2012年8月21日火曜日

イメクラ

「イメージクラブ」の略。性風俗店のうち、女性側がさまざまな衣装を着用して特定のシチュエーション下で性的行為をしているかのような演出を担うタイプの店を指す語。

請求額【せいきゅうがく】

支払いを求める金銭の額、支払うように要求した金額、などの意味の語。

担当部長【たんとうぶちょう】

一般的に、部長と同格であるが部下はおらず、自分一人がその部署を担当している、という位置づけの役職を指す語。

鼻持ちならぬ【はなもちならぬ】

一般的に、言動や態度が不愉快で正視に堪えない様子、嫌味さが鼻につく様子などを意味する表現。

血なまぐさい【ちなまぐさい】血腥い

おびただしい流血により生臭いにおいの立ち込めているさま、あるいは、そうした光景が思い浮かぶような凄惨な話などを指す語。

多バイト【たバイト】

情報量が2バイト以上であることを意味する語。マルチバイトとも言う。シングルバイトに対する語で、主にコンピュータが扱う文字情報について言う表現。

追加注文【ついかちゅうもん】

最初の注文に加えてさらに注文すること、またその注文を指す語。追加の注文。

本国人【ほんごくじん】

主に、外国に居住している人に対して、自分の祖国に居住している人を指す語。あるいは、植民地や属国の人に対してその国本来の国土を祖国とする人も意味した。

袋入り【ふくろいり】

袋に入っている状態、またはそのような状態の品物などを指す語。中に袋が入っているという意味で用いられる場合もある。

不思議な縁【ふしぎなえん】

どうしてそのような結びつきができたのか、理解の及ばない不思議な関係。特に人と人との間柄について言うことが多い。もともと人知を超えた巡り合わせを指す「縁」を強調した語。

文法規則【ぶんぽうきそく】

文章を作成する上での語の構成や変化、接続などに関する決まりごと。文法上の規則。

むき身【むきみ】剥き身

主に貝類の殻を取って中の肉をむき出しにしたもの。剥いて出した身。

厚生施設【こうせいしせつ】

心身の健康や生活の充実などを増進することを目的とした施設のこと。飲食、レジャー施設やいわゆる憩いの場といった施設が含まれる。

日ハム【にちハム】

「日本ハム」の略。プロ野球チームである北海道日本ハムファイターズを指す場合が多く、同球団のオーナー企業である日本ハム(ニッポンハム)を指す場合も少なくない。

胎内署【たいないしょ】

新潟県胎内市に所在する役所のこと。主に胎内警察署を指す。

ステテコ,すててこ

男性用のインナーウェアで、おおむね膝下あたりまでを覆うズボン下のこと。肌へ密着しないため、冬場の防寒効果の他に夏場のべとつき対策にも効果があり、復権の兆しを見せている。

家政夫【かせいふ】

家事を手伝うために雇用される男性のこと。家政婦の男性版といった位置づけの語。

繙く【ひもとく】

書物を開くこと、書物などが持つ知識に触れること、などの意味で用いられる語。叡智に触れるといった意味合いでも用いられる。

怖気【おじけ】怖じ気

怖い、恐ろしい、と思う心情のこと。恐怖心。怖がって怯む様子は、怖気づくなどと表現される。

ペット屋【ペットや】

愛玩動物を販売する店。ペットショップと呼ぶことが多い。

登山者【とざんしゃ】

山登りをしている人のこと。旅行者・観光客として登山している人は登山客とも呼ばれる。

転落死【てんらくし】

高所から落下し、その衝撃などで死ぬこと。転落による死。高所での作業に従事する労働者や登山者などが事故として被りやすい。

大勢順応主義【たいせいじゅんのうしゅぎ】

事の成り行きに任せてしまおうとする考え方、および行動上の指針を指す語。日本人に顕著に見られる傾向として言及される場合がある。

収益モデル【しゅうえきモデル】

事業において収益を得る仕組み、どのようにして収益を得るかといった構造、などを指す語。ビジネスモデルとも呼ばれる。

人民幣【じんみんへい】人民币

中国の通貨。日本ではもっぱら「人民元」と呼ばれているが、これは通称である。単位は「元」。

行ける口【いけるくち】行けるくち,いける口,イケるクチ

主に、結構な量の酒を飲める人を形容して言う語。行けるタイプの人。

命令口調【めいれいくちょう】

上から言いつけるようなものの言い方を指す語。命令するような口調。

観察眼【かんさつがん】

よく観察し、よく気づく能力を指す語。

戦病死【せんびょうし】

戦争中に病気に罹って死ぬこと。いわゆる戦死は戦闘による死を指し、戦病死とは区別される。

ハマコー

元衆議院議員・浜田幸一の通称。1928年生まれ、2012年8月に死去。

ブラよろ

佐藤秀峰のマンガ作品「ブラックジャックによろしく」の略称。

親孝行旅【おやこうこうたび】

親を連れて行く家族旅行の通称。

ぶらり旅【ぶらりたび】

俗に、目的地や行くあてもなく旅立ち、思いつきで途中下車するなどしてその土地その土地の風情を楽しむ旅行などを指す語。

一人旅【ひとりたび】ひとり旅

単独で旅行すること。自由気ままに行動できる点などに醍醐味が見出される旅行形態。

根性焼き【こんじょうやき】根性やき

タバコに火をつけて腕などの皮膚に押し当てる行為の通称。火傷の痕が残る。いわゆる不良学生の根性試しのような意味合いを含むこともあるが、単にいじめの手段として用いられることも多い。

行き帰り【いきかえり・ゆきかえり】

その場所へ行ってまた帰ってくること、往復することなどを意味する表現。

酔客【すいきゃく・すいかく】

酔っ払った人のこと。酔っ払いなどともいう。

厳正【げんせい】

規律に厳格に従って裁定することを意味する語。主に「厳正に対処する」などのような表現で用いられる。

ジモドル

地元アイドルの略で、いわゆるローカルアイドルを指す語。地方都市に拠点を構え、地域に密着して活動するアイドルやアイドルグループのこと。

ロコドル

ローカルアイドルの略称。地方都市に拠点を構え、全国展開せずに地域に密着して活動するアイドルやアイドルグループを指す語。ジモドルなどと呼ばれる場合もある。

反薄明光線【はんはくめいこうせん】

気象現象の一種で、太陽の反対方向に光芒が収束するように見える現象。太陽から放射状に光芒が広がる「薄明光線」の裏を取った形になる。