2013年7月4日木曜日

国盗り【くにとり】

領主を滅ぼし、その国の政治における主権を握ることを意味する語。斉藤道三が下克上により主君の土岐頼芸を追放した、美濃の国盗りが有名である。また、株式会社マピオンのジオゲーム『ケータイ国盗り合戦』のように、ゲーム中で対戦相手の領地を奪うことを国盗りと称する例がある。

スピッツ

尿や血液の検査などに用いられるスピッツ管(遠沈管)の、主に医療従事者の間で用いられる俗称。底部が尖っているという特徴を持ち、スピッツの名称はドイツ語の「spitz(尖った)」に由来する。ゴムキャップのついた、採血用の真空採血管がスピッツと呼ばれることもある。

針刺し事故【はりさしじこ】針刺し

注射針や静脈留置針などを扱う医療施設の職員が、患者の血液などに触れた針を、自身の体に誤って刺してしまう事故を意味する語。肝炎、HIV、梅毒などの患者の血液が付着した針が刺さった場合、感染の危険性がある。

円座クッション【えんざクッション】ドーナツ型クッション

中央の部分に穴の空いた、円形のクッションを意味する語。会陰切開などを行った産後の女性や、腰痛や痔に悩まされている人が、痛みを和らげるために用いることがある。また、姿勢や骨盤の矯正を目的として用いられることもある。

画伯【がはく】

画家に対する敬称。ネットスラングとしては、芸術性を感じさせるほどに絵心のない人、あるいは常人には理解できない個性的な絵を描く人に対する敬称として、皮肉を込めて用いられることもある。

奇跡の一本松【きせきのいっぽんまつ】

東日本大震災の津波で壊滅状態となった、岩手県陸前高田市の高田松原で、1本だけ倒伏せずに耐えた松の木を意味する語。根腐れによる衰弱が見られ、再生不可能と判断されたため、2012年9月に伐採された。その後、復興のシンボルとして、防腐処理を施した幹にレプリカの葉や枝をつけ、元の場所に復元する作業が行われた。復元作業に巨額の費用が投じられたことや、「サイボーグ化」とも受け取られるような保存処理が行われたことに対しては、批判的な意見も目立った。

水着エプロン【みずぎエプロン】

水着の上にエプロンを着用すること、あるいはそのさまを意味して、俗に用いられる語。「裸エプロン」と同様、一般的には特殊な嗜好と見なされている。主にフィクション作品で、海の家などで働いている設定のキャラクターが水着エプロンの状態になることが多い。

婚前妊娠【こんぜんにんしん】

結婚前に妊娠することを意味する語。計画的に婚前妊娠が行われることもあるが、婚前妊娠をきっかけとした結婚は、俗に「できちゃった結婚」などと呼ばれ、無計画だなどとして批判的に受け止められることもある。

おめでた婚【おめでたこん】オメデタ婚

妊娠が判明したことをきっかけとした結婚を意味する俗語。ここでの「おめでた」は、妊娠という意味で用いられている。いわゆる「できちゃった結婚」という言葉の持つマイナスイメージを避けるために、言い換えとして用いられる言葉の一つである。「おめでた婚」の他に、授かり婚、ダブルハッピーなどの語もある。

ダブルハッピー

妊娠が判明したことをきっかけとした結婚という意味で、結婚情報誌『ゼクシィ』で用いられた語。いわゆる「できちゃった結婚」という言葉の持つマイナスイメージを避けるために、言い換えとして用いられる言葉の一つである。「ダブルハッピー」の他に、おめでた婚、授かり婚などの語もある。

授かり婚【さずかりこん】

妊娠が判明したことをきっかけとした結婚を意味する俗語。いわゆる「できちゃった結婚」という言葉の持つマイナスイメージを避けるために、言い換えとして用いられる言葉の一つである。「授かり婚」の他に、おめでた婚、ダブルハッピーなどの語もある。

ワッチ

他者の交信を傍受することを意味する無線用語。英単語の「watch」が転訛したものといわれる。ワッチすることは一般的に自由とされているが、内容などを他者に漏洩したり、窃用したりすると、電波法違反などの罪に問われる場合がある。

現着【げんちゃく】

警察や消防などで、「現地到着」の略として用いられる語。

見え消し【みえけし】

校正などの際に、元の状態が見えるように、取り消し線を引くなどの方法で修正を加えることを意味する語。主に、修正前後を比較できるようにとの意図で行われる。

体目当て【からだめあて】体めあて,体目あて,身体目当て,身体めあて,身体目あて

異性に接近する目的が、その相手との性行為であることを意味する語。主に男性を指して用いられ、下心が多い、本気の恋愛を求めていないなどとして嫌悪されることが多い。

金目当て【かねめあて】金めあて,金目あて,お金目当て,お金めあて,お金目あて

お金を行動の目的とすることを意味する語。特に、異性に接近する理由が、その相手や家族が持っている財産の入手であることを指すことが多い。また、お金を奪う目的の犯罪が「金目当ての犯行」などと呼ばれることがある。

電磁砲【でんじほう】

弾丸を電磁力により加速させて射出する兵器、「レールガン」の別名。電磁加速砲、電磁投射砲などと呼ばれることもある。また、鎌地和馬原作のライトノベル『とある科学の超電磁砲』の略称として「電磁砲」の語が用いられることがあり、この場合は「レールガン」と発音される。

本採用拒否【ほんさいようきょひ】

企業などが、一定の試用期間を満了した新入社員を、何らかの理由で不適格だと判断し、正式に採用せず、解雇することを意味する語。本採用拒否には、通常の解雇と同様、労働基準法に基づき、就業規則等での明示や解雇予告、拒否にあたっての合理的な理由などの要件が必要とされる。

本採用【ほんさいよう】

企業などが、一定の試用期間を満了した新入社員を、社員としての適格があると判断し、正式に採用することを意味する語。

死亡退職【しぼうたいしょく】

勤労者が在職中に死亡することにより、退職の扱いになることを意味する語。一般的に、遺族には死亡退職金と呼ばれる退職金が会社などから支払われる。

JKお散歩【ジェーケーおさんぽ】JK散歩

JK(女子高生)を自称する者と、一緒に散歩や買い物、食事などができるサービスを意味する語。主に、決まった店舗を持たず、個人が路上でビラなどを配りながら、通行人に声をかけて客を集めている場合が多い。「JKリフレ」と同様、売春などの犯罪の温床になるとして、警察などの取締りの対象とされている。

新任教員【しんにんきょういん】新任教師

学校に配属されたばかりの教員を意味する語。俗に「新米教師」などと呼ばれることもある。

サラリーマン教師【サラリーマンきょうし】

生徒に対する関心や、教育に対する情熱が乏しく、事務的なマニュアル通りの教育を行う教師を指して、多くは批判的に用いられる語。

M教師【エムきょうし】

主に教育現場で用いられているとされる、「問題教師」を意味する語。指導力などに問題があったり、人格的に問題があったりする教師がM教師と呼ばれることがあるという。

再教育【さいきょういく】

素行や人格に問題があったり、能力が不足していたり、あるいは何らかの理由で職場を遠ざかっていた教師や医師などに、改善や職場復帰を促すための研修などを施すことを意味する語。

身元不明遺体【みもとふめいいたい】

発見時に氏名や住所などに関する情報が見当たらず、身元不明の状態の遺体を意味する語。身元の特定に繋げるために、警察などにより、身元不明遺体に関する詳細な情報や似顔絵などが公開されている。

軍放出品【ぐんほうしゅつひん】

軍から民間に払い下げられた不要物資を意味する語。払い下げ品と呼ばれることもある。中古のものや、モデルチェンジなどの理由で不要になった未使用品などがあり、主にミリタリーファンなどによって購入される。

アユ解禁【あゆかいきん】鮎解禁

アユ釣りあるいはアユ漁が解禁されることを意味する語。解禁日は、放流された稚魚を成長するまで保護するなどの目的で設けられており、解禁日以前の釣りや漁は密漁と見なされる。漁法ごとに、解禁の日付が異なっている場合もある。

インベタ

レースなどにおけるライン取りの手法の一つで、最短距離を走行するために、常にコーナーを最も内側(イン)で曲がることを意味する語。アウトインアウトなどの、他のコース取りよりも走行距離が短くなることなどが利点とされるが、コーナリングの際により減速する必要があることなどが欠点とされる。

ドライドランク「dry drunk」空酔い

アルコール依存症患者に、酒を飲んでいない時に現れることがある、酒に酔った時と似た、不安感や攻撃性などの諸症状を意味する語。禁断症状や離脱症状などと見なされることも多い。

ソブラエティ「sobriety」

酒に酔っていないこと、しらふであることを意味する語。特にアルコール依存症患者の人々によって用いられることが多く、その場合には、単に酒に酔っていない状態ではなく、「酒を飲まない人生」という意味を持つ傾向がある。また、性依存症患者の間で、性的な物事から遠ざかった、しらふの状態という意味で用いられることもある。

消し物【けしもの】消し物ゲーム,消し物パズル,消し物パズルゲーム,消しものゲーム,消しものパズル,消しものパズルゲーム

パズルゲームのうち、ブロックまたはそれに類するものの位置を入れ替えるなどして、同じ種類のものを揃えて消していくことを目的としたものを意味する語。

全消し【ぜんけし】

いわゆる「消し物」や「落ち物」のパズルゲームで、消す対象のものを画面中から全て消すことを意味する語。特に『ぷよぷよ』シリーズのものが有名である。全消しを行った際に、全消しボーナスなどと呼ばれる特典がある作品もある。

全押し【ぜんおし】

(1)シャッターボタンを半分まで押し込む(半押し)ことでオートフォーカスを行う機能を持ったカメラにおいて、シャッターを切るために、シャッターボタンを完全に押し込むことを意味する語。
(2)主に音楽ゲーム(音ゲー)で、操作可能な全てのボタンを同時押しすること、あるいはその譜面を意味する語。

同時押し【どうじおし】

複数のボタンなどを同時に押すことを意味する語。コンピュータのキーボードでは、ショートカットキーなどの入力の際に、同時押しが行われる場合がある。また、音楽ゲーム(音ゲー)で、複数のボタンなどを同時に押す操作、あるいはその譜面が同時押しと呼ばれることがある。

内輪ネタ【うちわネタ】

特定の集団でしか通用しないネタを意味する語。集団の内部では盛り上がっても、外部の人にとっては意味不明であることが多く、その集団が排他的、閉鎖的であるなどの悪印象や、嫌悪感を持たれることもある。

ノシ

手を振る様子を表した絵文字の一種。主に別れの挨拶などとして用いられる。顔文字を伴うことや、半角文字で書かれることも多い。挙手の意味で用いられることもあるが、その場合は「ノ」と表記されることが多い。

自家通販【じかつうはん】自力通販

同人サークルなどが業者などを介さずに、自らの作品を直接郵便などで送付することを意味する語。

自家水道【じかすいどう】

主に地下水を水源として特定の施設などへの給水を賄う、井戸などの小規模な水道施設を意味する語。自家水道の設置は、水道料金の削減、災害時への備えなどに効果があるとされている。

自家蛍光【じかけいこう】自己蛍光

蛍光顕微鏡を用いた観察で、観察対象以外の、試料中に含まれる物質や、スライドグラスなどの器具が発する蛍光を意味する語。自家蛍光が画像の解釈を誤らせる危険性があることから、波長の調整や試料処理手段の工夫などで、自家蛍光を抑えることが必要になる場合がある。器具については、自家蛍光がほとんど起こらない無蛍光タイプのものが販売されている。

自家感染【じかかんせん】

ある部位に感染した病原体が、同じ宿主の別の部位に感染することを意味する語。有鉤条虫や糞線虫などの寄生虫が、別の宿主に移ることなく、同一の宿主に再度感染することを指すこともある。

自家焙煎【じかばいせん】

喫茶店などで、焙煎機などを用いて生のコーヒー豆を焙煎することを意味する語。主に、焙煎したその場でコーヒーを淹れることができる、自分で好みの加減に調節することができるなどの理由で行われることが多い。

炭酸フルーツ【たんさんフルーツ】

フルーツを袋などの容器に入れて炭酸水あるいは炭酸飲料に浸し、数時間から1日ほど置いたものを意味する語。炭酸飲料のようなシュワシュワとした食感が楽しまれる。

フルーツ大福【フルーツだいふく】

大福餅の中に果物を入れた菓子のこと。果物の種類は、バナナやブドウなど、店によって様々である。イチゴが入ったものが代表的でかつ最も歴史が古いが、フルーツ大福ではなく「いちご大福」と呼ばれる場合が多い。

名誉白人【めいよはくじん】

アパルトヘイト下の南アフリカにおける、日本人などの扱いを意味する語。当時の南アフリカでは、白人を最上位とした制度が敷かれており、黄色人種を含む有色人種は総じて差別対象となったが、日本が南アフリカの貿易相手国として重要な位置にあったことから、制度上の措置として、日本人などが白人と同等の民族と見なされた。

頭脳集団【ずのうしゅうだん】

高い知性を持った人の集まりを意味する語。シンクタンクの別名として用いられることも多い。

ボツボツ,ぼつぼつ

皮膚などに生じた、発疹やニキビなどの細かい点状の病変を指して用いられる語。「ブツブツ」と呼ばれることもある。痒みや発赤などを伴うこともある。

バイブス「vibes」

レゲエで、「雰囲気」や「ノリ」などの意味で用いられる語。いわゆるギャル語として用いられる傾向がある。「バイブスが高い」や「バイブスを上げる」などの表現がある。

参加型脱出ゲーム【さんかがただっしゅつゲーム】体感型脱出ゲーム,体験型脱出ゲーム

参加者が協力して探索や謎解きなどを行い、閉じ込められたという設定の場所から脱出することを目的としたイベントを意味する語。コンピューターゲームの一ジャンルである「脱出ゲーム」を、現実世界で行うというイベントである。

KS【ケーエス】既読スルー,既読無視

「既読スルー」の略語。LINEで、「既読」になったにもかかわらず、返事を返さないことという意味で、俗に用いられる。自分が返さない場合にも、相手が返さない場合にも用いられることがある。インフォレスト発行のファッション雑誌『小悪魔ageha』2013年8月号で、ブレイク寸前「新ギャル語」1位に選ばれた。

ヤグる,やぐる,矢口る,ヤグチる

(1)交際相手や配偶者などに浮気や不倫の現場を目撃されるという意味で、俗に用いられる語。タレントの矢口真里が、不倫の現場で夫と鉢合わせた出来事に由来する。
(2)知ったかぶりをするという意味で、俗に用いられる語。タレントの矢口真里の、「マニアックな漫画(アニメ・ゲーム)も好きで」と言いながら、誰でも知っている作品の名前を挙げた発言などに由来する。

非名阪【ひめいはん】非名阪国道

国道25号線の西名阪道天理ICから東名阪道亀山ICまでの区間の旧道を指して、俗に用いられることのある語。国道25号線の新道が「名阪国道」と呼ばれており、比較的よく整備されているのに対して、「非名阪」は道幅が狭い、舗装状態が悪いなどの理由で、いわゆる「酷道」と見なされることが多い。

方眼北【ほうがんほく・ほうがんぽく】

平面直角座標で描かれた地図において、縦軸の真上方向と一致する、地図上の北にあたる方角を意味する語。方眼北は、通常真北とほぼ同じ方向にあたるが、必ずしも一致しない場合があり、地形図などには両者のずれが記載されている。

方眼罫【ほうがんけい】方眼ケイ

正方形の升目をなす、等間隔の縦横の罫線を意味する語。方眼罫が印刷された紙を方眼紙といい、方眼紙のノートや便箋などが市販されている。

局面図【きょくめんず】

将棋、チェス、囲碁などの盤上遊戯で、対戦中のある局面における駒の配置などを表した図を意味する語。局面図は研究のために用いられることが多く、局面図を作成するソフトウェアやオンラインサービスなども存在する。

盤面反転【ばんめんはんてん】

主に将棋ソフトなどに搭載されていることの多い、盤面の上下を反転する機能を意味する語。相手側から見た局面図を確認するなどの目的で設けられている。

将棋ボクシング【しょうぎボクシング】

チェスとボクシングの対戦を同時に行う「チェスボクシング」という競技の派生で、将棋とボクシングを同時に行う競技を意味する語。2009年に、テレビ番組「探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン」で行われたのが世界初といわれている。

連続投稿規制【れんぞくとうこうきせい】連投規制

主にweb上の掲示板やWiki、Twitterなどに、同一の利用者が連続で投稿した場合に行われることのある、当該利用者の投稿を一定時間禁止するなどの規制を意味する語。

連続投稿【れんぞくとうこう】連投

主にweb上の掲示板やWiki、Twitterなどに、同一の利用者が連続で投稿することを意味する語。短時間に連続投稿が行われた場合、投稿が規制される仕組みを持ったサービスもある。