2012年9月26日水曜日

過積載【かせきさい】

積み過ぎの状態を意味する語。主に貨物トラックなどの車両に規定の積載重量を超過した荷物を積載していることを指す。

干支頭【えとがしら】

干支の先頭、すなわち子年を指す語。「子」と書いて「えとがしら」と読ませる場合もある。

四股名【しこな】しこ名,醜名

大相撲力士の土俵上の名。例として、北の富士、大乃国、朝青龍、日馬富士など。

学習用具【がくしゅうようぐ】

学習に用いられる道具の総称。例えば小学校入学後に必要となる主な学習用具として、鉛筆、消しゴム、定規、下敷き、ノート、クレヨン、学習机、分度器、コンパス、などが挙げられる。

裏口入学【うらぐちにゅうがく】

不正な方法によって学校への入学資格を得ること。主に賄賂や権力者の口利きなどにより行われる場合が多い。

全身全霊【ぜんしんぜんれい】

心と体のすべて、持っている力のすべてという意味の語。

右寄り【みぎより】

右側に寄っているさまを表す語。物体の位置を指す他に、思想が国粋主義であることなどを指す場合も多い。

右傾化【うけいか】

思想や外交姿勢などが右翼的傾向を強めること、以前よりも右翼的な態度に推移することなどを指す表現。

日馬富士公平【はるまふじこうへい】

モンゴルのウランバートル出身の大相撲力士。2001年に初土俵。2012年9月に第70代横綱への昇進が事実上決定した。

日馬富士【はるまふじ】

2000年に来日したモンゴル・ウランバートル出身の力士、日馬富士公平のいわゆる四股名。2001年に初めて土俵入りした。2012年9月に2場所連続優勝を果たし、横綱昇進が決定した。

カースト制度「caste system」

古代インドにおいてヴァルナと呼ばれる身分階層の元に成立した制度のこと。カースト制度に由来する身分差別は現代のインドにおいても根強く残るとされる。