2013年1月14日月曜日

インサイドブロー

ボクシングの試合で、グローブの内側で相手をパンチすること。反則行為の1つ。

アンダーカード

ボクシングで、メインイベントの前に行われる前座の試合のこと。

インファイター

ボクシングで、相手に接近して戦う選手のこと。

アウトポイント

ボクシングの試合で、審判の判断で勝つこと。判定勝ちのこと。

ウィービング

ボクシングの試合で、相手のパンチを受けないように体を左右に振ること。

インサイドポジション

ボクシングの試合で、相手の両腕よりも内側の位置のこと。または、内側の位置に立つこと。

アウトサイドポジション

ボクシングの試合で、相手の両腕よりも外側の位置のこと。または、外側の位置に立つこと。

エイトカウントシステム

ボクシングの試合で、審判はダウンした選手をカウント8まで数えなければならないというルールのこと。

エルボーイング

ボクシングの試合で、肘で相手の選手を打つこと。反則行為の1つ。

アップライトスタイル

ボクシングの試合で、上体を立てて構えること。

エロ線【エロせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。人差し指と中指の付け根から、薬指と小指の付け根まで半円を描いた線。エロ線の様子によって、いやらしさを占えるとされる。

束縛線【そくばくせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。感情線が手のひらを横切るように長くなった状態を指す。束縛線の様子によって、相手を縛り付けるタイプかどうかを占えるとされる。

子宝線【こだからせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。感情線の小指側のほうにある数本の線のこと。

玉の輿線【たまのこしせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。玉の輿線の様子によって、玉の輿結婚できるかどうかを占えるとされる。

愛人線【あいじんせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。愛人線の様子によって不倫しやすいかどうかを占えるとされる。

モテ線【モテせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。小指の付け根あたりに出現する線。モテ線の様子によってもて具合を占えるとされる。

告白線【こくはくせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。生命線と知能線の間に出現することがある。出現している時には恋愛の告白のチャンスといわれている。

スター線【スターせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。小指の下方、手首に近い方に出現する線。スター線の様子によって人からチヤホヤされる度合を占えるとされる。

アブノーマル線【アブノーマルせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。人差し指と中指の付け根から、中指と薬指の付け根まで半円を描いた線。アブノーマル線の様子によって感情の起伏の強さなどを占えるとされる。

不倫線【ふりんせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。親指と生命線の間にある線。不倫線の様子によって不倫しやすいかどうかを占えるとされる。

あげまん線【あげまんせん】

手相鑑定や手相占いなどで見られる手相の一種。あげまん線は女性にあり、あげまん線の様子によって夫や交際相手の出世を占えるとされる。

相模半白胡瓜【さがみはんじろきゅうり】

キュウリの品種の1つ。上部が緑色で下部が白色をしている。長さは20センチメートル程度で、太さは一般的なキュウリよりも太い。播種の時期は4月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

青大胡瓜【あおだいきゅうり】

キュウリの品種の1つ。太さは6センチメートル以上あり、一般的なキュウリよりも2倍以上太い。播種の時期は5月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

四葉胡瓜【すーよーきゅうり】

キュウリの品種の1つ。長さは25センチメートル以上あり、一般的なキュウリよりも長い。歯切れがよく、漬物などに用いられることが多い。播種の時期は2月から8月頃までで、播種後50日前後で収穫時期を迎える。

赤毛瓜【あかもーうい】

キュウリの品種の1つ。主に沖縄県で収穫される。果皮は黄色だが、熟すと赤色に変化する。太さは7センチメートル以上あり、一般的なキュウリより太い。播種の時期は5月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

新光節成11号【しんこうふしなりじゅういちごう】

キュウリの品種の1つ。節成性で早生な点が特徴。播種の時期は2月から8月頃までと長く、播種後50日前後で収穫時期を迎える。

ラリーノホワイト

キュウリの品種の1つ。「ラリーノ」と同様に長さは10センチメートルで、一般的なキュウリよりも短い。また、イボがないことも特徴の1つ。「ラリーノ」との違いは、果皮がうっすらとした緑色をしていることである。播種の時期は2月から8月頃までで、播種後50日前後で収穫時期を迎える。

ラリーノ

キュウリの品種の1つ。長さは10センチメートルで、一般的なキュウリよりも短い。また、イボがないことも特徴の1つ。播種の時期は2月から8月頃までで、播種後50日前後で収穫時期を迎える。

黒さんご【くろさんご】

キュウリの品種の1つ。四葉胡瓜を25センチメートル程度に短く品種改良したもの。歯切れがよく、漬物などに用いられることが多い。播種の時期は2月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

スライスきゅうり

キュウリの品種の1つ。肉厚で、白いイボが特徴。一般的なキュウリよりも太く、スライスして食べることが多い。播種の時期は3月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

ときわ地這い【ときわじばい】

キュウリの品種の1つ。地這いで栽培される。播種の時期は4月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

地這い【じばい】

野菜などを地を這うようにして育てる栽培法のこと。

うぐいすキュウリ

キュウリの品種の1つ。皮の色がうぐいす色で、一般的なキュウリの色よりも薄い。播種の時期は3月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

鮮緑節成55号【せんりょくふしなりごじゅうごごう】

キュウリの品種の1つ。節成性で早生な点が特徴。播種の時期は2月から5月頃までで、播種後50日前後で収穫時期を迎える。

八町きゅうり【はっちょうきゅうり】

キュウリの品種の1つ。長野県須坂市の八町で育種されたキュウリ。長さは20センチメートル前後で、一般的なキュウリよりも短い。播種の時期は4月から8月頃までで、播種後70日前後で収穫時期を迎える。

節成性【ふしなりせい】

キュウリなどで節ごとに着果し結実する性質のこと。

聖護院節成胡瓜【しょうごいんふしなりきゅうり】

キュウリの品種の1つ。節成性が強く、黒いイボが特徴。長さは22センチメートル程度の長さ。播種の時期は5月から8月頃までで、播種後60日前後で収穫時期を迎える。

ユーズイット

ラグビーで、審判がポイントからボールを出すように指示する時の言葉。ユーズイットの指示があってもボールを出さない場合には反則になる。

シャローデイフェンス

ラグビーで、前方に進み、相手側の選手に接近してプレッシャーをかけるようなディフェンスの方法。

ジャッカル

ラグビーで、相手の選手をタックルしてボールを奪うこと。

クイックスローイン

ラグビーのラインアウトの時に、選手がすべて並んでいない状態でボールを投げ入れること。

コラプシング

ラグビーのスクラムやモール、ラックなどを故意に崩す行為のこと。反則の1つ。

タックラー

ラグビーで、相手の選手へタックルする選手のこと。

フォールオンザボール

ラグビーで、地面に転がっているボールの上に倒れ込むこと。反則行為の1つ。ライイングオンザボールともいう。

プッシュオーバートライ

ラグビーで、スクラムやラックの状態のまま前へ進んでトライすること。

リターンザボール

ラグビーで、スクラムやラックから出たボールを、再び中へ入れること。反則行為の1つ。

マークアップノミネート

ラグビーで、誰がどの選手のディフェンスに回るかを指を差すなどして確認すること。

ハンズオフ

ラグビーで、ラック状態の時にディフェンス側がボールの操作を行うこと。反則行為の1つ。

レイトタックル

ラグビーで、ボールを手放した選手にタックルすること。反則行為の1つ。

ターンオーバー

ラグビーで、カウンターなどによって攻守が変わること。反則行為で攻守が変わった場合は、ターンオーバーとはいわない。

アウトサイドブレイク

ラグビーで、相手の一番外側のディフェンダーを抜くこと。

ディックアウト

ラグビーで、スタンドオフがタックルエリアからボールを取り出すこと。

モールパイルアップ

ラグビーのスクラムやモール、ラックが故意以外で崩れること。

ペナルティトライ

ラグビーで、相手選手の反則が何回か続き、もし反則がなければトライしていただろうと審判が判断した時に認められるトライのこと。認定トライともいう。

認定トライ【にんていトライ】

ラグビーで、相手選手が反則をしていなければトライしていただろうと審判が判断した時に認められるトライのこと。ペナルティトライともいう。

グランディング

ラグビーで、インゴールにあるボールを地面に着地させること。相手側のインゴールならばトライになり、自陣側のインゴールならばキャリーバックになる。

バージング

ラグビーのラインアウトで、相手の選手に接触してボールキャッチを妨害すること。反則行為の1つ。

フィニッシャー

ラグビーで、トライをする選手のこと。ウィングやフルバックであることが多い。

ノットロールアウェイ

ラグビーで、タックラーがタックルした後に、すぐにその場所から離れないこと。反則行為の1つ。

ブリッジング

ラグビーで、地面に転がっているボールの上に覆い被さること。反則行為の1つ。

ファーストタックル

ラグビーで、1人の相手選手に対して1回目のタックルを行うこと。ファーストタックルに続いてアシスタントタックルを行う場合がある。

ファーストタックラー

ラグビーで、1人目となるタックラーのこと。ファーストタックラーに続いてアシストタックラーがタックルを行うことがある。

バインド

ラグビーで、スクラムやモールの時に他の選手と組み合うこと。

ハンドオフ

ラグビーで、ボールを持っている状態で、相手の選手を拳で突き飛ばすこと。反則行為の1つ。

アーリータックル

ラグビーで、相手の選手がボールを受け取る前にタックルをすること。反則の1つ。

スティファームタックル

ラグビーで、腕を相手選手の首に引っ掛けること。反則行為の1つ。

フェーズアタック

ラグビーで、セットプレー以外の攻撃のこと。2次攻撃など。

アシスタントタックル

ラグビーで、1人の相手選手に対して2回目のタックルを行うこと。

アシストタックラー

ラグビーで、2人目となるタックラーのこと。1人目のタックラーと異なる部分をタックルして相手選手を倒すことが多い。

ハンティングパック

ラグビーで、相手のキーマンとなる選手をマークするグループのこと。主にフォワードを左右2組に分けて行うことが多い。

キャリーバック

ラグビーで、攻められている方のチームの選手が、自陣でグランディングすること。ゴールラインから5メートル戻り、相手チームのスクラムでゲームを再開する。

ピラーディフェンス

ラグビーで、相手の2次攻撃に備えた守備のこと。

ライイングオンザボール

ラグビーで、ラックで地面に転がっているボールの上に倒れ込み、ボールが外に出るのを防ぐこと。反則行為の1つ。フォールインザボールともいう。

ニーリング

ラグビーで、スクラムやラックの時に故意に倒れること。故意にひざをついた場合にもニーリングになる。反則行為の1つ。

タッチキック

ラグビーで、タッチラインの外へボールを蹴り出すこと。

コンバージョンゴール

ラグビーで、コンバージョンキックが成功すること。あるいは、コンバージョンキックによって2点を獲得すること。

コンバージョンキック

ラグビーで、トライをした後にゴールポストに向けてキックすること。

オーバーザトップ

ラグビーで、モールやラックの時に相手の方へ倒れ込み、ボールが出てくるのを妨げる行為。反則の1つ。

パイプ攻撃【パイプこうげき】

バレーボールで、前衛のアタッカーがおとりになって、後衛の選手がバックアタックを打つこと。

バンチシフト

バレーボールで、前衛の3人の選手がネット付近にかたまること。三枚ブロックをする時のフォーメーションの1つ。