクシボグモ,フォニュートリア・ニグリウェンテル,腹黒毒絞蜘蛛,腹黒絞蜘蛛,黒毒絞蜘蛛,フォニュートリア毒絞蜘蛛,ブラジル毒絞蜘蛛,伯剌西爾毒絞蜘蛛

南米のブラジルなどに分布する、シボグモ科フォニュートリア属の毒グモの一種。同属のフォニュートリア・フェラとともに、世界で最も毒性の強い毒グモの一つとされている。咬まれると激痛が走るほか、呼吸困難に陥ることもある。また、男性の場合、痛みを伴う性器の勃起が長く続くことが特徴であり、このことから、毒成分を勃起不全(ED)の治療に役立てる研究も行われている。フォニュートリア・ニグリヴェンターは人間の居住環境に侵入することもあり、特にバナナの果実に潜んでいることがしばしばあるとされる。

2014年3月11日火曜日

言葉も無い【ことばもない】言葉もない

強い困惑や呆れから言うべき言葉が見つからないことを意味する語。「閉口する」と同義に扱われることがある。

返す言葉も無い【かえすことばもない】返す言葉もない

相手に責められたことに対して、何の言い訳もできないまたは思い浮かばないさまを意味する語。相手の主張に反論できないことや、あるいは呆れてものが言えないことも指すことがある。