スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月 9, 2013の投稿を表示しています

陳情者【ちんじょうしゃ】

ある物事の関係者にその経緯や実情を説明し、対応を迫る人。「ロビイスト」とも言う。主に関係省庁や政治家に対して行うことが多い。

賃金調査【ちんぎんちょうさ】

労働者の給料を調べることを意味する表現。そのうち厚生労働省によって行われるものを「賃金構造基本統計調査」と言う。

厚生労働省によると、賃金構造基本統計調査とは主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数及び経験年数別に明らかにすることを目的として、毎年6月(一部は前年1年間)の状況を調べるものである。

関連サイト:
賃金構造基本統計調査のページ - 厚生労働省

調理士

食材を料理して人々に提供する人、調理する人。国家資格である「調理師」は「士」ではなく「師」の字を用いる。

鳥帽子

「烏帽子」(えぼし)の誤記。ただししばしば「鳥帽子」の意味で「烏帽子」の表記が使用されている例がある。

烏帽子は、礼服として和服を着用する場合に被られた帽子のこと。主に平安時代頃から使用され、黒く縦に細長い形をしていることが多い。男性が着用するもの。

サッチャリズム「Thatcherism」

1979年から1990年にかけて、イギリスの政治家マーガレット・サッチャーによって行われた一連の経済政策の通称。主に規制緩和や国営企業の民営化などを推し進め、それまで主流であった「大きな政府」から「小さな政府」への転換を図った。

大きな政府【おおきなせいふ】

政府が民間の経済活動に積極的に介入し、福祉の充実や公共事業の増加、あるいは所得格差是正などを目指すことで、国民生活の安定化を図る考え方や方針などを意味する表現。政府の財政支出が増大するため、国民の負担は大きくなるが、同時に政府からの保障は拡大するとされている。

小さな政府【ちいさなせいふ】

経済政策などの政府の市場への介入を最小限にし、市場原理に任せて自由な競争を促進する考え方や方針などを意味する表現。経済活動が民間に依拠するため、個人の責任が大きくなり、社会における格差が生じやすい。国民にとって税金などの負担は少ないが、同時に福祉や公共サービスの質などが低下するとされている。