スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月 2, 2013の投稿を表示しています

波浪警報【はろうけいほう】

強風で生じた波やうねりなどによって非常に大きな災害が起きる可能性があることを警告するもの。

気象庁によると、波浪警報は、風浪、うねりなどによって、重大な災害の起こるおそれのある旨を警告して行う予報と定義されている。

関連サイト:
警報、注意報、気象情報 - 気象庁

波浪注意【はろうちゅうい】

強風によって引き起こされた波やうねりなどに気をつけること、またはそれらによって災害がおこる可能性がある場合に出される注意報を意味する表現。

気象庁によると、波浪注意報は風浪、うねりなどによって、災害が起こるおそれがある場合にその旨を注意して行う予報と定義している。

関連サイト:
警報、注意報、気象情報 - 気象庁

国際競争力【こくさいきょうそうりょく】

国家や企業などの主体が国際的な市場において、他の主体と比べてどれほどの財とサービスのシェアを拡大できるかという力を意味する表現。一般的に国家についてはその国がどれくらい財とサービスを生み出せる環境にあるかという力を指す場合が多い。

年配の【ねんぱいの】

(1)年齢が高いこと、またそのさまを意味する表現。主に中年以上の人に対して用いる。
(2)おおよその年齢、またその人の年齢の程などを意味する表現。

年期の入った,年期のはいった

一般的には「年季の入った」と書く。「年季の入った」とは、物が良く使い込まれているさま、あるいは非常に腕が熟練しているさまなどを意味する表現。

難病患者【なんびょうかんじゃ】

症例数が少なかったり、原因不明であったりする病、あるいは治療方法が確立していない病にかかった人を意味する表現。

公益財団法人難病情報センターによると、「難病」は医学的に明確に定義されているものではない。「難病」とはいわゆる「不治の病」に対して社会通念として用いられてきた言葉で、その時代における医療技術や社会状況に依拠するとしている。

関連サイト:
難病対策の概要 - 難病センター

二度見【にどみ】

一度見ただけでは理解し難い、またはうまく確認ができないものなどをもう一度見ることを意味する表現。主に「思わず二度見する」などの形で用いられ、普段見慣れないものや美しい人などに対して用いられる表現。

晒す【さらす】曝す

日の光に当てること、人目に触れるようにすることなどを意味する語。
転じて、ネット上において他人のメールアドレスなどの個人情報を無断で掲載したりすることなどを指す場合もある。

雑事【ざつじ】

目的とする仕事とは別に行われる事務などを意味する語。「雑事に追われる」などのように用いる。


特攻隊長【とっこうたいちょう】

主に第二次世界大戦時に結成された特別攻撃隊の隊長を意味する表現。転じて暴走族やその他グループなどにおいて、最初に相手のところに乗り込む人を指す場合にも用いられる表現。