スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 7, 2013の投稿を表示しています

保護衣【ほごい】

危険な環境や物質などから身を守るために、主に現場の作業員などが着用する特殊な服を意味する表現。

保健医【ほけんい】

学校やその他教育施設などの保健室に常駐する職員を意味する表現。正式には「養護教諭」と呼び、医師免許は所持していない場合がほとんどである。

アトランティス「Atlantis」

プラトンが自身の著書に記述した大きい島と、そこに繁栄した国を意味する表現。太古の昔に海の底に沈んだとされる伝説の大陸で、小説やテレビ、あるいはゲームなどに大きな影響を与えている。

片手間【かたてま】

本職や主たる業務の合間を意味する語。本業の合間にする仕事という意味から、簡単な仕事という意味でも用いられることがある。

分水領

「分水嶺」の誤り。「分水嶺」とは、河川を流れる水が異なる水系に分かれる箇所を意味する表現。転じて、物事の方向が変わりうる局面を指して用いられる語。

壁の花【かべのはな】

パーティーや舞踏会などの会場で、壁際に立っている女性のことを意味する表現。転じて、人気のない女性やただその場にいるだけで、消極的な女性を指す場合に用いられる表現。

閉栓【へいせん】

栓を閉めること。主に住居の移転などに伴い、その物件のガスや水道などを止めることを意味する表現。

平和ボケ【へいわボケ】平和ぼけ

戦争や安全保障に関する自国を取り巻く現状や世界情勢を正確に把握しようとせず、争いごとなく平和な日常が続くという幻想を抱くこと、あるいは自分を取り巻く環境は平和だと思い込み、周りの実情に目を向けようとしないことなどを意味する表現。主に安全保障などに無関心である日本国民に向け、皮肉を込めて用いられることが多い。

文責在記者【ぶんせきざいきしゃ】

その文章の責任を負う人を意味する表現。主に新聞や雑誌などで、その文章を書いた人を明確にし、それに関係する責任の所在を明らかにするために用いられることが多い。

文科会

「分科会」の誤り。「分科会」とは、大きな会議やそれに関連する議題が多岐にわたる場合に、それぞれの専門分野に別れて調査や検討が行われる会議を意味する表現。

笑いの渦【わらいのうず】

その場にいる人々が大笑いしたさまを意味する語。人々を大笑いさせることを、「笑いの渦に巻き込む」ともいう。似た表現に、「爆笑の渦」という表現もある。

昇華転写【しょうかてんしゃ】

プリンターによる印刷方式の一種で、昇華と転写の2段階で印刷を実現するものを意味する語。まず、インクジェットプリンタで専用のインクを左右反転の状態で紙に印刷する。さらに、印刷した紙を布に当て、 インクを気化(昇華)させて布の繊維を染める。

尚可条件

求人票において、募集している職に必須ではないが、満たしていれば「尚可し(なおよし)」とされている任意条件を意味する語。一般にこの条件を満たせば選考の際に有利になり、「歓迎」されると明記されている場合もある。

少数政党【しょうすうせいとう】

議席の少ない政党を意味する語。特にアメリカや日本のような二大政党制では、多くの場合、大政党以外の政党を言う。日本においては、少数政党のうち国会議員が5人未満の政党は、特にミニ政党とよばれることもある。アメリカでは少数政党を第3党 (Third Party) ともいうが、日本での用法とは異なっている。

少子高齢社会【しょうしこうれいしゃかい】

15歳以下の年少人口の割合が低く、65歳以上の老年人口の割合が高い社会を意味する語。内閣府が作成する『平成16年版 少子化社会白書』では、日本は21世紀に少子高齢社会を迎えたと述べられている。また、同白書の中で、「少子社会」は、「合計特殊出生率が人口置き換え水準をはるかに下まわり、かつ、子供の数が高齢者人口(65歳以上人口)よりも少なくなった社会」と定義されている。「高齢社会」の定義は、一般に「高齢化率が14%以上の社会」とされる。

関連サイト:
平成16年版 少子化社会白書(全体版) -  内閣府
人口構造・定義・統計調査の基礎概念及び分析方法について -  東京都総務局

小胞形成 【しょうほうけいせい】

細胞の内部において、細胞内構造の一種である小胞がつくられることを意味する語。小胞は、ゴルジ体や小胞体などの細胞小器官で形成される。その形成過程にはクラスリンに代表される複数のタンパク質が関与している。

小半刻

時刻の単位の一つで、一刻の四分の一を表す語。江戸時代には広く用いられていた。半刻の二分の一。現在の約30分にあたる。

小都市【しょうとし】

(1)小規模な都市のこと。
(2)総務省が地方自治法に基づいて定義している「都市」のうち、人口が10万人未満の市を意味する語。ここでの「都市」とは、大都市、中核市及び特例市以外の市を言う。ちなみに、人口10万人以上の市は「中都市」といい、人口が10万人未満の町や村は「町村」という。

関連サイト:
用語の説明|平成18年版 地方財政白書 - 総務省

小銭入れ【こぜにいれ】

(1)財布の中で、硬貨を収納する部分を意味する語。
(2)(1)が1つの財布として独立し、硬貨の収納に特化した機能を持ったものを意味する語。コインケースとも言う。