2013年3月7日木曜日

編集部【へんしゅうぶ】

ある組織において編集に関する業務を担当している部門を指す語。

編集アシスタント【へんしゅうアシスタント】

編集業務に従事している人を補佐する者、また編集作業を実際に行うことで手助けする人を表す語。

複製品【ふくせいひん】

原物を模倣して作った品物を意味する語。

返却日【へんきゃくび】

一時的に借りていた物品を元の所有者に返す日、あるいはその期日を意味する語。

物価高騰【ぶっかこうとう】

物やサービスなどの値段が大幅に上昇すること、物価が高騰することを意味する表現。

包装用テープ【ほうそうようテープ】

包装に用いるテープを意味する語。物品を包むときに用いられる。

服屋【ふくや】

衣服を売っている店や場所を表す語。

副幹事【ふくかんじ】

(1)組織や団体、また催し物などにおける代表者に次ぐ人、あるいは中心的に物事を行う人を補佐する者。
(2)副幹事会社の略称。

部会長【ぶかいちょう】

部会のリーダーや代表者、ある組織の部門のかしらを意味する表現。

普通例【ふつうれい】

特別なこともなく標準的である事例、一般的な例を意味する表現。

不可侵領域【ふかしんりょういき】

侵入することができない、あるいは侵入してはいけない場所や分野などを意味する表現。

必要以上【ひつよういじょう】

量や数あるいは質などが求められている基準よりも多いこと、また高いことを意味する表現。

飛行高度【ひこうこうど】

航空機や気球などが飛行しているときの地面からの高さを意味する語。

避難道路【ひなんどうろ】

避難するために行政が定めた安全かつ効率的だとされている道のこと。一般的に火災や地震など緊急時に、各自の所在地から特定の広域避難場所まで向かうために行政が指定した道を表す語。

広域避難場所までの移動距離が3㎞以上ある場合に指定するもの。

関連サイト:
朝潮運河周辺における良好な歩行環境の実現に向けた検討会における質問の回答等について - 東京都中央区ホームページ

貪欲者【どんよくしゃ・たんよくしゃ・とんよくしゃ】

(1)欲が深い人のこと、一般的に物事や知識を必要以上に得ようとする人を意味する語。
(2)株式会社フロム・ソフトウェア(FromSoftware, Inc.)のゲーム『DARK SOUL』に登場するキャラクターのこと。

諧謔的【かいぎゃくてき】

物事や言動などに笑いを誘うようなユーモアがあることを意味する表現。

諧謔心【かいぎゃくしん】

笑いを誘うようなユーモアのある気持ちや心情などを意味する語。

些少【さしょう】瑣少

数や量、また程度がごく僅かで少ないことやその様子を意味する語。

労働部門【ろうどうぶもん】

労働に関する物事を扱っている部門、一般的に組織や団体において働くことに関する業務を行う部門を意味する表現。

連絡不行き届き【れんらくふゆきとどき・れんらくふいきとどき】連絡不行届き,連絡不行届

連絡が行き届いていないこと、何らかの原因により情報が隅々まで伝わっていないことを意味する表現。

派遣労働者【はけんろうどうしゃ】

非正規かつ臨時的な身分として雇われ、派遣先で労働に従事する者を意味する語。
一般的に派遣会社に登録し、そこから派遣先の会社へ送られる。

厚生労働省は労働者派遣を「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まない」ものとしている。

関連サイト:
労働者派遣の意義等 - 厚生労働省

典稚

「典雅」の誤記。「典雅」は形式や様式が整っており上品であるさまなどを意味する語。

睾丸摘出【こうがんてきしゅつ】

哺乳類の精巣を取り除くこと、睾丸を摘出することを意味する語。

灌漑水路【かんがいすいろ】

農業用地に水を供給するために作られた通路のこと、灌漑をするための水路を意味する語。

灌漑用【かんがいよう】

農業用地に水を供給するために作られたものやその設備が用意された状態などを意味する語。

扁平な顔【へんぺいなかお】

平たい顔や風貌、のっぺりした顔立ちなどを指して用いられる表現。

惆落

日本語に「惆落」という語は見られないが、中国語で「惆」は、意気消沈することを意味する漢字。あるいは凋落(ちょうらく)の誤記か。

恣意敵【しいてき】

「恣意的」の変換誤り。「恣意的」とは、主観的で自分勝手なさまを意味する表現。行動や考え方に戦略がなく、気ままなことを表す語。

話半分【はなしはんぶん】

話が偽りや誇張によって捩じ曲げられており、事実は話全体の半分ほどであることを意味する表現。

論理矛盾【ろんりむじゅん】

論理が矛盾していること、考え方や意見を確立していく道筋や方法が不整合であることを意味する語。

錬度【れんど】

能力や技などが、どのくらい熟練しているかという度合いを意味する語。一般的に「練度」と表現される。

連盟加入【れんめいかにゅう】

連盟に加入すること。ある目標を達成するため共通の認識を持つように設立された団体や枠組みに、その利害関係者が参加しお互いが結びつくことを意味する語。