2013年5月31日金曜日

ハードリアルタイムシステム

一定の時間(デッドライン)までに与えられた処理を完了しなければ、システム自体やそれを扱う人にとって深刻な影響が生じうるシステムを意味する語。例として、自動車のエアバッグの制御システムなどを挙げることができる。

ソフトリアルタイムシステム

与えられた処理を即座に完了しなければいけないが、仮に完了しなかったとしても、さほど深刻な影響は及ぼさないタイプのシステムを意味する語。例として、自動販売機や銀行のATMなどが挙げられる。ただし、利用者が待ち時間を我慢しなければならないなどの不都合が生じることはあり得る。

ハーフパイント「half pint」

1パイント(約473ml)の半分を意味する語。主にイギリスでは、ビールなどをハーフパイントの量で注文できる場合が多く、その場合は一般的に、専用のハーフパイントグラスに注いで供される。

ソフト面【ソフトめん】

物事において、直接目には見えない、人の働きが関わっている要素を意味する語。例として、その物事に関わる人材やその教育、業務に対する意欲、共有されている情報などを挙げることができる。

ハード面【ハードめん】

物事において、施設や設備、道具など、形のある要素を意味する語。ハード面に対して、直接目には見えない、人の働きが関わっている要素のことを「ソフト面」と言う。

パーソナルストレッチ

主に専門的な訓練を受けたトレーナーの手を借りて、2人1組で柔軟体操(ストレッチ)を行うことを意味する語。ストレッチ初心者や、自分では伸ばしにくい筋肉をストレッチしたい場合などに有効だといわれている。

パーソナルスキル

経済産業省が策定した「ITスキル標準」に規定されている、「業務を遂行する際に必要とされる人間的側面のスキル」と定義される語。リーダーシップ、コミュニケーション、ネゴシエーションの3項目からなる。

関連サイト:
ITスキル標準V2 2006 3部:スキル編 - 情報処理推進機構

リーンな

パンの生地に砂糖や油脂などの副材料が少なく、素材の味を生かしたものであることを意味する表現。「リーン(lean)」とは「貧乏な」という意味である。リーンなパンの代表例としては、フランスパンやコッペパンなどを挙げることができる。対義語は「リッチな」と言い、菓子パンなどがリッチなパンにあたる。

ハースブレッド「hearth bread」

パン窯の炉床(ハース)で直焼きするパンの総称。フランスパンは代表的なハースブレッドと言われることもある。一般的に、砂糖や油脂などが少ない、シンプルな味わいのパンが多いと言われる。

パースを引く【パースをひく】

デッサンやイラストを描く際に、立体感を正確に表現するために、遠近法に基づいた線を描くことを意味する表現。一般的に、絵を描き始める最初の段階でパースを引き、それに従って実際の対象を描いていくことが多い。パースを引くためのパース定規という専用の定規もある。

パークロ

塩素系有機溶剤の一種、テトラクロロエチレン(パークロロエチレン)の略語。特に、この溶剤を衣服の洗浄に用いるドライクリーニングの分野で、この略語が用いられることが多い。

パーキングロット「parking lot」

(1)駐車場のこと。
(2)議論において、今すぐには話し合うべきではないと判断される話題などを一旦保留しておくために、机やホワイトボードの隅などに設けられるスペースを意味する語。議論の混乱や、無駄な議論を避ける効果があると言われる。テーマから外れた話題を隔離するために用いられるが、議論が進むとパーキングロットに保留しておいた話題が役に立つ場合もあるとされる。

ノンリンス

(1)洗剤のうち、水拭きを必要としないものを意味する語。
(2)シャンプーのうち、リンスを必要としないものを意味する語。

ノンブレス奏法【ノンブレスそうほう】

循環呼吸奏法の別名。循環呼吸奏法とは、管楽器を息継ぎなしに吹き続ける奏法のことで、クラシックやジャズなどで用いられることが多い。ノンブレスと言っても、息を吸わないというわけではなく、口で息を吐きながら同時に鼻で吸うことで、切れ目のない演奏が可能になる。

パラメトリック「parametric」

統計学的検定が母集団の分布の影響を受けることを意味する語。一般的に、母集団の分布が正規分布に従っていることや、分散が等しいことなどが要求される。t検定やF検定などの主要な検定は、それぞれ特定の分布に従っていることを前提とするパラメトリックな手法である。パラメトリックな手法は、ノンパラメトリックな手法よりも制約が多く、標本サイズが小さい場合に結果が不正確になるなどの欠点を挙げることができるが、条件を満たした場合の検出力では優れ、有意差が出ることが多いことが知られている。

ノンパラメトリック「non-parametric」

統計学的検定が母集団の分布の影響を受けないことを意味する語。ノンパラと略されることもある。ノンパラメトリックな手法は制約が少なく、分布が偏っている場合や、標本サイズが小さい場合などに適しているとされる。その一方で、検出力の低下や、順序尺度への変換によるデータの損失などの欠点を挙げることもできる。ノンパラメトリックな手法に対して、母集団が正規性や等分散性を持つことを前提とする手法をパラメトリックな手法と言い、両者で検定の名称や計算方法が大きく異なっている。

ノンオーガニック

野菜が有機栽培(オーガニック栽培)されたものではないこと、つまり化学肥料や農薬などを使用してつくられたものであることを意味して用いられている語。

ハードフォン「hardphone」

固定電話など、一般的に「電話」あるいは「電話機」とよばれているものを意味する語。通話機能を持った、Skypeなどのパソコンのソフトウェアを「ソフトフォン」と称するのに対して用いられる語である。携帯電話は、一般的にハードフォンには含まれないことが多い。

パーティクルガン「particle gun」

遺伝子組み換え手法の一つ、「パーティクルガン法」で使用される銃のこと。DNAが付着した金属の粒子を、遺伝子導入の対象となる細胞に対して高速で射出することにより、物理的に細胞内に目的遺伝子を取り込ませる仕組みになっている。

パーソナルマーク

ある人が独自に用いるマークのことで、特に戦闘機などに描かれる、その機体のパイロットの個性などを表すマークを指すことが多い。

迅速診断【じんそくしんだん】

速やかに病気の診断を行うことを意味する語。一般的に、10分から30分程度で診断結果が出るものを指すことが多い。例えば、インフルエンザやその他の細菌・ウイルスによる感染症を迅速診断するためのキットが開発されている。また、手術中に取り出した病変部を速やかに組織学的に検査し、診断すること(術中迅速診断)を指すこともあるが、これは10分から20分程度で結果が出るため、手術のその後の方針を決定するために行われることが多い。

ノルヘキ,n-ヘキ

「ノルマルヘキサン」あるいは「ノルマルヘキサン抽出物」の略語。主に、水質調査において用いられることの多い語である。試料をノルマルヘキサンで抽出し、ノルマルヘキサンを揮発させた後に残る物質の重量の測定値が、試料中の汚染物質(油分)の量の指標となる。また、この測定値をノルマルヘキサン値というが、これもノルヘキ値またはn-ヘキ値と略される場合がある。

ノリが良い【ノリがいい】のりが良い,のりがいい,乗りが良い,乗りがいい

主に、盛り上がった場の雰囲気にうまく順応して、自身もハイテンションで盛り上がっている様子を意味して用いられている表現。また、明るく笑顔で会話し、提案などに積極的に同意するなど、社交性が豊かな人を指して用いられることもある。

マズルフラッシュ「muzzle flash」

銃を撃った時に、発射火薬が銃口付近で燃焼することにより発生する閃光を意味する語。日本語では発火炎と訳されることもある。マズルフラッシュは射手の目を晦ますとともに、射手の位置を明らかにするなどの悪影響がある。そのため、銃の種類によってマズルフラッシュの大きさが異なるが、小さいほど良いとされる。マズルフラッシュの発生を抑制するために、「フラッシュサプレッサー」とよばれる装置が銃身に取り付けられる場合もある。

ノーマネーでフィニッシュ

日本テレビの番組『マネーの虎』における独特の決まり文句で、プレゼンテーションにより出資金を志願した者が、目標となる金額を獲得することができなかった時に用いられた表現。

ノーリアクション

何らかの出来事や働きかけに対して反応(リアクション)が全く無いか乏しいこと、あるいはそのさまを意味する語。

ノーチャンス

麻雀において、ある種類の牌が4枚全て捨て牌もしくは自分の手牌の中にあり、その所在が全て明らかになっている場合に、その牌の前後の牌を意味して用いられる語。壁とも言う。例えば、全て見えている牌が二萬の場合は、その前後の一萬と三萬がノーチャンスとなる。ノーチャンスの牌は、両面待ちの当たり牌にはなり得ないので、一般的には安全度の高い牌とされる。

ノーズカバー「nose cover」

(1)サーフボードやスノーボードなどの、尖った先端(ノーズ)の部分を保護するためのカバーのこと。先端部分が一般的に脆い、人に接触すると尖っていて危険、などの理由でこのカバーが用いられる。
(2)スキー用のサングラスなどの鼻に触れる部分に付属する、鼻全体をすっぽりと覆う形のカバーのこと。ノーズシェードとも言う。鼻の部分を日射しから保護するなどの目的がある。
(3)車の装飾のために、車体前面のボンネットやバンパーの部分に取り付けられる部品のこと。ノーズマスク、ノーズブラなどとも言う。
(4)新幹線の先頭車両の先端部(ノーズ)に取り付けられるカバーのこと。トンネル内での気圧波対策や、空気抵抗の減少などを目的として取り付けられている。

ノーズコーン「nose cone」

戦闘機やミサイル、レーシングカーなど、高速で飛行または走行する物体に見られる、機体(車体)の先端の円錐状に尖った部分のこと。この形状には、空気抵抗を減らす目的などがある。

ノーアクセ

ノーアクセサリーの略語。ノーアクセサリーとは、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを着用しないこと、あるいはそのさまを意味する語である。

Kindleダイレクト・パブリッシング【Kindle Direct Publishing】キンドル・ダイレクト・パブリッシング

Amazon.comが行っている、Amazonサイト内のKindleストアで、個人が電子書籍を無償で販売することができるサービスのこと。KDPの略称でよばれることもある。日本版のサービスは2012年10月から開始された。出版者は、最大70%のロイヤリティ(印税)を獲得できる。

Web価格【ウェブかかく】ウェブ価格

インターネット上で商品の注文や申し込みを行う場合の価格を意味する語。店頭販売に比べて人件費や広告費が安く抑ることができる、人的サービスを省略できるといった側面から、店頭価格や電話注文価格よりも安価である場合が少なくない。

ネット価格【ネットかかく】

(1)諸経費などを含んでいない価格を意味する語。この意味では、NET価格とも表記する。
(2)主に家電量販店などにおけるインターネット上での販売価格を意味する語。店頭価格との対比で用いられる語である。この意味では、「web価格」と同義である。

ネットワーク図【ネットワークず】

複数の要素とそれらの繋がりの様子(ネットワーク)を表現した図を意味する語。主に、パソコンやサーバー、それらを繋ぐ配線などのネットワーク機器のつながりを表現した図を指すことが多い。ネットワーク図を作成することによって、ネットワーク全体の構成の把握に役立つとされることが多い。その他、鉄道や道路の路線図や、生体における遺伝子の相互作用を表した図なども、ネットワーク図の一種と言える。

ネタ振り【ネタふり】ネタフリ,ネタふり,ねた振り,ねたふり

(1)芸人などが用いる語で、ある人が「ボケ」や「一発芸」などのネタを行うことを期待して、その人にそのネタに関連することを話しかけるなどの行動を行うことを意味する語。フリ、前フリとも言う。ネタ振りによって、ネタが自然な流れで行われるという効果がある場合もある。また、特定のネタ振りをきっかけとして行われる類のネタも存在する。
(2)会話や議論などが円滑に進行するように、話題や議題などを提供することを意味する語。

逆ドッキリ【ぎゃくドッキリ】

バラエティー番組などで、表面上はある人を対象として「ドッキリ」を行うとされているが、実はその仕掛け人が本来の「ドッキリ」の対象であるということを意味する語。つまり、逆ドッキリでは、仕掛け人であると騙された人の反応を見て楽しむことが目的とされる。場合によっては、偽の「ドッキリ」の対象になる人物も真の仕掛け人の一員であり、事の全容を理解しつつ、敢えて無知を装う例もある。

ドッキリ大成功【ドッキリだいせいこう】

バラエティ番組などで、「ドッキリ」が上手くいった時に用いられる表現。ドッキリの被害者となった人物に、「ドッキリ大成功」と書かれた札を見せることで、ドッキリであることを認知させる例も多い。ドッキリの由来になった「元祖どっきりカメラ」という番組では、札に書かれていたのは番組名だったが、のちに「ドッキリ大成功」、あるいは単に「大成功」と書かれることが多くなった。

ネタばらし,ネタバラシ,ねたばらし

「ネタ」を主体的、意図的に暴露することを意味する表現。「ネタ」を仕込んだ本人が、何らかの理由で自らネタばらしをすることもあり、その場合は「種明かし」と言われることもある。また、他人が「ネタ」の面白さを損なわせる目的などの悪意をもって、あるいは無意識のうちにネタばらしをすることもある。

ネゴシエーター「negotiator」ネゴシエイター

「交渉人」の別名、英名。ネゴシエーターは、様々な場面において、利害関係のある人物との対話の中で、双方の納得による合意を目指す。特に、ネゴシエーターといった場合には、人質救出作戦において犯人との交渉を行う人物のことを指すことが多い。

ポジティブコントロール「positive control」

科学実験における対照実験(コントロール)を2つに分けたうちの1つで、効果を検証したい対象と同一の条件で、既に陽性の結果が出ることが分かっている対象に実験操作を行うこと、あるいはその対象を意味する語。陽性対照、ポジコンとも言う。実験においては、検証したい対象とポジティブコントロールにおける結果の相対的な差異から実験結果を考察することができるが、必ずしもポジティブコントロールが設定できない実験もある。また、「うまくいく」ことが前提のポジティブコントロールですら期待通りの結果が表れなかった場合に、実験系に問題があることを検知することができる場合もある。ポジティブコントロールに対して、陰性の対照実験をネガティブコントロールと言う。

ネガティブコントロール「negative control」

科学実験における対照実験(コントロール)を2つに分けたうちの1つで、効果を検証したい対象と同一の条件で、既に陰性の結果が出ることが分かっている対象に実験操作を行うこと、あるいはその対象を意味する語。陰性対照、ネガコンとも言う。実験においては、検証したい対象と、ネガティブコントロールにおける結果を比較することで、その相対的な差異から実験結果が考察される。ネガティブコントロールに対して、陽性の対照実験をポジティブコントロールと言う。

ネイルスクール

主にネイリストを養成する目的で、ネイルアートや爪のケアなど、爪に関する教育を行う教育機関を意味する語。日本では、JNA(日本ネイリスト協会)がネイルスクールの認定を行っている。

ネイティブデータ

主に印刷物のデータ入稿などにおいて、PDFファイルなどに変換されていない、WordやExcelなどの文書作成ソフトや表計算ソフト、PhotoshopやIllustratorのような画像編集ソフトなどで作成されたそのままのデータを意味して用いられる語。ネイティブデータを入稿する場合、印刷会社が所有しているフォントと対応しなかったり、レイアウトの崩れが発生したりするトラブルが起きることもある。印刷会社の中には、ネイティブデータでの入稿を禁止している例もある。

ニセアカシヤ

マメ科ハリエンジュ属の落葉高木、「ニセアカシア」の別名。明治時代に初めてこの樹種が日本に輸入された際には、「アカシア(アカシヤ)」と言ったらこの樹種を指した。ニセアカシアは近年、外来種として各地で問題とされており、日本生態学会が定めた「日本の侵略的外来種ワースト100」にもリストアップされている。

ニコヨン

かつて、日雇労働者を意味して用いられた俗語。東京都が1949年に定めた日雇労働者の定額日給が240円であり、百円札が2枚(2個)と、十円札が4枚であったことに由来する。現在は死語になったとされることもある。

ニード論【ニードろん】

人間の欲求に関する心理学的理論を意味する語。特に、人間の欲求が生理的欲求を基礎とし、自己実現欲求を頂点とした5段階の階層構造をなすとしたA・マズローの理論(自己実現理論)や、それに影響を受けたものとされる、看護の分野におけるV・ヘンダーソンの「14の基本的なニード」論などを指すことが多い。

ニーズ分析【ニーズぶんせき】

ある物事を行う際に、何がその物事自体に必要か、あるいは物事の対象に必要とされているかについて、情報を収集し分析することを意味する語。主に、マーケティングにおいて、顧客の満足度を高める目的で、顧客が必要としている商品やサービスを分析することを指すことが多い。

三周忌【さんしゅうき】

その人が死亡した翌々年の命日のこと。あるいは翌々年の命日に行われる法事を意味する語。三回忌とも言う。

AIRくまモン【エアーくまモン】

日本航空が2013年6月1日から乗客に提供する機内食の名称。熊本県のゆるキャラ「くまモン」のイラストが入った容器などが使用される。主に欧米路線の機内食を中心に導入され、熊本県のご当地グルメなどが提供される。

リレー外交【リレーがいこう】

政府の要人が分刻みのスケジュールで、各国の首脳クラスの人と次々に会談することを意味する語。

顔サポ【かおサポ】

主に、サッカーの応援者(サポーター)のうち、もっぱら選手の容貌・顔立ちが好きだという理由でファンになっているサポーターを指す語。プレイそのものを評価していないという点で否定的意味合いを込めて用いられることが多い。

顔サポと同じく、バンドのファンのうち音楽の良し悪しでなくメンバーのビジュアルが好きだという理由でファンになっている者を「顔ファン」と呼ぶことがある。