スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 25, 2013の投稿を表示しています

感謝の言葉もない【かんしゃのことばもない】感謝の言葉も無い,感謝のことばもない

(1)感謝の度合いが深すぎてうまく言い表せる言葉が見つからない、言葉で表現できないほど深く感謝している、あるいは、感謝のあまりに言葉もない、といった意味の表現。「なんとお礼を申し上げてよいやら」などの言い回しと共に用いられることが多い。
(2)親切や厚意に対して謝意を示すのが当然と思われる場面で、感謝の言葉の一つすら発しない様子、礼すら言わない様子などを意味する表現。

感謝に耐えない

「感謝に堪えない」の誤記。「耐えない」および「絶えない」はしばしば「堪えない」の表記と混同される。

「堪えない」は「抑えがたい」といった意味合いを持ち、「感謝に堪えない」は感謝の念が抑えがたく沸き上がってくる心境を形容する表現であると言える。

感謝に絶えない

「感謝に堪えない」の誤記。

「堪えない」は沸き起こる感情などを抑えることができないさま、心底から感情が溢れ出すさまなどを意味する表現で、「心の底から感謝している」という意味合いで用いられる言い回し。

虫のよい【むしのよい】虫の良い

(1)「虫のよい話」などの形で用いられ、自身にとって都合のいいことばかりであることを意味する表現。「虫がいい」あるいは「虫のいい」ともいう。
(2)調子に乗っていて、身勝手なさまを意味する表現。

感謝しきり【かんしゃしきり】

ありがたいという思いを繰り返し感じること、幾度も感謝することなどを意味する表現。頻りに感謝すること。「感謝することしきり」などのようにも言う。

感じる【かんじる】

(1)感覚器官の刺激を通して情報を得ること、知覚することを意味する語。「痛みを感じる」などのようにいう。
(2)感情を抱くことを意味する語。「屈辱を感じる」などのようにいう。
(3)理屈よりもむしろ感性・感受性を通じて判断することなどを意味する語。「春の到来を感じる」などのように用いられる。
(4)性的刺激・官能的刺激を受けて快感を得ている様子を意味する語。

中央部【ちゅうおうぶ】

(1)あるものの真ん中の位置、中心の部分を意味する表現。
(2)ある組織や団体において中心的な役割を担う部署や部門、あるいは人などを意味する表現。

着地点【ちゃくちてん】

(1)飛行機や気球などが地表に降りる場所を意味する語。
(2)議論や交渉において、両者が納得する落としどころを意味する語。
(3)スポーツにおいて、跳躍をした選手が地面に着地する点を意味する語。主に体操競技などで用いられる表現。

産学官連携【さんがくかんれんけい】

民間企業と、大学などの研究機関、および政府や自治体が互いに協力し、連携しあって事業や研究活動を推進することを指す語。産業界・学校・官庁の三者による連携。「官民学一体」と表現することもある。研究機関と企業の二者が連携することは同じく「産学連携」という。

首イボ【くびイボ】首いぼ,首疣

首まわりに集中的に発生するイボの通称。老人性イボの一種で加齢と共にできやすくなるとされる。基本的には良性腫瘍であり、放置しても健康上の問題が生じるケースは稀とされる。

官能【かんのう】

感覚器官が機能すること、目・鼻・耳・舌・皮膚などの感官が刺激を受け取ることを指す語。とりわけ性的な刺激、性的快感を指すことが多い。

手彫り【てぼり】

動力を用いる彫刻機などの大掛かりな機械を使用せずに、もっぱらノミや小刀などの道具を使用して彫ることを指す語。

秩序を乱す【ちつじょをみだす】

(1)整然としていた規律や順序などを崩すこと、また混乱させることを意味する表現。
(2)ある社会においてそれぞれの主体が調和している状態を撹乱することを意味する表現。

恥辱【ちじょく】

(1)恥ずかしい思いをすること、またそのさまを意味する表現。 (2)不名誉であること、またそのさまを意味する表現。

地盤固め【じばんがため】

(1)ある活動をするために勢力を広げ、確かなものにしておくこと、あるいは活動の基盤となる地域に根回しをすることなどを意味する表現。
(2)建物を建てるための土台を作ることを意味する表現。

手仕上げ【てしあげ】

加工品の仕上げの工程を機械ではなく手作業で行うことを指す語。印鑑の製造においては、手彫りでなく印鑑彫刻機を使用して荒彫りした印鑑を、手作業によってヤスリがけしたり彫りの足りない部分を更に彫ったりして調整することを指す。

担っている【になっている】

(1)ある物事に関して部分的あるいは全体的な役割や責任などを持っていること、またそのさまを意味する語。
(2)中心となって活躍すること、音頭を取ることなどを意味する表現。

単純労働者【たんじゅんろうどうしゃ】

専門的な知識や特別な技能などを必要とせず、誰にでもできる労働に従事する者を意味する表現。

厚生労働省によると、主に外国から日本へ入国した者が単純労働に従事する場合が多く、1980年代後半から90年代前半にかけ、経済、社会の国際化が進展するに従って、国際社会における日本の役割が増大し、日本に入国、在留し就労する外国人の数が著しく増加したとしている。一方、バブル経済による好景気の下で企業の人手不足や円高による出稼ぎメリットの拡大などを背景として単純労働分野に大量の不法就労外国人が就労していたともしている。

関連サイト:
外国人労働者の雇用管理のあり方に関する研究会報告書 - 厚生労働省

誰にも【だれにも】

「誰にも言わない」といった形で、特定の人に限定せずどんな人にも、あるいは全ての人に対して、という意味の表現。

卓を囲む【たくをかこむ】

数人で机のまわりにつくこと、机を囲むように座ることなどを意味する表現。主に麻雀をするために数人で麻雀卓を囲むこと、または食事の際に机を囲むように席に着くさまなどを表す場合に用いられる。

大方の【おおかたの】大かたの

(1)全体のうちの大部分を意味する表現。
(2)ある社会において一般的であること、またそのさまを意味する表現。
(3)考えや推測などにかなりの確信を持つさま、または多くの人が予想していた通りであるさまなどを意味する表現。

大得意【だいとくい】

(1)ある物事をするのが非常にうまいこと、またはそれに関して大きな自信があるということなどを意味する表現。
(2)「大得意さま」のように用いられ、「お得意さま」よりもさらに頻繁に来店する常連客、またはより繋がりの深い顧客などを意味する表現。