2013年9月10日火曜日

五箇石【ごかいし】小路石

島根県隠岐の島町(旧五箇村)の小路地区で主に見られる岩石の一種。隠岐諸島が約2000万年前に湖の底にあったことを示す岩石である。やや緑がかった色をしており、加工が容易であることから、古くから様々な用途に用いられてきた。

隠岐片麻岩【おきへんまがん】

隠岐諸島の島後北東部で主に見られる変成岩の一種。約2億5000万年前に形成されたと推定されており、岐阜県の飛騨片麻岩とともに日本最古の岩石の一つといわれている。

世界ジオパーク【せかいジオパーク】

世界ジオパークネットワーク(GGN)の審査によって認定される、地球科学的、歴史的、文化的、生態的に貴重な特徴を持ち、かつそれと親しむために教育や観光の面で十分な整備がなされた地域のこと。日本では2009年に洞爺湖有珠山ジオパークが認定されたのを初めとして、2013年9月現在、6か所が認定されている。

ガスパン遊び【ガスパンあそび】ガス吸引遊び,ガスパン

カセットコンロのガス缶などからガスを吸入する遊びを意味する語。酸欠を起こして酩酊、失神する感覚が楽しまれていると見られている。脳などに後遺症が残る恐れがある危険な遊びであり、死亡例も複数報告されているほか、引火による爆発事故が起こった例もある。

マタハラ,マタニティハラスメント

妊娠・出産を理由として職場などで受ける批判や嫌がらせ、あるいは解雇や自主退職の強要などの不当な処遇を意味する語。日本労働組合総連合会(連合)は、マタハラを「セクハラ」「パワハラ」と並ぶ3大ハラスメントとして位置づけており、マタハラが起こる主な原因が「男性社員の妊娠出産への理解不足・協力不足」だとする調査結果を公表している。

外部リンク - マタニティ・ハラスメント(マタハラ) に関する意識調査 連合非正規労働センター

マルガリータ皮膚炎【マルガリータひふえん】

植物の成分が原因で起こる光線性皮膚炎のこと。レモンやニンジンなど、一部の果物や野菜の汁が皮膚に付着した状態で日光に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応するため、皮膚が腫れ上がり、強い痛みを生じることがある。ベルロック皮膚炎と呼ばれることもある。

植松メソッド【うえまつメソッド】

英会話教師の植松眞采美が開発した英語の発音の訓練法のこと。植松メソッドでは舌の筋肉の鍛錬を重視しており、箸などを使って徹底的な矯正を行うことで、ネイティブと同様の筋肉の使い方ができるようになるとされている。

英語舌【えいごじた】

英語をネイティブに近い発音で流暢に話す能力を意味する表現。

シロサバフグ,サバフグ

日本沿岸および東シナ海に生息する、フグ科サバフグ属のフグの一種。いずれの部位にも毒はなく、食用にされる。しかし、取扱いには有毒のフグと同様、各都道府県が交付する免許を必要とする。猛毒のテトロドトキシンを持つクロサバフグと全体的に類似しているが、尾鰭先端の色や形、背中のトゲの形などで区別することができる。

パスワードリスト攻撃【パスワードリストこうげき】

別のwebサイトなどから得たIDとパスワードの組み合わせを用いて不正アクセスをする行為を意味する語。特に2013年以降、被害が多発し問題となっている。サービスの利用者がパスワードリスト攻撃の被害を受けないためには、webサイトごとに異なるパスワードを設定するなどの対策が必要とされる。