2013年10月29日火曜日

バナメイエビ,バナメイ,バナメイ海老

中南米原産の、クルマエビ科のエビの一種。「バナメイ」は、本種の学名「Litopenaeus vannamei」の種小名に由来し、その種小名は動物学者のVan Nameに対する献名である。ブラックタイガーなどの他の養殖エビよりも耐病性などに優れるため、中国から東南アジアにかけて盛んに養殖が行われるようになった。日本にも輸入されて様々な料理に用いられているほか、釣りの餌としてもしばしば用いられる。しかし、近年タイを中心とした東南アジア各国でEMS(Early Mortality Syndrome)という病気が蔓延しており、生産量が激減している。

盲葡萄【めくらぶどう】メクラブドウ

ノブドウの、主に東北地方における方言名。実の様子が、目の見えない人の目に似ていることが由来だという説がある。宮沢賢治の作品の一つに『めくらぶどうと虹』があり、作中に「めくらぶどうの実」が登場する。なお、「盲(めくら)」は差別用語にあたるとされ、用いることが避けられる傾向がある。

ベクレてる

食べ物などが放射能によって汚染されていることを意味する俗語。放射能の単位「ベクレル」を動詞に見立てたもので、「ベクレる」や「ベクレてない」などの派生語も見られる。主に、原子力発電に否定的な人々などによって用いられる。

2013年10月28日月曜日

シワチャヤマイグチ

イグチ科ヤマイグチ属のきのこの一種。和名の通り、傘表面に著しい皺を持つのが特徴。学名(種小名)の「hortonii」は、菌学者Peckのミドルネームにちなんで命名された。傘表皮の構造やアンモニアによる緑色の呈色反応など、他のヤマイグチ属菌と異なる特徴があり、2013年現在、分類学的位置がはっきりと定まっていない。研究者によってはBoletus(ヤマドリタケ)属あるいはXerocomus(アワタケ)属に含める見解もある。

硴【かき】

貝類の「カキ(牡蠣)」を表す漢字。国字の一つである。苗字や地名などに用いられている例もある。

カレンズ「currants」カレンツ,カランツ,ザンテカランツ,カラント,カレンズレーズン

地中海原産のレーズン(干し葡萄)の品種の一つ。名称はかつてこの品種の主要な生産地だったギリシャの港湾都市、コリントに由来する。主に米国では「ザンテ・カランツ」とも呼ばれるが、「ザンテ」は同じく生産地として知られた、ギリシャのザキントス島に由来する。カレンズは、代表的なレーズンの品種の一つとして、パンや菓子の材料などによく用いられる。サルタナレーズンやカリフォルニアレーズンなど、一般的な他のレーズンの品種に比べて、粒が小さいことなどが特徴である。

カタプラーナ鍋【カタプラーナなべ】カタプラーナ

ポルトガル南部のアルガルヴェ地方を中心に、伝統的に用いられてきた金属製の鍋の一種、あるいはそれを使った郷土料理のこと。魚介類などの食材を入れて蓋をした後に、留め金で蓋を固定し、密閉した状態で調理が行われる。

プレビオウズリオン

2013年10月に、「Yahoo!知恵袋」などのwebサイトを中心として、「意味不明な語」として話題になった語。「プレビオウズリオン」で検索すると「NAVERまとめ」の特定の記事にリダイレクトされる例が多かったが、「NAVERまとめ」は記事の閲覧数に伴ってインセンティブ(報酬)が増加する仕組みのため、好奇心を利用して閲覧数を稼ぐステルスマーケティングだったとする説が有力である。

草生えた【くさはえた】

「笑った」ことを意味するネットスラング。笑いを「w」の字を重ねて表現することを、「草を生やす」と呼ぶことから派生した。「ワロタ」とほぼ同じ意味で用いられており、「草不可避」や「大草原不可避」などの類似表現もある。

入場制限【にゅうじょうせいげん】

ある場所に入ることを制限することを意味する語。入場制限がかけられる例としては、場内が混雑しており、収容可能な人員を超えてしまうおそれのある場合や、何らかの理由で一度に入場できる人員が決まっている場合などが挙げられる。

どんぐりころころどんぐりこ

童謡『どんぐりころころ』の歌い出しの部分、「どんぐりころころどんぶりこ」の誤り。「どんぶりこ」は、転がっていたどんぐりが「お池にはまった(池に落ちた)」ことを表す擬音語である。

やもなく

「やむなく(已む無く、止む無く)」の誤り。「やむなく」は、「仕方なく」とほぼ同じ意味で用いられる語である。

囲碁を指す

「囲碁を打つ」の誤り。対局することを「指す」と表現するのは将棋やチェスなどで、囲碁には用いない。基本的には盤上の駒を動かす将棋やチェスなどが「指す」、盤に駒を置く囲碁が「打つ」という分け方がされるのが一般的である。なお、盤に駒を置くオセロは、囲碁と同様に「打つ」が正しいといわれることが多い。

ぞっとしない

興味がない、面白くないといった意味の語。また、「ぞっとしない話」が「感心しない話」という意味で使われる例もある。「恐ろしい」という意味の「ぞっとする」の否定語だと誤解されている例が多く、文化庁発表の「平成18年度 国語に関する世論調査」では、誤用にあたる「恐ろしくない」という意味で使っていた人が54.1%、本来の意味である「おもしろくない」で使っていた人が31.3%という結果が出た。

ハッカー「hacker」

コンピューターやインターネットなどについて造詣が深い人を意味する語。転じて、それらを悪用し、他人のコンピューターに侵入するなどの行為を行う人が「ハッカー」と呼ばれることも多い。後者を「クラッカー(cracker)」と言い換える動きもあるが、小学館の国語辞典「大辞泉」編集部が2013年に発表した「本来と異なる意味・言い方で使用される言葉ランキング」で「ハッカー」が第1位となったように、一般的には「ハッカー」は不正行為者のイメージで捉えられている傾向が見られる。

2013年10月25日金曜日

シライ2

体操の床運動における技の一種で、「前方伸身宙返り3回ひねり」のこと。2013年の世界体操競技選手権で、初めてこの技を成功させた白井健三にちなんで命名された。難度はF。白井健三は同年に「後方伸身宙返り4回ひねり」を成功させており、その技が「シライ」と命名されている。同一人物が同一種目で異なる技を発表したため、2番目を意味する「2」が付与されている。

シライ

体操のゆかにおける技の一種で、「後方伸身宙返り4回ひねり」のこと。2013年の世界体操競技選手権で、初めてこの技を成功させた白井健三にちなんで、国際体操連盟により命名された。難度はF。

キムジャン

朝鮮半島で行われる、冬の間に食べるための白菜キムチを大量に漬け込む行事のこと。キムジャンの際に漬け込まれたキムチは、「キムジャンキムチ」と呼ばれて他のキムチと区別される。2013年に「キムチとキムジャン文化」が無形文化遺産に登録され、その際にはキムジャンにおいて近所の人たちが互いに助け合うという共同体文化の価値が重視された。

酔象調伏【すいぞうちょうふく】

ブッダ(仏陀)の従弟のデーヴァダッタ(提婆達多)が、ブッダを殺すために凶暴な象を差し向けた際に、象がブッダを前にして畏れ、大人しくなったという伝説のこと。この場面が絵画や彫像などのモチーフとされることもある。

酔象【すいぞう】醉象

中将棋などの将棋で用いられることのある、駒の一種。真後ろ以外の全ての方向に1マス進むことができ、成ると王将と同じ動きをする「太子」になる。また、「太子」が自駒として盤上に存在する場合、王将を取られても勝負に負けないという効果を持つ。2013年に、興福寺旧境内で木製の酔象の駒が発見されたことから、平安時代の日本ではこの駒が既に用いられていたと考えられている。

全天球カメラ【ぜんてんきゅうカメラ】

撮影者を中心として、360度の全方位を撮影することができるパノラマカメラを意味する語。2013年に、株式会社リコーが世界初の全天球カメラ「RICOH THETA」の発売を発表した。「RICOH THETA」には独自の二眼屈曲光学系が組み込まれており、画像補正によって360度の画像をワンショットで撮影することができるとされる。

ドジをする

注意力が不足していたり、慌てていたりして、不意に失敗をしてしまうことを意味する語。同じ意味の「ドジを踏む」が本来正しい表現だともいわれるが、「ドジをする」という語も一般的によく用いられている。

せざる負えない,せざる終えない

「せざるを得ない」の誤表記。「せざるを得ない」とは、あることを「しないわけにはいかない」という意味の語。「せざるを得ない」の「を」を「お」だと勘違いし、パソコンで誤変換した場合に生じやすい。

ずた袋

「頭陀袋(ずだぶくろ)」を誤読したもの。「頭陀袋」とは、ものを運ぶために用いられる、大きな布製の袋のこと。本来僧侶が用いたものだったが、現在は巾着袋とほとんど区別されず、ショルダーバッグに近いものを指すこともある。

かわいい子には旅をさせよ【かわいいこにはたびをさせよ】可愛い子には旅をさせよ

大事な子どもだからこそ、手元に置いて甘やかすのではなく、旅をさせて厳しい経験を積ませるべきだという意味の諺。最近では、旅行をすることが昔ほど困難でなくなったこともあり、大切な子どもに自由に旅行に行かせてあげるべきだ、というような意味で用いられることも多いといわれる。

お次【おつぎ】

「次」に丁寧語の「お」を付加した表現。主に飲食店や商店の店員が、順番を待っている客に呼びかける際に、「お次の方」「お次のお客様」「お次でお待ちのお客様」などの表現で用いることが多い。いわゆる「バイト敬語」の一つと見なされることが多く、「次の方」や「二番目にお待ちのお客様」などに言い換えるのがよいといわれることもある。

御眼鏡に適う【おめがねにかなう】御眼鏡にかなう,お眼鏡にかなう,お眼鏡に適う

目上の人に気に入られたり、実力を認められたりすることを意味する語。本来の用法とは異なるが、複数の商品などから満足のいく品質のものを選ぶ際などに、「御眼鏡に適うもの」と表現されることがある。また、本来の言い方とは異なるが、「御目に適う」という言葉が「御眼鏡に適う」と同様の意味で用いられることもある。

2013年10月24日木曜日

やらせ番組【やらせばんぐみ】

事実の恣意的な操作、いわゆる「やらせ」を行っているテレビ番組を意味する語。特にバラエティ番組などでは、ある程度の「やらせ」は演出の一環として許容される例もあるが、度が過ぎたやらせ番組は捏造と見なされて非難され、放送倫理上の問題や犯罪行為に発展することもある。

いざ知らず

「~ならともかく」や「~ならどうか知らないが」、「~なら可能かもしれないが」などを意味する語。本来は「いざ知らず」ではなく「いさ知らず」だったとされ、「さあ」や「はて」に近い意味の古語「いさ」と、勧誘や鼓舞の意味を持つ「いざ」が混同されて現在に至るといわれている。

うる覚え

「うろ覚え」の誤り。「うろ覚え」は、はっきりと覚えていない様子を意味する語。空洞を意味する「うろ」が、文字や音の似た「うる」に置き換わって生じたといわれている。ネットスラングとしては、「ふいんき」と同様に、誤記を承知で敢えて用いられる例が見られる。

じたんだを踏む

「地団駄を踏む(じだんだをふむ)」の誤り。「地団駄を踏む」は、怒りや悔しさなどの感情を、地面を踏み鳴らして発露することを意味する語。

アダルトチルドレン「adult children」

アルコール依存症や虐待などの理由で機能不全に陥った家庭で育ち、成人した後も深刻なトラウマや悩みを抱えている人を意味する語。アダルトチルドレンは一般的に、良好な人間関係を築く上で支障があり、アルコールや薬物などに依存してしまいがちな傾向があるとされる。「子どものような大人」あるいは「大人になり切れない未熟な人」といった意味ではないが、誤解されることが多い。

アフィカス

2ちゃんねるなどのネット掲示板の内容を転載してブログにまとめた、いわゆる「まとめブログ」を管理し、アフィリエイト(成功報酬型広告)で利益を得ている人に対する蔑称として、用いられることのある語。転載禁止のスレッドを転載したり、PV数を稼ぐために虚偽の内容をでっち上げたりする行為をしたブログ管理人が、アフィカスと呼ばれて糾弾された例がある。

いらっしゃいませこんにちは

コンビニエンスストアやファストフード店、ファミリーレストランなどで、店員が用いることのある挨拶。いわゆる「バイト敬語」の一つとされることもある。本来単独で用いられる2つの挨拶を重ねている点などに、違和感があるといわれることが多い。

泡姫【あわひめ】

ソープランドでサービスに従事する女性(ソープ嬢)を意味する語。公には「コンパニオン」などの名称で呼ばれることが多い。風俗店で働く女性を「姫」と呼ぶのが、ソープランドにおける「泡姫」の呼称に由来するという説もある。

HDD暗号化【エイチディーディーあんごうか】ハードディスクドライブ暗号化

HDD(ハードディスクドライブ)を丸ごと暗号化処理することを意味する語。HDD暗号化を施すことで、HDDがパソコンから抜き取られたり、パソコンごと盗難あるいは紛失したりした場合にも、情報漏洩を防ぐことができる。暗号化したHDDを読み込むためには、USBキーを接続するなどの方法がある。

ヒルヤモリ

アフリカとその周辺の島々を原産地とする、ヤモリ科ヒルヤモリ属のヤモリの総称。多くのヤモリと異なり、昼に活動するのが特徴で、和名の「ヒル」は「昼」を意味する。英語でも「day gecko(昼のヤモリ)」と称されている。美しい体色が好まれ、観賞用として飼育されることがある。

2013年10月23日水曜日

萌え袖【もえそで】

手の甲まですっぽり覆う長袖、または、そのように手まで袖に入れた上着の着かたを意味する表現。大きめの衣服をまとった小柄な子女の姿が典型として描かれやすい。

煮詰まる【につまる】煮詰る,煮つまる

煮物を十分に煮込んで水気が減った状態、味の成分が濃縮された状態。転じて、論議が十分に行われて結論が出せるようになった状況を意味する表現。

「これ以上アイデアが出ない」「議論が進まない」といった意味で「会議が煮詰まる」などと表現される場合があるが、これは本来は誤り。

耳ざわり【みみざわり】

(1)聞いた感じ、聞いた時に受ける印象などを意味する表現。「耳触り」と表記する。
(2)聞いていて不愉快に感じること、聞いていて不愉快に思う物事などを意味する表現。「耳障り」と表記する。耳に障るという意味の語。「耳触り」と混同して「耳障りが良い」と表記されることがあるがこれは誤り。





2013年10月22日火曜日

パンケーキシンドローム「pancake syndrome」パンケーキ症候群

開封済みのプレミックス粉を保管している間にダニが侵入して繁殖し、その粉を使った食品を食べた人がアレルギー症状を起こすことを意味する語。医学的には「経口ダニアレルギー(OMA)」と呼ばれる。1993年にパンケーキの粉を原因とした例が初めて報告され、日本でもお好み焼き粉などで同様の症例が知られている。従来小麦アレルギーだと考えられていた中に、実際にはパンケーキシンドロームだった例が少なからずあるのではないかといわれている。

台風予想進路図【たいふうよそうしんろず】台風進路予想図

台風の今後の進路を予想した図のこと。一般的に、地図上に台風の現在位置と暴風域・強風域、今後の予想進路が描画されている。予想進路は、一定の時刻における予報円が連続した形で表現されており、予報円はその時刻に台風の中心が円の内部にある確率が約70%の範囲と定義されている。より先の時刻ほど、進路予想の精度が低くなるため、予報円が次第に大きくなる。

シュクセ

卵白やアーモンドを材料としてつくられる菓子の生地の一種、あるいはそれを焼いた菓子のこと。類似の菓子にダックワーズ(ダコワーズ)があり、材料や焼き方などで区別されることもあるが、ダックワーズの生地がシュクセだといわれることもあり、両者が厳密に区別されない例もある。なお、アーモンドではなくへーゼルナッツを使ったものは、プログレと呼ばれている。

大人ガチャ【おとなガチャ】大人のガチャガチャ,大人のガチャ,大人向けガチャ,大人向けガチャガチャ

「ガチャ」や「ガチャポン」などと呼ばれるカプセル入り玩具のうち、大人を主なターゲットとした商品を意味する語。大人ガチャには、造型やアイデアなどに独特のこだわりがある商品が多い。2012年にヒットした「コップのフチ子」や、スマートフォンアクセサリ「スマートパンツ」などのほか、生物をリアルに表現したり、懐かしのキャラクターを題材とした玩具などが挙げられることが多い。

寝押し【ねおし】寝圧し

布団の下に衣服を敷いて、その上に寝て体重をかけることでシワを取ることを意味する語。かつては学生が制服の寝押しをしていた例が多かったが、現在はあまり行われず、死語となりつつある。

肺カルチノイド【はいカルチノイド】

肺の神経内分泌細胞から発生する腫瘍の一種。肺がんと類似の性質を持ち、広義の肺がんに含まれることもある。肺がんよりも発生頻度は極めて低いが、低年齢でも発症する例がある。定型的カルチノイドと非定型的カルチノイドに分類され、前者の進行は遅く、悪性度は低いとされるが、後者は急速に進行し、予後は一般的に不良である。

ロマ族【ロマぞく】ロマ

中欧から東欧を中心に分布する、移動生活を行っている民族の一グループのこと。アムネスティ・インターナショナルによると、2013年現在、ヨーロッパ全土に約600万人がいるとされる。他の遊牧民族と総称してジプシーと呼ばれることもあるが、ジプシーは差別用語として敬遠されることも多い。

プレミックス粉【プレミックスこ】プレミックス,調製粉,ミックス粉

小麦粉や米粉などの穀粉を主体とし、それに糖や油脂、脱脂粉乳やその他の添加物を加えて混合した粉のこと。用途によって様々な配合のプレミックス粉がある。食パン、菓子パン、ホットケーキなどの材料として市販されており、お好み焼き粉や天ぷら粉もプレミックス粉の一種である。

知己朋友【ちきほうゆう】朋友知己

互いに相手のことをよく知り、理解している親密な関係の友人を意味する語。中国語には、知己朋友とほぼ同じ意味を持つ「知心朋友」という言葉がある。

2013年10月21日月曜日

相寄り型【あいよりがた】

複数の台風の間で起こる相互作用(藤原の効果)における一分類。藤原の効果のうち、片方の台風がもう片方の台風に吸収される型を指す。相寄り型の相互作用が起こる際には、片方が勢力を急激に弱めて温帯低気圧か熱帯低気圧になるため、一般によく想像される、複数の台風が「合体」し、相乗効果で勢力を増すような現象は起こらないとされる。なお、相寄り型の他には、指向型、追従型、時間待ち型、同行型、離反型の5分類がある。

五輪台風【ごりんたいふう】

ローマ五輪が行われた1960年の8月に、日本列島を取り囲むように5つ出現した、台風14号から18号の総称・俗称。同時に5つもの台風が同一の地域に存在したのは、極めて珍しいことだといわれる。台風が互いに干渉し合った結果、個々の台風はそれほど巨大な勢力に発達しなかった。

アジアンカープ「Asian carp」

米国に人為的に移入された複数のコイ科の魚の、米国における総称。アジアンカープと称される魚には、コイやフナ、ハクレンなどがあり、いずれもアジアを原産地としている。アジアンカープは外来種として移入先の生態系を撹乱しているほか、水面から高く飛び跳ねてボートの乗客などが怪我をする事例が多発していることも問題視されている。

ピンニックスライト「PINNIX Light」

ライトニックス社が開発・販売している、血糖測定用採血針の商品名。ピンニックスライトを使うことで、痛みをほとんど伴わずに、指先などから少量の血液を採取することができるとされる。金属ではなく植物由来の樹脂でできており、先端部は蚊の口器を模倣した特殊な構造になっている。

沼野田和【ぬまのたわ】

栃木県那須塩原市(旧・黒磯市)にある地名。那須塩原駅の南東に位置し、町域内には町名の由来となった弁天沼や、一等三角点が設置されている標高298mの稲荷山がある。また、「火祭り」で知られる那須波切不動尊金乗院が位置している。

アンゴラウサギ,アンゴラ兎,アンゴラ兔,アンゴラうさぎ

毛玉のような容姿を特徴とする、トルコのアンゴラ(アンカラ)地方原産のウサギの一種。元々はそれほど毛が長くなかったが、毛をより多く採取するために、ヨーロッパで品種改良された。アンゴラウサギの毛は、現在もセーターやコートなどに用いられており、アンゴラヤギの毛と同様にアンゴラと称されることが多い。

エジプトイチジク,エジプト無花果,エジプトいちじく

アフリカ中央部の熱帯域から中東にかけて分布する、クワ科イチジク属の樹木の一種。主に実や木材を利用するために古くから栽培されており、古代エジプトやイスラム世界などでは神聖な樹木と見なされていた。シカモアと称される植物の一つであり、聖書でシカモア(シクマー)として言及されているのは本種だといわれている。

ヤールギュレシ,ヤールギュレシュ

トルコの国技とされている、伝統的なレスリングの一種。レスラーが全身にオリーブオイルを塗って戦うのが特徴で、その特徴からオイルレスリングとも称される。トルコ語では「Yağlı Gűreş」と表記するが、これは「オイルレスリング」を意味する。

2013年10月18日金曜日

違法貸しルーム【いほうかしルーム】脱法貸しルーム,脱法シェアハウス,脱法ハウス,違法シェアハウス,違法ハウス

主に貧困者を対象として貸し出される部屋のうち、居住空間としての耐火性や窓の設置などの基準を満たしておらず、建築基準法や関係条例に違反しているものを意味する語。違法貸しルームの中には、本来住宅ではない建物を転用したり、仕切りなどを使って大量の部屋を設けたりしている例があるという。違法貸しルームは「倉庫」や「レンタルオフィス」などの名目で貸し出される場合が多いが、実質的には居住が行われていることが指摘されている。

レイヤードスタイル「layered style」

重ね着(レイヤード)のファッションスタイルを意味する語。レイヤードスタイルでは一般的に、長袖の上に半袖を重ねたり、透明度のある服を上に着るなどして、下に着ているものを見せるようにしている。シャツの上にシャツ、あるいはジャケットの上にジャケットを重ねるような例もある。

風を孕む【かぜをはらむ】

帆や旗などの布状の物体が、風を受けて膨らむことを意味する語。

孕ませる【はらませる】

女性を妊娠させることを意味する語。「孕む」には「内包する」や「膨らむ」といった意味もあるが、「孕ませる」という場合には、妊娠させることを指すことがほとんどといえる。

とん汁ラーメン【とんじるラーメン】豚汁ラーメン

豚汁をスープに加えたラーメンのこと。豚汁の中に麺を入れたものや、味噌ラーメンや醤油ラーメンの上から豚汁をかけたものが見られる。とん汁ラーメンを提供している店は全国各地にあるが、特に新潟県の上越地域に多く、上越地域のご当地グルメとして紹介されることもある。

2013年10月17日木曜日

光の祭典【ひかりのさいてん】

イルミネーション・イベントを指して用いられることのある呼称。また、複数のイルミネーション・イベントが「光の祭典」の名を冠している。特に、毎年10月にドイツのベルリンで行われ、ブランデンブルグ門やベルリン大聖堂などを装飾するイベント「FESTIVAL OF LIGHTS」が、日本では しばしば 「光の祭典」の名で紹介される。他に、東京都足立区や奈良県天理市、フランスのリヨンなどでも、「光の祭典」と称されるイベントが行われている。

脚やせ【あしやせ】脚ヤセ,脚痩せ,足やせ,足ヤセ,足痩せ

脚部をダイエットにより細くすることを意味する語。一般的に、脚部の運動やストレッチなどにより行われる。脚部は体の中でも特にダイエットが困難な部位だとされているが、元々脚にむくみなどがある場合には、その改善によって脚やせが実現できる場合があるともいわれる。

帯状パパイヤ【おびじょうパパイヤ】パパイヤかんぴょう,パパイヤ干瓢

帯状に加工したパパイヤの果実のこと。未熟な果実の皮を剥き、果肉の部分を千切りにして乾燥させて作る。かんぴょうの代用品として、ロールキャベツを固定する帯として用いられている例がある。

クリームパン足【クリームパンあし】

足の甲や指先などにむくみが生じること、あるいはそのような症状が起こった足を意味する語。その様子が、端の部分が足の指のように分かれているクリームパンの形状に似ていることに由来する。クリームパン足は、内在筋(固有筋)と呼ばれる足部の筋肉の働きが弱くなることが原因の一つだとされ、筋肉を鍛えたり、ほぐしたりすることが改善に繋がるといわれている。

秋バテ【あきバテ】

夏から秋への季節の移り変わりに伴って、体調不良や倦怠感などの症状が生じることを意味する語。「夏バテ」が長引いて秋まで続いたものを指すこともある。

かくれ不眠【かくれふみん】隠れ不眠,不眠症予備軍

不眠症と言うほど病的ではないが、睡眠に関して不安や悩みを抱えている、あるいは睡眠の取り方に問題がある状態を意味する語。具体的には、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまったりして、日中の活動に悪影響が出る症状を指すことが多い。

マンガ飯【マンガめし】まんが飯,漫画飯,マンガめし,漫画めし

漫画の作中に登場する料理を意味する語。ファンなどによって再現が行われたり、企業などによって商品化されたりする例もある。

ギャンブルスタート

野球で三塁ランナーが、打者がボールを打った瞬間に、打球の方向や高さにかかわらず本塁に向けてスタートを切ることを意味する語。打球の種類によってランナーが生還できるかどうかが大きく変わる、その名の通りギャンブル的要素の強い戦術である。フライやライナーの場合には併殺のリスクを伴い、内野ゴロの場合には生還できる可能性が高い。そのため、ギャンブルスタートよりもスタートが遅くなるが、打球が内野ゴロだと判断してからスタートを切る「ゴロゴー」と呼ばれる戦術もある。

スイングゴー

野球で三塁ランナーが、打者がバットを振った瞬間に、バットにボールが当たるかどうかにかかわらず本塁に向けてスタートを切ることを意味する語。スイングゴーが行われるのは、無死か一死の満塁ではない場合である。類似の語に、ボールにバットが当たったら走る「ギャンブルスタート」や、ボールにバットが当たって内野ゴロになると判断したら走る「ゴロゴー」がある。

ゴロゴー

野球で三塁ランナーが、打球が内野ゴロになると判断した瞬間に、本塁に向けてスタートを切ることを意味する語。ゴロゴーが行われるのは、無死か一死の満塁ではない場合である。三塁ランナーは、打球の方向を即座に判断しなければならず、もしフライやライナーになりそうであれば、速やかに帰塁しなければならない。なお、打球の方向性を考慮しないスタートは「ギャンブルスタート」、打者がバットを振ればボールに当たるかすらも考慮しないスタートは「スイングゴー」などと称される。

微睡んだ【まどろんだ】

眠りかけているさま、うとうとしているさまを意味する語。転じて、ものが眠たい時のようにぼんやりとしていて、はっきりしないさまを意味することもある。

2013年10月15日火曜日

白樺編み【しらかばあみ】シラカバ編み,バスケット編み

白樺の樹皮を編んだ籠に由来する、フィンランド発祥の編み物の一種、あるいはその編み方のこと。日本の「あじろ編み(網代編み)」に相当するが、かぎ針を使った別の編み方にも「あじろ編み」があるので、白樺編みまたはバスケット編みと呼ばれることが多い。日本には林ことみや嶋田俊之らによって紹介され、セーターや靴下などの編み方として広まっている。

シロハラアマツバメ

アマツバメ科アマツバメ属の鳥の一種。ヨーロッパ南部からヒマラヤ山脈にかけて分布し、冬には南方に移動する。分布域の遥か南にあたる南アフリカでも発見されており、非常に長い距離の渡りを行うことが知られている。2013年のLiechtiらの研究で、本種が半年以上も、一度も地面に着地せずに飛び続けることができることが明らかになった。

サムダウン「thumb-down」

対象に向けて拳を突き出し、親指を立てて下に向ける動作を意味する語。世界の多くの地域で、否定や侮蔑の意思を表すために用いられ、「死ね」や「地獄に落ちろ」といった意味を持つ場合もある。親指を上に向けて肯定を表す「サムアップ」と対になっており、評価を選択するためのアイコンとして両者が描かれている例もある。

散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする【ざんぎりあたまをたたいてみればぶんめいかいかのおとがする】ざんぎり頭をたたいてみれば文明開化の音がする,ざん切り頭をたたいてみれば文明開化の音がする,ザンギリ頭をたたいてみれば文明開化の音がする,ザン切り頭をたたいてみれば文明開化の音がする

明治初期の文明開化期にしばしば用いられ、その時代の象徴として知られている文句。「半髪頭をたたいてみれば」で始まる長い流行り歌(都々逸)の最後の部分で、一般的にはこの部分のみがよく知られている。散切り頭とは、ちょん髷を切り落とした髪型のことで、この歌は散切り頭の人を、近代化の潮流に乗った先進的な人だとして賞賛したものである。

真球【しんきゅう】

寸分の狂いもない、完全な球体を意味する語。真球は世界のどこにも存在しないといわれているが、ベアリング用の鋼球など、極めて真球に近いといえる物体はある。真球からのずれの程度は「真球度」という尺度で表され、二点法や三点法などの計測法で測定される。

令閨【れいけい】

他人の妻に対する敬称の一つ。さらに敬意を高めて、「ご令閨」や「ご令閨様」と呼ばれることもある。同義語に「令室」がある。同音異義語に「令兄」があり、これは他人の兄に対する敬称である。

呑水【とんすい】湯匙

鍋料理を取り分ける際や、天ぷらのつゆの入れ物として用いられる、縁の一部がやや突出した小鉢の一種。突出部は取っ手の名残とされるが、ここを持つと不安定になるので、取っ手として用いられることは少ない。

ポンスキー「Pomsky」ポムスキー,ポメラニアンハスキー

ポメラニアンとハスキーの雑種のこと。容貌はハスキーに類似しているが、サイズは一般的にポメラニアン程度にしかならない。世代を重ねるとさらにサイズが小さくなる場合があり、ハスキーの3分の1程度の大きさの個体も見られる。主にアメリカで人気の犬種だといわれる。

首猫背【くびねこぜ】ストレートネック

通常は上向きに緩く湾曲している首の骨(頚椎)が、ほぼ直線状になってしまう状態を意味する語。医学的には、頚椎の生理的前弯が小さくなり、30度未満になった状態を指す。顎を引いた姿勢が長く続き、頚椎が圧迫されることが一つの原因だといわれている。肩こりや頭痛などの原因になることから、整形外科などで治療の対象とされたり、枕やマッサージによる自力での矯正が試みられることがある。

アラパイマ・レプトソーマ「Arapaima leptosoma」アラパイマ・レプトソマ

ブラジルのアマゾナス州で発見され、2013年に新種記載された淡水魚の一種。ピラルクーと同じアロワナ科アラパイマ属に含まれる。体長は2.5m以上、体重は200kg以上にも達し、世界最大の淡水魚だともいわれている。

包丁男【ほうちょうおとこ】

包丁を持った男、包丁を所持している点において特徴付けられる人物、といった意味で用いられる語。強盗やバスジャック等の事件に関する報道などで身元不詳の犯人を指す言い方として用いられることが多々ある。

2013年10月11日金曜日

齊しく、其れを辯疏する亊にも【ひとしくそれをべんそすることにも】齊しく、其れを辯疏する事にも

インターネット上に流布するコピペの一部で、簡単に言うと、「同様に、それを言い訳にすることにも」という意味の表現。語り手はこの前の文で、「やたら酷い目に遭ったと話す人に心を開かない」という意味のことを述べており、そのような人だけでなく、「酷い目に遭ったからという言い訳」をも認めないという強い意志を表明しているという解釈が可能である。このコピペは、「もぅマヂ無理。 彼氏とゎかれた。」とギャル風の語り口で始まったにもかかわらず、最終的には非常に難解な漢語表現で持論を語る点に面白味があり、人気を博している。

ゥチ達は節理も無く禍殃を語る人閒に心を許さぬ【ウチらはせつりもなくかおうをかたるにんげんにこころをゆるさぬ】ゥチ達は節理も無く禍殃を語る人間に心を許さぬ

インターネット上に流布するコピペの一部で、簡単に言うと、「私たちは無闇やたらに酷い目に遭ったと話す人には心を開きません」という意味の表現。「節理」は物事の道理を、「禍殃」は災いを意味する。このコピペは、「もぅマヂ無理。 彼氏とゎかれた。」とギャル風の語り口で始まったにもかかわらず、最終的には非常に難解な漢語表現で持論を語る点に面白味があり、人気を博している。

二次試験【にじしけん】

入学・入社試験や資格試験などで、一次試験の合格者が次に受験する試験のこと。大学入試の場合、マークシート式のセンター試験を一次試験として、各大学が行う記述式の個別学力検査が二次試験という扱いになっていることが多い。また、試験によっては一次試験が学力試験で、二次試験では面接試験や実技試験などが行われることも多い。

人物評価【じんぶつひょうか】

業績や態度などに基づいて人を評価することを意味する語。企業などで上司が部下に対して行うものは、「人事評価(人事考課)」と呼ばれることもあり、一般的に処遇査定に影響を与える。また、大学入試試験においても、受験者の顔が見えない学力試験ではなく、主に面接試験を通して、受験者の人となりを評価することが重視されつつある。

ジョジョ立ち【ジョジョだち】

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物にしばしば見られる、独特な立ち方を意味する語。日常ではあまり見られない動作で体を傾けたり、関節をひねらせたりするのが特徴。『ジョジョ』ファンの中には、ジョジョ立ちを真似して写真撮影などを行っている人も多い。作者の荒木飛呂彦によると、ジョジョ立ちにはイタリアの彫刻芸術のポージングが大きく影響しているという。

再々【さいさい】再再

何度もその物事を行うことを意味する語。また、単語の頭に「再」の字をつけて2回目であることを表す際に、「再々」をつけることで3回目を表すことができる場合がある。 その例として 、「再々婚」や「再々送」、「再々委託」などを挙げることができる。

高位破水【こういはすい】

子宮口から遠い、子宮の高い部分で起きる破水を意味する語。一般的に、子宮口近くで起こる「完全破水」よりも流出する羊水の量が少ないため、尿漏れなどと誤認され、破水が起きたことが気付かれない場合もあるという。高位破水が起きるのは通常出産の直前だが、感染症などの要因によって異常な時期に起きることもある。

完全破水【かんぜんはすい】低位破水

子宮口に近い、子宮の低い部分で起きる破水を意味する語。単に破水と言った場合、この完全破水を指すことが多い。一般的に、子宮口から遠い場所で起こる「高位破水」よりもずっと多くの羊水が流出する。出産期に完全破水が起こった場合、24時間以内に陣痛が始まることが多いといわれる。

2013年10月10日木曜日

パラミロン「paramylon」

ユーグレナ藻(ミドリムシの仲間)が持つ、デンプンに似た特有の多糖類(β-1,3-グルカン)のこと。ユーグレナ藻は光合成を行うと、デンプンおよびパラミロンの形でエネルギーを貯蔵する。結晶化したパラミロンは、光学顕微鏡下で観察することもできる。ユーグレナ藻の食品化が進む中で、パラミロンに体内の脂肪を排出する効果などがあるとして注目されている。また、パラミロンを原料としたバイオプラスチックの開発も行われている。

安ナカ【あんナカ】アンナカ

安息香酸ナトリウムカフェインの略称・俗称。安息香酸ナトリウムとカフェインを等量混合したものである。中枢神経を興奮させる作用があり、眠気覚ましや疲労回復剤、頭痛の治療薬などとして服用されることがある。メタンフェタミンと混ぜて結晶化したものなどが、ドラッグとして用いられることもある。

萌えの日【もえのひ】

10月10日の異称。「十月十日」の各漢字を組み合わせると「萌」の字になることに由来する。所によっては、この日に「萌え」文化に関連するイベントなどが行われることもある。日本の「萌え」文化が流入している中国でも、インターネット上を中心に毎年盛り上がりを見せるという。

ロリの日【ロリのひ】

中国のインターネット上の一部で用いられることのある、10月11日の異称。ロリータの略称である「ロリ(蘿莉)」を英語表記した時に「loli」となり、10と11の数字に見えることに由来する。オンラインコミュニティサイトの猫扑(モップ)が発祥だといわれている。なお、中国語の「ロリ」は日本で言う「ロリコン」の意味合いは弱く、むしろ「ゴスロリ」に近い、可憐な少女的ファッションを意味することが多い。

グルテン抜きダイエット【グルテンぬきダイエット】グルテンフリーダイエット

小麦などの穀物に含まれているグルテンが肥満の原因となるとして、極力グルテンを摂取しないことにより体重の減少を目指すことを意味する語。欧米で盛んに行われているといわれる。具体的には、小麦を原料とするパンや麺類などを控え、代わりに米やそばなどが摂取されることが多い。

アンケートダンジョン

ガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォンアプリ『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』におけるイベント中に挑戦することができる、人気投票上位のモンスターをドロップ(獲得)しやすくなるダンジョンのこと。投票はTwitter上で行われる。不定期で開催されており、過去には公式Twitterのフォロワー数やダウンロード回数が一定の値に達したことを記念して行われた例がある。

前衛的【ぜんえいてき】

時代に先駆けていることを意味する語。フランス語の「avant-garde(アヴァンギャルド)」の直訳。常人には理解し難い、過激さや難解さ、奇抜さなどがあるものを表現する際に用いられることがある。「革命的」「実験的」「先駆的」などの語とほぼ同じ意味で用いられることもある。

小田代ヶ原の貴婦人【おだしろがはらのきふじん】小田代ガ原の貴婦人,貴婦人

栃木県日光市の小田代ヶ原に、1本だけぽつんと生えている白樺の木の愛称。特に写真愛好家の間で有名であり、優美な姿が被写体として好まれている。

危険半円【きけんはんえん】

台風の進行方向に対して右側の半分を意味する語。台風に吹き込む風と台風を移動させる気流が同方向になるため、左半分(可航半円)よりも強風が吹く傾向がある。船などが危険半円の内部を航行する場合、常に向かい風が吹き付けることになるため、なかなか脱出できず危険な状況に陥るといわれている。

可航半円【かこうはんえん】避航半円

台風の進行方向に対して左側の半分を意味する語。台風に吹き込む風と台風を移動させる気流が逆方向になるため、風が相殺されて右半分(危険半円)よりも弱くなる傾向がある。可航半円という名称ではあるが、その内部での航行には危険が伴うため、積極的に進入することは一般的に行われない。

2013年10月8日火曜日

SNARE仮説【スネアかせつ】

細胞内小胞輸送における小胞の特異的な膜融合に、SNAREとよばれる受容体タンパク質が関与しているという仮説のこと。小胞の膜にはv-SNAREというタンパク質があり、それが融合する膜にはt-SNAREというタンパク質があるが、膜の種類によってタンパク質のタイプが異なっていることが知られている。SNARE仮説では、その両者が適合した時に膜融合が正常に行われるといわれている。t-SNAREおよびv-SNAREは、2013年にノーベル医学・生理学賞を受賞したJ・E・ロスマンらによって発見・命名された。

N-エチルマレイミド感受性因子【エヌエチルマレイミドかんじゅせいいんし】NSF

ゴルジ体における小胞輸送に関与する因子として、1980年代後半にJ・E・ロスマンらにより最初に発見されたタンパク質のこと。その発見をきっかけとして、その後小胞輸送に関与するタンパク質が次々に同定・精製された。ロスマンはN-エチルマレイミド感受性因子の発見を初めとする、小胞輸送のメカニズムに関する諸功績により、2013年にノーベル医学・生理学賞を受賞した。

魔のカーブ【まのカーブ】

交通事故が特に多発するカーブの俗称。「魔のカーブ」としばしば称されるカーブとしては、中央自動車道の阿智PAの西にある半径300mの急カーブや、阪神高速3号線の若宮カーブ、名阪国道の通称「Ωカーブ」などを挙げることができる。

デスブログ

タレントの東原亜希のオフィシャルブログ、『ひがしはらですが?』の俗称。このブログで取り上げられた人や企業などに不幸な出来事が起こるという噂が立ち、インターネット上を中心に「デスブログ」と呼ばれるようになった。漫画『DEATH NOTE』に登場する、名前を書かれた人物が死亡するノートから連想して名づけられたといわれている。

裏かぶり【うらかぶり】裏被り

自身が出演する番組の裏番組に、同時に出演することを意味する業界用語。主に番組のスポンサーに対する配慮から、芸能界ではタブーと見なされることが多い。かつてほどルールが厳密に守られてはいないという話や、テレビ局の片方がNHKである場合など、条件によっては問題視されないという話も聞かれる。

温活【おんかつ】

主に女性が、体を温めることで体内の血の巡りをよくし、美容効果を期待したり、冷え性や生理痛などの改善を目指すことを意味する語。具体的には、靴下を重ねて着用する、使い捨てカイロを携行する、時間をかけて足湯をするなどの行動がとられることが多い。

スナックラーニング「snack learning」スナックサイズラーニング,スナックタイムラーニング

手の空いた短い時間(スキマ時間)を使って、スマートフォンやタブレット端末などを使って学習することを意味する語。スナックを食べるように手軽に行えるという意味だといわれている。

去華就実【きょかしゅうじつ】

「外見の華やかさを取り去り、実際に役に立つ人間になる」という意味の言葉。早稲田実業学校の校是として知られており、同校の校歌などにも用いられている。明治41年の「戊申詔書」中にある、「華ヲ去リ実ニ就ク」という一節に由来する。「就実」の部分は、「内面を充実させる」などと解釈されている例もある。

周知の埋蔵文化財包蔵地【しゅうちのまいぞうぶんかざいほうぞうち】

文化財保護法で規定されている、埋蔵文化財が存在する事実が広く知れ渡っている土地のこと。一般用語の「遺跡」とほぼ同じ意味の用語である。周知の埋蔵文化財包蔵地においては、建築にあたって文化庁長官への届出を要し、場合によっては発掘調査の実施などが指示されることもある。各市町村の教育委員会が、埋蔵文化財包蔵地の位置や範囲を示す「遺跡地図」を製作している。

サイギャップ「thigh gap」

両足を揃えて立った時に、両太ももの間に生じる隙間のこと。主に米国の若い女性が、サイギャップをできるだけ大きくすることを目指して、熱心なダイエットを行っているといわれる。痩せて太ももが細くなるほどサイギャップができやすい傾向はあるが、体のつくり上、どんなに痩せてもサイギャップができない人も多いという。

2013年10月4日金曜日

こども洋食【こどもようしょく】小供洋食,子供洋食

群馬県桐生市のご当地グルメの一つで、ジャガイモや干し海老などをウスターソースで炒めた料理のこと。かつては屋台や駄菓子屋などで提供されており、子どもが放課後などにおやつとして買い食いしたことから「こども洋食」の名前がついたといわれている。現在は主に家庭でつくられているほか、複数の定食屋で食べることができる。

コロリンシュウマイ

群馬県桐生市のご当地グルメの一つで、蒸かしたシュウマイの皮にソースや青海苔をかけて食べる料理のこと。一般的なシュウマイとは異なり、中身は入っておらず、ジャガイモやタマネギが使われているという特徴がある。コロリンシュウマイの名を冠する店舗で提供されており、移動販売も行われている。

リベンジポルノ「revenge porno」復讐のポルノ

恋人や配偶者と別れた男性が、復讐(リベンジ)を目的として、以前撮影した相手の猥褻な画像や動画をインターネット上などに公開することを意味する語。特に米国で盛んに行われており、女性に精神的苦痛を与えるとして問題視されてきた。2013年10月に、米国カリフォルニア州で初めてリベンジポルノを禁止する法律が制定され、違反者には懲役最大6か月と1000ドルの罰金が課せられることになった。

神の粒子【かみのりゅうし】

素粒子の一種、「ヒッグス粒子」の別名の一つ。L・M・レーダーマンの著書、『The God Particle』に由来する。ヒッグス粒子が長らく未知の存在であり、宇宙の起源に迫れる可能性を持つ大きな謎とされたことから、「神の粒子」の呼び名が一般に定着することとなった。2013年に欧州合同原子核研究所(CERN)を中心とする研究グループが、ヒッグス粒子の発見を論文にまとめて発表し、このことは「神の粒子の発見」として大きく報じられた。

モンスタークレーマー

商品やサービスに関してクレーム(苦情)をつける、いわゆる「クレーマー」のうち、身勝手かつ理不尽な言い分で不当な要求をする人の俗称。学校の教師などに対して類似の行動をとる保護者を「モンスターペアレント」と呼ぶことから派生した用語である。モンスタークレーマーは、「お客様は神様です」という言葉を曲解し、本当に神様であるかのような尊大な態度でクレームをつける傾向があるともいわれる。

ken_all.csv

日本郵便がwebページ上で無償配布している、日本全国の郵便番号と住所の対応の一覧が収録されたcsvファイルのこと。郵便番号と住所を関連づけるプログラムを製作する際に、しばしば参照されることがある。12万件を超える膨大なデータであることや、一定の文字数を超えるレコードが複数レコードにまたがるという特殊な仕様を持つことから、主にプログラマーの間で処理の困難さが話題になることがある。

水上自転車【すいじょうじてんしゃ】

浮きや翼などの特殊な構造を持ち、水の上を走ることができる自転車の総称。ボートの上に自転車が乗ったような形状で、ペダルにより推進するものは、「ウォーターバイク」と呼ばれることもある。

家出少女【いえでしょうじょ】

何らかの事情で家を出て繁華街などで夜を過ごす、主に未成年の女性を意味する語。家出少女はweb掲示板で宿を提供してくれる男性を探したり(神待ち)、「JKリフレ」や「JKお散歩」などの労働によって金銭を確保する傾向が見られるが、そのような行動は性犯罪に巻き込まれる危険性が高いことが指摘されている。

2013年10月3日木曜日

当落メール【とうらくめーる】

当選か落選かという抽選結果を通知するメールを意味する語。特に、ライブチケットの抽選結果を知らせる「抽選結果メール」を指すことが多い。

鍼灸銅人【しんきゅうどうじん】銅人,針灸銅人

かつて医師や鍼灸師が鍼治療を学ぶ練習台として鋳造された、銅製の人形のこと。宋代に医官の王惟一が、朝廷の命により作り上げたといわれている。経穴の正確な位置を鍼で突いた時に、水や水銀が流れる仕組みになっているものもあり、医師の登用試験に用いられたこともあった。

ホーンバインクーロワール「Hornbein Couloir」ホーンバインクロワール

エベレストの北壁、標高8,000mから8,500m付近にかけて走る岩溝(クーロワール)のこと。急斜面が続き、角度が60度に達する箇所もあることから、極めて難しいルートとして知られている。1963年に初めてこの場所を登攀した、米国のT・ホーンバインにちなんで命名された。

点数グループ【てんすうグループ】

2013年10月現在、教育再生実行会議が大学入試の「新共通テスト」への導入を検討している、点数評価の新基準を意味する語。従来の「1点刻み」の大学入試センター試験が知識偏重に過ぎたという反省から、点数を数段階に分けて評価を行うことが提案されている。

冬アニメ【ふゆアニメ】

冬季(12月~翌2月)に放送が開始される、新作のアニメ番組を意味する語。一般的なアニメ番組は3か月を1クールとしており、冬アニメは1月から3月にかけての3か月に放送される例が多い。

ウチュニャリコーヒー「Uchuñari coffee」ウチュニャリ

ハナグマの糞から得られたコーヒー豆を意味する語。「ウチュニャリ」は現地語でハナグマを指す。ペルー南部の小さな村で生産されており、一度に得られる量が極めて少ないため、最高級品として扱われている。ハナグマの体内で酵素により苦味成分が分解されるため、甘味が強くなるといわれている。

スマートウォーター「SmartWater」

イギリスのスマートウォーター・テクノロジー社が開発した、犯罪抑止および犯罪捜査に用いられる特殊な液体のこと。スマートウォーターは無色透明の液体で、紫外線を照射すると緑色に発光する性質を持ち、調合される成分の違いによって個々の識別が可能である。例えば、所有物に事前にスマートウォーターを塗布しておくことで、窃盗が起こった際に犯人の特定に効果を発揮するといわれている。

オニイソメ,ボビットワーム

日本を含む世界各地の海に生息する、多毛類(ゴカイ類)の一種。釣り餌としても用いられる「イソメ」の近縁種である。体長は数十cmにも及び、時に1mを超える個体も見られるという。普段は長い体の大部分を砂や泥の中に隠しており、餌が通りかかると急に飛び出して捕食する性質を持っている。

ソウゼンサマ,ソウゼンサン,オソウゼンサマ,ソウゼンさま,ソウゼン様,相染さま,蒼前さま,お蒼前様,お蒼前さま,相染様,蒼前様,勝善様,勝善さま

東北地方を中心に信仰されてきた馬の神。ソウゼンサマ信仰のある土地では、主に馬を飼う者が、端午の節句などの決められた日にソウゼンサマに参詣し、お供え物をする風習があった。岩手県で行われる「チャグチャグ馬コ」の祭りは、ソウゼンサマ信仰に由来するといわれる。

メガシンカ

任天堂のゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズの『X・Y(第6世代)』で新たに導入された、ポケモンの進化の形態を意味する語。メガシンカはバトル中に起こり、バトルが終了すると元に戻るという特徴がある。また、メガストーンという特殊な持ち物を持たせるなど、発生には一定の条件を満たす必要がある。

防災倉庫【ぼうさいそうこ】防災備蓄倉庫

災害に備えて設置される倉庫を意味する語。国や地方自治体、あるいは自治会や町内会などによって、主に学校や公園などの避難場所に設置されている。防災倉庫の中には一般的に、消火や救出活動に用いられる物品や、保存食などが備蓄されている。

法雨【みのり】

茨城県や栃木県を中心に分布する苗字。難読苗字の一つとされる。「雨」の字と「みのり」の音は降雨によって作物が実ることに由来するといわれ、「法」の字は秩序をあらわしているといわれる。

昆虫菓子【こんちゅうがし】虫菓子

昆虫を模してつくられた菓子、あるいは昆虫を加工して菓子としたものの総称。日本では一般的ではないが、昆虫食が行われている地域では、揚げた昆虫に砂糖をまぶしたり、フレーバーをつけたりして、スナック感覚で食されている例がある。

観覧募集【かんらんぼしゅう】

テレビ番組の収録に際して、観客を募集することを意味する語。観客はテレビ局が一般の応募から抽選で選ぶこともあり、委託会社がエキストラと類似の扱いで募集することもある。交通費程度の謝金が出る例もあり、日雇いのアルバイトの一種と見なされることもある。

2013年10月1日火曜日

富士山刈り【ふじさんがり】富士山刈

ソフトモヒカンのサイドの部分に富士山の形のラインを描いた髪型を意味する語。襟足の部分は逆さ富士に見立てて刈られている。山梨県の理容生活衛生同業組合富士五湖支部が、富士山の観光PRの一環として、富士山刈りの普及に取り組んでいる。

無菌性髄膜炎【むきんせいずいまくえん】無菌性髄膜炎症候群

細菌感染以外の要因によって起きる髄膜炎を意味する語。細菌を検出するために用いられる、一般的なグラム染色や細菌培養などの検査で病原体が見つからない場合につけられる病名であり、実際の原因はウイルス、マイコプラズマ、真菌、原虫などとされる。中でも特に、エンテロウイルスによる発症例が最も多いという。発熱、嘔吐、頭痛などの症状を引き起こすことが多いが、予後は一般的に良好とされる。稀に脳実質に炎症が及び、より重症の髄膜脳炎に移行することもある。

404ねーちゃん【よんまるよんねーちゃん】404姉ちゃん,404ねえちゃん,404姉さん

インターネットで、ドメインの有効期限切れにより「404エラー」が起こった際に表示されることが多い、リュックを背負って笑みを浮かべている外国人女性の俗称。世界的によく知られており、英語圏では「Parked Domain Girl(ドメイン切れの少女)」などの俗称で呼ばれている。彼女の名前はハンナといい、写真家のダスティン・ステラーの妹であることが判明している。

微物鑑識【びぶつかんしき】微物鑑定

犯罪捜査において、証拠となりうるごく微小な資料(微物)を検出することを意味する語。具体的には、犯罪現場から接着テープやリタックシートなどを用いて繊維片や毛髪などを採取し、顕微鏡などを用いて鑑定が行われることが多い。

微物【びぶつ】

犯罪捜査において証拠となりうる、ごく微小な資料を意味する語。犯罪現場などから微物の検出を試みることを「微物鑑識(微物鑑定)」といい、例えば被害者の衣類に由来するごく微小な繊維が被疑者の手から検出されるかどうかが調べられることがある。

ネプリライシン「neprilysin」

生体内に分布するペプチダーゼ(ペプチド分解酵素)の一種。西道隆臣らによって発見された。ネプリライシンには、アルツハイマー病の発症に関係するとされるアミロイドβペプチドを分解する性質があることから、ネプリライシンの脳内での活性を高めることがアルツハイマー病の治療に繋がると考えられている。

スキルマ

ガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォンアプリ『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』において、モンスターの「スキルレベル」が「MAX」であることを意味する語。スキルレベルが上がると、技の使用が可能になるまでに必要なターン数が減少し、戦闘において有利になる。「スキルマ」にするためにスキルレベルを上げる作業は「スキラゲ(スキル上げ)」と呼ばれている。

リセットマラソン,リセマラ

『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』などのスマートフォン向けのゲームアプリで、ゲーム開始後に行うことができる「ガチャ」で目当ての景品を獲得するまで、アプリの削除とインストール、すなわち「リセット」を何度も繰り返すことを意味する語。面倒なリセット作業を延々と行うことをマラソンに喩えた用語である。

返し箸【かえしばし】逆さ箸

大皿の料理に箸をつける際に、箸を上下逆さにして、口をつけた部分が料理に触れないようにすることを意味する語。一見礼儀に適っているが、見栄えの悪さなどからマナー違反とされることも多く、手で握った部分が料理に触れることに衛生上の問題があると言われることもある。

直箸【じかばし】

大皿の料理に直接箸をつけて小皿に取り分けることを意味する語。日本では取り分けの際に専用の箸(取り箸)を使うことが一般的であり、直箸はマナー違反とされることが多い。