スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 4, 2012の投稿を表示しています

それはそうと

話題を転換する際に用いる表現。前述の話題は前述の話題として一旦措いておいて、別の話題になるけれども、といった意味合いで用いられる言い回し。「それはそうとして」などとも言う。

そうこうしている

もっぱら「そうこうしている間に」「そうこうしているうちに」の言い回しで用いられ、「いろいろな物事にかかずらっている間に」「何やかやと忙しくしているうちに」などの意味で用いられる表現。

シビヤ

「シビア」(severe)の異表記。厳しい、手厳しい、きついといった意味の英語。

してしまい

物事を完了させたことを意味する語。動詞に続けて用いられ、直後に文章が続く。たいていの場合はそれによって悪い結果を生んでしまったという意味合いを含む。

さりげなく,さり気なく

意図をおもてに出さないようにしながら行うさま、そう思ってはいないような何気ないそぶりで、といった意味の表現。

「さりげ」は「然りげ」と書き、古語「さありげ」から転じた語。

昨今用いられる「さりげに」という表現は、「さりげなく」を省略したものと解釈される。「なにげに」も「なにげない」から出た語であり、「ぞっとする」「ぞっとしない」のように、肯定形でも否定形でも意味が同じ表現は他にもいくつかある。

これぞ

ある物を指し示す際に、その対象を特に強調する意味で用いる表現。「これこそ」「これこそが」などとも言う。

ごゆっくり

「ゆっくり」に丁寧語の「ご」をつけた表現。もっぱら、客に対して、気楽に、ゆとりを持って振舞ってくださいと声を掛ける際に用いられる表現。

この中で【このなかで】

特定の範囲を対象として指し示す際に用いる表現。行動範囲を限定する場合や、選択対象の範囲として限定する場合などに用いられることが多い。

クラウチング「crouching」

屈む、しゃがむ、腰を低くするといった意味の英語。crouchの現在分詞形。短距離走のスタート方法の一種である「クラウチングスタート」の語などで知られる。

グーパン

拳固で殴ること。グーで殴るということを明示する際に用いる表現。

ガンメタ

「ガンメタリック」の略。主に金属光沢のある濃いグレーを指す。語源としては砲金(gunmetal)の色、すなわち銅と錫の合金の色を指すとかんがえられるが、現在では拳銃などに多く見られるシブい色といった意味で用いられる場合も少なくなく、具体的な色味の範囲にはあいまいさがある。

かなりの

程度のはなはだしさを表す語。極端ではないが通常といえる範囲を大幅に超えている程度について用いる表現。

カッティングシート

文字や図形の形に裁断したシールのこと。物体の表面に貼り付けることで、塗装せずに手軽に文字や模様をつけることができる。

といった

列挙した物事を概括する表現、あるいは、名詞に収束させる形でいくつかの例を挙げる言い方。

どうだろう

物事のありようについて疑問を投げかける表現。「どうだろうか」とも言う。

という訳【というわけ】というワケ

物事の理由、それに至った事情や背景などを述べた後に、それが理由・背景となっているのだということを示す意味合いで用いられる表現。ある程度長い説明をし終えた後の締めくくりとして使用するのが典型的な用い方と言える。

であれば

前述した事柄を受け、そこから導かれる論を述べる際に用いられる接続詞的な表現。「そうであるならば」のようにも言う。

ついうっかり

思わず、そうしようという気がなかったのに、といった意味の表現。「つい」と「うっかり」から成る言い回しで、「つい」も「うっかり」も概ね同じ意味を表す語。

棒弱無人

「傍若無人」(ぼうじゃくぶじん)の誤記。「傍若無人」は、周囲に誰もいないかのように無思慮、身勝手に振舞う様子を意味する語。

だとすれば

前述の事柄を前提にして、そこから類推または論理的に導かれる事柄について言及する際に用いられる接続詞的な表現。「とすれば」「とすると」「するってえと」などとも言う。

タイムロス

時間の損失、無駄な時間を過ごしたことなどを意味する語。英語では「loss of time」のような表現がより一般的といえる。ちなみに「ロスタイム」は和製英語。

乾燥ナマコ【かんそうナマコ】乾燥なまこ,乾燥海鼠

ナマコを乾燥させた食品。水で戻して食べる。黒ナマコを乾燥させたものは乾燥黒ナマコとも言う。中国での需要が高く、古来より日本の対中輸出品として重要な位置を占めた。現在でも乾燥ナマコは日本の水産輸出品の主力である。

関連サイト:
乾燥ナマコ輸出のための 計画的生産技術の開発 - 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所