2012年10月17日水曜日

売上高利益率【うりあげだかりえきりつ】

当期純利益の売上高に占める割合のこと。当期純利益を売上高で割って求めることができる。

現預金月商比率【げんよきんげっしょうひりつ】

決算日に、企業が月商の何か月分のキャッシュ(現預金)を保有しているかを示す指標のこと。現預金を売上高で割って求めることができる。

有利子負債月商比率【ゆうりしふさいげっしょうひりつ】

決算日に、企業が月商の何か月分の有利子負債を抱えているかを示す指標のこと。借入金を売上高で割って求めることができる。

在庫回転期間【ざいこかいてんきかん】

在庫した日から在庫がなくなるまでの期間のこと。

売上債権回転期間【うりあげさいけんかいてんきかん】

商品を販売したことによって発生した売上債権の回収期間のこと。

財務レバレッジ【ざいむレバレッジ】

企業の自己資本が総資本の何倍かを示したもの。「総資本÷自己資本」で求めることができる。

おこずかい

「お小遣い(おこづかい)」の誤り。お小遣いは、小額のお金のこと。または、親などから自由に使ってよいものとして与えられたお金のこと。「小遣い」に接頭辞「お」がついたもの。

引指注文【ひけさしちゅうもん】

株式取引などにおいて、前場の引け、あるいは、後場の引けになったら指値で注文を出す方法。

寄指注文【よりさしちゅうもん】

株式取引などにおいて、前場の寄付き、あるいは、後場の寄付きになったら指値で注文を出す方法。

寄成注文【よりなりちゅうもん】

株式取引などにおいて、前場の寄付き、あるいは、後場の寄付きになったら成行で注文を出す方法。

気まくれ

「気まぐれ(きまぐれ)」の誤り。気まぐれは、気分が変わりやすく、また、予測も付きにくいこと。

慙愧の念【ざんきのねん】

自分の言動を反省して恥ずかしいという思い、気持ち。

滞納税【たいのうぜい】

納期限が過ぎても納税しない場合に発生する延滞金のこと。

滞納者【たいのうしゃ】

定められた期限を過ぎてもお金を納めない人のこと。

滞納金【たいのうきん】滞納料金,滞納金額

定められた期限を過ぎても納めないお金のこと。

粗砕【そさい】

塊を粗めの形に砕くこと。

解砕【かいさい】

塊を解きほぐすこと。ばらばらにすること。

STMTサイズ【ステイトメントサイズ】

主にアメリカ合衆国で用いられている紙のサイズの名称。大きさは横140mm、縦216mm。

御待史

「御侍史(ごじし)」の誤り。御侍史は、手紙の脇付として記して、相手への敬意を表す時に用いる語のこと。

何のこっちゃ【なんのこっちゃ】

「何のことですか」、「何を言っているんだ」の意味。主に関西地方で用いる。

けたくそ悪い【けたくそわるい】

「しゃくにさわる」、「気分が悪い」の意味。主に関西地方で用いる。

ええ加減にしいや【ええかげんにしいや】

「いい加減にしなさい」の意味。主に関西地方で用いる。

放浪癖【ほうろうへき】

あてもなくさまよい歩く癖、あるいはふらふらとどこかにいなくなる性質などを意味する表現。

放浪民族【ほうろうみんぞく】

あてもなくさまよい歩いている民族のこと。

放浪者【ほうろうしゃ】

あてもなくさまよい歩いている人。さすらいの人。

聖人君主

「聖人君子(せいじんくんし)」の誤り。聖人君子は、知識や徳望のすぐれた理想的な人物のこと。

次から次【つぎからつぎ】

物事が途切れなく連続して発生するさま、事案が続けざまに舞い込んでくる様子などを指す表現。一般的には「次から次と」「次から次へと」などの形で用いられる。

才数【さいすう】

貨物の容積を計る時に用いる単位のこと。1才は1辺がおよそ30センチメートルの立方体。

根域制限栽培【こんいきせいげんさいばい】

防根透水シートを用いて根域を制限した栽培方法のこと。

半促成栽培【はんそくせいさいばい】

野菜や花などを、前半はハウス内で栽培して、後半はハウスのカバーを取り除いて栽培すること。

容器栽培【ようきさいばい】コンテナ栽培

植木鉢やプランターなどに植物を植えて栽培すること。

四半期財務諸表【しはんきざいむしょひょう】

四半期ごとに作成する財務諸表のこと。金融商品取引法の適用を受けた上場企業などが作成する。

株主資本変動計算書【かぶぬししほんへんどうけいさんしょ】

貸借対照表の純資産の部が当期中において変動した場合にその内容を記す書類のこと。

現金及び預金【げんきんおよびよきん】

現金や普通預金、当座預金など会計上の科目の総称のこと。流動資産の1つ。

認知調停【にんちちょうてい】

婚姻関係にない父と母の間に出生した子を父が認知しない場合に、子や子の直系卑属が父を相手方として起こす調停手続きのこと。

親子関係不存在確認【おやこかんけいふそんざいかくにん】

主に、前妻が前夫を相手方として、子と前夫との間の親子関係の不存在を確認することを求めること。調停などを通じて行われることが多い。

嫡出推定制度【ちゃくしゅつすいていせいど】

婚姻成立の日から200日後に出生した子、および、婚姻解消の日から300日以内に出生した子は、婚姻中に懐胎したと推定すること。民法772条により規定されている。

無戸籍児【むこせきじ】

戸籍が無い子ども。戸籍未記載の子ども。通常は、出生届をすることにより戸籍に記載されるが、出生届をしなければ戸籍に記載されない。

無戸籍【むこせき】

戸籍が無いこと。通常は、出生届をすることにより戸籍に記載されるが、出生届をしなければ戸籍に記載されない。

なるようにしかならない,成るようにしかならない

「なるようになる」をもじって諦念を込めて表した言い方。「なるようになる」が持つ「何とかなる(から流れに任せなさい)」といった意味を逆手に取って「どんなに努力しても運命をより良いものにする足しにはならない」といった意味合いを強調した表現。


なるようになる,成るようになる,成るように成る,なるように成る

いろいろと気を揉んだり焦ったりしなくても物事はうまい具合に進行する、流れに任せてしまえばよい、といった意味合いで用いられる表現。「ケセラセラ」とも言う。

対戦車【たいせんしゃ】

対象に戦車を想定した装備を形容する語。戦車の破壊や、戦車の攻撃からの防御などを目的とする装備を指す。「対戦車砲」などのように用いられる。

物故ロス

「ぶっ殺す」の意味で用いられるインターネットスラング。「ぶっころす」を敢えて誤変換させた語。意図的な誤変換はインターネットスラングの常套手段の一種である。

国際結婚【こくさいけっこん】

互いに国籍の異なるカップルが結婚すること、外国籍の配偶者を持つことを意味する語。

遠距離恋愛【えんきょりれんあい】

互いに遠方に住んでいるため容易には会えない状況における恋愛関係を意味する語。互いに他県や他の地方で暮らしている場合などは遠距離恋愛とされることが多い。手紙や電話などが主なコミュニケーション手段となる。

遠路はるばる【えんろはるばる】遠路遥々,遠路遥遥

長く遠い道のりによって隔てられているさま、および、そのような長距離を苦労を押して移動する様子を意味する語。

金離れが良い【かねばなれがよい】金離れがよい

豪勢で気前のよい金遣い、金の支払いを惜しまない様子などを指す表現。

超大物アーティスト【ちょうおおものアーティスト】

アーティストとして活動している歌手やバンドのうち、特に「大物」として地位・名声を確立している者を指す語。大御所の中の大御所。

野外フェス【やがいフェス】

「野外フェスティバル」あるいは「野外フェスタ」の略。屋外で開催される祭典を指す語。音楽の祭典・ロックフェスティバルを指す場合が多い。

綱紀の粛正【こうきのしゅくせい】

不正のはびこる体制を厳しく取り締まり、不正を取り除くこと。主に政治・政界について用いられる表現。「綱紀粛正」とも言う。

角部屋【かどべや】

建物の端に位置している部屋のこと。角にある部屋。角部屋以外の部屋では隣室が両隣に存在するが、角部屋では隣室が片側にしかなく、2面に窓を設けることができる。そのため日当たり・風の通りがよい場合が多い。集合住宅・賃貸物件では他の部屋より賃料が高く設定されている場合もある。

ありですか,アリですか

俗に、許容されるか否か、評価に値するかどうかといった事柄について問いかける表現。あり得ない、という意味で反語的に用いる場合もある。

ハイヤーグラウンド「higher ground」

(1)高台、高地、高みといった意味の英語。
(2)福岡県で開催される九州最大規模の野外音楽フェスの名称。

部門長【ぶもんちょう】

組織内のあるまとまりにおいて最も地位の高い者を意味する語。部門の長。企業の事業部門は「部」と呼ばれることが多く、その責任者は一般的に「部長」と呼ばれる。

左斜め下【ひだりななめした】左ななめ下

左寄りの下方向を表す表現。左に向かって斜め下の方向。単に「左下」とも言う。

左斜め上【ひだりななめうえ】左ななめ上

左寄りの上方向を表す表現。左に向かって斜め上の方向。単に「左上」とも言う。

右斜め下【みぎななめした】右ななめ下

右寄りの下方向を表す表現。右に向かって斜め下の方向。単に「右下」とも言う。

右斜め上【みぎななめうえ】右ななめ上


右寄りの上方向を表す表現。右に向かって斜め上の方向。単に「右上」とも言う。

腰ぎんちゃく【こしぎんちゃく】腰巾着

腰に巻いた帯に装着して携帯する巾着のこと。転じて、上司や権力者に常に付き従っている人を嘲っていう表現。

かばん持ち【かばんもち】鞄持ち,カバン持ち

鞄を持つ役割の人。上司の鞄を持って随伴する人、転じて上役にいつも付き従っている人を指す蔑視を含んた表現。似た意味の語に「腰巾着」がある。

ドラム缶詰め【ドラムかんづめ】 

ドラム缶に物を詰め込むこと。特に殺人事件でドラム缶を容器にして死体をセメントに埋め込む、いわゆるコンクリート詰めを指す場合が多い。

銭淵【ぜにぶち】

新潟県南魚沼市坂戸にある「銭淵公園」の略称、および同公園内にある淵の名称。長尾政景の死地と言い伝えられる。六文銭(六道銭)を供えて長尾政景を供養したことが「銭淵」の名称の由来といわれている。

関連サイト:
 【南魚沼の魅力】銭淵公園(ぜにぶちこうえん) - 新潟県

惹きつける【ひきつける】惹き付ける

人の心や興味を向かせること、好ましい印象によって関心をひくことなどを意味する語。「引きつける」とも表記するが、特に心を引き付ける意味合いを持たせる場合に「惹」の字が用いられることが多い。

魅きつける,魅き付ける

「引き付ける」の異表記。特に人を魅了して心を向けさせるといった意味合いで用いられる文字遣い。「惹きつける」という表記も同様の意味合いで用いられる。

畜牛【ちくぎゅう】

家畜として飼育されている牛のこと。畜産用の牛。

指定表記【していひょうき】

(1)特定の情報を指定するために用いられる表示、または、その表記方法のこと。「成人指定表記」などのように用いられる。
(2)特定の情報を示す書き方としてあらかじめ指定されている表記。「指定表記を使用してください」などのように言う。

成男

人名。一般的には「なりお」、「なるお」、あるいは「しげお」と読む。

アレオレ詐欺【アレオレさぎ】あれオレ詐欺,あれ俺詐欺,あれおれ詐欺

他人が成し遂げた功績を「あれやったの俺なんすよ」と自分の手柄にしてしまうことを指す語。他人の成果を横取りするさま、またはそういう内容のことを吹聴する人を非難する意味で用いられる。

やるやる詐欺【やるやるさぎ】

やる、実行すると約束しておきながら、結局実施しないことを非難する表現。いわゆる「オレオレ詐欺」になぞらえた語とされる。公約を実現しようとする兆しの見えない政権などに対して用いられる。

光学迷彩【こうがくめいさい】

物体に光を透過させるか、光を透過させるのと同様の状況を擬似的に作り出すことにより、周囲や背後の景観と区別できなくする(迷彩)技術。光学的な迷彩技術。物体に背後の映像を投影して光学迷彩を実現する技法は実用化されつつある。

猫なで声【ねこなでごえ】猫撫で声,ネコなで声

優しげで媚を含んだ声の様子を指す表現。一般的には、撫でられている猫の様子に例えた表現とされる。猫を撫でる人に例えているとする見解もある。

ミミズが這ったような【ミミズがはったような】蚯蚓が這ったような

ミミズが這い進んだ跡を連想させる、雑で汚い筆跡を形容した語。「蚯蚓ののたくったよう」などともいう。

オサレ

「オシャレ」(お洒落)が転訛したインターネットスラング。オシャレに気を配ってはいるが今ひとつ洗練されていない様子を揶揄する意味合いで用いられることが多い表記。「シャレオツ」などもこれを同種の皮肉な意味合いで用いられることがある。

敗れたり【やぶれたり】破れたり

「敗る」に完了を意味する「たり」が付いた表現。漫画作品などで、相手の取って置きの技を見切った・見破った場面などで典型的に用いられる言い方。

メガネ女子【メガネじょし】めがね女子,眼鏡女子

メガネをかけた女性のこと。特に漫画やアニメなどにおけるメガネをかけた女の子のキャラクターは「メガネっ子」(メガネっ娘)などとも呼ばれる。知的、内向的、ドジっ娘などのような性格で描かれやすく、萌え属性に数えられることもある。

メガネ男子【メガネだんし】めがね男子,眼鏡男子

メガネをかけた男性のこと。メガネをかけた姿が洗練されていてかっこいいという意味合いにおいて用いられる表現。女性の場合はメガネ女子などと呼ばれる。

CJフードヴィル【シージェーフードヴィル】「CJ Foodville」CJフードビル

韓国の大手外食チェーン。ビビンバレストラン「bibigo」(ビビゴ)などを展開している。

ビビゴ「bibigo」

韓国のCJ Foodvilleが運営する、ビビンバを中心に韓国料理を提供するレストラン。ビビンバのトッピングが選べるなどの特徴がある。2012年10月、東京(武蔵村山市)に日本1号店をオープンすると発表した。

業界関係者【ぎょうかいかんけいしゃ】

その業界に関係のある人、関与している人。業界に属している人。特に芸能関係の仕事に就いている人を指す場合がある。

業界人【ぎょうかいじん】

業界に属している人、業界の構成員としてのその人などの意味で用いられる表現。単に「業界」「業界人」などといった場合には、芸能界や音楽業界などを指していることがある。

業界【ぎょうかい】ギョーカイ

同じ産業に携わる人々からなる社会・コミュニティなどを意味する語。単に「業界」といって芸能界を指している場合がある。

シャレオツ

「オシャレ」(お洒落)を逆さにして、いわゆる業界用語風にした語。オシャレなさま、オシャレをしている様子などを指して用いられるが、皮肉な意味で揶揄を込めて用いられる場合も少なくない。

歌姫【うたひめ】

女性歌手を意味する語。美称として多く用いられる。

早船競漕【はやぶねきょうそう】

早く進む船で漕ぎ競うこと。代表的な催しとして、熊野速玉大社で催される御船祭の競漕がある。