2013年11月21日木曜日

引いたら負け【ひいたらまけ】

東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が、2013年9月26日の西武ライオンズとの試合後に語ったコメントの一部。楽天はこの試合の勝利により、球団創設以来初のリーグ優勝を果たした。なお、楽天はその後、日本シリーズで読売ジャイアンツに勝利し、日本一となっている。「引いたら負け」の語は、2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補50語に選ばれた。

アホノミクス

第二次安倍内閣によって推進された一連の経済政策、「アベノミクス」に対する蔑称。アベノミクスに批判的な、同志社大学の浜矩子教授による造語である。浜矩子は、アベノミクスで貧困や格差への対策が軽視されていること、景気の改善が見せかけであることなどを挙げ、アベノミクスを「時代錯誤的な政策」「単なるバブル」などと全否定している。なお、「アホノミクス」は2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補50語に選ばれたが、インターネット上では「聞いたことがない」という意見が目立った。

喪中用おせち【もちゅうようおせち】喪中用おせち料理,喪中用お節料理,喪中用御節料理

正月三が日に食べる「おせち料理」のうち、喪中の家向けに作られるものを指す語。

おせち料理には縁起がいい食材をふんだんに用いてある。正月を祝い、来る年の息災を祈願するといった意味合いがあるとも解釈される。喪中用おせちでは一般的に目出度いとされる食材は除かれる。

おせち料理を用意することは、正月三が日の間は煮炊きせずに済む、家事から開放される、といった意義も見出されることが多い。

株式会社徳の運営する「三徳庵」では喪中用おせちを「もせち」の名称で販売している。「もせち」は株式会社徳の登録商標である。

もせち

株式会社徳(のり)が運営する仏事料理専門店「三徳庵」が提供している、喪中用のおせち料理。

「もせち」の名称は株式会社徳の登録商標である。

喪中用のおせち料理という考え方そのものは従来からある。縁起をかつぐ(めでたい)品目は除いてある等の特徴がある。