スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 24, 2013の投稿を表示しています

サラリーマン川柳【サラリーマンせんりゅう】

第一生命が企画している川柳のコンクールの名称。サラリーマンだけでなく、主婦や学生など誰でも参加できる。季語などの制約がなく、日々の思いを自由に川柳にできることから、世相を反映した川柳が詠まれることが多い。

関連サイト:
サラリーマン川柳 - 第一生命

練習台【れんしゅうだい】

(1)主にビリヤードや卓球などを練習するために用いる、テーブルや台座を意味する表現。
(2)ある人が練習を行う際に、使用する練習相手を意味する表現。

例年どうり

「例年通り」「例年どおり」の誤り。「例年通り」とは、いつもどおり、または前年と変わらずといった意味の表現。

旅箪笥【たびだんす】

茶道の道具の一つで、茶道に必要な道具を収納する携帯用の箪笥を意味する語。内部には木製の棚が備え付けられている。豊臣秀吉が小田原の陣の際に考案したものとされる。「利休箪笥」とも言う。

慮囚

「虜囚」の誤り。「虜囚」とは、他者に捕らえられた人、あるいは囚人などを意味する語。

琉球菓子【りゅうきゅうがし】

琉球王国で作られていた菓子を意味する語。琉球王朝時代に、中国から入ってきた菓子に日本本土の技術を取り入れて独特の菓子を作り上げた。現在の沖縄県には、琉球王朝時代から続く菓子があり、代表的なものとしては「ちんすこう」がある。

流浪人剣心

漫画「るろうに剣心」の漢字表記。「流浪人」が「るろうに」と読まれる。「るろうに」の語は漫画原作者の和月伸宏による造語で、「放浪する人」といった意味であるという。

流体力【りゅうたいりょく】

空気や水などの流れによって引き起こされる力、あるいはそれらの流体が持っている力などを意味する語。

なお 「流体力学」という場合は「りゅうたいりきがく」と読む。

カンセンジャー

山陽新幹線の公式キャラクターの名称。500系新幹線がモデルである。新幹線の乗車マナーの向上を訴えるために多くのイベントに登場する。

ノルティ「NOLTY」

1949年に株式会社日本能率協会マネジメントセンターによって誕生した「能率手帳」の新名称、またはブランド名。ビジネスパーソンを中心に使用されてきた手帳である。

関連サイト:
能率手帳はNOLTY(ノルティ)へ - 株式会社日本能率協会マネジメントセンター

多重渦【たじゅうか】

いくつかの渦が同時にまとまって発生すること、またその状態などを意味する語。主に「多重渦竜巻」という形で用いられることが多い。

不世出【ふせいしゅつ】

世に出ない優れた人物を形容する語。

元々は、世に並ぶ者はなかろうと思われるほど優れた人物を形容する表現である。これほど優れた人物はめったにいない、あるいは、世に現れたためしがないほどである、という意味であり、「絶世の」「後にも先にもいない」などの表現の類義語と言える。

最近では、世に認められることがなかった、不遇に終わった、といった意味で「不世出の天才」のような表現が用いられている例も見られる。

ちなみに、「世に出る」という表現は、生まれることも、世間に認められることも、両方とも意味しうる。