2013年8月30日金曜日

thx

「Thanks」を略したネットスラング。「ありがとう」や「Thanks」などに比べ、迅速かつ気軽に使用できることからインターネットを中心に広まった語である。

地域主権【ちいきしゅけん】

その地域に住む人が主体的に地域のガバナンスを行うこと、あるいはその地域にとって特有の価値観を追求することなどを重視する考え。政府主導といった中央集権的な体制や考えの対になるものだとされる。

コスモポリタン「cosmopolitan」

国際社会空間を国家、民族、言語、宗教などを超えた一つの共同体と捉え、その構成員である全ての個人は平等であるとする政治思想を信仰する人。「世界市民主義者」などとも訳される。単純に国際的な広い視野を持つ人をコスモポリタンと呼ぶ場合もある。

かかりつけ医【かかりつけい】

その人が住む地域の病院などで、日常的に体調管理や病気の診断などを行う医師を意味する語。単純に頻繁に訪れる病院や診療所を指して用いることもある。

金魚アート【きんぎょアート】

金魚を使った芸術作品。金魚だけでなく水槽や照明などもその一部だとされる。

嫡出子【ちゃくしゅつし】

法律上婚姻関係のある夫婦の間で生まれた子ども。他方、法律上婚姻関係にない夫婦の間に生まれた子どもを「非嫡出子」と呼ぶ。しかし夫婦が離婚してから300日以内に生まれた子どもは嫡出子として扱われる。

俳句甲子園【はいくこうしえん】

高校生が俳句を作成したり、批評したりするなどして競い合う大会。1チーム5人で構成される。俳句甲子園では単に俳句を詠む力だけでなく、相手が作成した俳句を批評する能力も勝敗に関係するという。

暮春「ぼしゅん」

春の終わりごろ、晩春を意味する語。暮春は旧暦の3月頃であるとされる。

ワーキングマザー

仕事を続けながら育児をする女性を意味する語。「ワーママ」とも言う。

民主6人衆【みんしゅろくにんしゅう】民主党6人衆

民主党議員のうち、岡田克也、玄葉光一郎、野田佳彦、前原誠司、枝野幸男、安住淳の6人を指す語。この6人の間で定期的に会合を開くなど、2013年8月現在、民主党内での存在感が高いといえる人々といえる。

再考の府【さいこうのふ】

日本の参議院の別称。衆院を通過した法案を改めて審議することから「再考の府」と呼ばれるようになった。また、衆院を通過した法案は参院の議決によって法案成立が決定し、政局を左右するため、参議院を「政局の府」と呼ぶ場合もある。

良識の府【りょうしきのふ】

日本の参議院の別称。衆議院と比べ、解散がなく任期が6年と長いことなどから、より公平な議論ができるとされ、良識の府と呼ばれるようになった。また、衆院を通過した法案は参院の議決によって法案成立が決定し、政局を左右するため、参議院を「政局の府」と呼ぶ場合もある。

内定長者【ないていちょうじゃ】

複数の企業や団体から内定をもらっている就活生を意味する語。多くの場合、その学生が優秀であるがゆえ、内定を重複して獲得する。大学などが提示する内定者の割合は内定長者の実績を重複して概算している場合もあり、正確な数字でない場合もある。また企業側は内定長者の内定辞退を防ぐために様々な演出を行う場合もあるとされる。

二国間条約【にこくかんじょうやく】「bilateral treaty」

国際社会において、主権国家同士がお互いの権利義務関係について合意形成を行うために締結されるもの。二国間条約の対象は貿易、投資、安全保障、環境保護など、広範囲に渡る。

ボンベイ型【ボンベイがた】

稀血である血液型の名称。ABO式血液型ではO型の変異型だとされ、Oh型と表現される。インドのボンベイに多い血液型であるため、ボンベイ型と呼ばれるようになった。