2012年7月30日月曜日

短距離走【たんきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、比較的短い距離を競走する種目を総称したもの。通常は400メートル以下の距離を指す。距離800メートル以上は中距離走、5000メートル以上は長距離走と呼ばれる。

中距離走【ちゅうきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、長距離・短距離の中間程度の距離を走る種目を総称したもの。一般的には800メートル走から3000メートル走の範囲を指す。800メートル未満は短距離走、3000メートルより長い場合は長距離走に分類される。その他にハードルなどがある。

長距離走【ちょうきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、長距離を走る種目を総称したもの。5000メートル以上の種目を指すことが多い。競走種目の分類には、長距離走の他に短距離走、中距離走、ハードルなどがある。

跳躍競技【ちょうやくきょうぎ】

陸上競技のうち、主に跳躍力を競う種目の総称。跳躍の高さを競う種目には走高跳や棒高跳があり、跳躍距離を競う種目には走幅跳や三段跳などがある。

投擲競技【とうてききょうぎ】投てき競技

陸上競技のうち、物をより遠くに投げてその距離を競う種目を指す語。砲丸投、円盤投、やり投、およびハンマー投を総称したもの。

円盤投【えんばんなげ】円盤投げ

陸上競技における投擲の競技で、円盤をいかに遠くに投げるかを競うもの。

ヘプタスロン「Heptathlon」

7つの競技種目を実施してその総合成績を競う形式の競技のこと。「7種競技」と訳される。

混成競技【こんせいきょうぎ】

陸上競技における複数の種目をそれぞれ行い、その総合得点で競う形式の競技のこと。10種競技や7種競技などがある。10種競技は主に男子の種目で、7種競技は主に女子の種目として行われる。

女子7種【じょしななしゅ】女子七種

陸上競技における女子の7種競技。7種競技は一般的に女子の種目となっている。100メートルハードル、走高跳、砲丸投、200メートル走、走幅跳、やり投、800メートル走の全7種目を2日にわたって行い総合点を競う。

ターボジャブ

陸上競技の一種であり中学生以下の競技者向けのやり投と言える「ジャベリックスロー」において用いられる、やりに似た道具。大型のダーツのような形状をしている。

ジャベリックスロー

陸上競技のうち、やり投を中学生以下の競技者向けにしたもののこと。槍の代わりに、柔らかい大型のダーツのような道具を投げる。

やり投【やりなげ】やり投げ,槍投げ

陸上競技における投擲競技のうち、槍をいかに遠くに投げるかを競う種目のこと。陸上競技としての正式な表記は「やり投」である。

10傑【じっけつ・じゅっけつ】十傑

10人の傑物、その分野で特に優れた10人を総称した語。トップテンなどとも言う。

ハンマー投【ハンマーなげ】ハンマー投げ

陸上競技においてハンマーをいかに遠くに投げるかを競う種目。投擲の一種。陸上競技の種目名としては、送り仮名を用いずに「ハンマー投」とする表記が正式。

流れに棹さす【ながれにさおさす】流れに竿さす

棹(竿)を使用して船を推進させ、流れに乗せることを意味する表現。物事が順調に進む様子、軌道に乗る様子を表現する言い回し。ただし、原義とは逆に「順調な進行を妨げる」といった意味で認識されている場合が多いとされ、誤用の典型例の一つとされている。

スローモー

「スローモーション」の略。動作がのろいこと、反応が鈍いことなどを意味する表現。

スロー再生【スローさいせい】

撮影した映像をスローモーションで再生することを指す語。スポーツのビデオ判定をはじめ様々な場面で用いられる。

旗判定

柔道をはじめとする格闘技の試合で、その試合で優勢だったと審判員が判定した選手を旗で示すこと。旗を用いた判定。

不仲説【ふなかせつ】

表向きは親密・友好的であるかのように見える人間関係が、実は険悪なのではないか、仲が悪いのではないかという噂のこと。実は不仲であるという疑惑。

ご長寿【ごちょうじゅ】御長寿

長く生きている人、長寿の人を指す表現。一般的には、長生きしていることを祝福する意味合いを込めた丁寧な言い方。

iiyama【イーヤマ】

マウスコンピューターが事業展開する液晶ディスプレイ製品のブランド。マウスコンピュータが吸収合併したイーヤマの名を引き継ぎ、ブランド名としたもの。

ASIMO【アシモ】

ホンダが開発している二足歩行ロボット。2012年時点で、二足歩行だけでなく走る、走ったままカーブを曲がる、片足けんけんなどを行うことができる。

隙あり【すきあり】スキあり,スキ有り

動作の中につけこむ余地が見られるさま、攻撃を突くべき隙間のあるさま、などの意味で用いられる表現。

ミストファン

微細な霧を噴射しつつ風を当てる装置、気化熱作用を利用して高効率の冷却効果が得られるとされる。

緊急車両【きんきゅうしゃりょう】

災害救助などの救急時に使用される車両の通称。一般的には道路交通法により緊急走行が許可されている車両を指す。

渡米【とべい】

米国に行くこと。ある程度の期間、米国に滞在することを指す場合が多い。

訪米【ほうべい】

米国に赴くこと。外交などに関して言うことが多い。

オーマイガッ「Oh my god」

英語で驚嘆や嘆き、悲しみなどを述べる表現。英語圏ではインターネットスラングとして「OMG」という表記も用いられる。

OMG

英語圏におけるインターネットスラングで「oh my god」を略した表現。「なんてこった」のような驚きや嘆きの意味で用いられる。

訪露【ほうろ】

ロシアを訪問すること。主に外交政策としての高官のロシア訪問を指して言う語。

Na漏れ,Naもれ

「ナトリウム漏れ」を略記した表現。主に原子力施設で冷却材に使用するナトリウムが配管から漏れ出ることを指す語。

元を取る【もとをとる】

それまでに費やした金銭を回収すること、元金を取り返すことなどを意味する表現。

結果が出る【けっかがでる】

物事の結果が明らかになること。特に良い成績を残すことを指す場合が多い。

3連覇【さんれんぱ】三連覇

競技大会などにおいて出場した3度の大会で連続して優勝することを意味する表現。立て続け3回、大会を制覇すること、3回連覇すること。

2連覇【にれんぱ】二連覇

競技大会などに参加して2回連続して優勝すること、2度立て続けに大会を制覇すること、などの意味の表現。

連覇【れんぱ】

複数の競技大会に出場して立て続けに優勝することを指す表現。連続して制覇すること。回数に応じて2連覇、3連覇などと言う。

カミングアウト

自分が秘密にしていたことを暴露すること、公にすることを指す表現。

度し難い【どしがたい】度しがたい

どうしようもない、救いようがない、といった意味合いの表現。「度する」は済度の略で、救済することを意味する語。

逆サバ【ぎゃくさば】逆鯖

実際の数よりも小さく言う、またはより不利と思われるように数をごまかして言うことを指す表現。逆方向にサバを読むこと。

サバ読み【サバよみ】鯖読み

サバを読むこと。数量などをごまかして良く言うことを指す表現。特に女性が年齢やスリーサイズをごまかすことを指す場合が多い。

性事情【せいじじょう】

性に関する事柄、性の営みの実態などを指す語。裏話として言及される事柄を指すことが多い。

気取り屋【きどりや】

他人の目を気にして上品・華麗に見えるように振舞う人、気取っている人を指す表現。

ゴールドメダリスト

オリンピックなどの競技大会において金メダルを獲得した人を指す語。金メダリストとも言う。最も優秀な成績をおさめた選手に授与される。

銅メダリスト【どうメダリスト】

銅メダルの獲得者を指す語。第三位の成績をおさめた人。スポーツの競技大会、特にオリンピック競技大会などにおいて言うことが多い。

銀メダリスト【ぎんメダリスト】

銀メダルの獲得者を指す語。第二位の成績をおさめた人。スポーツの競技大会、特にオリンピック競技大会などにおいて言うことが多い。

金メダリスト【きんメダリスト】

競技大会などにおいて金メダルを獲得した者を指す語。最上位についた人。特にオリンピック競技大会の優勝者を指すことが多い。

メダリスト「medalist」

オリンピックなどの競技大会でメダルを獲得した人を指す語。

セカンドプル

重量挙げ競技におけるバーベルの引き上げ動作で、肘を返してバーベルを胸元まで持ち上げる動作を指す語。

クリーン&ジャーク「clean and jerk」クリーンアンドジャーク

重量挙げ種目の一種。地面に置いたバーベルを肩の高さまで持ち上げ、肩から頭上へ腕が伸びきる位置までバーベルを押し上げるという2段階でバーベルを持ち上げる競技。「ジャーク」と略される。

ジャーク「jerk」

重量挙げ種目の一種である「クリーン&ジャーク」の略称。地面に置いたバーベルを肩の高さまで持ち上げる「クリーン」、および肩から頭上へ腕が伸びきる位置までバーベルを押し上げる「ジャーク」の2段階の動作を行う。