2013年4月30日火曜日

赴任地【ふにんち】

仕事をするために派遣された場所を意味する表現。

腐ったみかん【くさったみかん】腐ったミカン

(1)腐敗して食べられないみかんを意味する表現。
(2)1980年から1981年にかけて放送された、ドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで教師役の武田鉄矢が不良少年の悪影響を例えて言った言葉。箱の中に一つの腐ったミカンがあると、他のみかんにも腐敗が広まることから、一人の不良少年がクラス全体に悪影響を与えることを表現したもの。「腐ったみかんの方程式」ともいう。

敷設工事【ふせつこうじ】布設工事

広範囲、または長距離にわたって設備を備える工事を意味する表現。鉄道や電気・水道、道路といったインフラの設置を指すことが多い。

富衍

「敷衍」の変換誤り。「敷衍」とは意味などをおしひろげて分かりやすく説明することなどを意味する表現。

富裕国【ふゆうこく】

経済力、環境、治安、インフラなど様々な要素から、総合的に裕福だと判断される国家を意味する表現。

付近に【ふきんに】

そのすぐそばに、近い場所に、といった意味の表現。

付け焼刃【つけやきば】付焼刃,付け焼き刃,付焼き刃

一見切れそうに見えるが、実際は切れない刀を意味する表現。切れ味の悪い刀に、鋼の焼き刀をつけたことに由来する。転じて、その場しのぎのために、一時的に知識などを覚えることを意味する語として用いられる。

不逞者【ふていしゃ】

好き勝手行動する人、またはルールや道徳などに従わない人などを意味する表現。

付き添い人【つきそいびと・つきそいにん】付添い人,付添人

その人に同行する人、またはその人の世話をする人などを意味する表現。

不連携【ふれんけい】

(1)関係者間の結びつきがなく、協力関係が希薄であることを意味する表現。
(2)両者の連携が良くないことを意味する表現。

不慮の事故【ふりょのじこ】

思いがけない出来事、予測不可能で急に起こった事故などを意味する表現。主に外的な要因によって引き起こされた事故を指すことが多い。

不要な板【ふようないた】

必要のない板を意味する表現。主に板材やインターネットの掲示板などを指して用いられる語。

不毛の地【ふもうのち】

(1)植物の育たない場所を意味する表現。
(2)ある物事に乏しい場所、または何の希望もないような地域などを意味する表現。

不明を恥じる【ふめいをはじる】

物事を見極める能力や資質がないことを、恥じることを意味する表現。「おのれの不明を恥じる」といった形で用いることが多い。

不満者率【ふまんしゃりつ】

その事柄について、全体のうち満足できていない人の割合を意味する表現。

不勉強【ふべんきょう】

(1)勉強が足りないさま、あるいは勉学に励むべきだと反省するさまなどを意味する表現。
(2)勉学が嫌いで努力しないこと、またそのさまなどを意味する表現。

不敏【ふびん】

(1)敏捷性に欠けること、またそのさまなどを意味する表現。
(2)頭の回転が遅いことや才能がないことなどをへりくだって言う場合に用いる語。

不備確認【ふびかくにん】

足りないものや項目などがあるかどうか確かめること、あるいは既に欠けているものをしっかりと認識することなどを意味する語。

不動状態【ふどうじょうたい】

全く動かない物事の様子、動く気配の感じられないさまなどを意味する表現。

不動産資格【ふどうさんしかく】

不動産の販売や管理などの際に必要な資格、また所持していると不動産の取り扱いで有利に働くような資格などを意味する表現。

不動関節【ふどうかんせつ】

骨と骨が連結する部分のうち、動かないものを意味する表現。

不適正【ふてきせい】

適当でないこと、またはある条件に合わないことなどを意味する表現。

不祥時

「不祥事」の誤り。「不祥事」とはある人々や組織などにとって好ましくない事柄や事件などを意味する表現。

不時の出来事【ふじのできごと】

思いもよらないときに起こる事柄、あるいは突然勃発する事件などを意味する表現。

不似合【ふにあい】不似合い

似合っていないこと、うまく調和していないこと、またそのさまなどを意味する表現。

不潔行動【ふけつこうどう】

清潔さに欠けており、品がないしぐさやふるまいなどを意味する表現。

不遇の【ふぐうの】

実力や才能はあるが運に恵まれず、他者や世間一般に認められないさま、あるいは表に出ることなく苦難のときを過ごすさまなどを意味する表現。

不具合流出【ふぐあいりゅうしゅつ】

調子が悪い部分、あるいは不完全である部分などが、外部に出て影響を与えることを意味する表現。

無遠慮【ぶえんりょ】不遠慮

遠慮せずに図々しく振舞うさま、または失礼で常識がないさまなどを意味する表現。

不運に見舞われる【ふうんにみまわれる】

悪い結果に巻き込まれること、あるいは運が悪いことなどを意味する表現。

品質評価【ひんしつひょうか】

物の良し悪しやその程度などについて、価値判断を行うことを意味する表現。

苗字ランキング【みょうじランキング】名字ランキング

姓に関する順位付けを意味する表現。

豹変ぶり【ひょうへんぶり】

大きな様変わり、または急激に変化する様子などを意味する表現。

表決権【ひょうけつけん】

賛否などについて、意思表示をする権利、あるいは表決に加わる権利を意味する表現。

氷人【ひょうじん】

「月下氷人」の略。縁結びの神を意味する表現。現在では、男女の関係がうまくいくように仲立ちする人を指して用いられる場合もある。

氷穴【ひょうけつ】

火山の噴火活動で流出した溶岩によって形成された洞窟を意味する表現。溶岩が冷えて固まってできたため内部は気温が低く、氷の貯蔵にも利用される。

関連サイト:
青木ヶ原樹海で洞窟探検ができる鳴沢氷穴

氷崖【ひょうがい】

氷が固まってできた崖、または氷で覆われた崖などを意味する表現。

標準時子午線【ひょうじゅんじしごせん】

その国や地域における標準時刻を定めるための線を意味する表現。日本では東経135度の経線が基準である。

標準区間【ひょうじゅんくかん】

おおよその目印となる区間を意味する表現。

百名山【ひゃくめいざん】

山の品格、歴史、または特徴などから選ばれた100座の代表的な山を意味する表現。有名なものに深田久弥が選定した「日本百名山」がある。他にも各県が定めた百名山もある。

百舌の速贄【もずのはやにえ】百舌の早贄

百舌の習性の一つで、捕ったえさを木の枝に突き刺しておく習性を意味する表現。えさは食べられずに置き去りにされることがある。転じて、忘れやすい物事を指して用いられる場合もある。

紐がゆるむ【ひもがゆるむ】ひもが緩む,紐が緩む

自制が効かないこと、または普段に比べて開放的であるさまなどを意味する表現。主に「財布の紐が緩む」といった形で用いられ、必要以上にお金を使うことを指して用いられる。

筆頭格【ひっとうかく】

そのグループにおける代表クラスの人、または屈指の能力を持っている人などを意味する表現。

必要とあらば【ひつようとあらば】

それが必要である場合に応じて、あるいはそれがどうしてもなければならない場合は、といった意味の表現。「必要とあれば」ともいう。

必聴【ひっちょう】

必ず聴いておくべきもの、あるいはこれを聴かずして、物事を語ることはできないといった作品などを意味する表現。一般的に音楽に対して用いられることが多い。

膝を突き合わせて【ひざをつきあわせて】膝をつき合わせて,膝をつき合せて,膝をつきあわせて

お互いの膝があたるほど近くに座るさま、あるいは非常に親しいさまなどを意味する表現。

鼻の下を伸ばす【はなのしたをのばす】鼻の下をのばす

鼻の下を長くすることを意味する表現。主に、好みの女性に対して顔が緩む男性を指して用いられる表現。また、女性に対して甘いことなども意味する。

美人病【びじんびょう】

「顎関節症」の俗称。主に20代から30代の女性に多く見られる症状で、上顎に比べ下顎が小さく、細い顔の人に多い症状である。

微差【びさ】

非常に僅かな差、あるいは細かな違いなどを意味する表現。

被請求人【ひせいきゅうにん】

他者から、ある行為や金銭などを要求される人を意味する表現。

被評定者【ひひょうていしゃ】

実力や成果などの価値判断を他者から受ける人を意味する表現。

辞めさせる【やめさせる】罷めさせる

その人に圧力をかけて、現在の職務や地位などから下ろすことを意味する表現。

秘密性【ひみつせい】

外部に知られてはいけない性質、または秘密にしておくべき要素などを意味する表現。

歌い上げる【うたいあげる】歌いあげる,謳い上げる,謳いあげる

(1)歌や文章などに自分の感情をうまく表現することを意味する表現。
(2)主に商品やサービスなどを熱心に宣伝することを意味する表現。

謗り言【そしりごと】

相手に不快感を与えるような誹謗、あるいは非常に失礼な悪口などを意味する表現。

長距離電送【ちょうきょりでんそう】

(1)遠く離れた2地点の間で電気の送電を行うことを意味する表現。
(2)「長距離伝送」の誤り。「長距離伝送」とはデータなどを遠くに送信することを意味する語。

調和させる【ちょうわさせる】

複数の要素を人為的にうまくつり合うように調整すること、あるいは安定した状態をもたらすことなどを意味する表現。

調理酒【ちょうりしゅ】

料理をする場合に用いる酒を意味する表現。「料理酒」ともいう。

調査法【ちょうさほう】

ある物事を調べるときのやり方や決まりなどを意味する表現。

調査依頼事項【ちょうさいらいじこう】

調べてほしいと要請を受けた項目や内容などを意味する表現。