スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 21, 2012の投稿を表示しています

ユーミング

ダーツで、ダーツボードの特定の部分を狙い定めること。一般的には、利き目でユーミングすることが多い。

ロートン

ダーツのゼロワンゲームで、1ラウンドに100点から150点までの点数を得ること。

レッグ

ダーツの対戦におけるゲーム数のこと。一般的には3レッグや5レッグで行われることが多い。

5大ドーム【ごだいドーム】五大ドーム

国内の5つの大規模なドーム型スタジアム、特にコンサート会場として利用されることが多いドーム球場を総称した語。一般的には、東京ドーム、大阪ドーム、札幌ドーム、ナゴヤドーム、福岡ドームの5つを指す。これ以外にもドーム球場としては埼玉の西武ドームなどがある。

身の丈にある

「身の丈に合う」の誤り。「身の丈にあった」の元の形を誤って推測したものか。「身の丈に合う」は、衣服などが体の大きさに調度良く合っているさま、転じて物事がその人の地位や人となりとよく調和している様子などを意味する表現。

総結

一般的には「総括」の誤記。「総括」は多くの異なる事柄を一つの全体としてまとめることなどを意味する語。

師事を仰ぐ

「指示を仰ぐ」と「師事する」を混用した誤記。「指示を仰ぐ」とは指導者に指示・命令を求めること、「師事する」は教えを受ける側が指導者に仕えることを意味する語。

多目に見る

(1)数量を推測する際に、それと思われた量よりもいくぶん多く見積もることを意味する表現。「多めに見る」と表記することが多い。
(2)「大目に見る」の誤記。「大目に見る」は、失敗や不手際などに大して厳しく咎め立てせずに済ますことを意味する表現。

微薬

「媚薬」(びやく)の誤記か。「媚薬」は恋慕の情や淫らな感情を沸き起こさせるための薬、催淫効果
のある薬のこと。

やもえず

「やむをえず」(已むを得ず)の誤記。「やむをえず」は「已む無い」「已む無し」を変化させた語で、どうしようもない、講じる手段がないといった意味の 表現。「やむをえない」の聞き間違いの例としては「やもうえない」などもある。

疑う余地【うたがうよち】

本当かどうか、妥当かどうか、実際は正しくないのではないかなどと考えることができるさま、疑念を差し挟むだけの疑わしさがある状況などを指す表現。

なくはない,無くはない

ないわけではない、少しはあるという意味の表現。あるかないかと問われればある、といった消極的な意味合いで用いられることが比較的多い。

約体ない,約体無い

「勿体無い」(もったいない)の誤記。「もったいない」は、有用・有益であるものが失われて残念に思う心情などを表す語。

科せられる【かせられる】

多くの場合、科料・罰金などを支払うにようにと命じられることを意味する語。刑罰を与えることを意味する「科する」の受身形の一種。

「科する」にはサ変動詞と五段活用の動詞と2種類の活用方法があり、サ変動詞として活用した場合に「科せられる」となり、五段活用として活用した場合に「科される」となる。