スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 26, 2013の投稿を表示しています

感心しない【かんしんしない】

字義通りには「殊更に素晴らしいことだとは思わない」という意味であるが、多くの場合、遠回しに相手の振る舞いを批判・非難する意味合いで用いられる言い回し。

感心を持つ

一般的には「関心を持つ」の誤記。「関心」は対象を気にかけることを指す語であり、「感心」は物事に心を動かされることを指す語。

黙ってる【だまってる】

「黙っている」を短縮した言い方で、一言も発せずに静かにしている様子を指す表現。何も発言しないことの他に、態度や意向を表明しない、黙認するといった事を指す場合も多い。

帰宅部【きたくぶ】

部活動に参加せず、放課後はまっすぐ帰宅する生徒を指す語。帰宅を部活動と同様の放課後活動になぞらえた表現。特に教室に残っていたり寄り道したりしない者を指すことが多い。

某【なにがし】何某

(1)数量が少ないことを意味する語。
(2)不明瞭な物事や人などを示す際に用いる指示代名詞。どこそこ、だれそれ、などを意味する。 (3)自分を卑下する際に用いる代名詞。

下寿【かじゅ・げじゅ】

長寿を年代または年齢に応じて3つに区分する「三寿」のうち、最も若い(年齢の低い)年代を指す語。
三寿は「上寿」「中寿」および「下寿」から構成される。一般的には、「上寿」は100歳以上を、「中寿」は80歳から100歳までの年齢を、「下寿」は60歳から80歳までの年齢を指すとされる。

皆勤【かいきん】

学校や会社などにおいて、定められた期間内の休日以外に、一度も欠席や欠勤をしなかったことを指す語。

外交儀礼【がいこうぎれい】

国際的かつ厳粛な場において必要とされる手順に関して明記されている諸案、あるいは、そのような場における慣習やしきたりを元に形成される礼式などを意味する語。

悔恨【かいこん】

過去の言動に関して後悔したり反省したりすることを意味する語。「悔恨の念にかられる」などのように用いる。

難儀【なんぎ】

行うことが困難なことや苦悩の状態などを意味する語。「山道を歩くのに難儀する」などのように用いる。

帰鹿

鹿児島出身者が故郷の鹿児島に帰ることを指す語。

ノンリコース「nonrecourse」

償還・償還請求を行わないこと。主に「ノンリコースローン」「ノンリコース融資」などの語で用いられ、債権返済時に原資以外を債権の取り立て時の対象としない方式を指す。「非遡及」などと和訳される。