2012年12月4日火曜日

打音検査【だおんけんさ】

物体をハンマーで打ち、その音から物体に異常がないか検査をすること。

剰余金処分【じょうよきんしょぶん】

会社法における、企業が利益を株主への配当金や役員への賞与などに割り当てること。旧商法では利益処分という。

利益処分【りえきしょぶん】

旧商法における、企業が利益を配当金や役員賞与などに分配すること。会社法では剰余金処分という。

非貨幣性資産【ひかへいせいしさん】

投資回収が終わっていない資産のこと。備品や建物、原材料など。

貨幣性資産【かへいせいしさん】

投資回収が終わった資産のこと。現金や売掛金、受取手形など。

正月用品【しょうがつようひん】

正月に用いる製品や道具の総称。角松や羽子板、ポチ袋、年賀状、おせち料理など。

乳児用品【にゅうじようひん】

乳児が用いる製品や道具の総称。ベビーカーやチャイルドシート、玩具、おむつなど。

裁縫用品【さいほうようひん】

裁縫の時に用いる製品や道具の総称。ミシン糸や縫い針、生地、布地など。

生理用品【せいりようひん】

生理の時に用いる製品や道具の総称。ナプキンやタンポン、おりもの用シート、尿もれ用シートなど。

旅行用品【りょこうようひん】

旅行する時に用いる製品や道具の総称。鞄やトランク、ポーチなど。スリッパやアイマスク、耳栓なども旅行用品の1つ。

大工用品【だいくようひん】

大工仕事をする時に用いる製品や道具の総称。のこぎりやカンナ、釘、ドリル、巻尺など。

園芸用品【えんげいようひん】

野菜や果物、花などを栽培する時に用いる製品や道具の総称。植物の種や土、肥料、薬剤、シャベルなど。

マタニティー用品【マタニティーようひん】マタニティ用品

妊婦が産前産後に用いる製品や道具の総称。妊婦帯や母乳パッド、搾乳器など。

ネイル用品【ネイルようひん】

ネイルアートで用いる製品や道具の総称。キューティクルニッパーやキューティクルプッシャー、ニッパーケース、ダッペンディッシュなど。

ディスプレイ用品【ディスプレイようひん】ディスプレー用品

商品を陳列する際に用いる製品や道具の総称。マネキンやハンガー、ラック、看板など。

キッチン用品【キッチンようひん】

台所で調理をする際に用いる製品や道具の総称。フライパンや鍋、包丁、まな板、ランチボックスなど。

アメニティー用品【アメニティーようひん】アメニティ用品

ホテルや旅館などに備え付けられている製品や道具の総称。歯ブラシや剃刀、石鹸、シャンプーなど。

不在株主【ふざいかぶぬし】

会社の経営に関与しない株主のこと。

振当処理【ふりあてしょり】振当て処理,振り当て処理

売掛金や買掛金などを為替予約レートで処理をすること。

予定日【よていび】

事前に定められた日。

南西部【なんせいぶ】

ある地域の南方向かつ西方向の部分。

南東部【なんとうぶ】

ある地域の南方向かつ東方向の部分。

北西部【ほくせいぶ】

ある地域の北方向かつ西方向の部分。

北東部【ほくとうぶ】

ある地域の北方向かつ東方向の部分。

妻だけED【つまだけイーディー】

夫が、妻に対してだけ勃起障害(ED)の状態になること。

先物取引所得【さきものとりひきしょとく】

デリバティブ商品を売買したことによる所得のこと。

法改正【ほうかいせい】

法律の条文を改め直すこと。

第二子【だいにし】第2子

その人にとって二人目の子。

少額預金【しょうがくよきん】

わずかなお金を銀行などの金融機関に預けること。

免税所得【めんぜいしょとく】

租税特別措置法によって所得税が免除される所得のこと。

労働所得【ろうどうしょとく】

働いたことによる所得。労働して得た収入。

個人所得【こじんしょとく】

給与や投資などの収入から社会保険料などを差し引いた所得のこと。

高所得者【こうしょとくしゃ】

比較的に所得金が高い人。収入が多い人。

高所得【こうしょとく】

比較的に所得金が高いこと。収入が多いこと。

低所得【ていしょとく】

比較的に所得金が低いこと。収入が少ないこと。

困窮邦人【こんきゅうほうじん】

日本国外の、生活に困っている日本人のこと。

在蘭邦人【ざいらんほうじん】

オランダに在留している日本人のこと。

中国在留邦人【ちゅうごくざいりゅうほうじん】

中国に在留している日本人のこと。

海外邦人【かいがいほうじん】

日本国外にいる日本人のこと。

邦人女性【ほうじんじょせい】

日本人の女性のこと。一般的には、日本国外にいる日本人の女性を指すことが多い。

下朝鮮【したちょうせん】

インターネット上の電子掲示板などで用いられることがある韓国の蔑称。いわゆる嫌韓のあらわれとして用いられることがある表現。

北朝鮮【きたちょうせん】「North Korea」

朝鮮半島北部、および、同地域を国土として1948年に建国を宣言した「朝鮮民主主義人民共和国」の通称。

日本は公式に朝鮮民主主義人民共和国を国家と認めておらず、同地域の国家的組織を指す場合には便宜的に「北朝鮮」や「北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国」の呼び名を用いている。

FFXII【エフエフトゥエルブ】FF12

スクウェア・エニックスが2006年にプレイステーション2用ゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーXII」の略称。

FFXI【エフエフイレブン】FF11

2000年にスクウェア・エニックスが発表したRPG「ファイナルファンタジーXI」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの中で初めてMMORPGとして開発された。プレイステーション2の他にXbox 360、PC(Windowsマシン)でもプレイできる。

FFX-2【エフエフテンツー】

2003年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)がプレイステーション2用ゲームソフトとして発売したRPG作品「ファイナルファンタジーX-2」の略称。「ファイナルファンタジーX」のストーリーを直接引き継いだ続編作品となっている。

FFX

(1)2001年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)がプレイステーション2用ゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーX」の略称。「X」はローマ数字であり、「FF10」とも表記される。ファイナルファンタジーシリーズの第10作目。2003年には、FFXのストーリーを直接引き継いだ続編「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)が発売されている。
(2)韓国で導入計画が進められている新型護衛艦の構想のこと。「韓国次期フリゲート」ともいう。FFXは「Future Frigate eXperimental」の略とされる。

FFIX【エフエフナイン】FF9

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が2000年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーIX」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの第9作目。続編に位置づけられるタイトルとして「テトラマスターFrom FINALFANTASY IX」がある。

FFVIII【エフエフエイト】FF8

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーVIII」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの第8作目。

FFVII【エフエフセブン】FF7

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が1997年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーVII」の略称。

FFVI【エフエフシックス】FF6

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1994年にスーパーファミコン向けゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーVI」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの第6作目。

FFV【エフエフファイブ】FF5

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1992年にスーパーファミコン向けゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーV」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの第5作目。

FFIV【エフエフフォー】FF4

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1991年にスーパーファミコン向けゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーIV」の略称。ファイナルファンタジーシリーズの第4作目。前後のシリーズ作品と同様、後に複数のハードウェアに移植されている。

FFIII【エフエフスリー】FF3

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1990年にファミリーコンピュータ向けゲームソフトとして発売したRPG「ファイナルファンタジーIII」の略称。

ファイナルファンタジーシリーズと相並ぶRPGゲームとして位置づけられることの多い 「ドラゴンクエストシリーズ」では、シリーズ第2作目の「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」以降、タイトルに副題が付けられている。ファイナルファンタジーシリーズでは、副題は設けられていない。

FFII【エフエフツー】FF2

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1988年に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト「ファイナルファンタジーII」の略称。なお「FF」は「ファイファン」と読まれる場合もある。

FFI【エフエフワン】FF1

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が1987年に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト「ファイナルファンタジー」の略称。後にナンバリングタイトルが登場し、「ファイナルファンタジー」はシリーズ名の位置づけとなり、便宜的にシリーズ第1作目の「ファイナルファンタジー」には「I」を付けた呼び名が用いられる。

ドラクエI【ドラクエワン】ドラクエ1

エニックス(現スクウェア・エニックス)が1986年にファミコン(ファミリーコンピュータ)向けゲームソフトとして発売したRPG「ドラゴンクエスト」の通称。「ドラクエ」とも略される。後に「ドラゴンクエストシリーズ」としてナンバリングタイトルが発売され、第1作目である「ドラゴンクエスト」は便宜的に「I」をつけて呼ばれる。

ドラクエII【ドラクエツー】ドラクエ2

エニックス(現スクウェア・エニックス)が1987年に発売したファミコン(ファミリーコンピュータ)向けRPG「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」の通称。

ドラクエIII【ドラクエスリー】ドラクエ3

1988年にエニックス(現スクウェア・エニックス)がファミコン(ファミリーコンピュータ)用ゲームソフトとして発売したRPG「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」の通称。

ドラクエIV【ドラクエフォー】ドラクエ4

1990年にエニックス(現スクウェア・エニックス)が発売したファミコン(ファミリーコンピュータ)用ゲームソフト「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」の通称。

ドラクエV【ドラクエファイブ】ドラクエ5

1992年にエニックス(現スクウェア・エニックス)が発売したスーパーファミコン向けRPG「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の通称。

ドラクエVI【ドラクエシックス】ドラクエ6

エニックス(現スクウェア・エニックス)が1995年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売したRPG「ドラゴンクエストVI 幻の大地」の通称。

ドラクエVII【ドラクエセブン】ドラクエ7

2000年に当時のエニックス(現スクウェア・エニックス)が発売したプレイステーション用RPG「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」の通称。

ドラクエVIII【ドラクエエイト】ドラクエ8

スクウェア・ エニックスが2004年に発売したプレイステーション2用RPG「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」の通称。

ドラクエIX【ドラクエナイン】ドラクエ9

スクウェア・エニックスが2009年7月に発売した、ドラゴンクエストシリーズ第9作目となるRPGの通称。サブタイトルを含む正式タイトルは「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」。ハードウェアはニンテンドーDSだった。

ドラクエX【ドラクエテン】ドラクエ10

スクウェア・エニックスが2012年8月に発売したWii向けRPGの通称。正式名称は「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族」。「ドラゴンクエスト」シリーズの第10作目で、同シリーズで初めてMMORPGが導入された。

ユーロ2012「EURO2012」

欧州サッカー連盟の主催により2012年6月に開催された、サッカーのヨーロッパ大会の通称。正式名称は「UEFA EURO 2012」。ポーランドとウクライナがホスト国として共催した。