2013年2月13日水曜日

馬の鼻先に人参をぶら下げる【うまのはなさきににんじんをぶらさげる】馬の鼻先にニンジンをぶら下げる

馬の鼻面に人参をぶら下げて、馬の食欲をそそる、すると人参好きの馬は人参に食いつこうとして前進する、人参は馬に括りつけられているため馬と共に移動する、馬はなんとか食いつこうとして全力で走る、といったステレオタイプなイメージを表した言い方。

人参が馬の大好物である、人参を前にすると馬は盲目的に走り続ける、といった事柄は、ステレオタイプで多分に漫画的なイメージであり、必ずしも事実と一致しない。

「馬の鼻先に人参をぶら下げる」の表現は、やる気を示さない者に対して褒美をちらつかせることで奮起させる、といったことの喩えとして用いられることも多い。


鼻先に人参【はなさきににんじん】鼻先にニンジン,鼻先ににんじん

「馬の鼻先に人参をぶら下げる」、すなわち、馬の鼻面に人参をぶら下げると馬は人参に食いつこうとして全力で前進するというステレオタイプなイメージを指し示した言い方。転じて、褒美をちらつかせて人を奮起させることの喩えなどにも用いられる。

はなじ

「鼻血」の読み。「鼻」と「血」の組み合わせという構成上、表記は「はなぢ」とするのが正しいとされる。