スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 23, 2012の投稿を表示しています

多孔【たこう】

細かい孔(あな)・空孔が無数に空いている構造を指す語。「多孔質」「多孔板」「多孔菌」のように、他の名詞につく形で用いられる表現。

第4象限【だいよんしょうげん】第四象限

x軸とy軸で構成される座標平面において、xは正の値、yは負の値を取る領域を指す語。

座標平面は第1象限、第2象限、第3象限、第4象限の4つの領域に区分される。一般的な座標では第4象限は右下に位置する。

第3象限【だいさんしょうげん】

x軸とy軸で構成される座標平面において、xもyも共に負の値を取る領域を指す語。

座標平面は第1象限、第2象限、第3象限、第4象限の4つの領域に区分される。一般的な座標では第3象限は左下に位置する。

第2象限【だいにしょうげん】第二象限

x軸とy軸で構成される座標平面において、xは負の値、yは正の値を取る領域を指す語。

座標平面は第1象限、第2象限、第3象限、第4象限の4つの領域に区分される。一般的な座標では第2象限は左上に位置する。

第1象限【だいいちしょうげん】第一象限

x軸とy軸で構成される座標平面において、xもyも共に正の値を取る領域を指す語。
 座標平面は第1象限、第2象限、第3象限、第4象限の4つの領域に区分される。一般的な座標では第1象限は右上に位置する。

代替え機【だいがえき】

あるものの代わりに用意され使用される機器のこと。一般的には「代替機」(だいたいき)という。「代替機」の表記で「だいがえき」と読まれる場合もある。

代替機【だいたいき】

あるものの代わりとして用意される機器などを意味する語。代替用の機器。例として、携帯電話機の修理中などに貸与される端末などを挙げることができる。