2013年4月30日火曜日

赴任地【ふにんち】

仕事をするために派遣された場所を意味する表現。

腐ったみかん【くさったみかん】腐ったミカン

(1)腐敗して食べられないみかんを意味する表現。
(2)1980年から1981年にかけて放送された、ドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで教師役の武田鉄矢が不良少年の悪影響を例えて言った言葉。箱の中に一つの腐ったミカンがあると、他のみかんにも腐敗が広まることから、一人の不良少年がクラス全体に悪影響を与えることを表現したもの。「腐ったみかんの方程式」ともいう。

敷設工事【ふせつこうじ】布設工事

広範囲、または長距離にわたって設備を備える工事を意味する表現。鉄道や電気・水道、道路といったインフラの設置を指すことが多い。

富衍

「敷衍」の変換誤り。「敷衍」とは意味などをおしひろげて分かりやすく説明することなどを意味する表現。

富裕国【ふゆうこく】

経済力、環境、治安、インフラなど様々な要素から、総合的に裕福だと判断される国家を意味する表現。

付近に【ふきんに】

そのすぐそばに、近い場所に、といった意味の表現。

付け焼刃【つけやきば】付焼刃,付け焼き刃,付焼き刃

一見切れそうに見えるが、実際は切れない刀を意味する表現。切れ味の悪い刀に、鋼の焼き刀をつけたことに由来する。転じて、その場しのぎのために、一時的に知識などを覚えることを意味する語として用いられる。

不逞者【ふていしゃ】

好き勝手行動する人、またはルールや道徳などに従わない人などを意味する表現。

付き添い人【つきそいびと・つきそいにん】付添い人,付添人

その人に同行する人、またはその人の世話をする人などを意味する表現。

不連携【ふれんけい】

(1)関係者間の結びつきがなく、協力関係が希薄であることを意味する表現。
(2)両者の連携が良くないことを意味する表現。

不慮の事故【ふりょのじこ】

思いがけない出来事、予測不可能で急に起こった事故などを意味する表現。主に外的な要因によって引き起こされた事故を指すことが多い。

不要な板【ふようないた】

必要のない板を意味する表現。主に板材やインターネットの掲示板などを指して用いられる語。

不毛の地【ふもうのち】

(1)植物の育たない場所を意味する表現。
(2)ある物事に乏しい場所、または何の希望もないような地域などを意味する表現。

不明を恥じる【ふめいをはじる】

物事を見極める能力や資質がないことを、恥じることを意味する表現。「おのれの不明を恥じる」といった形で用いることが多い。

不満者率【ふまんしゃりつ】

その事柄について、全体のうち満足できていない人の割合を意味する表現。

不勉強【ふべんきょう】

(1)勉強が足りないさま、あるいは勉学に励むべきだと反省するさまなどを意味する表現。
(2)勉学が嫌いで努力しないこと、またそのさまなどを意味する表現。

不敏【ふびん】

(1)敏捷性に欠けること、またそのさまなどを意味する表現。
(2)頭の回転が遅いことや才能がないことなどをへりくだって言う場合に用いる語。

不備確認【ふびかくにん】

足りないものや項目などがあるかどうか確かめること、あるいは既に欠けているものをしっかりと認識することなどを意味する語。

不動状態【ふどうじょうたい】

全く動かない物事の様子、動く気配の感じられないさまなどを意味する表現。

不動産資格【ふどうさんしかく】

不動産の販売や管理などの際に必要な資格、また所持していると不動産の取り扱いで有利に働くような資格などを意味する表現。

不動関節【ふどうかんせつ】

骨と骨が連結する部分のうち、動かないものを意味する表現。

不適正【ふてきせい】

適当でないこと、またはある条件に合わないことなどを意味する表現。

不祥時

「不祥事」の誤り。「不祥事」とはある人々や組織などにとって好ましくない事柄や事件などを意味する表現。

不時の出来事【ふじのできごと】

思いもよらないときに起こる事柄、あるいは突然勃発する事件などを意味する表現。

不似合【ふにあい】不似合い

似合っていないこと、うまく調和していないこと、またそのさまなどを意味する表現。

不潔行動【ふけつこうどう】

清潔さに欠けており、品がないしぐさやふるまいなどを意味する表現。

不遇の【ふぐうの】

実力や才能はあるが運に恵まれず、他者や世間一般に認められないさま、あるいは表に出ることなく苦難のときを過ごすさまなどを意味する表現。

不具合流出【ふぐあいりゅうしゅつ】

調子が悪い部分、あるいは不完全である部分などが、外部に出て影響を与えることを意味する表現。

無遠慮【ぶえんりょ】不遠慮

遠慮せずに図々しく振舞うさま、または失礼で常識がないさまなどを意味する表現。

不運に見舞われる【ふうんにみまわれる】

悪い結果に巻き込まれること、あるいは運が悪いことなどを意味する表現。

品質評価【ひんしつひょうか】

物の良し悪しやその程度などについて、価値判断を行うことを意味する表現。

苗字ランキング【みょうじランキング】名字ランキング

姓に関する順位付けを意味する表現。

豹変ぶり【ひょうへんぶり】

大きな様変わり、または急激に変化する様子などを意味する表現。

表決権【ひょうけつけん】

賛否などについて、意思表示をする権利、あるいは表決に加わる権利を意味する表現。

氷人【ひょうじん】

「月下氷人」の略。縁結びの神を意味する表現。現在では、男女の関係がうまくいくように仲立ちする人を指して用いられる場合もある。

氷穴【ひょうけつ】

火山の噴火活動で流出した溶岩によって形成された洞窟を意味する表現。溶岩が冷えて固まってできたため内部は気温が低く、氷の貯蔵にも利用される。

関連サイト:
青木ヶ原樹海で洞窟探検ができる鳴沢氷穴

氷崖【ひょうがい】

氷が固まってできた崖、または氷で覆われた崖などを意味する表現。

標準時子午線【ひょうじゅんじしごせん】

その国や地域における標準時刻を定めるための線を意味する表現。日本では東経135度の経線が基準である。

標準区間【ひょうじゅんくかん】

おおよその目印となる区間を意味する表現。

百名山【ひゃくめいざん】

山の品格、歴史、または特徴などから選ばれた100座の代表的な山を意味する表現。有名なものに深田久弥が選定した「日本百名山」がある。他にも各県が定めた百名山もある。

百舌の速贄【もずのはやにえ】百舌の早贄

百舌の習性の一つで、捕ったえさを木の枝に突き刺しておく習性を意味する表現。えさは食べられずに置き去りにされることがある。転じて、忘れやすい物事を指して用いられる場合もある。

紐がゆるむ【ひもがゆるむ】ひもが緩む,紐が緩む

自制が効かないこと、または普段に比べて開放的であるさまなどを意味する表現。主に「財布の紐が緩む」といった形で用いられ、必要以上にお金を使うことを指して用いられる。

筆頭格【ひっとうかく】

そのグループにおける代表クラスの人、または屈指の能力を持っている人などを意味する表現。

必要とあらば【ひつようとあらば】

それが必要である場合に応じて、あるいはそれがどうしてもなければならない場合は、といった意味の表現。「必要とあれば」ともいう。

必聴【ひっちょう】

必ず聴いておくべきもの、あるいはこれを聴かずして、物事を語ることはできないといった作品などを意味する表現。一般的に音楽に対して用いられることが多い。

膝を突き合わせて【ひざをつきあわせて】膝をつき合わせて,膝をつき合せて,膝をつきあわせて

お互いの膝があたるほど近くに座るさま、あるいは非常に親しいさまなどを意味する表現。

鼻の下を伸ばす【はなのしたをのばす】鼻の下をのばす

鼻の下を長くすることを意味する表現。主に、好みの女性に対して顔が緩む男性を指して用いられる表現。また、女性に対して甘いことなども意味する。

美人病【びじんびょう】

「顎関節症」の俗称。主に20代から30代の女性に多く見られる症状で、上顎に比べ下顎が小さく、細い顔の人に多い症状である。

微差【びさ】

非常に僅かな差、あるいは細かな違いなどを意味する表現。

被請求人【ひせいきゅうにん】

他者から、ある行為や金銭などを要求される人を意味する表現。

被評定者【ひひょうていしゃ】

実力や成果などの価値判断を他者から受ける人を意味する表現。

辞めさせる【やめさせる】罷めさせる

その人に圧力をかけて、現在の職務や地位などから下ろすことを意味する表現。

秘密性【ひみつせい】

外部に知られてはいけない性質、または秘密にしておくべき要素などを意味する表現。

歌い上げる【うたいあげる】歌いあげる,謳い上げる,謳いあげる

(1)歌や文章などに自分の感情をうまく表現することを意味する表現。
(2)主に商品やサービスなどを熱心に宣伝することを意味する表現。

謗り言【そしりごと】

相手に不快感を与えるような誹謗、あるいは非常に失礼な悪口などを意味する表現。

長距離電送【ちょうきょりでんそう】

(1)遠く離れた2地点の間で電気の送電を行うことを意味する表現。
(2)「長距離伝送」の誤り。「長距離伝送」とはデータなどを遠くに送信することを意味する語。

調和させる【ちょうわさせる】

複数の要素を人為的にうまくつり合うように調整すること、あるいは安定した状態をもたらすことなどを意味する表現。

調理酒【ちょうりしゅ】

料理をする場合に用いる酒を意味する表現。「料理酒」ともいう。

調査法【ちょうさほう】

ある物事を調べるときのやり方や決まりなどを意味する表現。

調査依頼事項【ちょうさいらいじこう】

調べてほしいと要請を受けた項目や内容などを意味する表現。

2013年4月29日月曜日

危険水域【きけんすいいき】

座礁、遭難、あるいは海賊や紛争当事国の監視船への遭遇といった、航海上の危険が高頻度で発生する海洋上の範囲。危険性の高い水域。「危うい水準」程度の意味で比喩的に用いられる場合もある。

2013年4月25日木曜日

重大措置【じゅうだいそち】

ある物事に対応・対抗する取り計らいのうち、特に程度や影響が大きなものを指す表現。具体的内容は場合によって異なる。外交上、暗示的な意味合いで具体的内容を示さずに「重大措置」の表現が用いられることもある。

尼崎脱線

2005年に尼崎市のJR福知山線で発生した脱線事故(JR福知山線脱線事故)の通称。新聞の見出しやWebサイトのニュースヘッドラインなどでしばしば用いられる表記。

2013年4月24日水曜日

綺羅びやか

輝くような、華々しい美しさのあるさま、あるいは非常に派手な様子などを指して用いられる表現。

一般的には、美しく華やかな衣装や栄華などを意味する名詞である「綺羅」を、形容動詞「きらびやか」に充てた表記と解釈される。形容動詞「きらびやか」、名詞「綺羅」、および動詞「煌めく」は、おおむね共通した意味を持つが、ある語は他の語の活用形であるといった関係にはない。

癇に触れる

「癇に障る」を「逆鱗に触れる」などと混同した誤用である。「癇に障る」とは、気に入らずに、苛立ちを感じることを意味する表現。

曖味

「曖昧」の誤り。「曖昧」とは、はっきりとせずに漠然としていること、またそのさまなどを意味する表現。

媚びを売る【こびをうる】媚を売る,媚をうる,媚びをうる

相手の機嫌をとるためにへつらうこと、あるいは上の人に気に入られようとすることなどを意味する表現。

娶わせる【めあわせる】娶せる

娘を結婚させること、あるいは娘を嫁として特定の家に送り出すことなどを意味する表現。

刮目に値する【かつもくにあたいする】

その動向や現状などを注意して見る必要があるさまを意味する表現。

町宿【まちやど】

伝統的な家屋などを利用した宿を意味する語。一般的に古い町にあり、町家を一軒ごと貸す場合が多い。

傲慢無礼【ごうまんぶれい】

態度が大きく、礼儀正しくないさまを意味する表現。

俯きがち【うつむきがち】俯き勝ち

下を向いている状態が多いさまを意味する表現。転じて、自信がないさま、または内気であるさまなどを意味することもある。

仄々と【ほのぼのと】仄仄と

(1)かすかに明るいさまを意味する表現。
(2)心が和やかになるようなさま、あたたまるようなさまなどを意味する表現。

詫びる【わびる】詫る

自らの言動を反省し謝ること、迷惑をかけた人に許しを求めることなどを意味する表現。

詫び言を述べる【わびごとをのべる】詫び言をのべる,詫言を述べる,詫言をのべる

自らの非を認めて謝ること、あるいは謝って許しを請うことなどを意味する表現。

話しぶり【はなしぶり】

その人の話し方、話の調子、あるいは話している様子などを意味する表現。

話がかみあわない【はなしがかみあわない】話が噛み合わない,話が噛合わない,話がかみ合わない,話が噛みあわない

話題や論点などがすれ違っていて、会話や議論がうまくいかないこと、またそのさまなどを意味する表現。

漏れ伝わる【もれつたわる】漏れつたわる

秘密にしていた情報などが外部に流出し、世間に知れ渡ることを意味する表現。

労多くして【ろうおおくして】

苦労や手間などが多いさまを意味する表現。主に「労多くして功少なし」という形で用いられ、苦労が多かったわりには、良い結果が出ないこと、または成果が少ないことなどを意味する。

労を惜しまない【ろうをおしまない】労をおしまない

苦労することを厭わずに、熱心に取り組むこと、またそのさまなどを意味する表現。

2013年4月23日火曜日

保険通販【ほけんつうはん】

インターネットや電話などを利用した、各種保険の販売事業を意味する表現。

地震後72時間【じしんごななじゅうにじかん】

地震発生後、救助を行う一つの目安となっている時間を意味する表現。被害者の生存は地震発生後72時間が限界とされ、72時間を過ぎると、存命率が著しく低下するとされている。

野良無線LAN【のらむせんラン】

インターネットに接続するための無線LANのうち、セキュリティのためのロックが無く、無料で誰でも使用できる状態のものを指す語。

獅子に鰭【ししにひれ】


強い力をもつ者が、より好条件を得ることでさらに強くなることを意味する語。類義語に「鬼に金棒」などがある。


支離滅裂【しりめつれつ】


趣旨がばらばらで、一貫性に欠けているさまを意味する語。発言や主張において用いられることが多い。

支障がある【ししょうがある】


物事に取り組む上で、何か妨げが生じることなどを意味する表現。「支障をきたす」などとも言う。

指示待ち人間【しじまちにんげん】


他の人から指図されない限り、自分から何も行動を起こさない人を指す言葉。「指示待ち族」などとも言う。

指示待ち族【しじまちぞく】


他の人から指図されない限り、自分から何も行動を起こさない人を指す言葉。「指示待ち人間」などとも言う。

思慮が足りない【しりょがたりない】思慮がたりない


物事への配慮が欠けているさまを意味する表現。

ジャン=ジャック・ルソー「Jean-Jacques Rousseau」


フランスの思想家、哲学者。個人の自由を主張する「一般意志」を唱えた。有名な著作としては「社会契約論」などがある。

思惟【しい・しゆい】


物事を考えること、検討することなどを意味する語。

思い入れがある【おもいいれがある】思いいれがある


物事に対して、何か特別な感情を抱いているさまを意味する表現。

思いを馳せる【おもいをはせる】思いをはせる 


自分と離れているものに思いをめぐらすことなどを意味する表現。

思いを募らせる【おもいをつのらせる】思いをつのらせる


物事への感情がしだいに強くなることなどを意味する表現。

志願者【しがんしゃ】


物事に自らの意志で応募する人を指す語。

2013年4月22日月曜日

デジカルビ

焼肉料理の具材としての豚ばら肉のこと。朝鮮語。単に「カルビ」というと多くの場合は牛肉を指す。

爆弾騒ぎ【ばくだんさわぎ】爆弾さわぎ

爆弾が仕掛けられている、爆発の危険がある、もしくは、爆弾が爆発した、といった情報または事実に起因する騒動や混乱などを指す語。

爆弾を仕掛けたという通報や犯行予告があった、現場に置かれていた物体が爆発物ではないかという推測が周囲の多くの人に信じられて避難騒ぎになった、突如として爆発が起こり周囲が巻き込まれた、などの状況を形容することが多い。

2013年4月19日金曜日

三大集【さんだいしゅう】


昔の偉大な三つの歌集を括る呼び名で、「万葉集」「新古今和歌集」「古今和歌集」の総称。
なお、「古今和歌集」(こきんわかしゅう)、「後撰和歌集」(ごせんわかしゅう)、「拾遺和歌集」(しゅういわかしゅう)を括った呼び名を「三代集」と言う。

三代集【さんだいしゅう】


平安時代の三つの勅撰和歌集を括る呼び名で、「古今和歌集」(こきんわかしゅう)、「後撰和歌集」(ごせんわかしゅう)、「拾遺和歌集」(しゅういわかしゅう)の総称。
なお、「万葉集」「新古今和歌集」「古今和歌集」を括った呼び名を「三大集」と言う。

四つん這い【よつんばい】四つんばい


両手と両足を地面につけた姿勢を意味する表現。

四十にして迷わず【しじゅうにしてまよわず】

人は四十歳にもなれば、自分の生き方や何やかやについて徒に迷うことはなくなるものだという意味の表現。 孔子の説と認識される場合が多いが、『論語』で説かれているのは「四十にして迷わず」ではなく「四十にして惑わず」(四十而不惑)である。

使い勝手が悪い【つかいがってがわるい】使い勝手がわるい


物事の取り扱いが簡単ではないことなどを意味する表現。

使い心地【つかいここち】

物を使うことで得られる感覚を意味する語。「使い心地のよい鉛筆」などのように用いる。

仕事ぶり【しごとぶり】仕事振り


ある業務や役目をどのように行っているかなどを意味する語。「働きぶり」などとも言う。

山場を乗り切る【やまばをのりきる】山場をのりきる


最も苦しい状況などから立ち直ることや、苦境をやりぬくことを意味する表現。

参照してください【さんしょうしてください】参照して下さい


関連情報を指し示す時に用いる丁寧な表現。

士気が高い【しきがたかい】


物事を成功させようとする意気込みが強いさまなどを意味する表現。

四半刻【よつはんどき・しはんどき・しはんとき】


江戸時代に用いられた時刻を示す言葉で、三十分を意味する語。

仕方なしに【しかたなしに】仕方無しに


他に方法が何もないさまを意味する表現。

仕事を振る【しごとをふる】仕事をふる


ある業務や役目などを他の人へ受け渡すことを意味する表現。

仕事がはねる【しごとがはねる】仕事がハネる


その日に業務が終わることを意味する表現。「はねる」は、その日の寄席や芝居などが終わることを指す表現として用いられることが多い。


暫定【ざんてい】


現時点で、仮に決定している状態では、などを意味する語。

漸進的【ぜんしんてき】


物事を徐々に進めていくさまを意味する語。

斬新【ざんしん】


発想などが革新的、独創的であることを意味する語。

賛辞を贈る【さんじをおくる】


相手の功績や偉業を称賛することなどを意味する表現。

賛助金【さんじょきん】


ある提案や計画の力添えのために寄付されるお金を意味する語。

産業革命【さんぎょうかくめい】


18世紀後半にイギリスで始まった、農業を基盤とする社会から近代産業社会への変革を指す語。この革命において、織機・紡績機の改良などが行われた。

燦々と【さんさんと】燦燦と


太陽などが明るく輝いているさまを意味する語。「燦々と降り注ぐ陽光」などのように用いる。

散々【さんざん】散散 


(1)物事の事態などが非常に悪いさまを意味する語。「散々な結果になる」などのように用いる。
(2)物事が粉々に砕け散っているさまを意味する語。

山気を出す【やまきをだす・やまぎをだす・やまけを出す】山っ気を出す、山気をだす


幸運を頼みにして、一か八かの大勝負にでること、あるいは、一攫千金を目指すことを意味する表現。

参画【さんかく】


政策を始めとする物事の計画に参加することを意味する語。

2013年4月17日水曜日

帳消【ちょうけし】帳消し

(1)帳面において、必要のない項目を消すことを意味する表現。
(2)債務などをなくすことを意味する表現。
(3)損得を差し引いて残りがなくなることを意味する表現。

中枢的【ちゅうすうてき】

中心、中核であるさま、あるいは最も重要であるさまなどを意味する表現。

着想を得る【ちゃくそうをえる】着想をえる

アイデアを思いつくこと、ひらめくことなどを意味する表現。

着港【ちゃっこう】

船舶が港に到着することを意味する語。

逐時【ちくじ】

(1)一定の期間ごと、または毎時間、などといった意味の語。主に「逐時経過」や「逐時観察」のような形で用いる。
(2)「逐次」の誤り。「逐次」とは、その都度、毎回などといった意味の表現。

逐一【ちくいち・ちくいつ】

一つ一つ順番に扱うさま、あるいは省略することなく全て順に扱うさまなどを意味する表現。

竹を割った【たけをわった】竹をわった

主に「竹を割ったような」という形で用いられ、明るくはっきりしているさま、素直で潔いさまなどを意味する表現。

築年数【ちくねんすう】

建物が立てられてから経過している時間、あるいは何年経過したかという程度を表す語。

遅きに逸した感

「遅きに失した感」の誤り。「遅きに失した感」とは、既に手遅れであるさま、あるいは遅すぎて間に合わないさまなどを意味する表現。

遅きに失した感がある【おそきにしっしたかんがある】

既に手遅れであるように感じるさま、または遅すぎて間に合わないさまなどを意味する表現。

知り得る【しりえる・しりうる】知りうる,知りえる

努力して知ることができること、あるいは情報を手に入れる可能性があることなどを意味する表現。「知り得る限り」といった表現で用いられ、それ以上のことは知らないといったニュアンスで用いられることが多い。

池井【ちせい】

(1)池と井泉を意味する表現。
(2) 日本人の姓の一種。一般的に「いけい」と読むことが多い。

恥をかかされる【はじをかかされる】

他人の言動によって、面目を潰されることを意味する表現。

地誌資料【ちししりょう】

ある特定の場所や地域における人口や気候、あるいは歴史のような地理的な要素を記した書物や文書などを意味する表現。

段ボール【だんボール】ダンボール

紙を重ねていくつかの層にした板材で、主に包装などに用いられる製品を意味する表現。

断腸の念【だんちょうのねん】

非常に苦しいこと、つらい思いをすることなどを意味する表現。悲痛さや苦しみを、はらわたがちぎれる痛みに喩えた語。

団欒の場【だんらんのば】団らんの場

人が集まり楽しく交流するところを意味する表現。主に「一家団欒の場」や「家族団欒の場」などの形で用いられる事が多い。

建設的【けんせつてき】

ある物事についてその良さを支持し、より良いものに変えていこうとするさま、あるいは積極的に物事を推進しようというさまなどを意味する表現。

至上命題【しじょうめいだい】

「至上命令」から派生した語。最優先の課題や解決が迫られている問題などを指して用いられているが、本来は誤用である。

至上命令【しじょうめいれい】

必ず従わなければならない指示や言い渡し、あるいは最優先で進めるべき課題などを意味する表現。

2013年4月16日火曜日

カリフラワー状【カリフラワーじょう】

複数の小粒のイボ・突起が密集して生じている状態を形容した表現。尖圭コンジローマへの感染により生じるイボなどを指すことが多い。尖圭コンジローマで生じるイボは先がやや尖った形をしている。「ニワトリのトサカ状」などとも表現される。

シンドロームX【シンドロームエックス】「Syndrome X」

複数の慢性症状による重層的な健康リスクを抱えた状態。スタンフォード大学病院のジェラルド・リーベン(Gerald Reaven)が提唱した概念で、今日ではいわゆる「メタボリックシンドローム」として広く知られている。

2013年4月15日月曜日

メイドインPRC「Made in PRC」

中国製品の原産国表示の一種。「PRC」は中華人民共和国(People’s Republic of China)の略。従来の「Made in China」に替わる表記として使用されることがある。

小生意気ダンス【こなまいきダンス】

韓国の女性歌手グループ・ブラウンアイドガールズが2009年に発表した曲「Abracadabra」(アブラカダブラ)に取り入れた振り付けの通称。腰を悩ましげに左右に揺らす動作。

男性歌手PSYが2013年春に自身の曲の中で似た振り付けを披露した。

2013年4月12日金曜日

ハルキスト

作家・村上春樹のファンを指す語。村上春樹作品の独特の世界観を愛好し、登場人物の考え方などに影響を受けている人物などを指すことが多い。

2013年4月11日木曜日

端緒をつかむ【たんしょをつかむ・たんちょをつかむ】端緒を掴む

物事のきっかけや糸口などをおさえること、証拠をつかむことなどを意味する表現。

長期借入【ちょうきかりいれ・ちょうきしゃくにゅう】長期借入れ,長期借り入れ

主に金融機関などで1年以上の返済を条件に金を借りること、あるいは一年以上で返済する金のことなどを意味する表現。

短期借入【たんきかりいれ・たんきしゃくにゅう】短期借入れ,短期借り入れ

主に金融機関などで1年以内の返済を条件に金を借りること、あるいは一年以内に返済する金のことなどを意味する表現。

坦持

「担持」の誤り。「担持」とは、主に化学関連で用いられ、付着した状態で持っていることを意味する表現。

嘆願書【たんがんしょ】

実情を説明し、何らかの要請をするために用いられる文書、あるいは改善を改善を訴え要求するための文書などを意味する表現。

単位記号【たんいきごう】

数量や距離、あるいは時間などの基準を表すしるしを意味する語。

丹念【たんねん】

細部まで注意を払うこと、緻密であること、またそのさまなどを意味する表現。

脱泡ローラー【だっぽうローラー】

ある物や場所に、フィルムなどの素材をムラなく均一に貼り付けるために使用する道具。主に接着する際に間に入る空気を抜くために使用する場合が多い。

脱ぎ出す【ぬぎだす】脱ぎだす

身につけているものを取り去ること、脱ぎ始めることなどを意味する表現。

卓抜な【たくばつな】

他と比べてずば抜けているさま、技能や才能などが突出しているさまなどを意味する表現。

大豆ミート【だいずミート】

大豆を加工して食肉の代わりに調理できるようにした食品の総称。大豆を原料とする肉もどき。調理すると肉と同じような味と食感が得られるとされている。

第一関節【だいいちかんせつ】

主に手足の指などの、指先に最も近い関節を意味する表現。

第二関節【だいにかんせつ】

主に手足の指などの、指先から数えて二つ目の関節を意味する表現。

第一次石油危機【だいいちじせきゆきき】第1次石油危機

1973年に勃発した第4次中東戦争の影響を受け、石油輸出機構に加盟する国々が原油価格を上げた結果生じた世界的な大混乱を意味する表現。

第一次世界大戦後【だいいちじせかいたいせんご】第1次世界大戦後

1914年から1918年にかけて主にヨーロッパを戦場として始まった多国間の戦争が終結したあと、あるいはその後の時期や時代を意味する表現。

大量需要【たいりょうじゅよう】

非常に多くの数量が必要だとして求められること、または多くのニーズがあることなどを意味する表現。

大陸間弾道【たいりくかんだんどう】

ある大陸から別の大陸までの間を落下せずに飛び、直接到達することを意味する表現。主に「大陸間弾道ミサイル」という形で用いられる。一般的に射程距離が5500~10000kmの兵器をさし、海を挟んで大陸から別の大陸まで到達する。ニュースなどでは、ICBM(intercontinental ballistic missile)という英語表記も頻繁に用いられる。

弾道ミサイル攻撃への対応について - 防衛省

大仏造立の詔【だいぶつぞうりゅうのみことのり】

大仏を造りなさい、という天皇からの命令、あるいはそれを伝えるための文書を意味する表現。

大飛躍【だいひやく】

(1)才能や技量が著しく向上すること、進歩すること、あるいは実力をつけて大幅に頭角を現すことなどを意味する表現。
(2)長い距離を飛ぶことを意味する表現。主にスキージャンプなどで使用される表現。

大泥棒【おおどろぼう】大泥坊

特に貴重なものを盗んだ人、あるいは規模の大きい盗みをして有名になった泥棒などを意味する表現。

渡る世間に鬼はなし【わたるせけんにおにはなし】渡る世間に鬼は無し

一見すると世の中の人はこわく見えるが、多くの人が親切で優しいこころを持っているという意味の表現。

大捕り物【おおとりもの】大捕物

犯罪者を捕らえる騒動の大掛かりなもの。召し取るために大騒ぎになった様子。

投票日【とうひょうび】

選挙などが行われる日、あるいは有権者が票を入れる日などを意味する表現。

土堤防【つちていぼう】

主に河川の氾濫や海水の流入などを防ぐために、岸に沿って土で作られる構造物を意味する表現。

度々すみません【たびたびすみません】度々済みません

同じ人に対して何度も迷惑をかけることを、あらかじめ伝える場合、あるいは何度も同じ迷惑をかけた相手に対し詫びる際などに用いる表現。

努力家【どりょくか】

目標を実現するために熱心に訓練を続けている人、自分の能力や技能を磨いている人などを意味する表現。

都合の良い【つごうのよい】都合のよい

物事を行う場合の状況や条件などが好ましいさまを意味する表現。

都合が合わない【つごうがあわない】都合があわない

差し支える事情があり物事を行えないこと、または物事を行えない状況であるさまを意味する表現。

途方もない【とほうもない】途方も無い

(1)途轍もない、または膨大であるさまなどを意味する表現。
(2)ずば抜けているさま、現実離れしているさまなどを意味する表現。
(3)茫然として立ち尽くすこと、またそのさまなどを意味する表現。

途中経過【とちゅうけいか】

物事の始めから終わりまでの間のうち、途中の時点における具合や成り行きなどを意味する表現。

渡る世間に鬼はない【わたるせけんにおにはない】渡る世間に鬼は無い

一見すると世の中の人はこわく見えるが、実際には、多くの人が親切で優しいこころを持っているという意味の表現。

吐き捨てるように言う【はきすてるようにいう】はき捨てるようにいう,はき捨てるように言う,吐き捨てるようにいう

相手の反応や心情を気にせずに不満や軽蔑などを言い捨てること、あるいは後先を考えずに言いたい事を言うことなどを意味する表現。

都合が合う【つごうがあう】都合があう

うまく物事を行える状況であるさま。差し支える事情がなく、行うことが可能な状況。

電光石火の【でんこうせっかの】

非常に素早いさま、または時間などが一瞬であるさまなどを意味する表現。

電源を入れる【でんげんをいれる】電源をいれる

電気を送り始め、機械を起動させることなどを意味する表現。

電気温風機【でんきおんぷうき】

温かい風を送る機械、あるいは部屋などを暖めるために風を送る機械のうち、電力で動くものを意味する表現。

電圧測定【でんあつそくてい】

電気を流そうとする圧力の程度を測ることを意味する表現。

プライベートブランド「Private Brand」PB,自主企画商品,ストアブランド

スーパーなどの小売店、あるいはデパートのような百貨店が展開する独自のブランド商品を意味する語。一般的に商品の企画や販売を行い、生産は外部に委託することが多い。

ひろしまレポート

核軍縮に関する各国の取り組みや現状などをまとめ、国内外に発信するための調査書を意味する表現。

広島県のホームページの説明によると、同レポートは2012年に広島県が委託をし、日本国際問題研究所が調査及び研究したものである。

関連サイト:
核軍縮に関する「ひろしまレポート」について - 広島県

アウェーゴール「away goal」敵地ゴール

敵地で上げた得点を意味する表現。主にサッカーのホームアンドアウェー方式が取られる大会で見られるルールである。対戦する2チームがそれぞれの本拠地で対戦し、2戦合計のスコアが並んだ場合に、敵地で獲得したゴール数が多いチームが勝利するというもの。主にUEFAチャンピオンズリーグなどで用いられている。

ニューヨークチャネル「New York Channel」ニューヨークチャンネル

アメリカ合衆国と北朝鮮の当局の間で行われてきた非公式対話のための外交ルートを意味する表現。

トマト人間【トマトにんげん】


トマトの輪切りをイメージした仮装をしている人を意味する語。主に新宿などで目撃されたとの情報があり、ネット上で話題になっている。2013年4月9日のJcastテレビウォッチの記事によると、仮装していたのは昨年行われた川崎市の仮装コンテストで優勝した女性であることが判明した。

関連サイト:

ダチョウスプレー

ダチョウの卵黄抽出液を配合した化粧品スプレーを意味する語。主に花粉症対策などに用いられる。

2013年4月10日水曜日

伝え合う【つたえあう】伝えあう,つたえ合う

考えや感情、あるいは情報などを当事者間で互いに知らせることを意味する表現。

点滅【てんめつ】

光がついたり消えたりすることを意味する表現。

転換期を迎える【てんかんきをむかえる】転換期をむかえる

物事が変わっていく時期がくること、分岐点に差し掛かることなどを意味する表現。

転々と【てんてんと】

主に「転々とする」などの形で用いられ、一定の場所に長い間留まることなく各地を移動すること、またはあてもなくふらふらと彷徨うことなどを意味する表現。

店を出す【みせをだす】店をだす

店舗を構えて商売を始めること、開業することなどを意味する表現。

展覧会場【てんらんかいじょう】

主に文化財や工業製品などを展示する場所や施設を意味する表現。

展示棚【てんじだな】

人に見せるために商品や作品などを並べる箱状のものを意味する表現。

天日干し【てんぴぼし】

農産物や海産物などの食品を日光や風にあてて乾燥させることを意味する表現。

天才児【てんさいじ】

並外れた能力や実績がある子ども、あるいは大人顔負けの知識をもった児童などを意味する表現。

天国から地獄へ【てんごくからじごくへ】

それまで極めて良かった状況が、一転して最悪になること、あるいは評価などが下がり、落ちぶれることなどを意味する表現。

天井が落ちる【てんじょうがおちる】天井がおちる

部屋や容器などの上部にある面が崩れ落ちることを意味する表現。

天からの贈り物【てんからのおくりもの】天からの贈物,天からの贈りもの

(1)努力だけで手に入れられるとは限らないもの、または望んでも普通は手に入らない恩恵などを意味する表現。
(2)生まれつき備わっている能力や才能などを意味する表現。

徹底的【てっていてき】

余すところなく、すみずみまで、あるいは抜本的に、といった意味の表現。

適用範囲【てきようはんい】

法律や規則などがその効力を発揮する領域を意味する語。

適用者【てきようしゃ】

法律や規則などが定める特定の条件に当てはまる人を意味する語。

適応可能【てきおうかのう】

特定の環境や状況に合わせることができることを意味する語。

的確【てきかく】

(1)間違いの無いこと、明確であるさま、あるいは核心をついていることなどを意味する表現。
(2)タイミングなどがちょうど良いこと、ぴったりであることなどを意味する表現。

滴らす【したたらす】

液体が垂れ落ちるようにすることを意味する表現。

敵対関係【てきたいかんけい】

互いに対抗意識を持っている複数の主体の間柄を意味する表現。

敵対感【てきたいかん】

ある相手が自身の敵であるという認識や考え方を意味する表現。

逓増率【ていぞうりつ】

時間の経過とともに数量や程度などが増加していく割合を意味する表現。

逓減率【ていげんりつ】

時間の経過とともに数量や程度などが減少していく割合を意味する表現。

諦めていない【あきらめていない】

まだ望みを捨てていないこと、あるいは困難な状況に陥っても不可能だと決めつけずにいるさまなどを意味する表現。

提携者【ていけいしゃ】

特定の目標を達成するために協力関係を結んだ相手を意味する表現。主に協力して事業をする場合などに用いられる表現。

底知れない力を秘めた【そこしれないちからをひめた】

計り知れない力を隠し持っていること、またそのさまを意味する表現。

内外情勢調査会【ないがいじょうせいちょうさかい】

公正な世論の形成を目的として、設立された一般社団法人。時事通信の関連団体であり、政治家や企業経営者など各界の有名人による講演会などが行われている。

関連サイト:
内外情勢調査会とは - 内外情勢調査会

改憲スクラム【かいけんスクラム】

2012年12月に安倍晋三政権が誕生してから議論されている憲法改正に向け、2013年4月現在野党である日本維新の会と協力する与党の構えを例えた表現。

2013年4月10日の時事通信の記事によると、安倍晋三首相は憲法96条改正に向けて、 日本維新の会と協力する姿勢を強めている。維新の橋下徹共同代表は9日に開かれた党憲法調査会で「夏の参院選で憲法改正が大きなテーマになってくるし、また争点化したい」と述べた。

関連サイト:
維新と「改憲スクラム」=安倍政権、96条改正で積極発信 - 時事通信

クリスティーズ「CHRISTIE'S」

主に美術品やワインなど幅広い商品を扱う世界で最も古いオークションハウスを指す語。

クリスティーズのウェブサイトによると、クリスティーズは1766年に創業し、2013年現在、約80カテゴリーの商品を対象に年間450回を超えるオークションをニューヨーク、ロンドン、ドバイ、香港など世界各地で行っている。また、2013年4月10日の時事通信によると、クリスティーズは中国で直接競売をするための免許を取得し、上海で競売を行う予定である。

関連サイト:
WHO WE ARE - CHRISTIE'S
中国本土に本格参入へ=競売商クリスティーズ - 時事通信

しらせ

海上自衛隊が保有する破氷艦の名前。主に南極観測船として用いられている。

海上自衛隊によると、文部科学省では「しらせ」を南極観測船と呼ぶのに対し、防衛省は破氷艦と呼ぶ。物資を運ぶほか、気象、宙空、地学、海洋、生物などの各観測設備も備えている。

関連サイト:
破氷艦 - 海上自衛隊ホームページ

鉄の女【てつのおんな】

強い意志を持ち、確固たる信念を貫く女性を意味する表現。主に政治家などの呼称として付けられることが多い。特にイギリス第71代首相のマーガレット・サッチャーの愛称として広く普及している。

底抜けの【そこぬけの】

(1)容器の底がないさまを意味する表現。
(2)度が過ぎるさま、程度や値などが甚だしいさま、あるいは際限がないさまなどを意味する表現。
(3)締まりがなく、だらしないさまを意味する表現。
(4)物価や景気などが下落するさまを意味する表現。

底打ち【そこうち】

ある値が下落し、最低を記録することを意味する表現。主に物価などが最安値になることを指す場合に用いられる表現。

高評価【こうひょうか】

その人や物、あるいは結果などに対して定められた価値が高いこと、あるいは良い評価をされることなどを意味する表現。

低評価【ていひょうか】

その人や物、あるいは結果や実績などに対して定められた価値が低いこと、あるいはあまり良い評価をされないことなどを意味する表現。

低ヒール靴【ていヒールぐつ・ていヒールくつ】

靴の踵部分に高いヒールが付いていない履物などを意味する表現。

低コスト【ていコスト】

費用やリスクなどが少ないこと、あるいは目標を達成するために費やすものや時間などが少ないことを意味する表現。

爪の先【つめのさき】

爪の先端部分を意味する表現。

辻褄の合わない【つじつまのあわない】辻褄のあわない,つじつまの合わない

話の筋道や前後関係などが正しくないこと、論理的でないこと、またそのさまなどを意味する表現。

通信不良【つうしんふりょう】

ネットワークや電波などの接続がうまくいかないこと、悪い状況であることなどを意味する表現。

通行路【つうこうろ】

移動するために通る道や道路を意味する表現。主に「一方通行路」や「優先通行路」などの形で用いられる。

2013年4月9日火曜日

通り沿いに【とおりぞいに】通沿いに

ある道や道路に沿っているところに、という意味の表現。「~通り沿いにあるレストラン」などの形で用いられる。

通いつめ【かよいつめ】

何度も行っている店や場所、あるいは足しげく通っていること、またそのさまなどを意味する表現。

痛い目にあう【いたいめにあう】痛い目に合う,痛い目に遭う

ひどい体験をすること、甚だしく苦しい状況に陥ることなどを意味する表現。

痛いほど【いたいほど】

苦痛を感じるほど甚だしく、痛切なほど、といった意味の表現。「痛いほどよく分かる」などの形で用いられる。

追いかけられる【おいかけられる】追掛けられる,追い掛けられる

他者に追われる、追跡される、などの意味の表現。

陳情者【ちんじょうしゃ】

ある物事の関係者にその経緯や実情を説明し、対応を迫る人。「ロビイスト」とも言う。主に関係省庁や政治家に対して行うことが多い。

鎮静化【ちんせいか】

紛争や揉め事、あるいは昂ぶった気持ちなどを人為的に落ち着けることを意味する表現。

賃貸料金【ちんたいりょうきん】

物を借りるために支払う金を意味する表現。主にマンションやアパートなどの不動産を借りる場合に支払うことが多い。「賃貸料」とも言う。

賃金調査【ちんぎんちょうさ】

労働者の給料を調べることを意味する表現。そのうち厚生労働省によって行われるものを「賃金構造基本統計調査」と言う。

厚生労働省によると、賃金構造基本統計調査とは主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数及び経験年数別に明らかにすることを目的として、毎年6月(一部は前年1年間)の状況を調べるものである。

関連サイト:
賃金構造基本統計調査のページ - 厚生労働省

沈黙を決め込む【ちんもくをきめこむ】沈黙を決込む,沈黙を決めこむ

口を開かずに押し黙ること、無口でいることなどを意味する表現。「だんまりを決め込む」とも言う。

調理士

食材を料理して人々に提供する人、調理する人。国家資格である「調理師」は「士」ではなく「師」の字を用いる。

直ぐに【すぐに】

時間をおかず速やかに、間髪を入れずに、あるいは早急になどといった意味の表現。

鳥帽子

「烏帽子」(えぼし)の誤記。ただししばしば「鳥帽子」の意味で「烏帽子」の表記が使用されている例がある。

烏帽子は、礼服として和服を着用する場合に被られた帽子のこと。主に平安時代頃から使用され、黒く縦に細長い形をしていることが多い。男性が着用するもの。

長渕キック【ながぶちキック】

1988年に放送されたテレビドラマ「とんぼ」の中で、主演だった長渕剛が相手を蹴り倒すときの特有の動作を意味する表現。

長寿命化【ちょうじゅみょうか】

寿命がのびること、あるいは寿命をのばすことを意味する表現。特に消耗品やインフラなどの耐久性を向上させ、長持ちするようになることを指す場合が多い。

長尺シート【ちょうじゃくシート】

主に床仕上げに用いるプラスチック系の長いシートを意味する表現。

サッチャリズム「Thatcherism」

1979年から1990年にかけて、イギリスの政治家マーガレット・サッチャーによって行われた一連の経済政策の通称。主に規制緩和や国営企業の民営化などを推し進め、それまで主流であった「大きな政府」から「小さな政府」への転換を図った。

大きな政府【おおきなせいふ】

政府が民間の経済活動に積極的に介入し、福祉の充実や公共事業の増加、あるいは所得格差是正などを目指すことで、国民生活の安定化を図る考え方や方針などを意味する表現。政府の財政支出が増大するため、国民の負担は大きくなるが、同時に政府からの保障は拡大するとされている。

小さな政府【ちいさなせいふ】

経済政策などの政府の市場への介入を最小限にし、市場原理に任せて自由な競争を促進する考え方や方針などを意味する表現。経済活動が民間に依拠するため、個人の責任が大きくなり、社会における格差が生じやすい。国民にとって税金などの負担は少ないが、同時に福祉や公共サービスの質などが低下するとされている。

F22ステルス戦闘機【エフニジュウニステルスせんとうき】

レーダーや赤外線による探知が難しい戦闘機。アメリカ軍によって運用されている。2013年4月現在、朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、アメリカは韓国との合同演習に導入した。

2013年4月8日月曜日

調剤師【ちょうざいし】

薬剤の調合を行う仕事をしている人を意味する表現。

聴収【ちょうしゅう】

主に「事情聴収」という形で用いられ、物事の経緯を聞き取り、情報を得ることを意味する表現。一般的には「聴取」という語が用いられることが多い。

朝早い【あさはやい】朝はやい

夜明けからまもないこと、あるいは早朝などを意味する表現。

徴収兵

「徴集兵」の誤り。「徴集兵」とは、徴兵制度などによって集められた兵士を意味する表現。一般的に非自発的に集められた兵を指す場合が多い。

張り巡らせる【はりめぐらせる】張巡らせる,張りめぐらせる

辺りに一面に張ること、網を張ることなどを意味する表現。「張り巡らす」とも言う。

虫がいい話【むしがいいはなし】虫が良い話,虫がイイ話

話の内容が、本人に都合のよい内容ばかりであるさま、あるいは条件や提案などが身勝手であるさまなどを意味する表現。「虫のいい話」とも言う。

注意を払って【ちゅういをはらって】注意をはらって

人や物事などについて、その動向や詳細を強く意識しているさま、あるいは念入りに調べているさまなどを意味する表現。

地震波【じしんは】

地震によって発生した波動を意味する表現。主にP波とS波に分かれる。

地主層【じぬしそう】

土地を持っている人々、または地主を総じて呼ぶときに用いられる表現。

女性更年期【じょせいこうねんき】

女性の性ホルモン分泌量低下を原因として、体調不良など心身に様々な異常が生じる時期を意味する表現。主に40代以降の女性に発生するが、閉経期前後に症状が現れるとされている。

男性更年期【だんせいこうねんき】

男性の性ホルモン分泌量低下を原因として、体調不良など心身に様々な異常が生じる時期を意味する表現。主に40代以降に発生するとされている。