スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月 19, 2013の投稿を表示しています

三大集【さんだいしゅう】

昔の偉大な三つの歌集を括る呼び名で、「万葉集」「新古今和歌集」「古今和歌集」の総称。
なお、「古今和歌集」(こきんわかしゅう)、「後撰和歌集」(ごせんわかしゅう)、「拾遺和歌集」(しゅういわかしゅう)を括った呼び名を「三代集」と言う。

三代集【さんだいしゅう】

平安時代の三つの勅撰和歌集を括る呼び名で、「古今和歌集」(こきんわかしゅう)、「後撰和歌集」(ごせんわかしゅう)、「拾遺和歌集」(しゅういわかしゅう)の総称。
なお、「万葉集」「新古今和歌集」「古今和歌集」を括った呼び名を「三大集」と言う。

四十にして迷わず【しじゅうにしてまよわず】

人は四十歳にもなれば、自分の生き方や何やかやについて徒に迷うことはなくなるものだという意味の表現。 孔子の説と認識される場合が多いが、『論語』で説かれているのは「四十にして迷わず」ではなく「四十にして惑わず」(四十而不惑)である。

散々【さんざん】散散 

(1)物事の事態などが非常に悪いさまを意味する語。「散々な結果になる」などのように用いる。
(2)物事が粉々に砕け散っているさまを意味する語。