スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 8, 2012の投稿を表示しています

どゆこと

「どういうこと」の意味で用いられる俗な表現。若者言葉の一種。

ステージマジック

マジシャンが手品やマジックが披露する方式のうち、マジシャンが壇上に上り、観客との距離が一定以上離れている環境でマジックを披露するもののこと。顧客との距離が至近距離であるものを「クロースアップマジック」といい、中程度の距離であるものを「サロンマジック」という。

クロースアップマジック

手品・マジックのうち、至近距離で観客へ披露するタイプのもの。観客との距離による区分の一種で、サロンマジック、およびステージマジックとの対比で用いられる。

クロースアップ

「大写しにする」「大きく取り上げる」といった意味で用いられる「クローズアップ」の、英語の元の発音。「クローズ」は「クロース」の同綴異義語。

宮様【みやさま】宮さま

一般的には皇族を敬っていう表現。特に親王を指す場合が多い。秩父宮雍仁親王はスポーツに造詣が深く「スポーツの宮様」と呼ばれた。

サブちゃん

「三郎」およびそれに似た名前の愛称。特に演歌歌手・北島三郎の愛称として用いられる。

反旗を掲げる

「半旗を掲げる」の誤字、または「反旗を翻す」と混同した表現。 「半旗を掲げる」は要人の死に対して弔意を示す行いであり、「反旗を翻す」は国家の主権者などに反逆するさまを表す語。

半旗【はんき】

国旗掲揚の作法のうち、主に要人の死に際して弔意の表明として行われる掲揚方法。最上部まで掲揚した後に竿の半ばまで降ろす形で掲揚される。サウジアラビアなどの例外を除いて世界中で行われている。

遡及【そきゅう・さっきゅう】

過去に遡ること、または過去に遡って言及することを意味する表現。後者の意味では、特に法律や規則が施行される前の時点の物事について、後から法律を適用することを指すことが多い。

スクリーニング

選択、選定、ふるい分けなどを意味する語。薬学、生物学、物理学などさまざまな分野で用いられる語。

ダイバーシティ,ダイバシティ

(1)「多様性」などの意味を持つ英語。綴りは「diversity」。労働における「人材の多様さ」の概念などとして用いられる場合がある。
(2) 東京の台場にある複合商業施設。「DiverCity」と表記する。

超光速【ちょうこうそく】

光よりも速く空間中を伝播すること。2012年6月現在、発見されていない。2011年に「超光速ニュートリノ」の存在可能性を示す実験結果が得られ、期待されたが、2012年6月に実験結果が撤回されている。