2012年11月13日火曜日

喰い流す【くいながす】

麻雀で、自分がチーやポン、カンをしたことによって、他家の必要牌やロン牌をツモってくること。

偶然役【ぐうぜんやく】

麻雀で、偶然に上がることのできる役のこと。天和や地和、ハイテイ、一発、嶺上開花などが挙げられる。

懸賞牌【けんしょうぱい】懸牌

麻雀で、祝儀の対象になる牌のこと。ドラ牌のこと。

下りポン【くだりポン】

麻雀で、上家の捨てた牌に対してポンの宣言をすること。

圏風牌【けんぷうはい】

麻雀の場風の牌のこと。東場では東、南場では南、西場では西、北場では北がそれぞれ圏風牌になる。

触らずの14枚【さわらずのじゅうよんまい】触らずの十四枚

麻雀牌のデザインが、上下に点対称になっている牌のこと。触らずの14枚は、ピンズの1、2、3、4、5、8、9、ソーズの2、4、5、6、8、9、白の14牌。

三同刻【さんどうこう】3同刻

麻雀で、マンズ、ピンズ、ソーズそれぞれの色で同じ数の刻子を揃えること。2翻役。三色同ポンともいう。

三色同ポン【さんしょくどうポン】3色同ポン

麻雀で、マンズ、ピンズ、ソーズで同じ数牌を3枚ずつ揃えること。2翻役。三同刻ともいう。

沈みウマ【しずみウマ】

麻雀の対局終了時に、原点より沈んだ人が支払う点数のこと。2位でも原点より沈んでいれば支払わなければならない。一方、3位でも原点より浮いていれば支払う必要はない。

客打ち【きゃくうち】

フリー雀荘の店員が、1人の客として麻雀を打つこと。

槓材【かんざい】

麻雀で、槓の宣言ができる暗刻、あるいは、明刻のこと。

先自摸【さきづも】先ヅモ

麻雀で、上家が牌を場に捨てる前に次の順番の人が山から牌をツモること。一般的には禁止している場合が多い。

荒牌平局【こうはいへいきょく】

麻雀の1局で4人全員が上がらず、また、流し満貫もなく終了すること。流局になること。

好牌【こうはい】

麻雀で、自分にとって都合のよい牌のこと。入り目の牌。

黒5【くろご】黒五

麻雀で、ドラ扱いにならない通常の牌のこと。ドラ扱いになる赤5と区別するために用いられる。黒5には5マン、5ピン、5ソーがある。

キック手【キックて】

麻雀で、親家を流すために、早い巡に1飜役で上がること。のみキックともいう。

クズ牌【クズはい,クズぱい】

麻雀で、配牌が悪い状態のこと。あるいは、必要牌にならない牌のこと。

クズ手【クズて】

麻雀で、聴牌した形が安い手のこと。上がり役もなく、ドラもない手牌のこと。

5ノコ【ゴノコ】

麻雀で、サイコロの合計が10の場合に、下家の山を5幢残して取ること。10幢数えるよりも、5幢数えたほうが早いため。

カンチャン搭子【カンチャンたーつ】

麻雀牌2枚が1、3や6、8のようにカンチャン待ちになっていること。嵌塔(かんたー)ともいう。

嵌塔【かんたー】

麻雀で、2つの牌がカンチャンの状態の塔子のこと。カンチャン搭子ともいう。

黒5ソー【くろウーソー】黒伍索,黒五索,黒5索,黒伍ソー,黒五ソー

ドラ扱いにならない通常の5ソーのこと。赤5ソーと区別する時に用いる。一般的には4牌ある5ソーのうち、3牌が黒5ソーになり1牌が赤5ソーになることが多い。

黒5ピン【くろウーピン】黒伍筒,黒五筒,黒5筒,黒伍ピン,黒五ピン

ドラ扱いにならない通常の5ピンのこと。赤5ピンと区別する時に用いる。一般的には4牌ある5ピンのうち、3牌が黒5ピンになり1牌が赤5ピンになることが多い。

黒5マン【くろウーマン】黒伍萬,黒五萬,黒5萬,黒伍マン,黒五マン

ドラ扱いにならない通常の5マンのこと。赤5マンと区別する時に用いる。一般的には4牌ある5マンのうち、3牌が黒5マンになり1牌が赤5マンになることが多い。

喰い伸ばす【くいのばす】

麻雀で、連続した同種の数牌4枚を、チーして2つの順子を完成させること。例えば、3、4、5、6とある時に、2をチーして2、3、4を完成させ、4をチーして4、5、6を完成させること。

槓振り【かんぶり】カン振り

麻雀で、槓の宣言をした直後に場に捨てた牌で他家がロンの宣言をすること。ローカルルールの1つ。

赤5【あかご】赤五

麻雀で、ドラ扱いになる懸賞牌のこと。通常の牌と区別するため赤色で塗られている。一般的には、5マン、5ピン、5ソーのそれぞれ1枚が赤5として扱われる。

空行為【くうこうい】

麻雀の空ポン、空チー、空カン、空ロンなどの総称。空ロンはチョンボ、それ以外は上がり放棄になる場合が多い。

供託 【きょうたく】

麻雀で、流局や親の連荘などで場に置かれている点棒のこと。リーチ棒なども供託に含まれる。

黒棒差【くろぼうさ】

麻雀で、他家との点数の差が数百点しかないこと。黒棒は100点棒のこと。

ギャル雀【ギャルじゃん】ギャル雀荘

ギャル系の女性がフリー雀荘の店員として働いている店のこと。

ギャル雀メンバー【ギャルじゃんメンバー】ギャルメン

ギャル雀の女性の店員のこと。

仮聴【かりてん】仮り聴

麻雀で、上がり役がないために面前でもロンの宣言ができない状態のこと。

面子カブリ【めんつカブリ】

麻雀で、場に捨てた牌で面子が出来あがること。

対子カブリ【といつカブリ】

麻雀で、場に捨てた牌を再びツモってくること。

加符【かふ】

麻雀で、符が追加されること。門前加符などがある。

片シャボ【かたシャボ】

麻雀で、シャボ待ちで、片方の待ちがすでにない状態のこと。両方とも待ちがない場合は空テンという。

開立直【かいりーち】

手牌を他家に見せてリーチを宣言すること。オープンリーチともいう。

子割れ【こわれ】

麻雀の割れ目ルールで、子家が割れ目のこと。子割れでは、マンガンの上がり点数が16000点になる。

外筋【そとすじ】

麻雀の山のうち、端から奇数番目の牌のこと。

エアーバンド

ライブで楽器を演奏せずに演奏のフリをするバンド。バンド構成でありながらボーカル以外は楽器を演奏しないパフォーマーである「ゴールデンボンバー」の代名詞となっている。

顔ファン【かおファン】

主にバンドやアーティストについて、曲ではなく容姿が好きだという理由でファンとなっている人のこと。音楽活動そのものにはあまり興味を持たず、外見が格好いいからファンだという人々。

V系【ブイけい】

「ビジュアル系」の略として用いられる表記。中性的で派手な衣装と化粧を際立った特徴とするロックバンドのカテゴリー。

何ともはや【なんともはや】

困惑した心情などについて、言葉ではとても言い表せない様子を述べた表現。「何とも」を強調した言い回し。

なるべくして,成るべくして

もっぱら「なるべくしてなる」の表現で用いられ、そうなることが当然であるかのようであり、果たしてそうなった、といった様子を述べる表現。

ならぬ堪忍するが堪忍【ならぬかんにんするがかんにん】成らぬ堪忍するが堪忍

堪忍できない物事において堪忍してやることが堪忍するということである、絶対に許せないようなことを許してやることこそが本当に許すということだ、という意味合いの表現。

ならぬ堪忍【ならぬかんにん】成らぬ堪忍

決して容赦できないこと、堪忍することができない様子などを意味する語。もっぱら「ならぬ堪忍するが堪忍」の言い回しで用いられる。

なにふじゅうない,何ふじゅうない

「何不自由ない」(なにふじゆうない)の誤記。「何不自由ない」は、何も不自由な思いをしない、何にも困らない、不足がない、全くもって快適だといった意味で用いる表現。

為す術はない【なすすべはない】なす術はない

どうすることもできない、何も打つ手がない、推移を見ていることしかできない、といった意味合いの表現。「為す術がない」とも言う。

トバイアス「Tobias」

(1)西洋の人名。「トビアス」と読む場合もある。
(2)Michael Tobiasが立ち上げたエレクトリックベースのメーカーおよびブランド。1970年代に創業し、エレキギターのメーカーであるギブソンに買収された。Michael Tobiasは1990年代にも再びエレキベースのブランド「Michael Tobias Design」を立ち上げている。

どさっと

重い物体・かさばった物体などが落ちる様子を表す語。「どさりと」が促音になった言い方。

どっちかって言うと【どっちかっていうと】

「どちらかと言うと」が変化あるいは転訛した粗雑な言い回し。何とも評価しかねる物事について敢えて一定の評価を与える場合、選択しかねるものを敢えて選択する場合などに用いられる表現。

トライヤル

トライアル(trial)の異表記。「トライアル」は試験、試用、試練、あるいは審理などを意味する英語。

トレッドノート

ドレッドノート(dreadnought)の誤記。ドレッドノートは「恐怖」(dread)と「皆無」(nought)から構成される語で、「恐れ知らず」「怖いもの知らず」といった意味の語。英国の戦艦の名称として広く知られる。「超ド級」の「ド」はドレッドノートのドである。

ドルマン「dolman」

トルコ発祥の服装のスタイル。ドルマンとはトルコ語で衣服を意味する語に由来するとされる。袖の付け根がゆったりした女性用の服を指すことが多く、袖の作りを特に指す場合は「ドルマンスリーブ」(dolman sleeve)と呼ぶこともある。

取り留めなく【とりとめなく】取留めなく

話が茫漠としていて要点がつかめないさま、散漫で筋道だっていない調子で話す様子などを意味する表現。

とりつく島【とりつくしま】取り付く島

もっぱら「取り付く島がない」の言い回しで用いられ、相手の対応が無愛想なため話の糸口が見いだせないさま、交渉を進める余地がない様子などを意味する表現。「とりつく」は手がかりとする、着手するといった意味合いを持つ語。

チームドクター

プロスポーツチームなどにおけるチーム専属の医師・医療担当者を指す語。チーム所属のスポーツ医。

褒めて進ぜよう【ほめてしんぜよう】

相手を褒める意味合いで用いられる表現。「進ずる」は「してあげる」の意味合いを含む。武家言葉のステレオタイプとして一般的に認知されている表現。同じ意味で城主大名が用いるステレオタイプ的な表現に「褒めてつかわす」がある。

褒めてつかわす【ほめてつかわす】褒めて遣わす,褒めて使わす

良く評価するという趣旨のことを上の立場からいう際の表現。「褒めてやる」といった尊大な意味合いを含む。城主大名が臣下の者や町人を褒める場面などを典型的イメージとする表現。

だけでなく

前述の物事の範囲や数量を前提として、後に挙げる対象がその範囲や数量に限定されない、いっそう広範・多量なものであることを述べる際に用いる表現。「のみならず」などとも表現する。

ダクティング「ducting」

配管、配管すること、ダクト工事、といった意味合いで用いられる語。または、ダクトを作る原材料のこと。配管を意味する「duct」を動詞として扱い動名詞として用いる語。

それでもなお,それでも猶

対象に何らかの状態の変化を引き起こすであろうと思われる事象が発生したが、その事象を経ても依然として従前の状態のままである様子を示す際に用いる表現。「それでも」「なお」は元々、それぞれ単体で同じ意味合いを表す語。

ずらい

多くの場合は「づらい」の誤表記。動詞の連用形に続き、動作が難しいことを意味する。「づらい」は「辛い」(つらい)が前の動詞によって連濁した語であるため「づ」の表記となる。

ささっと,ササッと,ささと

敏速に、手短に、手早く、手際よく、などの意味合いで用いられる表現。意味上「さっさと」とほぼ同様であるが、「さっさと」が多く否定的な場面で用いられるのに対して、「ささっと」は肯定的意味合いを伴うことが多い。

酒鬼薔薇聖斗【さかきばらせいと】

1997年に兵庫県で発生した、いわゆる神戸連続児童殺傷事件(神戸須磨児童連続殺傷事件)において、連続殺人を実行した犯人が残した文句。少年犯罪で実名が伏せられたこともあり事件や犯人の代名詞として認識されている。

コミッショネア「commissionaire」

一般的には「使い屋」「ブローカー」「番人」「ドアマン」などを意味する英語。「commissionnaire」と綴る場合もある。仏語に由来し、主にビジネス用語として用いられる。国際商取引の用語としては、「問屋」と訳されることが多い。

ごたごた,ゴタゴタ

複数の物事がまとまりなく存在しているさま、紛糾しているさまなどを意味する表現。

女性維新ブラ【じょせいいしんブラ】

女性向け下着メーカーのトリンプが2012年11月13日に発表した「世相ブラ」。日本女性の活躍を応援するメッセージを、2012年に特に着目されたキーワード「維新」と組み合わせた意匠。錫製のカップは女性鋳物職人が、腹部のおなか押さえにあしらわれた「維」と「新」の文字は女性鍛冶師が制作した。

 関連サイト:
トリンプ『女性維新ブラ』発表 - トリンプ 2012年11月13日

北京マラソン日本人拒否問題【ペキンマラソンにほんじんきょひもんだい】

中国陸上競技連盟が2012年11月25日に開催される北京国際マラソンの登録受付をウェブ上で開始した当初、参加者の国籍に「日本」の項目がなかったことに端を発する問題。中国国内からも非難を浴び、程なくして「日本」の項目が追加された。いわゆる尖閣問題を背景とする嫌がらせだったのではないかとの見方が強い。

大豆肉【だいずにく】

大豆を主原料として肉の代替食品として調理できるようにした食品。乾燥させたものが大豆肉もしくは大豆ミートとして販売されている。健康で栄養があり、肉料理テイストが味わえる食材として注目されている。

硬軟両様【こうなんりょうよう】

強硬な姿勢と弱気な姿勢の両方の姿勢。決して譲らない強い態度と、譲歩を基調とする弱い態度を併用すること。

お芝居【おしばい】

舞台演劇や演技を意味する「芝居」に丁寧の「お」が付いた表現。演技することを指す場合や、演劇全般を指す場合などがある。

おちゃらけた

軽い調子でふざけた、いい加減な感じでいるさまなどを表す言い回し。「ちゃらける」に「お」が付いて活用した形。

トンスル

韓国で製造・飲用される、人糞や家畜の糞を原料の一つとする酒。

日本のエンターテインメント系ウェブサイト「ロケットニュース24」によれば、トンスルは現在の韓国でも闇で製造されており、アクの強い薬用酒のような風味がするという。

関連サイト:
韓国伝統の人糞酒『トンスル』を飲んでみた - ロケットニュース24 2012年11月11日

尼【あま】

(1)出家して仏門に入った女性をさす語。梵語に由来する。
(2)女性をののしって言う語。「このアマ」などのように用いることが比較的多い。
(3)インターネット通販の大手サービス「アマゾン」 の俗称。インターネットスラングの一種。

ぶつ森【ぶつもり】

任天堂が販売するゲームソフト「どうぶつの森」シリーズの略称。主にインターネット上で用いられる語。ニンテンドーDS向けタイトル「おいでよ どうぶつの森」などは「おい森」などと呼ばれることもある。

Zポーズ【ゼットポーズ】

女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の決めポーズの一つで、左手と右足を上げて「Z」の線を作るポーズのこと。やや「シェー」に似る。

亜シリーズ【アシリーズ】

「アジアシリーズ」の略で、主に日本、中国、台湾、韓国などのプロ野球チームが参加する国際公式戦を指す語。

霊長類最強女子【れいちょうるいさいきょうじょし】

2012年ロンドンオリンピックのレスリング女子55キロ級で金メダルを獲得し、オリンピックとレスリング世界選手権大会を合わせ通算13連覇を達成した吉田沙保里選手に対してつけられたあだ名。