2013年11月13日水曜日

クラッシャブルゾーン

ぶつかった際に敢えてつぶれやすいよう設計された部分のこと。内部の乗員あるいは精密機械を保護する目的で設けられる。クラッシャブルゾーンを持つ車体・筐体は「クラッシャブルボディ」と呼ばれることもある。

クラッシャブルボディ

自動車などの車体のうち、「クラッシャブルゾーン」と呼ばれる潰れやすい箇所を敢えて加えることにより、車が衝突した際の衝撃を効果的に吸収し、運転手や乗員などの安全を確保できるよう設計された車体の通称。「衝突安全ボディー」とも呼ばれる。

タケシマヤツシロラン

鹿児島県の竹島で2012年に発見され、2013年に新種記載された、ラン科オニノヤガラ属の植物の一種。京都大学の末次健司研究員が発見した。タケシマヤツシロランは菌従属栄養植物の一種で、光合成をせず、目立った花を咲かせることもない。類縁種のハルザキヤツシロランとは、花の内部構造や花序の高さなどが異なっている。日本産のオニノヤガラ属植物は従来7種が知られていたが、本種の発見により8種となった。

キラキラ20時退社【キラキラはちじたいしゃ】

「イマドキの就活女子」が理想としているとされる、充実した仕事像を意味する語。キラキラは、仕事に熱心に取り組んでいる「キラキラした自分」を表しているといわれる。一般的に、退社時間が20時になることは残業をすることを意味するが、「20時退社」を理想とすることには、定時で退社することへの罪悪感が影響しているともいわれる。また、「20時退社」は、合コンの多くが20時に始まることにも関係しているといわれる。

とっとちゃん

佐賀県鳥栖市の公認ゆるキャラ。2004年に市制50周年を記念して誕生したキャラクターで、市の鳥「めじろ」をモチーフとしている。合成音声に声優の浪川大輔が起用され、関連グッズの販売や各種イベントへの参加などの活動が行われていた。2013年10月23日に放送された「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」において、とっとちゃんの発言として猥褻な合成音声が繰り返し流されたことが問題となり、活動を自粛する事態となった。

産後クライシス【さんごクライシス】

夫婦が子供を授かった後、急激に関係を悪化させてしまう現象を意味する語。主に、妻の夫に対する愛情が薄れることが原因だといわれており、その原因としては産後うつや育児ノイローゼ、夫が育児に協力的でないことなどが挙げられることが多い。子供が0歳から2歳の時期に最も離婚率が高くなるという現象も、産後クライシスによるものだという説がある。

共食い整備【ともぐいせいび】共喰い整備

主に軍備の整備・メンテナンスについて、予備の部品が足りないために故障中の現役の機体などから部品を外して使用する方式を指す語。例えば、艦艇や航空機が3機あって、うち2機が故障、部品の在庫がないといった場合に、1機つぶしてでも2機使えるようにする、といったやり方。