2013年7月2日火曜日

紙焼き写真【かみやきしゃしん】紙焼写真

フィルムから印画紙などの用紙にプリントされた写真を意味する語。デジタルカメラが登場する以前は、「写真」というと一般的に紙焼き写真を指した。

雑念恐怖【ざつねんきょうふ】

強迫性障害の症状の一つとされる、何らかの物事に集中しようとしている時に、目的外の物事(雑念)が頭に浮かぶことに対して、恐怖を感じる症状を意味する語。雑念を意識するあまり、日常生活に支障が出る場合も多いといわれる。

不完全恐怖【ふかんぜんきょうふ】不完全強迫

強迫性障害の症状の一つとされる、ものが整っていない状態に恐怖を感じる症状を意味する語。整った状態になるまで、何度も同じ行動を繰り返してしまう傾向が見られる場合もある。

完全休養【かんぜんきゅうよう】

積極的な運動を行わずに、静かに過ごして体を休めるという意味で用いられる語。陸上競技の選手や、筋力トレーニングを行う人などが、完全休養日を設け、丸1日完全休養を行う例がある。

消極的休養【しょうきょくてききゅうよう】

積極的な運動を行わずに、横たわったり、睡眠をとったりするなどの休養法を意味する語。消極的休養の語は、多くは「積極的休養」と対になる語として用いられ、積極的休養よりも疲労回復の点で劣るとされることが多い。

積極的休養【せっきょくてききゅうよう】積極的休養法,アクティブレスト

疲労回復を早める目的で、疲労が蓄積した後に、軽い運動やストレッチなどを行う休養法を意味する語。積極的休養により、何もしないよりも疲労物質が除去されやすくなるといわれている。積極的休養に対して、運動をせずに横たわるなどの休養法は消極的休養と呼ばれる。

軍人口調【ぐんじんくちょう】

軍人が行う、あるいは軍人をイメージさせるような言い回しや発声を意味する語。軍人口調の代表的な例として、語尾に「であります」をつけることが挙げられることが多い。「であります」は旧大日本帝国陸軍で標準的に使われていた言い回しで、長州弁に由来するといわれている。

ミルキング法【ミルキングほう】

陰茎に繰り返し、乳搾りのように刺激を与えることによって、その長さや太さを増大させる手法を意味する語。いわゆる「チントレ」の一つとされ、器具やサプリメントなどが併用されることもあるといわれる。

ミルキングアクション「milking action」

下半身に滞留した血液を、ウォーキングやランニングで足の筋肉を収縮させることにより、循環させる運動という意味で用いられる語。しばしば「足は第二の心臓」という比喩を引き合いに出して説明される。ミルキングアクションを行うことにより、足のむくみの改善などに繋がるといわれている。

糞便移植【ふんべんいしょく】糞便微生物移植,FMT

腸内の細菌叢を改善するなどの目的で、他人の糞便を腸内に移植する治療法を意味する語。主に、家族や友人が糞便のドナー(提供者)となることが多いといわれている。糞便移植は、クロストリジウムによる感染症など、様々な胃腸疾患に効果があると報告されている。

戦闘不能【せんとうふのう】

コンピューターゲームなどで、キャラクターが戦闘に参加することが不可能な状態を意味する語。主に、体力(HP)が尽きた場合に、戦闘不能の状態となることが多い。主人公や、プレイヤーキャラクター全員が戦闘不能になった時に、ゲームオーバーとなるゲームもある。

給紙トレイ【きゅうしトレイ】給紙トレー

プリンタに印刷用紙を供給するために紙を蓄積しておく、トレイ状の部分を意味する語。

給紙口【きゅうしこう】

プリンタの印刷用紙をセットする部位を意味する語。機種によっては、給紙口の形状から給紙トレイ、給紙カセットなどと呼ばれていることもある。

番号非通知【ばんごうひつうち】

固定電話や携帯電話などで、発信側の電話番号を相手に知らせずに、発信を行うことを意味する語。電話番号の前に「184」を付加することによって、非通知発信が可能になる。電話の設定によっては、番号非通知の着信が拒否されることもある。

非通知拒否【ひつうちきょひ】

固定電話や携帯電話などで、電話番号非通知の着信を拒否する設定を意味する語。

非破壊糖度計【ひはかいとうどけい】

果物などの糖度を測定する際に用いられる糖度計のうち、果実に傷をつけることなく測定が可能なもののこと。光センサーを利用し、分光分析法によって糖度を測定するタイプのものが多い。

自走式立体駐車場【じそうしきりったいちゅうしゃじょう】

複数の階層からなる立体駐車場のうち、利用者が自ら車を運転し、駐車スペースに駐車するものを意味する語。スーパーマーケットやショッピングモールなどの商業施設に併設されていることが多い。自走式立体駐車場に対して、機械操作などにより上の階層に駐車するものは、機械式立体駐車場と呼ばれる。

平面駐車場【へいめんちゅうしゃじょう】

1層の平面に駐車スペースが並んでいる駐車場を意味する語。屋根のない青空駐車場は、平面駐車場の例の一つである。出入庫が比較的容易だが、スペースに比して駐車台数が限られていることなどが欠点といわれる。平面駐車場に対して、多層構造になった駐車場は立体駐車場と呼ばれる。

タワー式駐車場【タワーしきちゅうしゃじょう】タワー式立体駐車場

複数階からなる立体駐車場で、車を1階部分に駐車し、機械操作によってタワー内部に収納するタイプのものを意味する語。限られたスペースで、多くの車を駐車することができるため、特に都市部に設置されることが多い。出入庫を行うごとに、内部の機械を循環させるため、出庫に時間がかかることなどが欠点として挙げられる。

立体パズル【りったいパズル】

三次元的なパズルを意味する語。様々な形状のものがあるが、ピースを組み合わせて特定の形を完成させたり、「ルービックキューブ」のように、回転により立体の面を揃えたりすることが目標とされることが多い。

立体機動装置【りったいきどうそうち】立体機動

諫山創の漫画『進撃の巨人』で兵士が使用する、敵となる「巨人」の弱点である、うなじの部分まで到達するための装置のこと。2本のアンカー付きのワイヤーを射出し、ワイヤーを巻き取る勢いと、ガスの噴出による推進力により、高速で空中を移動できる仕組みになっている。

シーダー「seeder」

ダウンロードソフト「BitTorrent」において、完全な状態のファイルを有しており、ファイルを他の利用者(リーチャー)に提供する役割を持ったコンピュータ(ピア)を意味する語。ダウンロードが完了したリーチャーは、その時点からそのファイルのシーダーとして機能する。

リーチャー

(1)手の届かない所にあるものを掴み取ったり、たぐり寄せたりするための道具の一種。いわゆる「マジックハンド」である。英語では「reacher」と表記する。
(2)ダウンロードソフト「BitTorrent」において、ファイルをダウンロードしているコンピュータ(ピア)を意味する語。英語では「leecher」と表記し、「ヒル(leech)」に由来する。

美人すぎる【びじんすぎる】美人過ぎる

ある人が、人並み外れた美人であることを賞賛する表現。「美人すぎる」の後に職業名などを付けて称される。八戸市市議会議員の藤川ゆりが「美人すぎる市議」と呼ばれたのをきっかけとして、「美人すぎる海女」、「美人すぎる書道家」、「美人すぎるラーメン評論家」など、様々な愛称が生まれた。

縁切り神社【えんきりじんじゃ】

特定の人物、多くは配偶者との悪い縁を断ち切る上で、ご利益があるとされる神社を意味する語。病気や酒など、人以外のものとの悪縁を断つことが願われることもある。特に、京都府京都市東山区にある安井金比羅宮が、縁切り神社として著名である。

恋愛成就【れんあいじょうじゅ】

恋愛に関する願いが叶うことを意味する語。特に、意中の相手と両想いになることを指すことが多い。恋愛成就にご利益があるとされる、お守りやおまじないなども知られている。

恋矢【れんし】

カタツムリやナメクジなどの有肺類の一部が持ち、交尾相手を刺激する機能がある、角状の石灰質の構造のこと。有肺類は雌雄同体なので、交尾の際にはお互いに恋矢で刺激し合うことになる。恋矢は形態が種ごとに異なることから、分類形質としても用いられている。

着席通勤【ちゃくせきつうきん】

列車の座席に座って通勤することを意味する語。鉄道会社が、指定席乗車券を購入することで着席通勤を保証する列車を運行していることがあり、そのような列車はホームライナー、通勤ライナーなどと呼ばれることが多い。

着席ブロック【ちゃくせきブロック】

アーティストのコンサートなどで設けられる、着席で観覧することが指定された座席の区域を意味する語。主に、小さい子どもを連れた親や、高齢者、着席での観覧を好む人などのために設けられている。

着席指定席【ちゃくせきしていせき】

アーティストのコンサートなどで設けられる、着席で観覧することが指定された座席を意味する語。主に、小さい子どもを連れた親や、高齢者、着席での観覧を好む人などのために設けられている。

着席握手【ちゃくせきあくしゅ】

アイドルの握手会で、主にアイドルが長時間立ちっ放しになるなどの負担を減らすために、着席してファンと握手することを意味する語。2013年7月に、AKB48の握手会に試験的に導入されることが告知された。

プラセンタ注射【プラセンタちゅうしゃ】プラセン注射

プラセンタ(胎盤抽出物)を、主に美容目的で注射することを意味する語。医薬品として認可されている注射用のプラセンタは、多くのサプリメントと異なり、ブタなどの動物ではなく、ヒトの胎盤に由来する。

プラセンタ「placenta」

主にヒト、ブタ、ウマ、ヒツジなどの胎盤抽出物を意味する語。美容効果や滋養強壮作用があるなどとして、医薬品、サプリメントなどとして用いられている。

サラシア「Salasia」

南アジアから東南アジアに分布する、つる植物の一属。コタラヒムブツやサラシアマルメロなどが含まれる。自生地では、生薬として伝統的に用いられてきたとされる。血糖値の上昇を抑制し、肥満を改善するなどのはたらきがあるとして、健康食品などとして販売されている。

ガウチョパンツ「gaucho pants」

南米の草原地域の牧童(ガウチョ)が着用していたといわれる、裾の広がった七分丈のパンツのこと。ゆったりとしていて履き心地がよく、動きやすいことなどが利点として挙げられることが多い。

ガウクルア

マメ科クズ属の、「プエラリア」の名で広く知られている植物(プエラリア・ミリフィカ)のタイ語名。強壮作用や豊胸効果などがあるとして、健康食品やサプリメントなどとして販売されている。

学術名【がくじゅつめい】

学問で用いられる名称を意味する語。しばしば、生物の「学名」という意味で用いられることがあるが、生物の学名を「学術名」と称する例は、現在では学術的にはほとんど見られない。

ルンブルクスルベルス「Lumbricus rubellus」ルンブリクスルベルス

ヨーロッパ原産のミミズの一種。赤ミミズなどと呼ばれることもある。学名の綴りに忠実に発音すれば、「ルンブリクス」と読むのが正しいが、「ルンブルクス」として広く知られている。 ルンブロキナーゼという酵素を持っており、この酵素に血栓溶解作用があるなどとして、 粉末などが健康食品として販売されている。

触車事故【しょくしゃじこ】触車

人が列車などに接触する事故を意味する語。主に鉄道業界の業界用語として用いられており、一般向けのアナウンスなどでは「列車に接触」あるいは「人身事故」などと言い換えられることが多い。

グモる

鉄道で人身事故に遭うことを意味するネットスラング。web掲示板「2ちゃんねる」発祥の、人が列車に轢かれた際の擬音、「グモッチュイーーン」が略された「グモ」が動詞化したものである。

平服指定【へいふくしてい】

結婚式などの催しの際に、招待客に通知される、平服で来るようにとの指定を意味する語。平服指定をされたにもかかわらず、礼服で来場することは、主催者の意図に反する行為として、マナー違反だとされることもある。

逆さ撮り【さかさどり】

女性のスカートなどの内部を逆さに撮る、盗撮の一手法。主に、電車の車内などの人混みや、階段などで行われることが多い。手に持ったカメラなどを差し入れるだけでなく、カバンや靴などに隠しカメラを仕込む手口もあるといわれている。

クレーン現象【クレーンげんしょう】

親などの他人の腕を掴み、自分の要求を伝える行動を意味する語。指を差すことが苦手とされる、自閉症の幼児に特徴的な行動パターンとして知られている。クレーン現象を行う幼児が、必ずしも自閉症というわけではなく、まだ言葉が話せない幼児に、正常な行動として見られる場合もある。

逆ピース【ぎゃくピース】逆さピース

掌を自分の方に向けたピースサイン(Vサイン)を意味する語。英語圏では、リバースピースと呼ばれ、侮辱の意味として受け取られる危険性があるともいわれる。また、「逆さバイバイ」と同じく、自閉症などの発達障害を持った幼児が逆ピースを行うことが多いといわれる。

逆さバイバイ【さかさバイバイ】逆バイバイ

掌を自分の方に向けて、バイバイの動作を行うことを意味する語。自閉症など、発達障害の幼児によく見られる症状だといわれている。

努力肺活量【どりょくはいかつりょう】努力性肺活量,FVC

肺および呼吸の機能の指標で、一気に息を吐いた時の空気の量のこと。通常の肺活量とは、ゆっくりとではなく、一気に息を吐く点で区別される。努力肺活量測定においては特に、最初の1秒に吐かれる空気の量が、1秒量と呼ばれ重視される。努力肺活量が劣る場合、肺気腫などの疾患が疑われることがある。

スパイロ検査【スパイロけんさ】スパイロメトリー

スパイロメーターを用いて、肺活量など、肺や呼吸の機能を検査することを意味する語。健康診断などで行われることがある。

偏心生【へんしんせい】

きのこの柄が、傘や頭部などの中央部からやや外れた場所に繋がっていることを意味する語。偏心生の中でも特に極端な、傘や頭部などの縁に繋がっているものは、側生と呼ばれる。

中心生【ちゅうしんせい】

きのこの柄が、傘や頭部などの中央の部分に繋がっていることを意味する語。

偏心固視【へんしんこし】

ものを見つめる時に、網膜の中で最も感度の高い「中心窩」ではなく、そこからやや外れた場所で像を結んでしまう性質を意味する語。斜視や弱視などの理由で、固視が不安定な人に見られるとされる。

中心窩固視【ちゅうしんかこし】中心固視

ものを見つめる時に、網膜の中でも最も感度の高い「中心窩」で、常に像が結ばれるようにすることを意味する語。斜視や弱視の人の中には、中心窩固視が行えない人がいることが知られている。

固視微動【こしびどう】

ある一点を注視している際に、眼球が起こす細かい運動を意味する語。動きの特性によって、ドリフト、トレマ、フリック(マイクロサッカード)の3つに分けられることが多い。

マイクロサッカード「microsaccade」

ある一点を注視している際に、眼球が起こす固視微動のうち、ごく細かい急速な運動を意味する語。フリックと呼ばれることもある。

サッカード抑制【サッカードよくせい】サッケードよくせい

眼球が急速な運動(サッカード)を行う際に、網膜に入ってくる刺激が遮断されることを意味する語。すなわち、サッカード抑制により、サッカードを起こしている間には、視覚情報が知覚されることはないとされる。網膜と中枢の両方に、サッカード抑制のメカニズムがあるといわれている。

サッカード「saccade」サッケード,サッカード眼球運動,サッカード運動,サッケード眼球運動,サッケード運動,急速性眼球運動

眼球が小刻みに、高速で動く運動を意味する語。文章を読んでいて次の行に移る際など、対象を追うために意識的に行われることもあれば、動揺している際などに無意識的に行われることもある。

ラーメンコンプレックス,ラーメン複合施設

複数のラーメン屋が1か所に集約した商業施設を意味する語。ラーメンコンプレックスの元祖であり、代表例とされる「新横浜ラーメン博物館」のように、展示室や売店などを併設しており、入場料を徴収する所もある。

複合施設【ふくごうしせつ】

複数の機能を持った施設を意味する語。特に、商業施設、文化施設、スポーツ施設などからなる、大型の施設を指すことが多い。

複合駅名【ふくごうえきめい】

2つ以上の単語からなる駅名を意味する語。主に、駅の位置が2つ以上の自治体にまたがっている場合に、揉め事を避けるなどの目的で、両地名が組み合わせられることが多い。特に、大阪市営地下鉄谷町線は、そのような複合駅名が比較的多いことで知られている。近年は、地名同士の複合駅名だけでなく、地名と施設名、名所、名産品などが組み合わされることも多い。

キッズバイク

子ども用に設計された、小型の自転車のこと。ペダルが無く、足で地面を蹴って進むタイプのキッズバイクもある。ペダルがあるキッズバイクには、補助輪が付属しているものも多い。

ペダル無し自転車【ペダルなしじてんしゃ】ペダルなし自転車

ペダルが付属しておらず、足で地面を蹴って進む仕組みの自転車を意味する語。主に、まだ通常の自転車に乗ることができない幼児が、バランス感覚や操縦感覚などを養うために乗ることが多い。

補助輪無し自転車【ほじょりんなしじてんしゃ】補助輪なし自転車,補助なし自転車,補助無し自転車

後輪に補助輪が付属していない自転車を意味する語。補助輪付きの自転車で、ある程度練習を重ねた幼児が、次の段階として補助輪無し自転車で練習を行うことが多い。

雨天走路【うてんそうろ】

競技場などに設置される、屋根がついていて、天候にかかわらず練習を行うことができる走路を意味する語。屋外の走路と同様に、舗装などの整備がなされていることが多い。

補助グラウンド【ほじょグラウンド】補助グランド,補助競技場,サブグラウンド,サブグランド

公園などに、メインで用いられるグラウンドの補助的役割を持つものとして建設されるグラウンドを意味する語。

補助円グラフ【ほじょえんグラフ】

円グラフの要素の一部の内訳を表すために、補助的に設けられる円グラフを意味する語。補助円グラフを持つ円グラフは、補助円グラフ付き円グラフなどと呼ばれる。

複合グラフ【ふくごうグラフ】

2種類以上の形式のグラフを、1枚のグラフ上に表現したものを意味する語。特に、棒グラフと折れ線グラフを合わせたものや、補助円グラフを伴った円グラフなどを指すことが多い。表計算ソフトなどで作成することができる。

愛人契約【あいじんけいやく】妾契約

既婚の男性が、妻以外の女性と金銭のやり取りなどを通じて性的関係などを結ぶことを意味する語。愛人契約は、民法90条の公序良俗違反と見なされ、無効とされている。

近所付き合い【きんじょづきあい】ご近所付き合い,近所付きあい,ご近所付きあい,近所つき合い,ご近所つき合い

近所の住民との人間関係を意味する語。かつての地域社会では、現在と比べて近所付き合いの程度が高かったといわれているが、近年は一般的に、特に都市部での近所付き合いが希薄化していることが指摘されている。

相続トラブル【そうぞくトラブル】

相続、特に遺産相続や遺言に関するトラブルを意味する語。相続トラブルが裁判にまで発展することも珍しくないとされる。

金銭感覚【きんせんかんかく】

金銭の価値や使い方に対する感覚を意味する語。浪費家を指して「金銭感覚がない」と表現することがある。また、急にそれまでと桁違いの金銭を使うようになったり、クレジットカードの使用などでお金を払っているという自覚が薄れることで、「金銭感覚が狂う(麻痺する)」といわれることがある。

超スキャル【ちょうスキャル】超スキャ,超スキャルピング

短いスパンで繰り返し売買を行う、デイトレードの「スキャルピング」という手法の中でも、特に数秒という極めて短いスパンでの売買を行う手法の俗称。

スキャルピング「scalping」スキャル,スキャ

数秒から数十分というごく短いスパンの間に、何度も売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねるデイトレードの手法を意味する語。一つ一つの利益が小さい分、損失が起こった場合にも小さくて済むことなどが利点といわれるが、短期になるほど博打的要素が強まるともいわれる。

きりもみ回転【きりもみかいてん】錐揉み回転,錐もみ回転

空中を飛行する物体が、進行方向に対して垂直に近い方向に回転することを意味する語。特に、飛行機の機体が旋転することを指すことが多い。

超人技【ちょうじんわざ】

普通の人が行うことのできる限度を遥かに超えたような、難度の高い、素晴らしい技という意味で用いられる語。

ひねり技【ひねりわざ】

体操競技で、宙返りの最中などに、空中で体をひねって回転する技を意味する語。一般的に、ひねりの回数が多くなるほど難度が高いとされている。

ウィーニング「weaning」ウイニング,ウイーニング

人工呼吸から自発呼吸に移行する操作を意味する語。一般的に、徐々に自発呼吸の割合を増やしていき、最終的に完全な自発呼吸を行うことが目指される。ウィーニングの手法としては、現在は圧支持換気(PSV)が主流となっている。

自発呼吸トライアル【じはつこきゅうトライアル】SBT

患者の人工呼吸器を離脱してよいかどうかを判定するために、呼吸器を外し、呼吸数や心拍数などの種々の指標をモニタリングする試験のこと。自発呼吸トライアルの間は、患者の呼吸筋に負担を掛けないように、呼吸の様子を注意深く観察する必要がある。

自発呼吸【じはつこきゅう】

自身の能力によって行われる呼吸を意味する語。自発呼吸に対して、外部から圧力をかけることによって行われる呼吸は「人工呼吸」と呼ばれる。

生体肺中葉移植【せいたいはいちゅうよういしょく】

生体肺移植のうち、右肺の中葉の部分を移植するもののこと。肺移植は下葉の部分が用いられるのが一般的であるが、中葉は肺の部位の中でも特に小さい部位であるため、難易度が高いとされていた。2013年7月に、岡山大学病院で母から3歳の息子への生体肺中葉移植が行われ、世界で初めて成功した。

ストリーキング「streaking」

街中や公園といった公共の場を全裸で走り回ること、あるいは疾走することを意味する語。1970年代にはアメリカで流行した。主に度胸試しや自己顕示を目的として行われることが多く、逮捕されることもあるという点で裸体主義者とは区別される。

デイユース,デーユース

ホテルなどで、宿泊を伴わない、日中の客室利用を意味する語。着替えや仮眠などの目的で利用されることが多いといわれる。特に、都市部のシティホテルやビジネスホテルなどで行われていることが多い。

指定乗車地【していじょうしゃち】

バスツアーで、客が観光バスに乗車することができる、旅行代理店やバス事業者の側から指定された地点を意味する語。

日帰りバスツアー【ひがえりバスツアー】

旅行代理店やバス事業者などが催行している、日中に貸切バス(観光バス)で複数の観光地を巡る観光ツアーを意味する語。日帰りバスツアーに対して、宿泊を伴うバスツアーは、宿泊バスツアーなどと呼ばれる。

バスツアー

旅行代理店やバス事業者などが催行している、貸切バス(観光バス)で複数の観光地を巡る観光ツアーを意味する語。

日帰り旅行【ひがえりりょこう】

宿泊をせずに、目的地に行ったその日に帰ってくる旅行を意味する語。

ご休憩【ごきゅうけい】御休憩

ラブホテルやその類似施設で、日帰り利用の意味で一般的に用いられる語。宿泊料金と別に料金が定められていることが多い。

日帰り入浴【ひがえりにゅうよく】

施設に宿泊せずに、温泉などの公衆浴場を利用することを意味する語。日帰り入浴のサービスのみを行っている、日帰り入浴施設があるほか、ホテルや旅館などの宿泊施設が日帰り入浴のサービスを行っている場合がある。

バラクラバ「balaclava」バラクラヴァ

防寒具としての目出し帽の別称。主に、冬山登山やウインタースポーツなどに際して用いられる。バラクラバとは、ウクライナのクリミア半島にある地名のことで、クリミア戦争において、この地でこの型の目出し帽が用いられたことから命名された。

冬山登山【ふゆやまとざん】雪山登山

冬期に登山をすることを意味する語。特に、雪が積もっており、冬用登山靴、ピッケル、アイゼンなどの特別な服装や装備を必要とする登山を指すのが一般的である。

無雪期【むせつき】

雪が積もっていない時期を意味する語。特に、登山用語として用いられることが多い。

縦走路【じゅうそうろ】

複数の山を尾根伝いに繋いでいる登山道を意味する語。

日帰り登山【ひがえりとざん】

山小屋などで宿泊をせずに、山に登ったその日のうちに下山するタイプの登山を意味する語。日帰り登山の対象としては、主に低山や、都市部近郊の山などが選ばれることが多い。

ケーキカット

結婚式の披露宴で、夫婦がウェディングケーキにナイフを入れることを意味する語。「切る」という言葉の縁起が良くないとして、ケーキ入刀と呼ばれることも多い。

初めての共同作業【はじめてのきょうどうさぎょう】はじめての共同作業

結婚式で、夫婦2人で一緒に行うケーキカット(ケーキ入刀)を指して用いられる決まり文句。

下田富士【しもだふじ】

静岡県下田市にある、標高191mの山のこと。他の多くの郷土富士と同じく、富士山のようなピラミッド状の形状をしていることから、下田富士と呼ばれている。地名から、本郷富士と呼ばれることもある。下田富士が富士山と姉妹関係にあり、妹の富士山に比べて美しくないことを恥じて、富士山から見えなくなるように段々と背を低くしていったという伝説が残っている。

異常巻きアンモナイト【いじょうまきアンモナイト】異常巻アンモナイト

一般的な渦巻き状の殻ではなく、紐がほどけたような、一見不規則な形をした殻を持つアンモナイトの総称。異常巻きが起こる理由は、様々な生息環境に対する適応であるという説が有力である。異常巻きアンモナイトとして、特にニッポニテス属がよく知られている。

フィロプチコセラス・ホリタイ「Phylloptychoceras horitai」

北海道むかわ町で2008年に、約7200万年前の白亜紀の地層から発見された、異常巻きアンモナイトの一種。2013年に新種記載された。フィロプチコセラス属のアンモナイトが発見されたのは、日本を含む北西太平洋地域で初とされる。

油酔い【あぶらよい】

揚げ物などを調理している最中に、揮発した油のアクロレインという成分を吸入することによって、胸焼けや悪心などの症状が生じることを意味する語。2013年に東京工科大学の研究グループにより、食用油のリノレン酸の含有量の違いと、油酔いのしやすさに関連性があることが示された。

スプレー調味料【スプレーちょうみりょう】

食品にスプレーして用いられる調味料を意味する語。特に、イタリア製の「トルーチ イタリアンウェイ」という商品がよく知られている。また、日本でも「スプレー醤油」が販売されており、減塩効果などがあると宣伝されている。

ブラックマネー詐欺【ブラックマネーさぎ】

単なる黒い紙切れを、紙幣を偽装したものだと偽り、被害者に売りつける詐欺のこと。実際に、黒く加工した紙幣を化学反応で元に戻す過程などを、被害者の前で実演することから、騙される例が多発した。2000年前後から国際的に問題となっている。

デバイスラグ「device lag」

海外で開発された最先端の医療機器が、日本で承認されるまでに生じる、時間の遅れを意味する語。デバイスラグが生じる原因としては、臨床試験の実施困難や、審査体制の未整備などが挙げられることが多く、行政によるデバイスラグ解消への取り組みが進んでいる。医薬品で同様に見られる遅れは、ドラッグラグと呼ばれる。

クラウンフラワー「crown flower」アコン,プア・カラウヌ

熱帯に分布する、ガガイモ科の常緑低木の一種。紫色または白色の花を咲かせる。ハワイには本来分布していないが、外来種として持ち込まれたものが、リリウオカラニ女王などの王族により好んで用いられた。現在も、ハワイではレイの素材とされることが多い。

フラワークラウン「flower crown」

頭の部分を飾る、花をあしらった冠のこと。「花冠」と呼ばれることもある。特に、結婚式などで用いられることが多い。

混植【こんしょく】

2種類以上のフォントを混合して用いることを意味する語。代表的な混植の例として、漫画の吹き出しの中のセリフを挙げることができ、一般的に漢字はゴシック体、かなはアンチック体とされている。また、全角文字に和文フォント、半角英数字に欧文フォントが割り当てられる場合もあるが、これは和欧混植と呼ばれる。

突然の死【とつぜんのし】

(1)生物が、目立った前触れもなく、事故や急病、その他の要因で死亡することを意味する表現。
(2)主にTwitter上で用いられる、シュールなネタの一つ。一般的に、「突然の死」という文字列の周囲を鋸歯状の吹き出しで囲んで用いられる。従来は吹き出しの部分が正常に表示されないことが多かったが、2013年3月にweb版Twitterが改行表示に対応し、正常に表示されるようになったため、それをきっかけとして大量の「突然の死」が投稿される出来事があった。

指導死【しどうし】

学校などにおいて、教師などの行き過ぎた指導が原因となり、生徒が自殺などを行って死亡することを意味する語。「指導死親の会」による造語である。指導死に関しては、特に指導と体罰、あるいは精神的侵害の線引きなどが議論となることが多い。

無侵襲的出生前遺伝学的検査【むしんしゅうてきしゅっしょうぜんいでんがくてきけんさ・むしんしゅうてきしゅっせいぜんいでんがくてきけんさ】NIPT,NIPT検査

母体から採血し、血液中のDNA断片を解析することにより、胎児の染色体異常などの診断などを行う検査のこと。マスコミなどにより、新型出生前診断などと呼ばれることもある。従来の羊水などを用いた出生前診断よりも簡便かつ高精度であり、非侵襲性であることから流産などの危険性が無い点などが優れている。生命倫理の観点から、中絶を増加させるおそれがあるなどとして、この検査を問題視する意見もある。