2013年1月11日金曜日

ピンチサーバー

バレーボールで、サーブするためにコートに入ってきた選手のこと。セッターと交代で入ることが多い。

ブロックフォロー

バレーボールで、アタックしたボールがブロックされた時に備えて、ボールの落ちそうな位置で待ち構えること。

クイックモッパー

バレーボールで、コートが濡れたり汚れたりした時に、タオルで清掃をする人のこと。

リリーフサーバー

バレーボールで、途中交代してサーブを打つ人のこと。

ワンセッター

バレーボールで、6人の選手のうち1人がセッターの編成のこと。一般的にはワンセッターで試合に臨むことが多い。

ツーセッター

バレーボールで、6人の選手のうち2人がセッターの編成のこと。一般的にはセッター1人のワンセッターで試合に臨むことが多い。

ワンポイントブロッカー

バレーボールで、相手のスパイクをブロックすることを目的として出場する選手のこと。主にセッターと交代することが多い。

パスアタック

バレーボールで、1回目、あるいは、2回目のボールコンタクトの時に攻撃をすること。

二段トス【にだんトス】

バレーボールで、セッターがトスを上げられない状況で、セッター以外の選手が上げたトスのこと。

3セットマッチ【さんセットマッチ,スリーセットマッチ】

バレーボールで、2セットを先取したチームが勝ちになるルールのこと。

5セットマッチ【ごセットマッチ,ファイブセットマッチ】

バレーボールで、3セットを先取したチームが勝ちになるルールのこと。

アンダーハンドレシーブ

バレーボールで、両手を組んで手首近辺でボールを受けること。

天井サーブ【てんじょうサーブ】

バレーボールでサーブを打つ際に、天井へ向けて高いサーブを打つこと。

ペネトレーションフォールト

バレーボールで、体の一部分、または、全部が相手側のエリアに入り込むこと。オーバーネットやパッシングザセンターラインなどがある。

フロントゾーン

バレーボールで、ネットとアタックライン、サイドラインに囲まれたエリアのこと。

二段攻撃【にだんこうげき】

バレーボールで、2回目のボールコンタクトの時に攻撃すること。一般的には3回目に攻撃することが多い。

ポジション6【ポジションシックス】

バレーボールで、センターの後衛のポジションのこと。試合開始時にはミドルブロッカーを配置することが多い。なお、ポジション3にもミドルブロッカーを配置することが多い。

ポジション5【ポジションファイブ】

バレーボールで、レフトの後衛のポジションのこと。試合開始時にはサイドスパイカーを配置することが多い。なお、ポジション2にもサイドスパイカーを配置することが多い。

ポジション4【ポジションフォー】

バレーボールで、レフトの前衛のポジションのこと。試合開始時にはスーパーエースを配置することが多い。

ポジション3【ポジションスリー】

バレーボールで、センターの前衛のポジションのこと。試合開始時にはミドルブロッカーを配置することが多い。なお、ポジション6にもミドルブロッカーを配置することが多い。

ポジション2【ポジションツー】

バレーボールで、ライトの前衛のポジションのこと。試合開始時にはサイドスパイカーを配置することが多い。なお、ポジション5にもサイドスパイカーを配置することが多い。

ポジション1【ポジションワン】

バレーボールで、ライトの後衛のポジションのこと。試合開始時にはセッターを配置することが多い。

バレーボール5号【バレーボールごごう】

バレーボールのサイズの規格の1つ。高校生や大学生、実業団、国際試合などで用いられるボールのこと。ボールの直径はおよそ21センチメートルで、重量は260グラムから280グラム程度。

バレーボール4号【バレーボールよんごう】

バレーボールのサイズの規格の1つ。中学生やママさんバレーなどで用いられるボールのこと。ボールの直径はおよそ20センチメートルで、重量は240グラムから260グラム程度。

ゲスブロック

バレーボールで、相手側のセッターがトスを上げる前にブロックのためにジャンプすること。

フォアヒット

バレーボールで、ボールコンタクトを4回行うこと。反則の1つ。オーバータイムズともいう。

ネットインサーブ

バレーボールで、サーブがネットに当たった後に、ボールが相手コートエリアに入ること。

Dクイック【ディークイック】

バレーボールで、セッターの右側およそ1メートルから3メートル以内の位置でクイック攻撃をすること。

Cクイック【シークイック】

バレーボールで、セッターの右側およそ1メートル以内の位置でクイック攻撃をすること。

ボールリトリバー

バレーボールで、ボールがスパイクなどによってコートの外へ大きく外れていった場合に、予備のボールを選手に渡す人のこと。

ナンバーパドル

バレーボールの選手交代時に、コートに入る選手が持つプレートのこと。プレートには、コートから出る選手の背番号が書かれている。

Bクイック【ビークイック】

バレーボールで、セッターの左側およそ1メートルから3メートル以内の位置でクイック攻撃をすること。

Aクイック【エークイック】

バレーボールで、セッターの左側およそ1メートル以内の位置でクイック攻撃をすること。

リベロリプレイスメントゾーン

バレーボールで、リベロプレーヤーとコート内の選手が交代するエリアのこと。

リードブロック

バレーボールで、相手側のセッターがトスを上げたことを確認してからブロックすること。

ポジショナルフォールト

バレーボールで、サーブを打った時に相手側の選手が正しい位置にいないこと。アウトオブポジションともいう。

平行トス【へいこうトス】

バレーボールで、上方ではなく、左右どちらかの離れた場所へトスを上げること。

一人時間差攻撃【ひとりじかんさこうげき】

バレーボールで、スパイクを打つと見せかけた後に、時間をずらしてスパイクを打つこと。

バックゾーン

バレーボールのコートの中で、アタックラインとエンドライン、サイドラインに囲まれたエリアのこと。

トスフェイント

バレーボールで、セッターがトスを上げると見せかけて、相手コートにボールを落とすこと。

いも九【いもきゅう】

(1)九州大学の学生を指して用いられていた語。「イモ」はかつて「田舎臭い」「垢抜けない」「ダサい」といった意味合いで一般的に用いられていた表現。ただし「イモ九」はむしろ不器用なほどひたむきであるといった肯定的・積極的な意味合いで用いられたとされる。
(2)福岡県の和菓子屋「如水庵」が九州大学の学生の通称「いも九」に引っ掛けて開発した菓子。 芋餡が使用されている。2010年に生産・販売を終了した。
(3)福徳長酒類株式会社が製造している芋焼酎。アルコール分36パーセント。九大グッズとして、九州大学生協でも販売されている。

縦割り行政【たてわりぎょうせい】タテ割り行政

行政が組織の上下関係に基づき営まれることを意味する語。もっぱら、その事業分野を管轄する省庁、およびその下位組織の間でのみやりとりが行われ、異なる分野にまたがる連携がとられない様子を指す。一般的には行政サービスの効率化を阻む要因の一つとみなされる。