2013年5月30日木曜日

ニアショア

システムやソフトウェアなどの開発を国内の遠隔地の企業などに外注すること。海外の企業などに外注する「オフショア」と対をなす言葉である。ニアショア開発を積極的に推進する理由としては、コミュニケーションやセキュリティ、コストなどの面でオフショア開発よりも優れていることや、地域活性化や地域格差の是正などの目的が挙げられることもある。

難儀やな【なんぎやな】

主に、関西弁で他人の体験に同情、共感するなどした場合に「大変だねえ」という意味で用いられる表現。「難儀」自体には「苦労、困難、面倒」といった意味がある。また、自分自身が厄介な状況に陥った時に、「参ったな」という意味で用いられたり、迷惑をかける人を咎めるために用いられたりすることもある。

なまし番線【なましばんせん】鈍し番線

土木建築などにおいて結束などに使用される、通常の鉄線を加熱した後に緩やかに冷却し、柔らかくした鉄線を意味する語。番線、なまし線、なまし鉄線とも言う。一般的に、防サビ処理のメッキがされないので、表面にサビが生じやすいこともある。太さが異なる様々な種類があり、用途が異なる。

貧困女子【ひんこんじょし】

給料が少なく、貧しい生活をしている女性を意味する語。その理由として、「女子会」などお金を費やす場面が多い、携帯電話の料金がかかる、節約や貯金ができないなどの理由が挙げられることもある。貧困女子の中には、食事を奢ってくれる男性などをインターネット上で探して、食費を浮かせる生活を送っている人もいると言われる。

ナマポビジネス

生活保護の受給者を対象としたビジネスを意味する語。「ナマポ」とは、「生活保護」を意味するネットスラングである。生活保護ビジネスとも言う。例として、生活保護の受給者ばかりが入居したアパートで、住居の質に見合わないほど高額な家賃を取る経営手法などが挙げられることがある。主に、そのようなビジネスを非難する文脈で用いられることが多い。

ナプラパシー「naprapathy」

あらゆる疾患の原因が靭帯の緊張に求められるとの考えのもと、マッサージなどの方法によって疼痛を緩和させることを目的とした治療法のこと。 主に整形外科的な疾患に対して用いられることが多い。いわゆる代替療法の一つとされる。欧米では比較的盛んに行われていると言われる。

ナビゲーションボタン「navigation button」

webページなどに設置されている、リンク先の一覧を示すボタンを意味する語。メニューボタンとも言う。訪問者が目的のページに素早く移動できるなどの効果があるとされる。マウスオーバーした際に、色が変わるなどの変化が起きる仕組みになっているものもある。

ナノポアシーケンシング「nanopore sequencing」

タンパク質からなる、直径数ナノメートルの極めて微細な孔(ナノポア)を埋め込んだ膜を用い、DNAがその孔を通過する際の電流変化から塩基配列を決定する手法のこと。2012年2月にOxford Nanopore社から、この原理を用いた「GridIONシーケンサー」および「MinIONシーケンサー」が発表された。従来のシーケンシング技術と比較して、PCRによる増幅が不要である、リアルタイムで塩基配列情報が得られるなどの利点が挙げられており、この技術を用いたシーケンシングの低価格化、高速化などが期待されている。

ナノポア「nanopore」

直径が数ナノメートルの、極めて微細な孔のこと。生物体内の膜に、このサイズの孔を持った膜タンパク質が存在するほか、人工的にこのサイズの孔を持った膜がつくられることもある。例えば、生物学などの実験で、ナノポアが多数存在するフィルターが、試料の濾過などに用いられることがある。

カリウム値【カリウムち】

主に血液検査で計測される、血液に含まれるカリウムの濃度のこと。3.6-5.0mEq/l程度が正常値とされる場合が多い。一般的に、カリウム値は腎臓の機能が低下している時に上昇し、嘔吐や下痢などの症状がある時に低下する。カリウム値が高すぎると、致死的な不整脈を起こして心停止に至る危険性もある。

ナトリウム値【ナトリウムち】

主に血液検査で計測される、血液に含まれるナトリウムの濃度のこと。137-147mEq/l程度が正常値とされる場合が多い。ナトリウム値に異常が見られた場合、水代謝系の異常が疑われる。一般的に、ナトリウム値は脱水症状などを起こしている時に上昇し、嘔吐や下痢などの症状がある時に低下する。

ナガエカサ

マレーシアなどに分布するニガキ科の樹木の一種、トンカットアリ(Tongkat ali)の和名。根に強壮作用などがあるとして、原産地では民間薬として用いられており、日本でも輸入されたものが健康食品として販売されている。

ナイロビ宣言【ナイロビせんげん】

1982年に開催された国連環境計画(UNEP)ナイロビ会議において採択された、10項目からなる宣言。国連人間環境会議(ストックホルム会議)の10年後という節目にあたって、地球的規模で環境の悪化が進んでいることについての重大な懸念が表明され、それを保全し改善するための努力を推進すべきであるとされた。

ナイトライド

(1)窒化物のこと。英語では「nitride」と表記する。
(2)自転車などを夜間に運転することを意味して用いられている語。

ナイトクルージング

夜間に運航する観光用の客船による旅行を意味する語。ナイトクルーズとも言う。主に都市部や工業地帯などで、夜景を楽しむ目的で運航されていることが多い。

ナースウォッチ「nurse watch」

主に看護師が用いる懐中時計のこと。看護師は作業にあたって腕時計を装着していると不便な場合があるので、特に欧米では、代わりにこれが用いられることが多い。脈拍の測定などの機能がついている場合が多い。夜勤の際に便利になるように、蓄光機能がついているものもある。看護師に限らず、腕時計をつけることのできない他の職業で用いられる場合もある。

トンテキ,とんてき,とんテキ,豚テキ,豚てき

厚切りにした豚肉にタレを絡めたステーキのこと。キャベツの千切りが添えられることが多い。三重県四日市市の名物としても知られる。グローブ焼とよばれる場合もある。

ドンキホーテ的【ドンキホーテてき】

人の性格や行動が、セルバンテスの同名の小説に登場するドン・キホーテのように、無謀で愚直であることを意味する語。

トロントロン

宮崎県児湯郡川南町の中心部にある地名。珍しい地名として言及されることが多い。地名の由来については諸説あるが、湧き水の音に由来するなどの説がある。

とろうま

とろけるような柔らかい食感の、美味しい食べ物を意味する表現。商品名などに用いられることが多い。

カジキ,かじき,旗魚,梶木

スズキ目カジキ亜目に含まれる魚のこと。上顎が槍のように長く伸びていることや、遊泳速度が非常に速いことが主な特徴であり、食用にされている。カジキマグロとよばれ、マグロの一種として扱われることもあるが、マグロの仲間(サバ科)とは異なる生物である。マカジキ科とメカジキ科に分けられ、日本近海には6種が分布する。

アスパラガス,竜髭菜,龍鬚菜

栽培され野菜として食用にされている、クサスギカズラ科の植物の一種。主に栽培の手法により、ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの2つのグループに分けられる。アスパラガスという名称は古代ギリシャ語に由来し、「裂ける」という意味の単語が派生したものだと言われている。和名をオランダキジカクシと言い、マツバウド(松葉独活)などの別名もある。

トレッキングブーツ「trekking boots」

趣味で山野などを散歩する(トレッキングする)際に着用される靴のこと。英語でも日本語でも、「hiking boots(ハイキングブーツ)」とよばれることもある。一般的に、「ウォーキングシューズ」よりも山野での運動に向いたつくりをしており、「登山靴」よりもライトなつくりになっている場合が多い。

トリス「Tris」

主に生物学の実験で用いられるバッファー(緩衝液)の一種で、「トリスヒドロキシメチルアミノメタン」の略語。酸性条件下で分解しやすいDNAを含んだ溶液を、保存に適した一定のpHに保つ効果などがある。一般的に、「トリス塩酸緩衝液(Tris-HCl)」や「TE(Tris-EDTA)」の形で用いられることが多い。

コドラート「quadrat」

生態学において、野外の調査地に一定の面積の正方形を通常複数設け、その内部の生物について調査する手法のこと。あるいは、その手法において設けられた正方形のこと。調査したコドラート面積から、調査地全体の面積における結果を計算して推定することもできる。コドラートに対して、もう一つよく用いられる「トランセクト」は、調査地に線を引いて、その上あるいはそこから一定範囲の生物を調査する手法である。

トランセクト「transect」

生態学において、野外の調査地に線を引き、その線の上、あるいは線から一定の範囲の生物について調査する手法。あるいは、その手法において引かれた線のこと。ライントランセクトの別名もあり、線から一定の範囲を調査する場合にはベルトトランセクトとよばれることもある。調査したトランセクトの面積から、調査地全体の面積における結果を計算して推定することもできる。トランセクトに対して、もう一つよく用いられる「コドラート」は、一定面積の正方形を設けて内部の生物を調査する手法である。

トランスリタレーション「transliteration」トランスリテレーション

ある文字種で書かれた表記を、その発音に基づいて異なる文字種で表記し直すことを意味する語。翻字、字訳、音訳などとも言う。例えば、アルファベットで書かれた英語を、その発音と一致するようにカタカナで表現することなどが挙げられる。意味に基づいて他の言語に変換する「トランスレーション(翻訳)」とは異なる。

トランスアミラーゼ

「トランスアミナーゼ」と「アミラーゼ」が混同された語。トランスアミナーゼはアミノ基転移酵素のことで、特に肝臓の機能の指標となるため、血液検査において血中濃度が測定されることが多い。アミラーゼは消化酵素の一種で、デンプンに含まれるアミロースをグルコースなどに変換する酵素のことである。

トランジェット

一般的には、「トランジット」と「ジェット」を混同した誤用と考えられる。飛行機に関する用語としてのトランジットとは、飛行機が燃料補給などの目的で、一旦経路の途中の空港に着陸すること、あるいは乗客がその際に一旦飛行機を降りることを意味する語である。到着した空港で別の飛行機に乗り継ぎを行うことを指して「トランジット」の語が用いられる場合もあるが、この場合は正しくは「トランスファー」と言う。

ドラマクイーン「drama queen」

英語のスラングの一種で、自分がドラマのヒロインであるかのように、大袈裟で同情を誘うような、感情的な振る舞いをする女性を指して、批判的に用いられる語。時に男性に対しても用いられると言う。

ドラック

一般的には、「ドラッグ」の誤りと考えられる。「ドラッグ」と言った時には主に、薬物を意味する英語を指すか、あるいはマウスの操作の一つで、ボタンを押したままマウスを動かすことを指すことが多い。前者の綴りは「drug」、後者の綴りは「drag」である。

ドラッガー

一般的には、「ドラッカー」の誤りとされる。ドラッカーは「マネジメント」の理論などで著名なオーストリア人経営学者である。綴りは「Drucker」なので、一般的には濁音では読まれないが、かつてはこの人物が「ドラッガー」と呼ばれていたと言われることもある。

トラウマボンド「trauma bond」

誘拐や監禁、児童虐待などの事件において、被害者と犯人の間に生じるとされる絆を意味する語。被害者と犯人が非日常的な状況下で長く一緒に過ごすことにより、時にトラウマボンドを生じることがあると言われる。トラウマボンドが生じた結果、被害者が犯人に、あるいは犯人が被害者に恋愛感情を抱いたり、庇うような行動をとったりする例もあり、その行動類型は「ストックホルム症候群」や「リマ症候群」などとよばれる場合もある。

ドライランドトレーニング「dryland training」

主に、水泳選手が行うトレーニングのうち、陸上で行う筋力トレーニングやストレッチなどを指して用いられる語。ウインタースポーツの選手が夏に行うトレーニングを指して用いられる場合もある。

ドライマンゴー

乾燥させたマンゴーの果実を意味する語。ドライフルーツの一種である。袋詰めなどにして売られる例が多い。ビタミンなどを多く含み、健康やダイエットに良いと宣伝される例もある。

ドライビングプレジャー

自動車やバイクなどを運転する楽しさという意味で用いられる語。乗り心地の快適さなどを表現するために、自動車の宣伝などで用いられることが多い。

どよーん

鬱々とした重苦しい雰囲気を意味する「どんより」の俗な言い回し。「どんよりとした」が「どよーんとした」と言い換えられる例もある。また、擬態語として、落ち込んでいる様子を表現する際に用いられることもある。

どやさ

女性漫才師、今くるよの持ちネタの一つ。問いかけの言葉で、発音の違いによって、同意を求める、疑問を呈するなど、複数の意味を持つ。「どうだ」、「どうよ」などと近い意味で用いられるとされることもある。

ドメブラ

「ドメスティックブランド」の略語。ドメスティックブランドとは、国内のアパレルブランドのことで、国内ブランドとも言う。ドメスティックブランドに対して、海外から輸入されたブランドをインポートブランドと言う。

ドミナントネガティブ「dominant negative」

遺伝学の用語で、遺伝子に変異が起こった際に、変異型の遺伝子産物(タンパク質など)が正常型の遺伝子産物よりも量が多い、または正常型を阻害するはたらきを持つなどの理由で、変異型の遺伝子産物の働きが優性になること。特に、変異型と正常型の遺伝子産物が複合体を形成する場合に起こりうる。ドミナントネガティブの性質を用いて、正常遺伝子にノックアウト、ノックダウンなどの操作を加えることなく、その機能を失わせる実験が行われる例もある。

ドブ川【ドブがわ】どぶ川

主に都市部において、下水が流れる溝渠を意味して用いられる語。澄んだ水が流れていたり、開放的な雰囲気のものがドブ川とよばれることは少なく、工業排水や生活用水などで汚れ、悪臭を発するものを指して用いられることが多い。しかし、必ずしも高度に汚染された川を指すわけではなく、釣りや水遊びをする近所の川がドブ川とよばれる例もある。

ドッチファイル

パイプ式の綴じ具が付属したファイルのことで、ビジネス文具メーカー、株式会社キングジムの登録商標である。「左右どちらからでも開閉できる」ということから名づけられた。また、このタイプのファイルを総称して「パイプ式ファイル」と言うこともある。

トゲナシトゲアリトゲトゲ

「トゲアリトゲナシトゲトゲ」の誤りか、あるいは「トゲアリトゲナシトゲトゲ」や「トゲナシトゲトゲ」などの名前から連想された、架空の昆虫名。トゲアリトゲナシトゲトゲとはハムシの一種とされ、面白い名前の虫として言及されることが多いが、実在しない昆虫だという説もある。

ドグダミ

「ドクダミ」の誤り。ドクダミとは、薬用、飲用、食用などにされることもある、ドクダミ科の多年草のこと。

ドカ盛り【ドカもり】

「大盛り」よりもさらに量が多い料理などを指して用いられる語。同じ意味で用いられる語に、「デカ盛り」や「メガ盛り」などがある。

咎落ち【とがおち】

星野桂の漫画『D.Gray-man』における用語で、エクソシストとイノセンスの適合度が低かったり、適合者が仲間を裏切って命乞いをするなど、イノセンスの意思に反する行動をとったりしたなどの理由で、イノセンスが暴走する現象を意味する語。咎落ちが起こった場合、エクソシストは24時間以内にイノセンスに取り込まれて死亡するとされる。

トールサイズ「tall size」

(1)特に女性の服で、背の高い人に合わせて、手足の部分などの寸法を長くした服を意味する語。身長170cm以上の人を対象とした服がトールサイズとよばれる例が多い。
(2)コーヒーチェーン店「スターバックス」におけるコーヒーなどのサイズ分類の一つで、「ショート」と「グランデ」の中間に位置するサイズのこと。一般的なファストフード店における「Mサイズ」に相当する。

トーマン「toman」

東南アジアを中心に分布する、スズキ目タイワンドジョウ科のカンナ・メラノプテラ(Channa melanoptera)またはその近縁種のこと。ライギョ(雷魚)と総称される魚の一種である。カムルチーやタイワンドジョウなど、他のタイワンドジョウ属(Channa)の種とともに、釣りのターゲットとされる。熱帯魚として飼育される例もある。

トーテムアニマル

その人それぞれが持っており、生涯にわたってその人を守護してくれるとされる動物を意味して用いられる語。主にスピリチュアルや占いの文脈で用いられることが多い。パワーアニマルなどと言われることもある。ネイティブ・アメリカンの伝承にルーツがあるとされ、必ずしも実在の動物ではなく、ユニコーンなどの架空の動物である場合もある。

トータルヘルスケア「total health care」

主に、肉体的な健康と精神的な健康の双方を対象として患者の治療を行うことを指して用いられている語。また、病院などが疾病の予防から回復後のケアに至る、全ての段階に対応することを指して用いられる場合もある。

トータルソリューション「total solution」

IT分野において、クライアント企業の抱える個々の問題を解決するだけでなく、その企業のシステム全体を対象として、総合的に問題を解決するサービスという意味で用いられている語。