2012年10月30日火曜日

一鳴き聴牌【いちなきてんぱい】一鳴きテンパイ

麻雀で、チー、あるいは、ポンを1回宣言しただけで聴牌すること。1回鳴いただけでテンパイすること。

喰いタン【くいタン】

チーやポン、カンなどをしてタンヤオ(断么九)で上がること、あるいは、タンヤオを作ること。

切り上げ萬貫【きりあげまんがん】切上げ萬貫,切上萬貫,切上げマンガン,切上マンガン,切り上げマンガン

30符でも、場ゾロを含めて6飜以上あればマンガンとするルールのこと。30符6飜は、子が7,700点、親が11,600点になるが、切り上げ萬貫の場合には、子が8,000点、親が12,000点になる。

九種九牌【きゅうしゅきゅうはい】,9種9牌

配牌で手牌に么九牌が9種類以上あった時の、流局させるための宣言のこと。宣言をしなければ流局はしない。

一九牌【いちきゅうはい】,19牌

1マン、1ピン、1ソー、9マン、9ピン、9ソーのように1と9の牌のこと。一九牌は24牌ある。

片和り【かたあがり】

役がなくて上がれない牌がある時に、役のある牌で上がること。例えば、1ピンと4ピンの両面待ちで1ピンだとタンヤオで上がれない時に、4ピンで上がること。

風牌【かぜはい】

東、南、西、北の4種類の麻雀牌のこと。風牌は16牌ある。

イチニーロクトー,イチニロクトー,1・2・6・10

持ち点が27,000点で開始する麻雀の点棒の数え方。1万点棒が1本、5千点棒が2本、千点棒が6本、百点棒が10本のこと。

イチニーキュートー,イチニーキュウトー,イチニキュートー,イチニキュウトー,1・2・9・10

持ち点が30,000点で開始する麻雀の点棒の数え方。1万点棒が1本、5千点棒が2本、千点棒が9本、百点棒が10本のこと。

イチニーヨントー,イチニヨントー,1・2・4・10

持ち点が25,000点で開始する麻雀の点棒の数え方。1万点棒が1本、5千点棒が2本、千点棒が4本、百点棒が10本のこと。

安牌【あんぱい】

麻雀で、他家に和了されない牌のこと。安全牌(安全パイ)ともいう。例えば、7ピンが4牌、8ピンが3牌、場に出ている場合、手持ちの8ピンを捨てても他家には和了されない。

放銃者【ほうじゅうしゃ】

麻雀で、上がり牌を振り込んだ人のこと。

赤5ソー【あかウーソー】赤伍索,赤五索,赤5索,赤伍ソー,赤五ソー

表示部分が赤色で塗られた、ドラ扱いの5ソーのこと。赤ドラの1つ。一般的には4牌ある5ソーのうち、1牌が赤5ソーになることが多い。

赤5ピン【あかウーピン】赤伍筒,赤五筒,赤5筒,赤伍ピン,赤五ピン

表示部分が赤色で塗られた、ドラ扱いの5ピンのこと。赤ドラの1つ。一般的には4牌ある5ピンのうち、1牌が赤5ピンになることが多い。

赤5マン【あかウーマン】赤伍萬,赤五萬,赤5萬,赤伍マン,赤五マン

表示部分が赤色で塗られた、ドラ扱いの5マンのこと。赤ドラの1つ。一般的には4牌ある5マンのうち、1牌が赤5マンになることが多い。

赤ドラ【あかドラ】

表示部分が赤色で塗られた、ドラ扱いの牌のこと。一般的には5マン、5ピン、5ソーのそれぞれ1牌ずつ、合計3牌が赤ドラ扱いになることが多い。また、ドラ表示牌が4マンや4ピン、4ソーの場合には、赤ドラ1枚でドラドラ(ドラ2つ)扱いになることが多い。

五面張【ごめんちゃん】ゴメンチャン

麻雀で、5種類の待ち牌がある状態のこと。多面張の1つ。五面待ちともいう。例えば、ピンズの2、3、4、5、6、6、6の組合せでは、ピンズの1、2、4、5、7で和了できる。

四面張【よんめんちゃん】ヨンメンチャン

麻雀で、4種類の待ち牌がある状態のこと。多面張の1つ。四面待ちともいう。例えば、ソーズの5、5、5、6、7、8、9の組合せでは、ソーズの4、6、7、9で和了できる。

三面張【さんめんちゃん】サンメンチャン

麻雀で、3種類の待ち牌がある状態のこと。多面張の1つ。三面待ちともいう。例えば、ピンズの3、4、5、6、7の組合せでは、ピンズの2、5、8で和了できる。

五面待ち【ごめんまち】5面待ち

麻雀で、待ち牌が5種類あること。多面待ちの1つ。五面張ともいう。例えば、ソーズの4、4、4、5、6、7、8の組合せでは、ソーズの3、5、6、8、9で和了できる。

四面待ち【よめんまち】4面待ち

麻雀で、待ち牌が4種類あること。多面待ちの1つ。四面張ともいう。例えば、マンズの1、1、1、2、3、4、5の組合せでは、マンズの2、3、5、6で和了できる。

三面待ち【さんめんまち】3面待ち

麻雀で、待ち牌が3種類あること。多面待ちの1つ。三面張ともいう。例えば、マンズの2、3、4、5、6の組合せでは、マンズの1、4、7で和了できる。

変則二面待ち【へんそくにめんまち】変則2面待ち,変則リャンメン待ち

麻雀で、3面子ができあがり、残りの4枚の組合せが単騎待ちと嵌張待ちの組合せだったり、単騎待ちと辺張待ちの組合せだったりする状態のこと。例えば、マンズの8、8、8、9や、ソーズの2、2、2、4の組合せなどが挙げられる。

亜両面【ありゃんめん】

麻雀で、3面子ができあがり、両面待ちの片方が雀頭のような状態のこと。例えば、ピンズの7、8、9、9や、ソーズの2、3、4、4などの組合せが挙げられる。

多面張【ためんちゃん】タメンチャン

麻雀で、待ち牌が3種類以上ある状態のこと。例えば、3面子ができあがり、マンズが6、6、6、7の組合せの場合、マンズの5、7、8で和了できる。多面待ちもいう。

多面待ち【ためんまち】

麻雀で、待ち牌が3種類以上あること。例えば、3面子ができあがり、マンズが3、3、3、4の組合せの場合、マンズの2、4、5で和了できる。多面張(タメンチャン)ともいう。

国士無双十三面待ち【こくしむそうじゅうさんめんまち】

麻雀の上がり役である国士無双のうち、手牌に13種13枚の么九牌が1枚ずつある状態のこと。どの么九牌でも和了できる。

双碰待ち【しゃんぽんまち】シャンポン待ち

麻雀で、3面子ができあがり、残された4牌が2つの対子の状態のこと。例えば、マンズの6とピンズの3が対子、ソーズの1と中が対子の状態などが挙げられる。

嵌張待ち【かんちゃんまち】カンチャン待ち

麻雀で、雀頭と3面子ができあがり、残された2牌が嵌搭子の状態のこと。例えば、マンズが3、5とある状態やピンズが7、9とある状態などが挙げられる。

両面待ち【りゃんめんまち】リャンメン待ち

麻雀で、雀頭と3面子ができあがり、残された2牌が両面搭子の状態のこと。例えば、ピンズが3、4とある状態やソーズが5、6とある状態などが挙げられる。

辺張待ち【ぺんちゃんまち】ペンチャン待ち

麻雀で、雀頭と3面子ができあがり、残された2牌が辺搭子の状態のこと。例えば、マンズが1、2とある状態やピンズが8、9とある状態などが挙げられる。

不聴罰符【のーてんばっぷ】ノーテン罰符

麻雀で、流局時に聴牌してない人が聴牌している人に対して点棒を払うこと。

ツモ専【ツモせん】つも専

麻雀で、ツモ上がりしないと上がれない聴牌のこと。シュンツをフーロして、例えば、手牌に役牌以外のアンコが2組、トイツが2組ある場合などが挙げられる。

片和了【かたあがり】片あがり

麻雀で、待ち牌が2種類以上あり、上がれる牌が待ち牌の種類よりも少ない場合の聴牌のこと。例えば、ピンズの1、4、7待ちで4と7なら和了できるが、1ではタンヤオにならないため和了ができない場合などが挙げられる。

空聴【からてん】空テン,カラテン

麻雀で、聴牌しているものの、待ち牌が場にすべて出ているため和了できない状態のこと。

形式聴牌【けいしきてんぱい】形式テンパイ,形テン,ケイテン

麻雀で、上がり役がない状態で聴牌すること。ただし、嶺上開花(リンシャンカイホウ)、槍槓(チャンカン)、海底(ハイテイ)などで和了できる。

誤フーロ【ごフーロ】誤副露

麻雀で、ポン、チー、カンをした際に誤った牌をさらすこと。チョンボや上がり放棄、罰符の対象になることが多い。

加槓【かかん】

麻雀で、明刻子の牌と同じ牌をツモった時に槓の宣言をすること。小明槓ともいう。

小明槓【しょうみんかん】

麻雀で、ポンをした牌と同種の牌をツモった時に槓の宣言をすること。加槓ともいう。

大明槓【だみんかん】

麻雀で、手の内にアンコが3枚ある時に、他者の捨てた同種の牌に対して槓の宣言をすること。

いたずらな,悪戯な,イタズラな

腕白な、戯れの、困った悪ふざけの、などの意味の表現。

いずれまた

近い将来に、同じことが再び起きること。「木はいずれまた生えてくる」「いずれまたお会いしましょう」などのように用いる。

如何なもの【いかがなもの】

もっぱら「如何なものか」の形で用い、それはいったいどのようなものか、と疑問を投げかける表現。単なる問いかけではなく、婉曲的に否定や非難を表明するという意味合いが強い。

ええ格好しい【ええかっこうしい・ええかっこしい】ええカッコしい

人前で格好をつける人、自分の格好いいところを見せ注目を集めようとする人などの意味の語。やや嘲りの意味合いを含んだ表現。「いい格好しい」とも言う。

良い格好しい【いいかっこうしい・いいかっこしい】いい格好しい

よいところを見せようとして目立つ振る舞いをする人、人前で格好をつける人、などの意味の語。あまり好ましくない意味合いで用いられる表現。「ええ格好しい」とも言う。

ありがとうございました,有難うございました,有り難うございました

物事の後でお礼を述べる表現。「ありがとうございます」の過去形。相手に助けてもらった、手伝ってもらった、あるいは試合相手との対戦を終えた後など、さまざまな場面で用いられる。

AndroidOS【アンドロイドオーエス】アンドロイドOS

スマートフォン向けプラットフォーム「Android」に含まれているオペレーティングシステムやアプリケーションプログラムのうち、特にオペレーティングシステムについて言及する場合の表現。多くの場合、「オペレーティングシステムの一種として把握されるAndroid」とでも言うべき、さほど厳密でない意味合いで用いられている。

10両編成【じゅうりょうへんせい】十両編成

主に鉄道車両が10両つらなって運行されるさま、10車輌による編成などを意味する語。

8両編成【はちりょうへんせい】八両編成

主に鉄道車両が8両つらなって運行されるさま、8車輌による編成などを意味する語。

4両編成【よんりょうへんせい】四両編成

主に鉄道車両が4両つらなって運行されるさま、4車輌による編成などを意味する語。

3両編成【さんりょうへんせい】三両編成

主に鉄道車両が3両つらなって運行されるさま、3両の車輌による編成を指す語。鉄道の車両編成には1両編成もあれば15両編成のものもある。

2両編成【にりょうへんせい】二両編成

主に鉄道車両が2両つらなって運行されるさま、2両の車輌による編成を指す語。

1両編成【いちりょうへんせい】一両編成

主に鉄道車両が1両のみで運行されるさま、1車両のみの車両編成を指す語。「単行列車」とも呼ばれる。

1インチ【いちインチ】「1 inch」1吋,一吋

ヤード・ポンド法において基本の長さとなる、25.4ミリメートルに相当する長さ。12分の1フィートに等しい。

敘述

日本語「叙述」に対応する繁体字の表記。

油汚れ【あぶらよごれ】油よごれ

油脂の付着による汚れの総称。

撥油【はつゆ】

油分すなわち油性の液体をはじくこと、および、そうした性質を意味する語。いわゆる油汚れの付着や、油によるギラつき・ギトつきの低減などが期待できる。撥油と同様に、水をはじくことを「撥水」という。

礼節を重んずる【れいせつをおもんずる】

礼儀作法や節度を尊重し、決してないがしろにしない姿勢を指す表現。「礼節を重んじる」とも言う。

礼節を重んじる【れいせつをおもんじる】

礼儀作法や節度を尊重し、ないがしろにすることのない姿勢を指す表現。「礼節を重んずる」とも言う。

律す【りっす・りつす】

「律する」の文語的な表現。特定の枠組みを基準とし、それに従うことなどを意味する表現。

了解を得る【りょうかいをえる】

趣旨や意図を理解してもらい承知してもらうこと、その通りに事を進めてもよいという同意を示してもらうことを意味する表現。「承諾を得る」、「OKを得る」、企業においては「決裁を得る」などとも言う。

裏稼業【うらかぎょう】

本業として公にしている仕事と平行して隠れて営む仕事、裏の稼業を指す表現。表沙汰にできない性質の仕事を指すことが多い。

揺籃の地【ようらんのち】

物事がそこで生まれて育まれた土地、ゆりかごの役目を果たした土地といった意味の表現。人物の出生地を意味する他、文化や文明の起源となった地を指すことも多い。

無闇【むやみ】無暗

結果を十分に考えずに、無思慮に行動するさま、加減を考えずやたらめったらと行うことなどを意味する表現。「むやみやたら」の言い回しで用いられることが多い。

味がある【あじがある】

独特の趣や面白さが感じられるさま、味わい深いさまなどを意味する表現。

凡庸性【ぼんようせい】

(1)ありふれていて特に目立った点も認められないという性質のこと、または、その程度を意味する語。凡庸であるという性質。
(2)「汎用性」(はんようせい)の誤り。「汎用性」とは、用途が限られていないさま、幅広い用途に使用できるさまなどを意味する表現。

壁にぶつかる【かべにぶつかる】壁に打つかる

行く手を阻む存在に出くわし、容易にあるいは全く前進できなくなるさまを意味する語。障害、障壁、困難にぶち当たるさま。

柄にもなく【がらにもなく】柄にも無く

いつもと異なるさま、その人には似つかわしくない様子などを意味する語。

畢生の大業【ひっせいのたいぎょう】

一生涯のうちに行われるあらゆる物事の中で最も大規模な事業や営み、または最も偉大な業績を指す表現。

畢生の大作【ひっせいのたいさく】

その人の全生涯における所産のうち、最も大規模、もしくは最も優れた作品を指す語。例えば19世紀の画家ポール・ゴーギャンの畢生の大作は一般的に「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」であるとされる。

非日常的【ひにちじょうてき】

いつも通りのありきたりな様子でないさま、日常とはかけ離れた異様さが感じられる様子などを意味する表現。語の成り立ちから、強いて「日常的でない」(非-日常的)と「非日常な感じがする」(非日常-的)に分けることもできる。