スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 9, 2013の投稿を表示しています

ノックバット

野球で、守備練習の際にノッカーが用いるバットのこと。ノックバットは、試合用のバットよりも軽く、やや細い。

ノットイン

ラグビーのスクラム時に、スクラムハーフの投げ入れたボールがトンネルから出てしまうこと。もう一度投げ入れてプレイを再開する。

ノット22メートル

ラグビーのドロップアウト時に、ボールが22メートルに満たない場所で着地すること。反則行為の1つ。

パスアウト

ラグビーで、選手が密集している所から密集していない所へパスを行うこと。

パシュート

スキーのクロスカントリーで、前走のタイムの差だけ遅れて出走すること。

ノットストレート

ラグビーのスクラム時やラインアウト時において、ボールをまっすぐに投げ入れないこと。反則行為の1つ。

ノット10メートル

ラグビーで、キックオフで蹴ったボールが10メートルに満たない場所で着地すること。反則行為の1つで、相手側にボールの権利が移る。

ノット5メートル

ラグビーのラインアウト時に、5メートルに満たない場所で選手がボールを取ること。あるいは、5メートルに満たない場所でボールが地面に接触すること。いずれも相手側にボールの権利が移る。

ノット1メートル

ラグビーのスクラム時に、スクラムハーフがスクラムから1メートル以上離れていないこと。または、ラインアウトの時に、選手がタッチから1メートル以上離れていないこと。いずれも反則行為の1つ。

ツーアウト

野球で、その回でアウトになった打者が2人である状況を指す語。「2死」とも表記される。

ワンナウト

野球で、その回でアウトになった打者が1人である状況を指す語。「1死」とも表記される。

ロスカットアラート

外国為替証拠金取引(FX)などで、FX業者が顧客に対してロスカットに近づいていることを知らせる警告のこと。

M8ねじ【エムはちねじ】M8ネジ

ねじの呼び径がM8のねじのこと。ねじの頭部径が14ミリメートルで、頭部高さが5.2ミリメートル、呼び長さが10ミリメートルから60ミリメートルまでのねじ。

M6ねじ【エムろくねじ】M6ネジ

ねじの呼び径がM6のねじのこと。ねじの頭部径が10.5ミリメートルで、頭部高さが3.9ミリメートル、呼び長さが8ミリメートルから60ミリメートルまでのねじ。

M5ねじ【エムごねじ】M5ネジ

ねじの呼び径がM5のねじのこと。ねじの頭部径が9ミリメートルで、頭部高さが3.3ミリメートル、呼び長さが8ミリメートルから50ミリメートルまでのねじ。

M4ねじ【エムよんねじ】M4ネジ

ねじの呼び径がM4のねじのこと。ねじの頭部径が7ミリメートルで、頭部高さが2.6ミリメートル、呼び長さが6ミリメートルから50ミリメートルまでのねじ。

M2ねじ【エムにねじ】M2ネジ

ねじの呼び径がM2のねじのこと。ねじの頭部径が3.5ミリメートルで、頭部高さが1.3ミリメートル、呼び長さが4ミリメートルから20ミリメートルまでのねじ。

M3ねじ【エムさんねじ】M3ネジ

ねじの呼び径がM3のねじのこと。ねじの頭部径が5.5ミリメートルで、頭部高さが2ミリメートル、呼び長さが5ミリメートルから40ミリメートルまでのねじ。

デン

花札の「はち」で、「柳に小野道風」、「梅に鶯」、「桐に鳳凰」の3枚が揃った時の役の名称。役代は10点になる。

五四六【ごしろく】

花札の「はち」で、「菖蒲に八橋」、「藤に郭公」、「牡丹に蝶」の3枚が揃った時の役の名称。役代は10点になる。

仲蔵【なかぞう】

花札の「はち」で、「芒に月」、「菊に盃」、「萩に猪」の3枚が揃った時の役の名称。役代は10点になる。

ヤシマ

花札の「はち」で、「芒に月」、「藤に郭公」、「柳に小野道風」の3枚が揃った時の役の名称。役代は10点になる。

ペニオク騒動【ペニオクそうどう】

ペニーオークション(ペニオク)と呼ばれるインターネットオークションサービスに関連する騒動を指す語。例えば、芸能人のやらせ紹介記事問題などが、ペニオク騒動として報道されることがある。


有力視【ゆうりょくし】

ある物事について、優勢だと考えること、その可能性が大きいと推測することなどを意味する語。「視」は名詞について判断や推定の意味を付与する接尾語。

ステーキソース

ビーフステーキを食べる際に用いられる調味料のこと。一般的には、ニンニクとタマネギをすりおろして炒め、さらに煮て作られる。

赤プリ【あかプリ】

赤坂プリンスホテルの略称・愛称。1955年に開業、2011に営業を終了した。2007年に正式名称が「グランドプリンスホテル赤坂」へ変更されているが、その後も赤プリの愛称で呼ばれた。

グラコロ

「グラタンコロッケ」の略。グラタンコロッケとは、マカロニを入れてグラタン風にしたクリームコロッケの略。特に「グラコロ」の名称は日本マクドナルドが冬季限定で販売するハンバーガーの商品名として知られている。

ポテコロ

ポテトコロッケの略。つぶしたじゃがいもをメインとするコロッケのこと。

ポテトコロッケ「potato croquette」

つぶしたじゃがいもを中心に豚ひき肉やタマネギを混ぜて揚げた料理。略してポテコロ。コロッケにも具材によってクリームコロッケやミートコロッケなどがあるが、単に「コロッケ」といえば普通はポテトコロッケを指す。ポテトコロッケはいわゆる洋食の中でも最もポピュラーな品目のひとつであるといえる。

追い出し部屋【おいだしべや】追出し部屋

大手企業などにおいて、従業員に退職を促すことを目的として設けられたとみられる部署の俗称。各部署で余剰人員と判断された従業員は追い出し部屋に配属され、そこで他部署からの応援要請を待つことに終始する。企業側から解雇することはせず、かといって仕事を与えることもせず、自主的な退職を促すものとされる。

追い出し部屋は、朝日新聞が2012年12月31日付の記事で取り上げたことで注目を集めた。翌2013年1月には厚生労働省が実態調査に乗り出す意向を表明している。

フロアホッケー

選手がフェルト製のパックを、スティックを用いて相手ゴールへ入れて得点をあげる室内スポーツの意味を示す語。障害者向けスポーツとして考案されたが、今では誰もが楽しめるスポーツとなっている。

プレンツドルフ

(1)主にドイツ語圏の住人に用いられる苗字。
(2)ドイツの著者兼脚本家、ウルリッヒ・プレンツドルフ(Ulrich Plenzdorf)のこと。1934年10月にドイツの首都ベルリンで生まれた。代表作に「Die Neuen Leiden des Jungen W」(邦題「若きWのあらたな悩み」)などがある。

フレキシブル「flexible」

柔軟性があり、しなやかなさまを意味する表現。あるいは、制度や規則等の融通が利くさま。「フレキシブルな対応を求める」などのように使う。

フレキシブレ

「flexible」のカタカナ表記。英語の「flexible」は通常「フレキシブル」と表記する。スペイン語では同じ「flexible」の綴りで「フレキシブレ」に近い発音をする。

フュメ・ド・ポワソン

フランス料理などで使用される調味料の一種で、炒めたにんにくや玉ねぎなどの野菜の中に、魚の骨等を入れて混ぜ、白ワインや水で煮詰めたもののこと。魚介料理で用いられることが多い。フュメ・ド・ポワソンはフランス語で「魚のだし」という意味である。

プレステーション

「プレイステーション」の誤り。「プレイステーション」とは、ソニー・コンピュータエンターテインメントによって開発されたゲーム機。1994年に発売され、当時としては珍しい3Dグラフィックを用いた画像表示機能を採用したことが特徴である。英語表記は「PlayStation」で、ユーザー間では「プレステ」と略されることが多い。

フレグランスオイル「fragrance oil」

ハーブ等の植物の有効成分を抽出し、アルコールで希釈したり合成香料などを加えた人工香料。芳香目的で作られたオイルの1つを意味する語。比較的安価なものが多い。

プリンスホテル「Prince Hotels」

西武グループが運営するホテル。1956年6月に設立され、2006年に持株会社西武ホールディングスの100%子会社となる。アメリカや中国などの国外でも展開している。

ブラックキャロット「black carrot」

通常の人参よりも黒に近い色の根を持つことが特徴の人参。日本語で「黒人参」という。ポリフェノールなどを多く含み、甘くて臭みも少ないことから人気が高まっている。希少価値が高く、日本で入手するのは難しいとされている。

プライペート

「プライベート」の誤り。「プライベート」とは、私人の、個人的な、という意味の語。あるいは、公にされていない、非公開のものを示す。