2012年10月10日水曜日

朴葉【ほおば】

モクレン科の植物、朴の木(ホウノキ)の葉のこと。殺菌作用があるとされ、器の代わりや食材を包む材料として用いられることがある。

北スーダン【きたスーダン】

スーダン共和国のこと。南スーダン共和国の北に位置するスーダン共和国を指す。

本冊【ほんさつ】

別冊や付録ではない、主たる書物のこと。

無茶無茶

「無茶苦茶」の誤り。無茶苦茶は、道理に合わないこと。筋道の立たないこと。

無能無策【むのうむさく】

能力も対策もないこと。何もできないこと。

無量無数【むりょうむすう】

量や数がとても多いこと。数えきれないほどの量。

無欲無私【むよくむし】

自分自身の欲望に執着せず、利益などを求めないこと。

無色無臭【むしょくむしゅう】

色もにおいもないこと。色もにおいもないもの。一酸化炭素など。

無味無臭【むみむしゅう】

味もにおいもないこと。転じてまったく面白みのないこと。

迷惑旋盤

「迷惑千万」の誤り。迷惑千万は、非常に迷惑なさま。

面目が立たない【めんぼくがたたない】

体面が保たれないこと。顔が立たないこと。

信用度【しんようど】

人や会社などのもつ価値や評判の度合。信用の度合。

活用度【かつようど】

物の性質や働きが十分に発揮できるような使い方の度合。活用の度合。

優先度【ゆうせんど】

他のものより先に扱う度合。他をさしおいて行う度合。優先の度合。

破綻主義【はたんしゅぎ】

離婚裁判において、婚姻関係が事実上破たんしているかどうかに重点を置いて判断する考えのこと。

離婚請求【りこんせいきゅう】

婚姻関係の解消を要求すること。

有責配偶者【ゆうせきはいぐうしゃ】

離婚の原因を作った夫、または、妻のこと。

要網

「要綱」の誤り。要綱は、根本的な重要事柄のこと。あるいは重要事項をまとめたもの。

裏心【うらごころ】

表面に出さない心。たくらみ。

老い先短い【おいさきみじかい】

老人に残された生涯が短いこと。余生が短いこと。

在庫品【ざいこひん】

販売目的で一時的に保有している品物。

収集品【しゅうしゅうひん】

さまざまな場所からよせ集められた品物。趣味や研究などのために集めた品物。

リサイクル品【リサイクルひん】

処分品や廃物などを再生した品物。

処分品【しょぶんひん】處分品

不用な品物。破棄する品物。他に売却や譲渡したりする品物。

刮眼【かつがん】刮目

目をこすって人や物をよく見ること。刮目ともいう。

ピアノ天板【ピアノてんばん】

グランドピアノやアップライトピアノなどの上面にある板のこと。

白黒付かない【しろくろつかない】白黒つかない

勝ち負けが決まらないこと。是非が決まらないこと。

被害者ホットライン【ひがいしゃホットライン】

検察庁が、被害者からの相談などに応じるために設けた専用電話サービスのこと。

被害者支援員制度【ひがいしゃしえんいんせいど】

被害者を支援するために、検察庁が被害者支援員を派遣する制度のこと。

被害者通知制度【ひがいしゃつうちせいど】被害者等通知制度

刑事事件において、検察庁が被害者やその親族などに起訴、あるいは、不起訴の判断理由などを知らせる制度のこと。被害者等通知制度の別称。

イレシネ,円葉莧,マルバビユ

ヒユ科の観葉植物のこと。紫色や緑色、紫色と緑色の入り混じった葉をつける。和名は円葉莧(マルバビユ)。

ご飯をよそう【ごはんをよそう】ご飯をよそる,飯をよそう,飯をよそる

ご飯を茶碗などの器に盛ること。

スパイクレスシューズ

滑り止めのためにつける金具のない競技用の靴のこと。

スパイクレス

競技用の靴の底に、滑り止めのためにつける金具がないこと。

好不調【こうふちょう】

体の調子、試合前の調子のこと。体や試合前のコンディション。

我顛倒【がてんどう】

この世の中は人に支えられて成り立っているのに、自分の力で成り立っていると考えること。仏教の教えで、凡夫の持つ四顛倒の1つ。

淨顛倒【じょうてんどう】

不浄なものを、表面だけを見て清浄と考えること。仏教の教えで、凡夫の持つ四顛倒の1つ。

楽顛倒【らくてんどう】

もともと苦であるものを、一時的な現象と見て楽と考えること。仏教の教えで、凡夫の持つ四顛倒の1つ。

ブートジョロキア「Bhut Jolokia」

トウガラシの一種。2007年に「世界一辛いトウガラシ」としてギネス世界記録に認定された。