2012年6月20日水曜日

りそな銀【りそなぎん】

りそな銀行の略。大阪市に本店を置く都市銀行。国内では三菱UFJ、みずほ、三井住友のいわゆる3大メガバンクに次ぐ規模を持つ。

雨後のたけのこ【うごのたけのこ】雨後のタケノコ,雨後の筍

同じようなものが続々と出てくるさまを例えた表現。

ダイヤモンド原石【ダイヤモンドげんせき】

磨けば光る、といった意味で用いられる語。鍛えたり洗練させたりすれば見違えるであろうと思われる人材などを形容する表現。

一体改革【いったいかいかく】

複数の事案を一体化させてまとめて改革すること、またはその改革案。2012年6月現在は主に「社会保障と税の一体改革」を指す語。

@ユーザー名【アットユーザーめい】

Twitterにおいて特定のユーザー宛にツイート・リツイートを送る場合の表記方法を表した書き方。

メガヒット

商品や映画作品などが非常に多くの人気を集めている様子を指す表現。「メガ」は元々は100万倍を意味する語で、「規模の大きな」程度の意味合いで用いられている。

大ヒット【だいヒット】

商品がたいへんよく売れるさま、映画作品や音楽作品などが人気を得て多くの収益を上げることなどを指す語。「ヒット」をより強めた語。

マイバッグ

自分が所有するバッグ。特に、小売店などで商品購入のたびにレジ袋をもらわなくても済むように持参する袋を指す語。

ポリ袋【ポリぶくろ】

ポリエチレンなどの高分子化合物を原料として作られた袋の通称。レジ袋などとして多く使用されている。

レジ袋【レジぶくろ】

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで購入した商品を持ち帰るために渡されるポリ袋の通称。一般的にレジで購入した品の分量に応じて渡される。

買物袋【かいものぶくろ】買い物袋

買い物をした際に商品を持ち帰るために用いる袋。いわゆるポリ袋の買物袋は特に「レジ袋」と呼ばれることが多い。

エコバッグ

主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアでレジ袋を使わずに済むよう持参する買い物袋のこと。

食生活【しょくせいかつ】

生活の中の食事にかかわる事柄全般を指す語。一般的には、日々何を食べているかといった事柄を指す。

いちご大福【いちごだいふく】苺大福,イチゴ大福,苺だいふく

大福餅に苺を入れた和菓子。甘さとみずみずしさが特徴。冬場に売られることが多い。

江戸うさぎ【えどうさぎ】

株式会社大藤の和菓子ブランド。「一口黒糖饅頭」「妖怪いちご大福」などの商品を販売している。

妖怪いちご大福【ようかいいちごだいふく】妖怪☆いちご大福

大藤が「江戸うさぎ」ブランドで販売するいちご大福。妖怪が口をあけて苺を食べているような外見が特徴。

食事バランス【しょくじバランス】

食事におけるエネルギーや栄養素の配分を意味する語。さまざまな栄養素を含んだ食事を摂ることが健康や美容に良いとされる。

トムヤムクン

タイ料理の一つで、エビを中心とする具を強い辛味や酸味で味付けしたスープ。

時計回り【とけいまわり】

右回りの通称。方角で北、東、南、西と移動する回り方。英語ではクロックワイズと言う。時計回りに対する語として「反時計回り」がある。

反時計回り【はんとけいまわり】

左回りの通称。方角で西、南、東、北と移動する回り方。時計回りに対する語。英語ではアンチクロックワイズと言う。

台風の目【たいふうのめ】

(1)台風の中心部分の通称。目の中は空洞のようになっており比較的静穏な天気であることが多いとされる。
(2)大きく世を賑わせている物事において中心となっている人物を例えた表現。

ステータ

回転する構造体において固定されている部分のこと。 「固定子」とも言う。

固定子【こていし】

発電機設備など、回転する構造を持つ機器において、固定されている要素のこと。「ステータ」とも言う。回転する部分は回転子と言う。

黒字化【くろじか】

収入が支出を上回り、利益が得られるようになることを意味する語。赤字を脱出して黒字に転じること。

夜のはじめ頃【よるのはじめころ・よるのはじめごろ】

気象庁などが用いる時間帯の区分で、おおむね18時から21時の間の時間帯を指す語。

明け方【あけがた】

夜の明ける前後の時間帯を指す語。気象庁は、おおむね午前3時から午前6時の時間帯を指す語として用いている。

未明【みめい】

おおむね深夜0時から午前3時頃の時間帯を指す語。午前3時過ぎから午前6時頃までは明け方という。

飛行場大雪警報【ひこうじょうおおゆきけいほう】

飛行場警報のうち、飛行場の業務や飛行機の運航に支障をきたす恐れのある大雪が予測される場合に出される警報。

飛行場大雨警報【ひこうじょうおおあめけいほう】

飛行場警報のうち、飛行場の業務や飛行機の運航に支障をきたす大雨が予測される場合に出される警報。

飛行場台風警報【ひこうじょうたいふうけいほう】

飛行場警報のうち、台風・熱帯低気圧による強風が予測される場合に出される警報。

飛行場暴風警報【ひこうじょうぼうふうけいほう】

飛行場における業務や飛行機の運航に被害や影響を与える恐れがある、非常に強い風が予測される場合に出される警報。「飛行場強風警報」よりも一層強い風に対して発令される。

飛行場強風警報【ひこうじょうきょうふうけいほう】

飛行場における業務や飛行機の運航に支障をきたす強風が予測される場合に出される警報。より強い風に対しては「飛行場暴風警報」が出される。

飛行場警報【ひこうじょうけいほう】

飛行場において、航空機の運航や飛行場の業務に対する被害が予想される場合に出される気象警報の総称。飛行場強風警報、飛行場大雨警報などがある。

津波注意報【つなみちゅういほう】

0.5メートル以上の津波の発生が予測される場合に出される注意報。1メートルから高いところで2メートルを超える津波が発生する場合は「津波警報」が出される。

大津波警報【おおつなみけいほう】

津波警報のうち、特に3メートルを超える津波の発生が予想される場合に出される警報の通称。

津波警報【つなみけいほう】

津波の発生により災害が発生するおそれのある場合に発令される警報。一般的には2メートル以上の津波が予想される場合に出される。

大雪警報【おおゆきけいほう】

雪が多量に降ることで災害が発生するおそれのある場合に発令される警報。発令の基準は地域により異なる。

大雨警報【おおあめけいほう】

大雨により災害の発生するおそれがある場合に出される警報。浸水や土砂災害などが含まれる。

暴風雪警報【ぼうふうせつけいほう】

降雪を伴った非常に強い風により災害が発生するおそれのある場合に出される警報。

暴風警報【ぼうふうけいほう】

非常に強い風が吹き災害の発生が懸念される場合に出される警報。

吹き返しの風【ふきかえしのかぜ】

それまでとは大きく異なる方向から吹いてくる風のこと。主に台風が過ぎ去った後に吹く逆方向からの強い風を指す語。

トペ・スイシーダ

ルチャリブレにおける飛び技で、リング上からリング外にいる相手に、頭から突っ込む体当たり攻撃。回転して体当たりを食らわず技は「トペ・コンヒーロ」という。

赤字化【あかじか】

収入が支出を下回って損失が生じることを指す語。黒字から赤字に転じること。

トペ・コンヒーロ

ルチャリブレにおける飛び技で、リング外に相手にリング上から回転しつつ飛び込み体当たりをする技。回転せずまっすぐ頭から突っ込む場合はトペ・スイシーダという。

強雨域【きょうういき】

強い雨が降る地域。「強い雨が降る範囲」とも表現される。

特別警戒水位【とくべつけいかいすいい】

河川の氾濫の危険があり特に警戒が必要とされる水位。はん濫警戒情報が発令される。付近の住民は避難すべき水準とされる。2006年に避難判断水位へ呼び名が変更された。

ろくろを回す【ろくろをまわす】ロクロを回す,ロクロをまわす

(1)陶芸などで、回転台の上に陶土を乗せて皿・壷などの同心円的な形状を形成する作業のこと。
(2)いわゆる業界人がインタビューに回答したり講演会で演説したりする際に取られる、両手の掌で何かを包むようなポーズの通称。

整形変態【せいけいへんたい】

多足類が成虫となる過程で体節の数が増えない変態様式を指す語。

クワガタ

主に、クワガタムシの通称。オオクワガタやミヤマクワガタなどの種類がある。